手ぬぐいを使ったラッピングのご提案 ほんのちょっとの気遣いが嬉しくなります。

 

贈り物に欠かせないのがラッピング。
通常は包装紙であったり、ビニール系のラッピングを
使うことが多いですよね。
包装紙などは確かにカラフルですし、見た目も「贈り物」
という感じがして気分的にもいいものです。

でも残念なことにラッピングをほどいてしまうと
あとはゴミ箱行きということも多いんじゃないでしょうか?
箱のような平面の物を包んである場合は、慎重に扱えば
その後も何かしらの包み紙などに再利用できなくはないですが、
お酒やワインボトルのように立体的な物を包んだ場合、
どうしてもあとはクシャクシャになってしまい
使い道がないということになりがちです。

そこでおすすめしたいのが手ぬぐいを使ったラッピング。
見た目もキレイですし、雰囲気もバツグン。
贈り手のセンスの良さも伝わりやすいです。

それに何より、包装が手ぬぐいですから、
後は手ぬぐいとして再利用することができます。
文字通り、ハンカチ・タオルがわりでもよし、
テーブルクロスにや布巾でもよし、
あるいはリメイクしてバッグなどにするのもいいでしょう。

余分なゴミにならない上に、後々使い道も豊富。
手ぬぐいは普段意識していなくても、1枚あればいざという
ときに重宝するものです。

手ぬぐいを使った包み方もいろいろあります。
良く使うものとしては、以下の6つの包み方があります。

1.    簡単なラッピング
手ぬぐいで包み、上の方をヒモやリボンで縛る。

2.    花包み
  花が咲いたように大きな結び目を作る。

3.    お弁当包み
弁当箱を包むときに良く使われる方法で、結び目がきっちりしている。

4.    お弁当包み2
結び目がふわっとしているので、印象が柔らかい。

5.    ボトルラッピング(1本)
ボトルに手ぬぐいをくるくる巻きつけ、ヘアゴムやシュシュ、リボンで
止めるだけなので比較的簡単。

6.    ボトルラッピング(2本)
ボトルを2本立たせた形で包み、上の方を結ぶ。

※ご紹介した包み方は「手ぬぐい包み方と柄」 をご覧になってください。

そういえば昔テレビドラマなどでお祝いの席に
お酒を風呂敷に包んで持ってくるというシーンを
よく見かけましたが、今思うと粋な感じがしますね。

何か贈り物をするときに、お店でそのままラッピングも
悪くはないですが、一度持ち帰って、手ぬぐいラッピングを
ほどこしてみるというのもステキじゃないでしょうか?

手ぬぐいなら何度でもやり直せますしね(笑)

手ぬぐいを利用したクールビズ こんな使い方と効果

 

夏が近づくと、決まって「クールビズ」という言葉をよく耳にするようになりますよね。
もうご存知の通り、夏の暑さを乗り切るために、ノーネクタイ、ノージャケット、半そでシャツで夏を乗り切ろうというイベントのようなものですが、実際には2005年から環境省が打ち出している環境対策を目的とした軽装化キャンペーンだそうです。

 

実はこのクールビズ、実施機関も想定されていて、毎年6月1日から9月30日までとなっています。・・知らなかったです。
この間、軽装で過ごしエアコンの設定温度を28度くらいでキープすることとなっています。

 

根本的には電力使用量を減らすことで火力発電所の稼働率を減らし、CO2の発生を抑えることで地球温暖化に貢献しようという働きのものですが、特に最近は夏の節電運動が当たり前のようになってきているので、エアコンを極力使わずに夏を乗り切ることが普通のように感じられるようになりました。

 

とはいえ、暑いものは暑い!ですから、どうやってこの暑さをしのぐのか?ということはとても大きな課題になってきます。

 

そこで使っていただきたいのが手ぬぐい。

 

水にぬらしてからよく絞って、風で冷やしてから首に巻くだけで、結構涼しくなります。手ぬぐいはもともと薄く通気性が良いのですぐ乾きます。この乾く時に気化熱で熱を奪って涼しく感じるのです。タオル生地のように生ぬるくなることもなく、乾いてきたらまた水で濡らして使えば良いだけです。

 

 

他にも外で作業をしたり、アウトドアをされる方などは頭からかぶるようにすれば冷却と直射日光を避ける効果が期待できます。ゴルフなんかも最適ですし庭の草抜きなんかでしゃがんで動く作業には首の後に手ぬぐいを掛けて使ったり 頭に乗せて帽子をかぶってもOKです。

 

 

以前医療関係者の方から
「人間は首とついているところ(首・手首・足首)を冷やすと熱が下がる」
という話を聞いたことがありますが、暑いときに首を冷やすというのは、医学的にも理にかなっているんですね。

他にももちろん、汗を拭くということにも使えますから、カバンやポケットに手ぬぐいを1枚忍ばせておくだけで、多彩な使い方をすることが可能になります。

 

また、ちょっと想像していただければわかると思いますが、首にタオルを巻いている状態よりも手ぬぐいを巻いている方が見栄えもいいし、なんだかスマートな気がしませんか?

 

手ぬぐいの中には夏向けに涼しげな色合いやデザインがプリントされたものも多く販売しています。

IMG_0187

そういうものをさりげなく首に巻いているとちょっと洗練された気もしますし見ている方も涼しげですよね。

 

今年の夏、手ぬぐいをあなたのクールビズアイテムのひとつに加えてみませんか?

オーダーメイドで作る注染てぬぐいは、自分らしさ表現できます。

 

「自分らしいモノを持つ」
そういうこだわりを持った人が増えています。

オーダーのバッグや靴など世界に二つとない自分だけのアイテムを好んで使うことで自分のライフスタイルを楽しむ、そういうことが当たり前になってきました。

 

一昔前なら、
「みんなが持っているもの」とか「有名人が使っている、ほめている」とかがモノを選ぶキーワードでしたが、個を大事にする現代では「自分らしい」というキーワードも大切な視点になっています。

 

弊社でも「世界に二つとないアイテム」として本染め手ぬぐいをご提供しています。
本染め(注染)手ぬぐいは、職人さんが一枚ずつ手作業で作って行きます。

 

プリントと違い、生地の裏まで染料が染み込むため、独特の滲みや風合いが出ることが特徴で たとえ同じデザインであっても、本当に一枚一枚出来上がりに違いがあります。

 

しかも作業自体が職人さんの経験と勘でその日の温度や湿度を確かめながら調整していく・・・
まさに一枚ずつ職人の魂が込められたモノであり、製品というよりは作品と言っても過言ではありません。

 

職人が染める注染

 

弊社は本染め手ぬぐいに自信を持っており、私自身も胸を張ってお勧めしています。
弊社で本染め手ぬぐいをお作りいただいたお客様の声では・・・

「染め上がりがイメージ通りだった。」

「引き出物に使いましたが、質の高さが好評でした。」

「思ったより仕上がりが良かった。」

「希望の色よりも出来上がりの色の方が良かった。」

「考えていたよりも断然仕上がりが良かった。」

 ※お客様の声はこちらでご紹介しています。

 

多くのお客様からも出来上がりに対して高評価をいただいております。
これは神野織物の本染め(注染)に対する思い入れと私が「この人たちなら!」と絶大の信頼を置いている職人の方々とのコラボによって、「絶対に自信を持てる」手ぬぐいをご提供出来ていると思っています。

 

私たちは製品を作っているのではなく、作品を作っている、それが本染めに対する私の考え方です。そして本染め手ぬぐいは、使いこむことで馴染んできてそして色落ちしていきます。これがまた、手作りの本当の良さを表現してくれています。

 

ぜひ、あなただけのこだわりの作品作りを私たちにお手伝いさせてください。

職人が作る手ぬぐいのマニアックな木綿素材の話

 

前に手ぬぐいの素材になっている木綿の話「手ぬぐい素材のウラ話 「羊のなる木」」を書きました。
エジプトから始まり、インド~ヨーロッパということを書きましたが、当然アメリカや中国など他の国にもんな形で木綿の文化は広がって来ました。

 

手ぬぐいというすばらしい生活文化を生みだした日本にも木綿の歴史というか物語はあります。
今日はちょっとその話をさせてくださいね。

 

日本後記によると、一番最初の木綿栽培は現在の愛知県三河地方に漂流したインド人が始めたとされているようです。
でも、この栽培活動は1年ほどで途絶えたといいます。その後は、中国や韓国からの輸入に頼る形になり、長い間高級品として扱われてきました。

 

16世紀以降に本格的な栽培が広まり、戦国時代後期から全国的に使用が普及したため、三河などで綿花の栽培も始まります。江戸時代に入り、各地に大生産地帯が出来、特に大阪近郊などにおいて生産が盛んになります。これにつれて、木綿問屋などが盛んになり、藍染め関連の産業も栄えていきました。

大阪で繊維産業が発展した背景にはこういった綿花の栽培拡大があったんですね。

 

その後明治時代には、世界一の輸出量を誇るまでになった木綿ですが、東南アジアなど海外の安い綿花が輸入されるようになり生産量は激減。統計上の国内生産量は0%になりました。

 

そしてご存知の通り、ナイロンやポリエステルなど化学繊維の登場により、木綿の需要も減っていきます。化学繊維は大量生産がききますし、品質も安定します。また、木綿の弱点のひとつの「シワになりやすい」という点にも強いので、木綿は化学繊維にとって代られるようになります。

 

たしかに洋服などの素材として考えると、不利な点があることはいなめませんが、手ぬぐい・風呂敷といった分野に関しては、木綿以外の素材は考えられません。

 

素材自体の強さ、吸水性、通気性の良さなど手ぬぐいにとっては必要不可欠な要素がつまっています。そして厚手にすれば保温性も高まるため、手ぬぐいマフラーとしても使えます。

 

実質上国内生産が0%と言われる綿ですが、実際には個人や少数のグループが栽培をしています。

今、環境や体に優しい素材に注目が集まっていますが、100%国産のオーガニックコットンを使った製品が数多く出回るようになればいいなあと思っています。

ボディケアや整体にも使われる手ぬぐい

 

手ぬぐいを愛用している職業というと、ラーメン屋さんなど飲食業界の方が頭に巻いている姿が思い浮かびますが、意外な職業の方も手ぬぐいを愛用して下さっています。

 

その方の職業は「整体師」。

 

仮にMさんとしておきましょう。
Mさんの整体は、「ポキポキ」「バキバキ」というのではなく、ゆったりと手足をストレッチしたり、ねじったりというわゆる「ソフト整体」という分野。「痛くない」のと「気持ちいい」というところが評判となり、女性のリピーターも多いそうです。

 

そんなMさんが施術中に愛用しているのが手ぬぐいなんです。

 

どんな風に使っているのか?というと、体に直接触るときに手ぬぐいを当ててから触るようにしているとのことでした。
腕をとるときには、腕に手ぬぐいをまきつけ、その上からそっと腕をとって施術を行ったり、ふくらはぎや足首の術も同様に行うそうです。

 

他にもMさんの整体の特徴として、腋の下を触ったり 鎖骨の辺りの筋肉をマッサージしたりするのですが、この部分にも手ぬぐいを当てることで、直接触れずに施術が出来るようにしているということでした。そして施術の最後に首から頭にかけての施術を行うのですが、どうしてもお客さんとMさんの顔が近付いてしまいます。

Mさんは男性で決して嫌な雰囲気な方ではないのですが、それでもお客さんによっては緊張したり、不安になったりしてしまいます。

 

そんなときMさんは、そっと手ぬぐいをお客さんの目の上に乗せることで目隠しをするそうです。
これでお客さんも安心して施術を受けることが出来ます。

「本当は僕がお客さんに触れたり、目があったりすることに 緊張しちゃうんで、何かないかな?と思ってはじめたんです」とMさん。
それが予想外の効果を生む事になって、Mさんにとっては「なくてはならないアイテム」になってしまいました。

 

そして常連のお客さんが多かったということから、毎回毎回同じ手ぬぐいばかりを使うわけにもいかなくなり、買い足すこととなり手ぬぐいの種類・枚数が増えていき、お客さんからは「毎回どんな手ぬぐいになるのか楽しみ」と好評なんだとか。

 

Mさんもそんなお客さんの言葉に応えようと、色んな手ぬぐいを収集するようになり、自分自身も手ぬぐいのファンになったそうです。

 

女性がお客さんのボディケアなどのお仕事をされている方、Mさんのように手ぬぐいを取り入れてみませんか?

手ぬぐい素材のウラ話 「羊のなる木」

今日は手ぬぐいの素材についてお話します。

手ぬぐいに使われいる素材は「木綿」なのですが、どういうものなのか 実物は毎日触っているので知っていてもういったものなのか?どういう歴史があるのか?あまり良く知らないことも多いと思います。

 

木綿は「ワタ」の種子から取れる繊維のことで、ワタはアオイ科ワタ属の多年草の総称で、木綿は種子の周りに付いています。

 

世界最古の木綿栽培はメキシコだと確認されていて、なんと8000年前のことにさかのぼります。
その後、インダス川流域のインダス文明で木綿の紡績や機織りの技法が生まれ、発展を続けてきました。

 

その後、貿易によりヨーロッパに広まっていくわけなのですが、当時のヨーロッパ人には、木綿が何で出来ているのか見当が付かなかったようです。

肌触りがウール(羊毛)に似ているため、
「インドには枝先に子羊がなる木がある」と言われたそうです。
なんでもその木の枝はとてもしなやかで、子羊が空腹になると、枝が地面に下がっていって 子羊が草を食べられるようになっていると信じられていました。

ちょっと想像するだけで、おかしな光景ですけどね。(笑)

 

それにしてもウールとおなじように扱われていたというのには
私も驚きました。それほど当時の人にとっては、画期的だったのでしょうね。

 

さて、そんな木綿ですが次のような特長があります。

良く知られていることが「肌触りが良い」ということ。
先ほどのヨーロッパの話ではないですが、ウールと同じと言われるくらい、柔らかな肌触りです。
次に「吸水性が良い」ということ。
手ぬぐいが元々汗や水分をふき取る目的で作られているのもこの吸収性の良さからです。

あと以外に知られていないのが、「熱に強くて丈夫」なこと。
繊維ですので火を近づければ当然燃えますが、150℃以上の温度で長時間放置してようやく分解します。これはチョット意外ですね・・
他にもアルカリや有機溶剤に強いことや 濡れると強度を増すので、洗濯に強いなど長期間の使用にも耐えられる素材なんです。

 

確かに手ぬぐいは長持ちするのですが、その背景には素材となっている木綿のチカラがあったんですね。

 

そうそう。
染色性や発色性に優れているのも木綿の大きな特徴。
だからプリント手ぬぐいにも最適なんですね。

これで仕事も楽しくなる! ナースと手ぬぐいの意外な組み合わせ

 

「うちの嫁さん、毎日手ぬぐい使ってますよ。」

 

ひょんなことから先日そんなお話を聞きました。その奥さん、ご職業は看護師さんだそうです。

 

「看護師さんがなぜ手ぬぐい?」 ちょっと不思議に思ったのですが、聞いてみて納得。 その奥さんは毎日持って行くお弁当を包むのに、手ぬぐいを使っているそうなんです。

 

以前はよくあるキャラクターものの巾着袋やハンカチ、バンダナなんかを使っていたらしいのですが、あるとき知り合いからプレゼントされた手ぬぐいを使ってみたところ、「すごく気に行った」んだそうです。

 

「何が良かったのか?」その一番の理由は絵柄。

 

この奥さんは、当社でいうところのプリント手ぬぐいを使ってみえるそうですが、「色んな柄が楽しみめるので、ランチタイムが楽しみ」とのこと。

 

バンダナだと同じような柄が多いし、ハンカチだとお弁当の用のハンカチをわざわざ作るのも面倒なのとサイズ的に扱いにくいということもあり、手ぬぐいを試してみたところ、絵柄も色もいいし、サイズ的にも扱いやすいということで、定番になったそうです。

 

確かにバンダナだとペイズリー柄というイメージが強いですし、ハンカチはちょっとサイズ的に小さいので扱いにくいですね。また手ぬぐいは長方形なので、お弁当箱を包んで最後に結ぶ時にとてもやりやすいんです。

 

最初は頂き物の1枚の手ぬぐいが、その後は自分で色々と買い集め、今では10枚くらいの手ぬぐいを気分に合わせて使っているそうです。最近では、どこかに旅行に行った際には、必ずと言っていいほど土産物屋で手ぬぐいを物色しているとか。

 

更に手ぬぐいを使っていく上で、予想外の良さも発見されたそうで、「洗ってもすぐに乾くことと、手触りの良さ」も気にいっているとのことでした。また食べた後、ちょっとテーブルを濡らしてしまったり、お醤油やソース、ドレッシングなどをこぼしたときもサッとふき取れるところもお気に入りの点なんだそうです。もともと布巾としても使われているのですから、こういうときこそ手ぬぐいの本領発揮ですね。

 

仕事が超ハードな看護師さんにとって、お弁当の時間というのはとても貴重なリフレッシュタイム。そこに手ぬぐいが活躍しているというお話を聞いて、作り手としてはつい「ニンマリ」としてしまいました。

 

もちろん「本染めもええですよ!」とお伝えするのは忘れませんでしたよ(笑)

涼し気な手ぬぐいはスーツにもバッチリ!かさ張らない手ぬぐいのおしゃれ感♪

今年も梅雨の季節がやってきましたね。

今のところ関西では、ほとんど雨が降っていないので、今年はカラ梅雨じゃないか?と言われてはいますが、
そうは言ってもこの時期独特の湿気の多さというかムシムシした嫌な感じというのは変わりません。

 

どうしても汗ばむ事が多いこの季節、大阪の街でもスーツ姿の男性がハンカチやタオルで
汗を拭きながら歩いている姿を良く見かけます。

 

汗をふくという意味では、タオルが一番のような気がします。でも、タオルはどうしてもかさばってしまいます。
それに、個人的にはスーツの人がタオルで汗を拭いている姿は、あまりスマートな感じがしません。かといってハンカチだとその大きさのためにどうしてもすぐに使えなくなってしまいます。

 

前にも書きましたが、私はぜひこの時期に手ぬぐいをおすすめしたいと思います。

手ぬぐいなら、タオルなみの面積がありますし、ハンカチ以上に水を吸い取ります。
それに折りたたんでしまえば、ポケットやカバンに入れてもかさばりません。

それに何より柄を楽しむことが出来ます。
梅雨の時期なら、カエル、カサ、長靴、でんでん虫、てるてる坊主などはいかがでしょうか?

 

元々私たち日本人は四季を楽しむという習慣があります。

生活の中で使われる小物にもちょっとした柄や色合いを使うことで、季節感を味わってきました。春なら桜や梅、夏なら花火やスイカや金魚、秋なら赤トンボや紅葉、冬なら雪やツバキ。

色合いも季節季節で変えていくことで更にその味わいを深めてきました。
濃い藍色や薄い水色、赤やピンクなどタオルやハンカチでは出せないような和のテイストを使いこなしてきました。

 

こういったちょっとした工夫が手ぬぐいを、単に汗をふくだけの布キレではなく、日本人として、季節の移り変わりを感じ、
季節を楽しむことを上手に生活に取り入れる粋なオシャレアイテムとして確立させているのです。

 

私自身、人前でさりげなく手ぬぐいを使う度に

「俺って粋やなあ~」とわりといい気分になります。(笑)

 

世の中がどう移り変わろうが、梅雨はやってきます。

「雨ばかりだし、蒸し暑いし、ジメジメするし、 なんか毎日気が重くなるなあ・・・・」

 

そう感じて毎日を過ごすよりも、こういったちょっとしたオシャレを楽しむ事で梅雨もまた違った気分で送ることが出来ます。

「日本のビジネスマンはみんな手ぬぐいを使っている」なんてことになったら、それはそれで素敵じゃないかなあなんて思いませんか?

国産と外国産(中国産・ベトナム産)、メーカーによって差が出るタオルの価格

前回で出来上がり次の価格差が プリントの方法によって変わってくるという説明をしましたが、もう一つ大きく変わる原因があります。

 

日本製? 外国製?

 

タオルの品質といってもこれもまた細かい説明になるのですが、まず大きく変わるのが日本製と海外製のタオルで価格が大きく変わります。海外製といっても中国製とかベトナム製 などが主流になっていますがこれ以外にも少量ですが日本に入っているものもあります。これら海外製は日本製より価格が安いということで輸入されているものが多いのです。でも海外製だからといって凄く粗悪ってことはありません。神野織物では日本の商社経由で仕入れていますので安心です。

 

もう一つ、触った感じや厚さが変わる品質に「重さ」があります。

 

タオルの品質は 綿100%が当たり前となっていますので、厚いタオルと薄いタオルの違いを表すのには重さで表現します。タオル屋さんに問い合わすと「このタオルは・・・もんめ」です!って聞いたことがあると思います。この匁という言葉ですが もんめ=モンメ=匁(もんめ)といいます。昔の重さの単位で1匁=3.75グラムとなります。(ちなみにこの1匁が1000集まって1貫目といいます。)タオル屋さんから300匁のタオルですって言われると このタオルは300×3.75g=約1125グラムのタオルなんだなってことになります。この1125グラムの単位は、1ダースの重さとなるので 1枚あたりは、約93.75グラムってことになります。

 

当然、この重さが多いほうがタオルは厚くなります。

 

しかし、プリントをする場合はシャーリングという加工をタオルにします。

シャーリングタオルってどんなタオル?

 

この加工は、タオルのパイル状になった表面を綺麗にカットしてプリントが付きやすいようにする加工ですが、折角、重く仕上げたタオルのパイルの部分をカットしてしまいます。薄くなってしまうということです。

 

このカットする分量ですが約10%~15%と言われていますので 300匁のタオルって言っても実際は260匁くらいになってしまうのです。この辺りがややこしい所で タオルの重さを尋ねるとタオル屋さんはシャーリング前の重さを一般的に答えます。織り上げ目方って言うのですが、どのくらいのタオルですか?って尋ねると 300匁ですって答えが返って来ます。ここで聞かねくてはならないのが 「織り上げ目方か?仕上がり目方ですか?」と聞いてください。大概がシャーリング前の織り上げ目方となります。これは機屋さんでは300匁で設定してタオルを織り上げているからで決してウソを言っているのではないのです。

 

同じ品質で価格の差が出るということはほとんどないのです。

 

タオルは綿100%のものがほとんどです。綿の価格は相場で決まっていますのでメーカーによってそんなに価格差は出ない物なのです。それでも価格差が出るということは、決定的な何かが違うということです。

 

プリント方法なのか、生地の違いなのか、この辺りを良くメーカーさんに聞くことをお勧めします。染料プリントか顔料プリントか日本製のタオルか?目方はどのくらいか?この辺りをしっかりと聞いてメーカーさんを選定してください。

 

こんなメーカー沢山あるので面倒だ・・・・!って方は、通話料無料の「0120-941-011」までお電話ください。

タオルの価格 作り方によって差が出る理由

 

あなたがオリジナルのタオルを作ろうと思った時、まず何に取り掛かります?

 

わたしならまず、インターネットで「オリジナル タオル」のキーワードを入れて検索!

出てきたメーカーにタオルの価格を聞いてどこのメーカーにしようかな~~?と決めると思いますが、ここで気をつけなければならない点があります。それは、「どんな オリジナルのタオルを作りたいか?」ってこと。当たり前の事なのですが、この辺りがハッキリ決めておかないとメーカーの言いなり・・・でこんなタオルじゃないんだよな~ってなことになりかねません。弊社にも「思ったタオルじゃないのが出来上がってきてビックリしました・・・」なんて話をよく聞きます。

 

では どうやって注意すればいいかってことなどんですが・・・まずは「プリントにするかジャガードにするか」を決めなければいけません。

http://www.e-kanno.com/toweljacquard.html の様に織りで柄を出す方法と

http://www.e-kanno.com/japanesetowel.html#print の様に プリントで柄をつけるかを決めなければなりません。

 

プリントは白い生地に染料を付けて柄を出す方法 ジャガードは色糸を機械にセットして織り上げる方法です。ジャガードのほうがタオルとしての機能としては優れています。両面がパイルで水分吸収しやすくなっているからです。

 

しかし、アーティストなどコンサートなどの物販で作られるタオルはほとんどがプリントのタオルとなります。

 

これはデザインがある程度思ったように表現できるからという理由です。ジャガードの場合は織りで表現する分 丸い線や色数に制約が出てきますがプリントは余り制約がありません。この辺りを考えて プリントで作るかジャガードで作るかをまず決めてください。

 

ここで プリントで作ると決めたとすると、今度はこのプリント「染料プリントにするか 顔料プリントにするか」を決めなければなりません。

 

神野織物では、お作りするデザインによってどちらのプリントにするかをご提案差し上げますが、メーカーによっては自分ところの機械の都合でおすすめすることがあるみたいで これが「思っていたのと違うのが出来上がった・・・」の原因になるみたいです。

 

よく 「生地の端まではプリント出来ますか?」って質問をよくいただきます。自社工場のあるメーカーさんでは、生地の端までデザインがあるようなプリントは苦手です。これはプリントをする台をインクで汚すので作成するのが難しいからのようです。

 

神野織物では、機械・工場を持っていませんので お客さんのデザインに合った工場をアドバイス出来ます。 当然生地端までのプリントもできますし生地端までプリントをした染料プリントも制作が可能です。この生地端までデザインのある染料プリントはコンサートなどで販売するのと全く同じ品質となります。

 

ここで、一番わかって貰いたい価格の差なのです。生地の端までデザインのあるプリントの場合、生地の端までプリントしないデザインのものと比べると価格は半分以下でつくれます。これは染料の価格差と作業工賃の差なのです。

生地の端までプリントをしない場合は、普通中国製の生地を使います。この方が安いからです。その後のプリントも 作業工賃の安い枠をつけた顔料のプリントで作成すると安く上がります。染料では柔らかく仕上がりますが、顔料では硬くなります。でも価格は安いです。

 

ここです!

 

染料でプリントをすると綿本来の柔らかさと吸水性を損なわす出来上がりますが、高くなります。顔料でプリントをするとプリント面は若干硬くなり吸水性も染料に比べて劣りますが染料プリントの半分くらいで出来上がります。※生地が同じ重さの場合

価格だけで決めずに この辺りの メリットとデメリットをよくメーカーさんに聞いた上でプリント方法を選んでください。そうすれば失敗はほとんどなくなります。価格の差が出る原因が もう一つあります。これは次回。