オリジナルで手ぬぐいを作る時のワンポイントアドバイス 3つ


神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

こんにちは 神野です!

 

今日も オリジナル手ぬぐいを作ろうかな~~って思っているあなたにワンポイントアドバイスです。

沢山のアドバイスは解らなくなってきますので 簡単にワンポイントだけのどうがです。

あなたが知りたいこと・・わからないことが有りましらYOUTUBEで検索すると色々出てきます。

調べてみてくださいね♪

 

では、まずは

 

●オリジナル手ぬぐいを個人で作成した場合のロットは?

 

 

オリジナル手ぬぐいを個人で作る場合のロット(生産枚数)は。本染手ぬぐいのほうが手作業で作る分少なく出来ます。

プリントの場合はどうしてもマシンを使うのでその前準備と後の始末に時間がかかり効率が悪くなるので最低100枚は作らなくてはならなくなります。

本染めの場合はデザインにもよりますが20枚から作成可能です。

 

 

●面手ぬぐい 剣道手ぬぐいをオーダーで作る場合の注意点

 

 

面手ぬぐいをオーダーで作る場合の注意点ですが、そんなに心配いりません!

今お使いの面タオルと同じに作りたい場合は その面タオルを弊社までお送り下さい。

また、先生に書いて頂いた書でも結構です。また、弊社が持っているフォントでも作りますので一度お尋ねください。

 

 

●日本手ぬぐいをオリジナルで作った場合の規格サイズは?

 

 

日本手ぬぐいをオリジナルで作った場合の規格サイズは、生地の幅は決まっていますが長さは調整可能です。

ただ、長すぎると今度は注染をする台の大きさに限りが有りますのでこちらの制限が出てきます。

一度デザインをお見せいただきましたら一番いい方法をご提示差し上げます。

 

 

どうですか?

 

次回もドンドンアップしていきます。

お楽しみに!!

 

PS こんなのも面倒だ・・・という あなた

フリーダイヤル 0120-941-011 までお問い合せ下さい。 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です