カテゴリー別アーカイブ: 面手ぬぐい

お願いされて作るタオルや手ぬぐい!

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

「やりたいことで成功する」みたいな話がブームになった時期がありました。
やりたいことをして、お金儲けする・・・みたいな話です。

 

 

朝メールを開けると沢山この手のメールが入っています。
好きなことをして一日20分で成功者続出!
自由に好きな事だけして寝ているだけで自動販売機みたいに入金されるとか・・・

 

 

本当に、寝てるだけで入金が有るなら・・って思ってしまいますが そんなに上手くは行きません!
たまたま、上手く行った人もいるかも知れませんが 沢山の人がってわけではないはずです。(笑)

 

 

私も、今の仕事を「やりたい」「好きなこと」と思ってやり始めたわけではありません。
私の本にも書いていますが、色んな条件が重なって「やらなければならない」ということになったというのが本当のところです。

 

 

ただ自分の経験や周りの人の話を聞いていて「確かにそうだな」と感じることがあります。
それは何かというと「やりたいこと」よりも「やらなければならないこと」をやっている人の方が仕事は続いているということです。

 

 

やりたいことだけを追求してしまう人は、それが「楽しい」とか「見返りが大きい」という理由でやり始めるんでしょうね。
この場合、楽しくないことや見返りが少ないと続けられなくなってしまいます。

 

 

実際、仕事というのは楽しくないことや見返りが思ったよりも少ないことが多々あります。
もしそこで「ああもう嫌だなあ」と思ってしまうと やっぱり続けられなくなってしまいます。
挫折って言うことですか・・

 

 

でも、「やらなければならない」という思いを持っている人は、楽しいとか好きとか見返りがあるといった下心無しで行動しています。

 

 

「お客さんにお願いされてする仕事だから・・・」という「やらなければならない」と理由があると、多少苦しくてもやり続けることができます。

 

 

神野織物では、お客さんに
「お願いだからカンノさんで作って下さい!」
って言われるようになりたいと常々思っています。

 

 

これは偉そうなことではなく 宗教でもなく、
「前に作ったことのある人に聞いたけど神野で作ったら良いのが出来た!」とか
「丁寧に対応してくれた!」とか
「思っていた以上のタオル手ぬぐいが出来上がってきた 感激!」
なんて、沢山の方に言われたら 次も神野で作ろう!ってなるでしょう~~

 

 

なので、お客さんにリピートしてもらう、別のお客さんを紹介してもらえるような お客さんの立場に立った接客を心がけています。
そうじゃないとお客さんに「お願いされて・・・」の使命感で商品を作ることが出来ないからです。

 

 

この理由を突き詰めると、ドンドン良い会社になっていくような・・・そんな気がします。

 

 

PS 今日はちょっと偉そうなこと言ってみました。
でもホントここまで行ったら最高ですね♪
こんな会社でオリジナルタオル手ぬぐいを作ろうとお考えの方は
フリーダイヤル 0120-941-011 まで!

 

 

 

 

 

油断は禁物 オリジナルタオル オリジナル手ぬぐい

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

全然アカンのです・・・この腹
我ながらガッカリです。

 

 

昨年2月に孫が生まれて それまでも何とか通っていたフィットネスクラブもますます行かなくなり、嫁さんの
「もったいな~ もう辞めたら?」
の一言で 行かなアカンな・・・ってずっと重荷になっていたジム通いを 良い助言とばかりにあっさり辞めてから 運動と言ったら会社への行き帰りの徒歩のみ。

 

 

それも週に何回かは車で行ったりするので 本当は週3回程度の歩き 万歩計で測ってみるとよく歩いている日で8000歩程です。
車で行った日は ビックリの600歩くらいってことも有りました。

 

 

昨年の年末から年始にかけて忘年会やら新年会やらで 美味しいカロリーの高い物を食べることもよくあって
「まぁ 明日からは粗食にするからエエかな~~」
って調子をこいて ガッツガッツ。
当然、そんなことすぐ忘れてどこまで来い状態で、この23日です。

 

 

で、体重計に乗ってビックリ 79キロオーバーになっているのです!!。
昨年、ジムをを辞めた時には75キロやったので なんと4キロ太っているのです。
それもたった、4ヶ月で・・・

 

 

えらいことです。

 

 

そういや、ここんとこ深呼吸しても喉で引っかかる感じがします。
子供いわく
「太ったら 喉に脂肪がついて気道も狭くなるからやで~」
って、医者みたいなことを言ってくれますが、悔しいけど納得。

 

 

歩くのもなんとなくハァハァ言って歩いているような・・
それに、歩いていてもすぐつまずいたり ぐねったりするようになって来ました。

 

 

まだ、体重だけならいいのですが、脂肪の塊の腹のせいで、ズボンが入らなくなっているのです・・
い~~や ホントのことを言うと、無理やり履いていますが実はしんどいのです。
昨年の健康診断時にはウェストが88センチの所 測ると明らか95センチオーバー やばっ!!です。

 

 

もともと筋肉質な私は、若い時は赤井さんのような体型だったのが嘘のよう・・
完璧な洋なし状態です。

 

 

ほんまにあかんな~~って思っていたとところに

 

 

で、見ました?ライザップのCM 今までは20代か30代の人が出ていたので ピンときませんでしたが なんと私と同い年の赤井さんが登場!!

 

 

これは・・・
ヨッシャ今年は肉体改造や!って嫁さんに宣言!
健康のためやと言い訳しながら逆三角形復元計画です。
ちょっと頑張ってやろうかな~って思っています。

 

 

考えてみると、
こんな腹になったのも、「ちょっとくらい大丈夫ちゃうん?」
の油断の積み重ねが原因です。
まあ大丈夫やろ・・の甘い考えがぜんぜん大丈夫ではありません。

 

 

手ぬぐいタオルのオリジナルを作る場合、こんな油断があっては大変なことになります。
お客さんからのサイズを間違えたり 色を間違えたり 納期を勘違いして工場へ伝えたり・・

 

 

有ってはいけないことですが、機械じゃない、人がすることですがから間違いは必ず有ります。

 

 

これを見越して このミスが出来るだけ少なくなるよう 色々なチェックポイントを作って確認しながら物作りをすることが大事なのです。

 

 

こうすることで自ずと間違いが少なくなります。

 

 

間違いをしないってことが一番大事ですが、一方で、間違ってもすぐ修正出来る体制を作ることも必要な事と思います。

 

 

自分の腹を見て思います。
間違いを正そうって!!

 

 

PS 本気でライザップ行ったろうかな~って思っています。

 

 

 

成人式の羽織袴と手ぬぐいと風呂敷

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

1月の行事といえば、お正月だけでなく「成人式」があります。

 

 

20歳になった若者が晴れて大人の仲間入りをする日ですが、昔は1月15日と決まっていたのに、法律で祝日が変わったため、毎年微妙に日程が変わりますね(笑)
ちなみに今年は12日の月曜日でした。

 

 

成人式に関しては毎年「荒れる」というニュースが報道されます。

 

 

今年も警察官を殴ったとか、パトカーに空き缶をぶつけたとかそういった話題がニュースになっていました。
たいていの場合、「お酒を飲んでの結果」というのが多いと思いますが、「お酒を飲んでもよい」ということではあるんだけども「飲んで暴れていい」ということではないので、その辺はもうちょっと事前に考えておいてもらってもいいかな?と思いますね。

 

 

成人式といえば晴れ着です。女の子の振袖は本当にキレイですね。
やっぱり和服ってええなあって思う数少ない瞬間ですね。
そして最近私が感じていることは、男の子の和服が増えていること。
これはいい傾向だと思います。

 

 

だって女性の着物に対して、男性が和服を着る機会ってほんま自分の結婚式くらいしかないかもしれませんしね。

 

 

ただ「ん?」と思ったこともあります。
それは和服の色柄がハデになっているなあということ。
男性の和服も「赤」「黄色」「青」「ピンク」など原色系のハデなものが目立つようになりました。

 

 

また女性の方もいわゆる「花魁」系の方が見えるようなものも流行にあるようです。

 

 

伝統とかフォーマルということを考えると、眉をしかめてしまう大人もいるかもしれませんが、これも時代の流れだと思います。

 

 

和服に限らず、和のモノというのはもう本当に数が限られてきました。

 

 

神野織物が扱っている商品でも手ぬぐいや風呂敷の類は、昭和初期以前に比べて相当比率が減っていると思います。

 

 

もちろん、手ぬぐい・風呂敷が減った分、タオルやハンカチ、そしてナプキンやトートバッグなどが増えてきて、そのおかげで生活が便利になっているということもあります。

 

 

「時代の流れに乗る」というのは、工業製品だけでなく、生物の生存にも同じことが言えるわけで、時代に乗れないと取り残されるか死滅するしかありません。

 

 

私もこの商売をしていて、それはいつも痛感しています。

 

 

でも手ぬぐいや風呂敷にはやっぱり「残したい」と思わせる何かがあります。
日本人的ななごみや和の精神かもしれません。

 
手ぬぐい風呂敷を残すためにも今の時代にあったスタイルを生み出し続けていく。
それが作り手の役割なんだなあと思っています。
上手いこといけば大儲けですしね(笑)

 

 

PS 自分好みの手ぬぐいや風呂敷を作ろうと思ってられるなら 無料で相談に乗ります。
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

 

 

 

APPLEと手ぬぐい屋

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

実は私 数年前から例のりんごのMACが欲しくってほしくって・・
周りには「リンゴ買おうかな~~」って軽くジャブを入れているのですが

 

 

年長社員は「そうですか・・・・・ 全部のPCですか?」ってまぁまぁの返事。

若い社員は「へ~~ いいですね♪ でも何故MACですか?」って結構核心をついてきます。

子供に言うと「買って何すんの?何に使うん?いらんやん 使わんやん」って、大砲を撃ってきます。

 

 

で、私は「・・・・・欲しいんや!!・・・」で 逃げ切ろうと言い放つんですが 結局 大砲の破壊力に負けて いつも断念するのです・・。
そうなんです。
上手いこと大砲を跳ね返すだけの理由が見つけられず うつむいて断念しちゃうんです。

 

 

実際、よ~く解っています。 ムダってこと。

 

 

しかし、使うことも無いくせに、使いこなせるかも解らないのに、何故かあのリンゴが欲しのです。
立ち上げた時のレスポンスの早さ・・背中の白いリンゴのロゴ・・アルミのあの薄い姿

 

 

なんで何やろ??
自分でも不思議です・・・

 

 

かっこいいから?それだけかな?結局あまり理由は浮かびませんが何故か欲しいのです。
同じ様な働きをするウィンドウズでは無くあのMACが欲しい・・・

 

 

ウィンドウズの方が沢山のソフトをすでに持っているし使い方もある程度解っている。
設定やなんかも何年も使っているのでスッス~って出来る。
キーボードのショートカットもある程度解っている・・・・。

 

 

ウィンドウズが勝つ理由は沢山あげられるのに・・・でもMACが欲しいのです、。

 

 

自分でも不思議です。何故か欲しいのです!

 

 

ウィンドウズのPCは値引きしてくれるのに MACはそそんなに安くなりません。
そんなにも関わらず
「お願いしま~す 売って下さい♪」って言ってしまうのです。
これは凄いことです!!
安い買い物をするのが一番好きな関西人でも こいつは定価近くで買ってしまうのです。
実はAPPLE、ごっつい簡単な商売をしているのです。

 

 

そこでふと思いました・・
タオルや手ぬぐいでもこんな感じで売れたら最高やな~~って

 

 

お客さんが売って下さいって列を作って、お願いして購入してくれる。

 

 

「いやいや うちは値引きもしませんけど 何やったら他で ご購入いただいたほうが安く作れますよ~」って説明しても
「いやいや オタクで買いたいのです。是非作ってください。高い安いじゃないんです!!」
って言われたら最高ですよね♪

 

 

でもそれをするには・・・???
MACのようにかっこ良くも無いしし・・なんなんでしょうね?
ただ、お客さんに喜んでもらえるようにすることかな??
作った商品や接客を気に入って頂いて また次にも購入は神野織物でしたいって思ってもらえるようにしたい・・。そこかなと。

 

 

どっかで誰かが言っていましたが、『人間は感情で物を購入する。』
本当にこれやと思います。

 

 

私がマックを欲しいのも感情なんです。理由はないのです。
機能や使い勝手 価格を考えても 普通はウィンドウズPCを選びます。
でも マックが欲しい・・
よく判らんですがやっぱ感情なんやと思います。

 

 

あなたの会社は感情で買ってもらえるようになっていますか?
神野織物もAPPLEのように お客さんに選ばれるようなブランド 会社になりたいものです。

 

 
PS こんな会社に見積もりしてもらおうかなって方は
こちらから・・・

フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

 

 

えべっさん 一番福 二番福

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

こんにちは神野です。

 

 

毎年、年末から年始めと色々なイベントが有りこのイベントの最終がえべっさんとなります。
私の中ではこのえべっさんが一番のメインイベントのようなもので 毎年9日の晩から宵戎 10日の本戎 11日の残り戎と参加するのが恒例となっています。

 

 

今年は金曜日から始まったので段取りもよく 金曜日の晩に会社の帰りに参上!
ちょっと早い目に会社を出て西宮戎に参拝です。

 

 

す~~ごい す~~ごい人で、境内に入ったはいいけどなかなか前に進めません。
でも大丈夫!今日は宵戎。明日は土曜日で休日 明日の本戎なんで今日はチョットした予行演習みたいな気持ちで参拝です。

 

 

本殿で今年もよろしくお願いします!
ってお願いした後 屋台でとうもろこしとベビーカステラを買って帰ったのです。

 

 

そう 笹はまだ明日 本戎に購入です。

 

 

今年は、本戎は土曜日と絶好のえべっさん日和。
嫁さんに 「今年は朝一番に行くで!!」って宣言をして6時半には起床です!
このために起きているように聞こえますが、歳のため目がさめるのです。
仕方なく起床って感じです。

 

 

ほな行くで!
って歩いて西宮神社に朝から参拝です。

 

 

西宮神社に近づくにつれて、期待していた屋台が無いのです・・・。
まだ早すぎたのか、屋台のおっちゃんもまだ来ていません。
いつものザワザワかんもなく し~~んとした感じです。なんな静かでええかんじやん♪

 

 

道路の向こうでは警備員が5人ばかり集まって制服に着替えています。
それくらいのんびりした雰囲気です。

 

 

いつものように いぬづか写真館の前を通って赤門が見えたのですが、ここにも全然人が居ないのです・・。
あの 警察官が大声を出して規制している赤門前も人がまばら・・ す~~っと入場です!

 

 

今年は、ええで~~ どんだけ儲けさしてくれるねん?って エエカゲンなことを言いながら 赤門通過です。

 

 

そしたら嫁さんが、
「あれ? あの人二番福って書いたハッピ着てはるわ」
って 言う方を見てみると 確かに
黄色いハッピを来た男の人の襟の部分には二番福と・・右手には景品の白い大きなビニール袋を持って疲れたな・・・・って様子で 赤門から一人で出て行くところでした。

 

 

へ~~あんだけ 朝六時の開門と同時に走って福を貰う神事やのに終わったら寂しいもんなんやって思いながら本殿に差し掛かった所、すご~い人だかりが有るのです。
テレビカメラ?なんかも何台も一人の男の方に向かってアナウンサーも出てきてインタビューされています。

 

 

ん?? コッチは一番福の 黄色いハッピを着ています。
え?こんなに差があるの?って位にこちらはチヤホヤされています。

福

 

先ほどのインタビューはもちろんのこと 一般人の女の子がお願いします!って一緒に写真を撮っていたり、「福」と書いた額を本人が持って写真を撮られたりと凄い人気ぶりです。
周りの人がみんなパシャパシャ撮っています。

 

 

さっきの二番服の人とは対照的で笑ってしまうほどです。

 

 

トップ以外はダメなんてのは、一般社会では当たり前ですが
神さんの世界でもこんなことが有るのかいなってつくづつ思ってしまいました。

 

 

この後、恒例の一番幸せそうな福娘から3千円の福笹を購入 下に向けること無く家に持って帰ったのです。

 

 

昨年はいろいろなことが有って思ったより楽しかったのですが、今年は朝からのえべっさん参拝で副男も激写 今年も面白いことが沢山起きそうな予感です。

 

 

さぁすごい福が待っていますよ!
今年もよろしくお願い致します。 

 

 

PS オリジナルでタオルや手ぬぐいを作りたいときはお気軽にお問い合わせ下さい

 

 

 

 

 

新品ジャケットが・・・

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

あけましておめでとうございます。の第二弾。
今日から めでたいえべっさんです!
それも今日は宵戎。えべっさん教を信仰している自分としては、会社の近くのえべっさんに朝お参りして 夜には西宮戎にお参りです。

 

 

毎年面白いことに出会う えべっさん話は後日にして・・・
今日は正月早々えらい目にあった話です。

 

 

年の明けた 1月1日 実家の両親とおせち料理を食べた後 恒例の嫁さんの実家に出かけるのに晩飯の買い出しをしに西宮ガーデンズに行ったのです。

 

 

この頃のお正月はどこのお店も開いてるから便利になったな~ でも、正月らしくないな・・なんて 当たり前のことを喋りながらイズミヤに向かって歩いていると、途中の阪急がなんかザワザワしています。

 

 

なんと、1日からバーゲンをしているのです!!

 

 

実は、昨年からツイードのジャケットが欲しくっていいのないかな~~って探していたので思わず物色です。
で、いいのを見つけたんです!
やった~~ これで新年の挨拶にも着ていけるし・・・ゴルフの行き帰りにも大丈夫!
ってウキウキして即買いです。

 

 

正月から縁起がええで~~って嫁さんに言い訳しながらゲット!
なんと3割り引きで手に入れたのです!!

 

 

で、初出に当然このジャケットを着て出社です。
毎年同じ様なスーツを着ていたのがチョットおしゃれなツイードのジャケットになって自己満足です。

 

 

社員みんなに
「お客さんが今週はたくさん来はるからこの一週間は これで通すからな」
って宣言して 3日目です。

 

 

朝いつものように会社に着いて いつものようにイスにジャケットを掛けて仕事の開始。

 

 

なんか臭い・・・ 髪の毛が焼けているような匂い・・・
「なんか臭ないか?なんか焦げてるで~」 って言った瞬間

 

 

あっ!!!!!

 

 

なんと・・・ジャケットがストーブに当たって焦げていたのです。

 

 

おいおいっって 平静を装いながらよく見てみると なんとこ茶色くなった部分が5センチ×5センチ程度
その中の特にきついところは穴が空いているのです。。

 IMG_0665

 

 

 

 

 

やってもうた・・(泣)

 

 

まだ、3回しか着ていないのに・・・1回1万円以上の貸し衣装代みたいなもんやんけ!
ホンマ自己嫌悪です。

 

 

社員からはなんかクッサイですね~って言われながら わかっとるっちゅうねん!!って心のなかで叫びながらじっと焦げた穴を見つめていました・・・。

 

 

慣れっていうのは怖いもんです。

 

 

いつものようにジャケットを掛けたのはいいのですが ストーブを点けてしまったのが原因です。何時もならストーブを点けても横に向けるのに忘れていたのです。

 

 

仕事でも、この慣れでこなしてしまうと大変な失敗をしてしまうことが有ります。

 

 

いつものようにいつもの商品を送ったつもりで間違っていたり 送り先を間違っていたりと
何時もなら考えられないことをしてしまうのです。

 

 

これは、余裕が無いためだと思います。

 

 

インターネットの普及やアスクルのように次の日には文房具が届く アマゾンでは今日注文したらその日のうちに届けられる。

 

 

これ自体 便利でいいのですが 全ての動きがこれに見習えみたいになっていて なんか「心」が追い立てられているようで余裕が無いのです・・。

 

 

なんか何時もイライラしているような・・そんな感覚なのです。
イライラしたって何の得もないですね♪

 

 

仕事も遊びも、余裕を持って考えるだけの時間が必要な気がします。

 

 

今年は一人のゆったりとした時間を大切に、余裕をもって考える時間を作るように心がけようと思います。

 

 

PS
結局、共生地を貰ってカケツギで直してもらうことにします。
値引き分以上の出費です・・ 残念。

 

 

 

 

 

メンタルブロックを利用する!!

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

今日も頭のいい人の話です。
でも、な~~るほどなって思ったんでお知らせします。

 

 

「メンタルブロック」という言葉知ってますか?

 

 

何か新しいことにチャレンジしようとすると、なんとなく恐くなったり身体のチカラが抜けたりしてしまうという現象を引き起こすのですが、原因はその人の過去の体験から作られているようです。

 

 

例えば子供のころ「真面目にしなさい!」と厳しく育てられた人が大人になって、はじけようとしたときになかなかできなかったり、
「会社勤めが一番安心なんだ」と聞かされて育った人が起業しようと 起業したときにどうしても怖くなってやめてしまうという現象です。

 

 

すべては無意識のうちに行われるので、
自分でも「なぜこうなるの?」
というのがわからないという状況に陥ってしまいます。

 

 

このメンタルブロックを説明した話として有名なものに 「サーカスの象」の話があります。

 

 

かわいそうな話ですが、サーカスの一団が子供の象を捕まえてきて、その足にロープをくくりつけ地面に打ち付けた杭につないでおきます。
最初、小象は暴れて逃げようとしますが、小象のチカラではロープをちぎることができません。

 

 

やがて小象は暴れても無駄ということを知り、暴れるのをやめます。

 

 

その後、小象が成長してロープをちぎるだけのチカラを持つようになってももう暴れなくなってしまうというお話です。

 

 

これがメンタルブロックの原理です。

 

 

人間は「もう無理だ」と思うと無意識的に行動しなくなります。

 

 

私たちは、子供のころから色んな挫折を味わう度にブロックを作ります。
それは自分自身を守るためでもあるからなのですが、自分の人生をより良い方向に進めたいと思う人にとっては、このブロックが邪魔になります。

 

 

私たちのような商売人にとってもこういうブロックがあると、新しいチャレンジが出来ませんので、ブロックのせいで商売がすたってしまうということも起こりえます。

 

 

ではこのブロックをどうすればよいのか?

 

 

巷では「メンタルブロックを外す」というようなセミナーとかもあるようですが、私がおすすめしたいのは「外す」とか「消す」とかではなく、「メンタルブロックを利用する」という考え方です。

 

 

メンタルブロックはいわば心のブレーキ。
ブレーキのない車は危ないので、必要に応じてブレーキを踏まないと安心してスピードを上げることは出来ません。

 

 

なのでメンタルブロックは「必要なブレーキ」と認識し、「何か危険な事があればブレーキが利いてくれる」と思えばメンタルブロックは 必要な存在となります。

 

 

今「ブロックがあるなあ」と感じてる人は「これは大事なブレーキだ」と 考えてみてはいかがでしょうか?  考え方ですね♪

 

 

 

手ぬぐいと銀杏 嫌われもんつながり!

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

この頃、健康のために阪急電車を使って出勤しているのです。

 

 

チョット前に仕入先の担当者が万歩計を持っていて、これで健康管理しています。な~んで言うもんですからヨッシャって ヨドバシのポイントでゲットしたのを使いたいのもあって歩いているのです。

 

 

会社自体はJR吹田駅で降りて通勤したほうが早くって 10分程度で会社の着くのですが、ここは やっぱりここは健康第一でしょ~っと公言した手前 阪急吹田から20分掛けて会社に出社しています。

 

 

今朝も阪急吹田駅を降りて歩道の端をきっちりと歩いていると・・・
有るのです銀杏が!!

 

 

ベチャッと潰れた銀杏 お察しの通り例のあの匂い・・
臭いんです。。。

 

 

そういえば11月の初めくらいに落ちていたのが下旬に入って少なくなってきて、もう終わりかな~思っていたのに またこの匂いの復活です。

 

 

それに、この歩道 阪急吹田駅からJR吹田駅までずっと銀杏並木なんです!!
この実が落ちる前までは、「青空に映える黄色い葉っぱなんてきれいやな~~」って思いながら歩いていたのが この有り様。

 

 

何でもこの実がなるのはメスの木らしくって、雄の銀杏は実がならないのを利用して どこやらの銀杏並木はオスの木ばっかりを植え替えて この実が落ちるのを防ぐようです。
それもど~~かな~~~って思いますが それほど嫌われ者の銀杏様です。

 

 
わたしの友達も お酒を飲みに行くと必ず銀杏って注文していますが これも食べ過ぎると毒らしくって自分の年齢以上はたべるのはダメだそうです。やっぱり嫌われもんです。 相当嫌われています。

 

 

嫌われもんつながりで、今日紹介のグッズは手ぬぐいです。

 

 
昭和30年頃までは、何をするにも手ぬぐいを使って生活したいた日本人ですが タオルが入ってくると今まであれほど手ぬぐいにお世話になっていたにも関わらず みんなそっぽを向いてタオルを贔屓にしていったのです。 嫌われもんのように・・・

 

 

それでも、オシメはやっぱり手ぬぐいのほうが赤ちゃんのためにもいいって噂から 暫くは手ぬぐいでオシメをする赤ちゃんは居たのですが 今はもう・・・紙おむつの圧勝です。

 

 

嫌われかたは半端無くて 当時数百件あった手ぬぐいの染工場も今では20件程度にまで無くなってしまったのです。

 

 

こんなに 邪険に扱われてきた手ぬぐいですがここ数年見直されてきています。

 

 

百貨店では、ブランド物のハンカチがシッカリとしたプリントが綺麗にされ 紙にプリントしたように繊細に出来上がって店頭に並んでしますが、
手ぬぐいでは本染めの ぼやっとした感じで仕上がってきます。

 

 

制作の工程で どうしてもこんな感じで仕上がるのですが、これが逆に「なごみ」って受け止めて頂けるお客さんが増えたってことやと思います。
柄もキッチリしなくてはいけないような柄をつけるではなく そこまでキッチリしなくても使う分には問題なしって思えるようなデザインを入稿して頂けます。

 

 

この和みの手ぬぐいは、使う人にとってなんとも「なごみ」の雰囲気を出しているとかで、使っていてもゆったたりとして振る舞いになるというのです。

 

 

この頃は、私のようにハンカチとして使うことはもちろん 額に入れて飾ったり
 すぐ洗えるのでランチョンマットとして使ったりと色々と活用されているようです。

 

 

時代は繰り返すって良く言われますが、手ぬぐいは繰り返すのではなく日本の文化としてシッカリと日本人に根付いて欲しいですね。
銀杏にならないように・・・。

 

 
PS こんな手ぬぐいを作ってみようと思われた方は迷わずまず電話です!!
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

 

 

人類の進化と商売

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

 

「神野さん、人類がなぜこんなに進化したのか知ってますか?」

 

 

 

先日こんな 難しい質問を受けました。
ややこしいことを聞いてくるやつです。

 

 

 

こんな質問の答なんか知ったかぶりすんのもバカらしくって
おまけに すぐに面白いことも思い浮かばず
「うーん・・・なんでやろ?」と言うしかなかったのです。

 

 

 

確かに「なぜ」と聞かれると模範的な答えってなかなか思いつかない質問です。
知ってなかったら言えないですもんね・・・。

 

 

 

「色んな所が進化したから?」と答えてみても
「じゃあなんでそうする必要があったんやろ?」と思いますし、
「運が良かった」というのもしょうもない答です。

 

 

 

なんかもやもやしていたところ、回答を聞いて「なるほど!」と思いました。

 

 

 

人間という生き物は本当に弱い生き物です。
自然界の中に放り出されたら、肉食獣のエサになるだけです。
でも今ではこれほど好き方題している生物も他にはいないと思います。

 

 

 

そんな弱い人間がなぜこうなれたのか? ってことなんですが・・・

 

 

 

それは集団を作ったからなんだそうです。
なぜ集団を作らなければならなかったのか?というのはちゃんと説明があったのですが、長くなるのでここでは省略です。

 

 

 

とにかく人間は集団を作ったそうです。

 

 

 

そしてその集団の中で
「自分がこの集団で役に立つことをする」
と、いう意志があったからこそ、進化を遂げてきたのだそうです。
ホンマかいな~~ってところですが(笑)

 

 
※ここからは友人の受け売りです。
大昔は集団のため、きっと若い男は狩りに出かけたり、あるいは、農業をして生活していました。
狩りも農業も集団に食料をもたらすものです。つまり集団を存続させる目的なのです。
なので失敗は許されないし、効率も求められたことでしょう。
ここから色んな道具や方法が作り出されました。

 

 

 

また年寄りは狩りや農業が出来ない代わりに他のことで貢献してきたと思います。
例えば政治とか・・・。
またあるものは、集団の生活を快適にする仕事をしていたかも知れません。
大工のように家を建てたり、医者のような役割や服を作っていたりとか。

 

 
集団に貢献したいという本質的な気持ちから進化が生まれているのです。

 

 
と、いうことです。

 

 
ここで私も気が付きました。
これは商売も同じやな~っと。
いくら社長が一人で頑張ってみてもやっぱりうまくいくものではありません。

 

 

 

神野織物でもそうです。経理をしてくれる人、デザインをしてくれる人、 営業をしてくれる人、外注さんを管理してくれる人、PCを管理してくれる人など、一人何役もしてることも有りますが それぞれがそれぞれの役割を果たしてくれているからこそうまく行っていると言えます。

 

 

 

商売で一番大切なことは「進化しながら続ける事」だと私は思っています。
だからこそ、それぞれの役割をきちんとこなし、工夫をしながら仕事が回っていくそんなスタイルが一番理想的ではないでしょうか。。

 

 

 

マンモスもその時の環境に順応できなかったから滅びたを言われています。、
工夫をしながらその時時に対応できるようなしぶとい会社を目指します。

 

 

 

と、今日はめんどくさいお話でした。

 

 

 

オリジナル手ぬぐい制作のショートアドバイス3つ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
こんにちは!神野です。

 

 

今日は、オリジナルで手ぬぐいを作る時のワンポイントアドバイスを3つ お知らせいたします。

 

 

 

◎オリジナル手ぬぐいを注染で作る時の入稿方法 

 


オリジナル手ぬぐいを注染で作るときの入稿方法ですが、弊社ホームページの入稿DATAテンプレートをご使用下さい。

簡単にご入稿いただけます。

 

 

◎面タオルを本染めで作る理由と特徴

 


面タオルを本染めで作る理由は吸水性です。

プリントでは色のついたところはどうしても水分の吸収が悪く汗が額を伝って眼に入ることも有ります。

それに本染に比べてつけていると暑いです。

 

 

◎ 手ぬぐいをブックカバーにする たたみ方

 

 

手ぬぐいを畳んでブックカバーにすることも出来ます。

綺麗に畳んで使うことも出来ますが、私は本の大きさにハサミを入れて使うようにしています。

キッチリではなく若干余裕を持った形で使うとうまくいくみたいです。