タグ別アーカイブ: 手ぬぐいの特徴

梅雨明けと10円玉

神野哲郎

from 神野哲郎

 

 

関西地方では先週末梅雨明けとなりました。

 

 

と、言っても曇った日が多く いつもですが梅雨明けしてもすぐには晴れ間が広がらず、
しばらくしてから快晴!!夏本番!ってことが多いようです。

 

 

今年も、その通り週の初めはそうでもなかったですが、昨日今日と、急にそれもえげつなく暑く
なってきました!!

 

 

いよいよ夏本番です!

 

 

今朝も、朝起きたらクマゼミがシャーシャー鳴いてて 太陽がガンガン なんかウキウキしてし
まいます。
でも、このセミの鳴き声と太陽のガンガンはいいのですが、暑さがやっぱりつらいです。

 

 

なにが大変かって、会社に行く時なんか大変です。

 

 

吹田駅を降りて会社までの10分、朝日を正面に浴びっぱなしで出社しなくてはならないのです。
それも線路沿いに歩くので遮るものが全然ありません。
暑いんです・・・。
ジリジリジリって焼けるのが解るくらいです。
見ての通り私は地黒ですので 綺麗に焼けること無く10円玉の様な色に焼けていきます。
それもすぐにです。毎朝社員に 社長どっか遊びに行きました?って聞かれるくらい毎日焼けて
真っ黒になります。

 

 

会社についたらシャワーを浴びてクーラーの効いた部屋でゆっくりしてからお仕事・・・
なんて洒落たこともなく 暑~~~って言いながら ポケットに入っている手ぬぐいで 汗を拭
うのです。

 

 

そうタオルではなくて手ぬぐいです。

 

 

タオルでも汗は拭えますが、暑苦しいのです。
手ぬぐいたと、すっと汗を拭えるところ タオルの場合 肌に触るところが暑苦しいっていうか
なんかさっぱりしないのです。

 

 

手ぬぐいは汗をシュッと吸収してさっぱりした感じ。
でもたくさんの汗は吸収できません。
でも、これが広げてなびかせると・・5分もしたら乾くのです。

 

 

タオルはたくさんの汗は吸収しますが 乾きが悪い。
風通しのいいところで一時間位乾かさないといけません。

 
タオルはたくさんの水分を吸収しますが、乾きにくく暑苦しい。
手ぬぐいは水分の吸水力はいいが、たくさんの水分を吸収しない。しかしすぐ乾く。

 

 

これがタオルと手ぬぐいの大きな違いです。

 

 

使い分けとしては・・・・スポーツなどの時は、タオルが良いと思います。
真夏のスポーツでは、汗を大量にかきます。ホント下を向いたらポタポタと落ちるような汗の場
合はタオルのほうが早く拭えます。

 

 

なのでお風呂あがりなんかは、タオルを使うのが最適です。

 

 

手ぬぐいはポケットに入れたり、じわじわ汗がでるときに使うのに最適です。
それと日除けの効果もあるので 外でするお仕事の時なんか 帽子の中に手ぬぐいの端を入れて肩のあたりに 垂らしておくと クビのあたりの日除けにもなるし、汗をかいてもすぐ乾くので とっても重宝です。

 

 

あんまり暑い時は、手ぬぐいを濡らして折って首に巻くととっても涼しいのです。
炎天下の 庭の草抜きや畑仕事の時には、濡らして首に巻くのをおすすめします。

 

 

遊びではゴルフの時なんて最適です。
帽子では届かないクビの部分に 濡れた手ぬぐいを巻くととっても涼しくいい感じです♪

 

 

マラソンでも帽子の後ろに付けるなんてことも出来ます。
この前は、サイクリングに手ぬぐいを持っている人を見かけました。
サイクリングでは汗をかいて拭いても 乗っているうちに乾くので完璧ですね。

 

 

タオルと手ぬぐいの特徴を考えて、タオルと手ぬぐいを使い分けて下さい。

 

 

PS チームやクラブでオリジナルタオルやオリジナル手ぬぐいをお考えの時は
見積依頼かフリーダイヤル0120-941-011でお問い合わせ下さい。

オリジナル手ぬぐい オリジナルタオルのプロが一番いい方法をご提示いたします。

 

 

 

 

手ぬぐい素材のウラ話 「羊のなる木」

今日は手ぬぐいの素材についてお話します。

手ぬぐいに使われいる素材は「木綿」なのですが、どういうものなのか 実物は毎日触っているので知っていてもういったものなのか?どういう歴史があるのか?あまり良く知らないことも多いと思います。

 

木綿は「ワタ」の種子から取れる繊維のことで、ワタはアオイ科ワタ属の多年草の総称で、木綿は種子の周りに付いています。

 

世界最古の木綿栽培はメキシコだと確認されていて、なんと8000年前のことにさかのぼります。
その後、インダス川流域のインダス文明で木綿の紡績や機織りの技法が生まれ、発展を続けてきました。

 

その後、貿易によりヨーロッパに広まっていくわけなのですが、当時のヨーロッパ人には、木綿が何で出来ているのか見当が付かなかったようです。

肌触りがウール(羊毛)に似ているため、
「インドには枝先に子羊がなる木がある」と言われたそうです。
なんでもその木の枝はとてもしなやかで、子羊が空腹になると、枝が地面に下がっていって 子羊が草を食べられるようになっていると信じられていました。

ちょっと想像するだけで、おかしな光景ですけどね。(笑)

 

それにしてもウールとおなじように扱われていたというのには
私も驚きました。それほど当時の人にとっては、画期的だったのでしょうね。

 

さて、そんな木綿ですが次のような特長があります。

良く知られていることが「肌触りが良い」ということ。
先ほどのヨーロッパの話ではないですが、ウールと同じと言われるくらい、柔らかな肌触りです。
次に「吸水性が良い」ということ。
手ぬぐいが元々汗や水分をふき取る目的で作られているのもこの吸収性の良さからです。

あと以外に知られていないのが、「熱に強くて丈夫」なこと。
繊維ですので火を近づければ当然燃えますが、150℃以上の温度で長時間放置してようやく分解します。これはチョット意外ですね・・
他にもアルカリや有機溶剤に強いことや 濡れると強度を増すので、洗濯に強いなど長期間の使用にも耐えられる素材なんです。

 

確かに手ぬぐいは長持ちするのですが、その背景には素材となっている木綿のチカラがあったんですね。

 

そうそう。
染色性や発色性に優れているのも木綿の大きな特徴。
だからプリント手ぬぐいにも最適なんですね。