タグ別アーカイブ: 手ぬぐいの使い方

首に巻くと温かい チクチクしない手ぬぐいマフラーが良い

 

今年の天気ってほんと変ですよね?

つい最近まで薄着でも過ごせるぐらい温かくて「まだ夏がつづいてるんと違うか?」
と思うぐらいだったのに、急に真冬並みの寒さになったりでなかなか体がついていかない感じです。

 

実際この天気の変化についていけなくて、風邪を引いたり体調を崩したりしている人が多いみたいですので、気をつけなければなりません。

 

そんな中、「こんなことで工夫していますよ」という話をお客様からいただきました。
Kさんとおっしゃる男性の方なのですが、手ぬぐいマフラーをご購入いただいています。

 

Kさんはお仕事がらほぼ一日中オフィスにいらっしゃるそうなのですが、Kさんの会社
でも節電対策ということもあり、簡単には暖房を入れないのだそうです。
ましてや今年の変な気象のこともあり、例年だともう暖房を入れ始める時期なんだけど、
なんとなくそのままになっていて、そのため最近の寒さは結構こたえるのだそうです。

 

「何かいい方法はないだろうか?」と思ったときに、ふと手ぬぐいマフラーの存在を思いだし、「あれならオフィスで使っていても違和感がないのでは?」
ということで早速ご購入いただいたのです。

 

手ぬぐいマフラーが届いた翌日、早速Kさんは仕事場に手ぬぐいマフラーを巻いて出かけ、そのまま自分のデスクで仕事をしてみたそうです。

 

驚いたことに、職場の人から「何それ?」と聞かれることはなかったとのことです。
「それぐらい普通な感じだったんだと思います」とKさん。

 

実際手ぬぐいマフラーをしてみて驚いたことは、「予想以上に温かいこと」だったそうです。
そして首元を温めるだけで、これだけ体感温度が違うのかということにも驚いたとおしゃっていました。
そして何よりも「軽くて巻いている感覚がないくらい」なことと「肌触りがよくてかえって癒される」ことにも驚かされた様子でした。綿100%ってのが良いようです♪

 

あまりに何も言われないので、昼休みに同僚の方に手ぬぐいマフラーを紹介したところ、すごく評判が良くて「僕も欲しいなあ」と言う声が続出したそうです。

 

いくらオフィスが寒いからと言っても、通常の毛糸やカシミアのマフラーを巻いているとやっぱり違和感がありますし、だからといってタオルを巻くわけにもいきません。
手ぬぐいマフラーだと、洋服にもしっかりと溶け込みますし、他のマフラーのように見た目が暑苦しくないためスマートな印象を受けます。

 

暖房機器に頼るのも仕方がないところではありますが、こういったちょっとした工夫で、しかも見た目もオシャレに出来るやり方も悪くはないと思います。

 

ファッションとしての手拭いの使い方 巻き方

 

女性のファッションアイテムのひとつにスカーフがあります。

 

首に巻いたり、頭に巻いたり、あるいはバッグの取っ手に巻いてみたりと、結構重宝に使えるものですよね。

 

大きさも小さいものから、割と大きめのものもあり、大きいものですとカーディガンのように羽織ったりすることも出来ます。
そういえばCAさんも首元にオシャレにスカーフを巻いていらっしゃいますね。

 

良く見ればお一人お一人違う巻き方をしていたりと、それぞれ個性を楽しめたり、日によってバリエーションを変えることが出来るので、意外と使えるアイテムなんだと思います。

 

さて、洋のスカーフに対抗出来る和のものとすれば、それはやはり手ぬぐい

 

すでにファッションに取り入れて見える女性もいらっしゃいますが、スカーフにはない味わいがあり、これはこれで良いものです。

使い方としては首元にふわりと巻くような感じであったり、ネクタイのように巻いてみたり、あるいは蝶ネクタイのようなイメージで首元にリボンが出来るような巻き方もあります。

 

少しねじって巻くというのもオシャレですよね。

 

またブローチや缶バッジで止めるというのもいい感じですし、
こういった小物を組み合わせればバリエーションはかなりの数になると思います。
また、少し長めのものであれば、マフラーのような巻き方も出来ますね。

手ぬぐい自体は温かいので、実用性も高いと言えます。

頭に巻く方法としても、たくさんの巻き方がありますよね。
飲食店の方が巻いているようなシンプルなかぶり方もあれば、両端をおさげのようにしてアクセントを加えてみたり、カチューシャのように細くまくやり方もあります。

 

手ぬぐいには主に和柄がプリントされていますが、この柄もまた粋でセンスの良さをうかがわせます。
色合いも派手でもなく淡い感じのチョイスも出来るので、これまた程よい味わいが出てきますよね。

 

また手前味噌にはなりますが、従来の柄だけでなく、オリジナルプリントでも手ぬぐいをお作りいただけるので、自分らしいファッションも可能になります。

 

そして私がおすすめしたい手ぬぐいの使い方として、バッグの持ち手にさりげなく巻いておくというやり方です。

 

よくスカーフをそういう風に使っていらっしゃるのを見かけますが、いつも使っているバッグにさりげないワンポイントとして入れることで、雰囲気がガラリと変わります。

 

気分によって、手ぬぐいの色や柄を変えられますし、何といっても飽きたら取り外せるところがとても実用的だと言えますよね。

災害グッズとして役に立つ手ぬぐい! 「備えあれば憂いなし」

 

昨日(8月8日)のことです。

 

私のスマホがいきなり「ビー!ビー!」と音をたてました!
「お!何や?何事や!」と思ってスマホを覗き込むと「緊急地震速報」と
出ています。
奈良県で地震が発生したとか。

 

でも、ちっとも揺れませんし、感じません。
緊急速報が出るくらいの地震だから、近畿圏で発生していれば、かなり揺れを
感じるはずです。
でもまったく感じない。その場に居合わせた社員に聞いても「感じません」と
言っています。
「どういうこっちゃ?」ということでネットで調べようとしたらYahoo!に
まったくつながりません。おそらく、同じようにものすごい数の人がアクセス
したからなんでしょうね。

 

やがて少し立ってから、地震はあったにはあったけど和歌山県が震源で、
震度1ほどの揺れも観測出来ていないということでした。
後から知ったのですが、奈良・大阪で震度7くらいという速報だったみたいで
すね。もしそんな地震が来ていたら、それこそ大騒ぎでしたね。

 

誤報とはいえ、知らせがないよりはいいと思いますので、こうやって携帯などを
通じて第一報が入るのはありがたいですよね。
今後の予行演習ってことで納得しました。

 

さて、こういうことが起こると自然と災害対策のことが頭をよぎりますが、
緊急避難袋などのグッズは用意されているでしょうか?

 

私のところは、子供がリュックサックを家族分用意してくれて枕元に置いています。
地震はホントいつ何が起こるかわかりませんから、まだの人はぜひ用意していただきたいですし、「もう持っている」と言う人もその中にぜひ「手ぬぐい」を入れておいてください。

 

手ぬぐいはいざというときにとても役に立ちます。

 

例えば、ケガをしたときの止血や包帯代わりになりますし、湿らせて体を拭いたり
することも出来ます。また、食糧などを比較的衛生的に扱うことも出来ますし、
洗うことが出来ればすぐに乾いてまた使うことが出来ます。

 

それと、手ぬぐいは縦方向に割いて2つをより合わすことでロープにもなります。これは沢山の手ぬぐいがあれば作れますが 5センチ程度の幅に裂いて6本作れば2本づつ撚って3本作れます。これを結ぶと 約90センチ×3=2.7メーターですので結び目なんかを考えても2メーターくらいの長さのロープにはなると思います。

 

ねっ、万能でしょ!

 

タオルでも出来なくはないですが、手ぬぐいにくらべ乾きにくい点や、包帯代わりに
使うには厚みがありすぎます。ロープなんて絶対無理ですね。
ハンカチでは小さすぎますが、手ぬぐいは長方形というとても使い勝手の良い形を
しています。

 

あってはならないことですが、災害時に役立つ手ぬぐい、防災グッズを扱う業者の
みなさん、ぜひアイテムのひとつのして追加してみてはいかがですか?

 

オリジナルプリントなら、宣伝効果もありますしね。
と広告です。はい。

手ぬぐいのエコな使い方 ゆかたや小物も作れます。

こう見えても・・・実は、タオルや手ぬぐいの可能性や用途についてしょっちゅう
調べたり考えたりしています。

先日も「手ぬぐいを何か他のものに加工出来ないか?」と考えていたところ、
「手ぬぐいでエコバッグを作りました」という人に実物を見せていただくことがあり、
「なるほどー。こういう使い道があるか!」と感心した次第です。

その方は、手芸が好きで、日ごろからお弁当袋や子どもたちが学校で使うようなバッグ、
そして愛犬に着せる服までハンドメイドされています。

今回見せていただいたエコバッグは、100円均一で買ってきた手ぬぐいを縫い合わせて
作ってありました。

男性はあまりエコバッグの必要性を感じることが少ないのですが、やはり女性はスーパーなどに買い物に行く機会も多いですから、エコバッグは必須アイテムだそうです。

「何十個持っていてもかまわない」という女性もいるくらいで、急に思い立って買い物に行ったときに、自分のカバンの中にエコバッグが入っていないと焦ってしまうという人もいるらしいです。

そのエコバッグですが、ほとんどがナイロン製や不織布製のものが多く、私の感覚では、なんかイケてない感じの物が多いように思います。

逆に「ああ、これは手作りだなあ」とわかるエコバッグを持っている女性を見かけますが、ほんとそれだけでなぜか「この人、センスええなあ~」と感じますから不思議ですよね。

 

さて、その手ぬぐいエコバッグですが、手ぬぐい1枚からでも作ることが充分可能なんだそうです。

作り方は、おそらくネットで検索していただければ、数多く見つけられると思いますので、参考にしてください。私の立場からすると、手ぬぐいはやはり手ぬぐいとして使っていただけるのが嬉しいところなのですが、オリジナルデザインの手ぬぐいをこのような形で使っていただけるのも作り手としては嬉しい限りです。

オリジネルデザインの手ぬぐいは、1枚単位でお作りすることが出来ませんので、ロットで作っていただき、一部は通常の手ぬぐいとして使用、そして一部はエコバッグなどに加工して使っていただくというのはいかがでしょうか?

もちろん、手ぬぐいの質も100円均一の物とは比較になりませんので、きっと愛着のわくマイバッグになると思います。

お客さんの中には
「浴衣にしたいので注染で作ってください」とか
「カバンや小物を作りたいので反物のまま切らずに欲しいです」
って要望もこのごろは多いようです。

 

あまり知られていませんが、昔はこの手拭生地を使って浴衣を縫っていたのです。ゆかたに使って擦り切れてきたら手ぬぐいとして・・・その後もっと擦りきれてボロボロになってきたら掃除用品として雑巾がけの道具として・・その後はハタキとして使っていました。とってもエコな道具でした。

 

でも 生地によって向き不向きもありますので「こんな物をこんなように作りたい・・・」ってご相談ください。アドバイスさせて頂きますので聞いてください。

 

これからも手ぬぐいやタオルの新しい使い道についてご紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね。

手ぬぐいを利用したクールビズ こんな使い方と効果

 

夏が近づくと、決まって「クールビズ」という言葉をよく耳にするようになりますよね。
もうご存知の通り、夏の暑さを乗り切るために、ノーネクタイ、ノージャケット、半そでシャツで夏を乗り切ろうというイベントのようなものですが、実際には2005年から環境省が打ち出している環境対策を目的とした軽装化キャンペーンだそうです。

 

実はこのクールビズ、実施機関も想定されていて、毎年6月1日から9月30日までとなっています。・・知らなかったです。
この間、軽装で過ごしエアコンの設定温度を28度くらいでキープすることとなっています。

 

根本的には電力使用量を減らすことで火力発電所の稼働率を減らし、CO2の発生を抑えることで地球温暖化に貢献しようという働きのものですが、特に最近は夏の節電運動が当たり前のようになってきているので、エアコンを極力使わずに夏を乗り切ることが普通のように感じられるようになりました。

 

とはいえ、暑いものは暑い!ですから、どうやってこの暑さをしのぐのか?ということはとても大きな課題になってきます。

 

そこで使っていただきたいのが手ぬぐい。

 

水にぬらしてからよく絞って、風で冷やしてから首に巻くだけで、結構涼しくなります。手ぬぐいはもともと薄く通気性が良いのですぐ乾きます。この乾く時に気化熱で熱を奪って涼しく感じるのです。タオル生地のように生ぬるくなることもなく、乾いてきたらまた水で濡らして使えば良いだけです。

 

 

他にも外で作業をしたり、アウトドアをされる方などは頭からかぶるようにすれば冷却と直射日光を避ける効果が期待できます。ゴルフなんかも最適ですし庭の草抜きなんかでしゃがんで動く作業には首の後に手ぬぐいを掛けて使ったり 頭に乗せて帽子をかぶってもOKです。

 

 

以前医療関係者の方から
「人間は首とついているところ(首・手首・足首)を冷やすと熱が下がる」
という話を聞いたことがありますが、暑いときに首を冷やすというのは、医学的にも理にかなっているんですね。

他にももちろん、汗を拭くということにも使えますから、カバンやポケットに手ぬぐいを1枚忍ばせておくだけで、多彩な使い方をすることが可能になります。

 

また、ちょっと想像していただければわかると思いますが、首にタオルを巻いている状態よりも手ぬぐいを巻いている方が見栄えもいいし、なんだかスマートな気がしませんか?

 

手ぬぐいの中には夏向けに涼しげな色合いやデザインがプリントされたものも多く販売しています。

IMG_0187

そういうものをさりげなく首に巻いているとちょっと洗練された気もしますし見ている方も涼しげですよね。

 

今年の夏、手ぬぐいをあなたのクールビズアイテムのひとつに加えてみませんか?

ボディケアや整体にも使われる手ぬぐい

 

手ぬぐいを愛用している職業というと、ラーメン屋さんなど飲食業界の方が頭に巻いている姿が思い浮かびますが、意外な職業の方も手ぬぐいを愛用して下さっています。

 

その方の職業は「整体師」。

 

仮にMさんとしておきましょう。
Mさんの整体は、「ポキポキ」「バキバキ」というのではなく、ゆったりと手足をストレッチしたり、ねじったりというわゆる「ソフト整体」という分野。「痛くない」のと「気持ちいい」というところが評判となり、女性のリピーターも多いそうです。

 

そんなMさんが施術中に愛用しているのが手ぬぐいなんです。

 

どんな風に使っているのか?というと、体に直接触るときに手ぬぐいを当ててから触るようにしているとのことでした。
腕をとるときには、腕に手ぬぐいをまきつけ、その上からそっと腕をとって施術を行ったり、ふくらはぎや足首の術も同様に行うそうです。

 

他にもMさんの整体の特徴として、腋の下を触ったり 鎖骨の辺りの筋肉をマッサージしたりするのですが、この部分にも手ぬぐいを当てることで、直接触れずに施術が出来るようにしているということでした。そして施術の最後に首から頭にかけての施術を行うのですが、どうしてもお客さんとMさんの顔が近付いてしまいます。

Mさんは男性で決して嫌な雰囲気な方ではないのですが、それでもお客さんによっては緊張したり、不安になったりしてしまいます。

 

そんなときMさんは、そっと手ぬぐいをお客さんの目の上に乗せることで目隠しをするそうです。
これでお客さんも安心して施術を受けることが出来ます。

「本当は僕がお客さんに触れたり、目があったりすることに 緊張しちゃうんで、何かないかな?と思ってはじめたんです」とMさん。
それが予想外の効果を生む事になって、Mさんにとっては「なくてはならないアイテム」になってしまいました。

 

そして常連のお客さんが多かったということから、毎回毎回同じ手ぬぐいばかりを使うわけにもいかなくなり、買い足すこととなり手ぬぐいの種類・枚数が増えていき、お客さんからは「毎回どんな手ぬぐいになるのか楽しみ」と好評なんだとか。

 

Mさんもそんなお客さんの言葉に応えようと、色んな手ぬぐいを収集するようになり、自分自身も手ぬぐいのファンになったそうです。

 

女性がお客さんのボディケアなどのお仕事をされている方、Mさんのように手ぬぐいを取り入れてみませんか?

涼し気な手ぬぐいはスーツにもバッチリ!かさ張らない手ぬぐいのおしゃれ感♪

今年も梅雨の季節がやってきましたね。

今のところ関西では、ほとんど雨が降っていないので、今年はカラ梅雨じゃないか?と言われてはいますが、
そうは言ってもこの時期独特の湿気の多さというかムシムシした嫌な感じというのは変わりません。

 

どうしても汗ばむ事が多いこの季節、大阪の街でもスーツ姿の男性がハンカチやタオルで
汗を拭きながら歩いている姿を良く見かけます。

 

汗をふくという意味では、タオルが一番のような気がします。でも、タオルはどうしてもかさばってしまいます。
それに、個人的にはスーツの人がタオルで汗を拭いている姿は、あまりスマートな感じがしません。かといってハンカチだとその大きさのためにどうしてもすぐに使えなくなってしまいます。

 

前にも書きましたが、私はぜひこの時期に手ぬぐいをおすすめしたいと思います。

手ぬぐいなら、タオルなみの面積がありますし、ハンカチ以上に水を吸い取ります。
それに折りたたんでしまえば、ポケットやカバンに入れてもかさばりません。

それに何より柄を楽しむことが出来ます。
梅雨の時期なら、カエル、カサ、長靴、でんでん虫、てるてる坊主などはいかがでしょうか?

 

元々私たち日本人は四季を楽しむという習慣があります。

生活の中で使われる小物にもちょっとした柄や色合いを使うことで、季節感を味わってきました。春なら桜や梅、夏なら花火やスイカや金魚、秋なら赤トンボや紅葉、冬なら雪やツバキ。

色合いも季節季節で変えていくことで更にその味わいを深めてきました。
濃い藍色や薄い水色、赤やピンクなどタオルやハンカチでは出せないような和のテイストを使いこなしてきました。

 

こういったちょっとした工夫が手ぬぐいを、単に汗をふくだけの布キレではなく、日本人として、季節の移り変わりを感じ、
季節を楽しむことを上手に生活に取り入れる粋なオシャレアイテムとして確立させているのです。

 

私自身、人前でさりげなく手ぬぐいを使う度に

「俺って粋やなあ~」とわりといい気分になります。(笑)

 

世の中がどう移り変わろうが、梅雨はやってきます。

「雨ばかりだし、蒸し暑いし、ジメジメするし、 なんか毎日気が重くなるなあ・・・・」

 

そう感じて毎日を過ごすよりも、こういったちょっとしたオシャレを楽しむ事で梅雨もまた違った気分で送ることが出来ます。

「日本のビジネスマンはみんな手ぬぐいを使っている」なんてことになったら、それはそれで素敵じゃないかなあなんて思いませんか?