タグ別アーカイブ: 吸水性

手ぬぐいは赤ちゃんの肌にもやさしいのです。だから・・・

 

このブログで手ぬぐいの良いところを紹介してきましたが、手ぬぐいは見た目のイメージに比べて、かなり柔らかい肌触りをしています。
ガーゼのハンカチと同じくらいといっても言い過ぎではないくらい、実はお肌にやさしい仕上がりになっています。

 

そういえば私が子どもころ、赤ちゃんのおしめといえば布製でしたが、あれって手ぬぐいの反物
で作られていたのです♪
赤ちゃんがいるお宅では、洗濯物の中に布のおしめがズラリとならんでいたのを覚えています。
まあ私も例外なく、布のおしめのお世話になっていたんだと思いますが。(笑)

それから 妊婦さんが必ずお世話になる腹帯・・これも手ぬぐいの反物(10メーター近くある手ぬぐいが切れ目なく繋がった布)です。関西では中山寺が有名ですが自分も反物を買って持って行ったのを覚えています。

 

最近ではすっかりと紙オムツにその座を奪われた感のある布のおしめなんですが、数年前に
「布制の方が情緒豊かな子に育つ」といった話が盛り上がり、一時期布制がブームになったことがありました。
今はそのブームもなかったかのような感じではありますが、それでも布のおしめを愛用されているお母さんは一時期に比べて増えているようですし、メーカー側も既製品の布のおしめを販売しているようです。

 

布のおむつを愛用されているお母さんのご意見をうかがっていると、一時期言われていた情緒豊かなということよりも「おむつかぶれしない」という理由が多いようです。
(※すべての赤ちゃんに当てはまるわけではなく、紙オムツの方がかぶれないという赤ちゃんもいるようです)

 

最近では既製品の布のおしめを使っているというお母さんも多いようですが、「手ぬぐいを加工している」というお母さんもいらっしゃいました。
普段、手ぬぐいを愛用している私たちからしてみても、確かに赤ちゃんの肌にも手ぬぐいはやさしいに違いないだろうなあと感じますし、女性の洗顔用にも手ぬぐいを推奨されている方もいらっしゃいますから、元来お肌には優しいものなのです。

 

あと、手ぬぐいの良さというのは通気性ですが、「ムレにくい」という利点からも、赤ちゃんのオムツかぶれを防ぐのに一役買っているんじゃないでしょうか?

また速乾性も手ぬぐいの優れたところです。
今のように使い捨ての紙オムツが無かった時代、大量の布のおしめが必要でした。
そのため、「すぐに乾く素材」というのは、まさにおしめにうってつけだったんだと思います

今治タオルがコンビニでも定番に?

 

先日、コンビニに立ちよったときのことです。

 

何気にハンカチなどを売っているコーナーにさしかかったとき、
目の前の光景を見て「おお!」と思わず声を出してしまいました。

 

なんと売られているハンカチがすべて「今治のタオルハンカチ」だったのです。
それも1種類でなく4~5種類も売られていて、タオル地の物から
従来のガーゼハンカチのようなタイプまでそろっていました。
確かに最近「今治のタオル」は人気が出てきていますが、
まさか大手コンビニがすべて今治タオルになっているとは思ってもみませんでした。

 

しかもそのコンビニ、四国でも関西でもなく、東海地区のコンビニなんです。

 

東海地区の人にとって今治はおそらく馴染みのない地域でしょう。
それにも関わらず、すべて今治のタオルハンカチにするというのは
大手コンビニのデータ分析力の賜物なのでしょうか?

 

ここまで今治のタオルハンカチに注目が集まっている理由として、
男性もタオル地のハンカチを使うことが増えてきたということがあると
思います。
それに輪をかけて、やはり今治の製品は良いということです。

 

以前もお伝えしましたが、泉州ではタオルを作るときは生地の元になる綿糸の
強度を出すため、糊づけをしてから加工をします。
この状態で作られたタオルは糊がついているため、元々の生なりの色を
していて、よくあるタオルのように白くありません。
そのため出来上がってから糊を落として白くしていくのですが、
この手法を「後晒し」といい、大阪の泉州でよく使われています。

 

これを今治タオルに対抗して「泉州タオル」と言っています。
泉州タオルも吸水性やその他諸々の基準をつけてこれにそうようにタオルを
制作しています。

 

これにより、工業組合が泉州タオルというお墨付きをつけて「泉州タオル」と
いうタグを付けて売るわけです。

 

これに対し今治のタオルは、先に綿糸を晒して白くする加工を施し、
そこに糊をつけて織り上げていく「先晒し」という手法使います。

 

先晒しのタオルは出来上がりがほぼ完成品に近い状態になりますが、
糊を落とさなければならないため、ていねいに何度も洗う加工を
行うのです。
この糊落としの加工を「後処理」と言い、この後処理をきっちり行わないと
糊がタオルに付いた状態となり吸水性の悪いタオルに仕上がるので丁寧に
糊を落とします。

 

こうやって手間をかけた分、吸水性や耐久力にすぐれ、肌触りのよい今治のタオルが
出来上がることになります。

 

タオルといえば100円ショップでも買うことが出来ますが、ほとんどが海外などで
安く作られているため、粗悪な糸を使用していたり、洗いなどの工程を省いていたり
しますので、肌触りも吸水性も悪く、すぐにダメになってしまう粗悪な商品が多いと
いうこともあります。

 

私は昔から今治のタオルの素晴らしさを痛感し、それを伝えてきましたので、
こうやって大手コンビニでも今治のタオルが認められたということはとても嬉しい限りですね。

 

ジャンジャン 買って今治タオルの良さを実感して下さい!

涼し気な手ぬぐいはスーツにもバッチリ!かさ張らない手ぬぐいのおしゃれ感♪

今年も梅雨の季節がやってきましたね。

今のところ関西では、ほとんど雨が降っていないので、今年はカラ梅雨じゃないか?と言われてはいますが、
そうは言ってもこの時期独特の湿気の多さというかムシムシした嫌な感じというのは変わりません。

 

どうしても汗ばむ事が多いこの季節、大阪の街でもスーツ姿の男性がハンカチやタオルで
汗を拭きながら歩いている姿を良く見かけます。

 

汗をふくという意味では、タオルが一番のような気がします。でも、タオルはどうしてもかさばってしまいます。
それに、個人的にはスーツの人がタオルで汗を拭いている姿は、あまりスマートな感じがしません。かといってハンカチだとその大きさのためにどうしてもすぐに使えなくなってしまいます。

 

前にも書きましたが、私はぜひこの時期に手ぬぐいをおすすめしたいと思います。

手ぬぐいなら、タオルなみの面積がありますし、ハンカチ以上に水を吸い取ります。
それに折りたたんでしまえば、ポケットやカバンに入れてもかさばりません。

それに何より柄を楽しむことが出来ます。
梅雨の時期なら、カエル、カサ、長靴、でんでん虫、てるてる坊主などはいかがでしょうか?

 

元々私たち日本人は四季を楽しむという習慣があります。

生活の中で使われる小物にもちょっとした柄や色合いを使うことで、季節感を味わってきました。春なら桜や梅、夏なら花火やスイカや金魚、秋なら赤トンボや紅葉、冬なら雪やツバキ。

色合いも季節季節で変えていくことで更にその味わいを深めてきました。
濃い藍色や薄い水色、赤やピンクなどタオルやハンカチでは出せないような和のテイストを使いこなしてきました。

 

こういったちょっとした工夫が手ぬぐいを、単に汗をふくだけの布キレではなく、日本人として、季節の移り変わりを感じ、
季節を楽しむことを上手に生活に取り入れる粋なオシャレアイテムとして確立させているのです。

 

私自身、人前でさりげなく手ぬぐいを使う度に

「俺って粋やなあ~」とわりといい気分になります。(笑)

 

世の中がどう移り変わろうが、梅雨はやってきます。

「雨ばかりだし、蒸し暑いし、ジメジメするし、 なんか毎日気が重くなるなあ・・・・」

 

そう感じて毎日を過ごすよりも、こういったちょっとしたオシャレを楽しむ事で梅雨もまた違った気分で送ることが出来ます。

「日本のビジネスマンはみんな手ぬぐいを使っている」なんてことになったら、それはそれで素敵じゃないかなあなんて思いませんか?

本染め手ぬぐいの歴史とオリジナル手ぬぐいの機能性について

手ぬぐいは昔 本染めでしか柄をつけることできませんでした。
柄自体も単色が多く、一般的にいう古典的な柄がほとんどでした。
富士山であったり ききょうのがらであったり 蛇の目のがらであったりと、
その時代であった生活の一部が空になって表現されたりしていました。

 

使い方としては、ほとんど今のタオルと同じ扱いで手拭に使ったり

風呂に入るときに使ったりしていました 。

吸水性もよく、すぐに乾くというのが特徴で今のタオルよりも、重宝されているように思います。

野良仕事等で腰に置くぶら下げて作業してるの映画でよく見かけます。

このように生活の一部として使われてたのが手ぬぐいです。

 

昭和にはいり、プリントという方法が使えるようになりました。

 

プリントは本染めと違い、いろいろな色をつけれるようになりました。
カラフルなデザインをつけたり、色と色とをぶつけたようなデザインも手軽につけれるようになり今までに無い明るさが加わりました。

 

ただ問題が一つあります。

水をよく吸わないっていうことです。
本染めの場合は、手ぬぐいにしみ込ませて染める方法ですので、面本来のやわらかさや給水せ使いやすさ明日行いません。

プリントの場合は、表面にリンクをつけてがらを出すのでどうしてもリンクのついたところは、水分を吸収しません。

全く吸わないことはないのですが、本染めを使っているとこの差は歴然です。

 

本染めとプリントの一番の違いは、この吸水性。

デザイン重視の場合はプリントをおすすめしますが、機能を重視する場合本染めて作ることをおすすめします。