タグ別アーカイブ: ナフトール

伝統柄の手ぬぐい 本染め(注染)

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所より

 

 

神野織物では、この春「オリジナルデザインの本染め手ぬぐい」を販売することにしたのです!

 

 

神野織物独自のデザインの手ぬぐいで、日本の昔から伝わる伝統柄と言われるデザインで、それも日本に昔から手ぬぐいを作るときに使われている技法の注染(本染め)で作っています。

 

 

一般的に販売されている手ぬぐいというと、巷ではプリントの手ぬぐいが多いです。
ぱっと見た所は、多色でプリントしているものも多く綺麗で豪華な雰囲気があります。

 

 

今回紹介する神野織物オリジナルの手ぬぐいは、江戸時代から伝わる技法である「本染め(注染)」で作っています。

 

 

プリントの手ぬぐいと較べるとデザインの出方がハッキリしたものではなくボヤッとした感じに仕上がるのが特徴で、なんとも落ち着いた「和み」の雰囲気が出ています。

 

 

手触りもプリントの物と較べると柔らかく、使えば使い込むほど柔らかくシットリとした風合いになるのが良いところです。

 

 

プリントで作られた手ぬぐいは生地の表面に顔料インクを載せて柄を出していますので インクの付いている所は水分の吸収が悪くなるのが弱点です。そして、プリントで作るとインクは表面だけなので裏面は白く裏まで通っていません。

 

 

その点 本染めの手ぬぐいは染料を裏まで通して染めていますので裏表がなく出来上がります。
糸を染めながら柄を表現しているので、柄の出方もパキパキっとしたものではなくジワッとした感じ・・・ボヤッとした和みの雰囲気となります。

 

 

この日本の伝統「注染」と言う技法は、日本にしか無いもので海外にはありません。作り方もプリントと較べるとっても手間のかかる方法ですが、出来上がりの風合いや色の出方、柄の出方をみるとプリントにはない温かみがあるのが特徴です。

 

 

こんなに良い本染め(注染)の手ぬぐいですが、工場そのものがどんどん無くなっていってるのが現状。そこで働く職人も高齢化が進んでいるのでいつまでこの伝統が受け継がれるのか心配になるほどです。

 

 

で、このままじゃアカンで~~って事で昔ながらのデザインで伝統的な技法を使って作りましょ♪となりました。
柄は全部で25柄 それぞれ何色か作っていますので相当なアイテムが出来上がっています。

 

 

今まで お客様のオリジナルの手ぬぐいばっかりを作っていた神野織物は、お客様の要望・・どんな色 どんなデザインが良いって言うご依頼を蓄積してきました。

 

 

今度は、お客さんのご要望を形にして神野織物デザインの手ぬぐいを提供いたします。

 

 

もうチョットで、お目見えとなります。
もうしばらくお待ち下さい。

 

 

PS 神野織物では、海外では使用禁止となっているアゾ染料は一切使わない手ぬぐいを作りました。安心してご利用ください

 

 

 

 

 

硫化染料・ナフトール・反応染料 本染め手ぬぐいに使う染料の種類とその特徴

 

本染め手ぬぐいの染色方法ですが 大まかに分けて5種類の染料を使います。

 

「硫化染料」「ナフトール」「反応染料」「直染料」「スレン染め」

これらはそれぞれ特徴があり染める色によって使い分けます。

それぞれの染料の素材や染まり方は難しいので省きますが、それぞれの特徴を説明します。

 

まず、「硫化染料」

これは、昔からある手ぬぐいの色・・・ざっと言うと澄んでいない濁っったような色・・・紺やワイン色 黒などはこの硫化染料を

使います。

「ナフトール」は硫化染料より濃い色の時に使います。

「反応染料」や「直染料」は 綺麗に色を発色する時に使います。

「スレン染料」は濃いグリーンや神社なんかに使われる高貴な明るい紫色ではこの染料を使います。

 

 

本染めに色落ちはつきものですが、色落ちに一番注意しなければならないのが「反応染料」です。

綺麗な色に、発色するのですが(薄いピンク等のパステルカラー)漂白剤の入ったような洗剤で洗うとすぐ退色します・・・。

段々白くなってしまうのです。

 

 

本染めの手ぬぐいを洗う時は「中性洗剤」をお勧めします。

 

 

染料の価格は一番高いのは「スレン染料」となります。一般的な染料の約1.5倍から2倍程度になってしまいます。

濃いグリーンや紫色を染める場合、別の染料でも代用できる場合もありますので一度ご相談ください。