カテゴリー別アーカイブ: 手ぬぐい

解りにくい 20番手・30番手の綿糸を使った手ぬぐい生地の種類

 

手ぬぐいの生地は一般的には「文」(ぶん)を使います。

 

この生地の幅は約34センチで綿糸の糸番手で言うと20番手(ばんて)単糸を使っています。

これは糸の太さを表す単位で、この数字が大きいほど糸の太さが細くなります。この数字が大きいほど上質の綿糸となり、糸の単価も高くなります。

この20単糸ですがどんな糸かというと よく使われるのが「タオル」普通のタオルは大概はこの20番手の綿の糸を使用します。

 

よく目にするタオルはほとんどがこの20番手の糸を使ったものが多いのです。吸水性や手触りを兼ね備えたちょうどいい綿糸の太さがこの辺りということでしょうか・・・。

この糸を使ったものが「文」です。

昔からある手ぬぐいはほとんどがこの「文」を使用しています。ざっくりとした感じでそれでいて何度も洗濯して使っているとしっとりと馴染んできます。適度なコシと滑らかさがある感じです。

 

もう一つ使われる生地に「岡」(おか)があります。

 

この生地は、幅35センチで糸番手で言うと30番手。「文」より糸は細くなってますのでその分生地がなめらかな感じで仕上がっています。

この生地は、昔の人は「浴衣生地」って言って注文してたような生地ですのですので 「文」より生地目は積んだ感じです。

この様な特徴ですので「文」より細かいデザインや細い線を表現するにはこちらの「岡」のほうが綺麗に仕上がります。

「文」では刺さりがちになるデザインでも「岡」の方が綺麗に表現できるようです。

 

あとは、「特文」「特岡」があります。

 

それぞれの生地の特別に良い生地という意味で「特文」「特岡」です。まず「特文」ですが文と同じ20番手の糸を使います。

しかし生地をしっかり織るように目を積んで作成します。これによって20番手の綿糸のしっかりとしたモチ感が出ます。30番手の岡よりズシッとした感じに仕上がっています。

生地幅も36センチとなりますので 今回弊社で作成した「手ぬぐいマフラー」http://kanno.thebase.in/ も、この「特文」を使用しています。

糸は「岡」より太いので染めるときには「文」生地同様の注意が必要となります。

 

「特岡」は30番手の糸をしっかりと織った生地となります。「特文」と同じように生地目は積んています。

これは好みですが 仕上がりはボテッとした感じとなり、手ぬぐいとして使用するには上質すぎる感じがします。

 

これ以外にも生地の種類はたくさんありますが、手ぬぐいとして使用するには この4種類が多く使われます。

わからないことが有りましたら、フリーダイヤルからお問い合わせください。

硫化染料・ナフトール・反応染料 本染め手ぬぐいに使う染料の種類とその特徴

 

本染め手ぬぐいの染色方法ですが 大まかに分けて5種類の染料を使います。

 

「硫化染料」「ナフトール」「反応染料」「直染料」「スレン染め」

これらはそれぞれ特徴があり染める色によって使い分けます。

それぞれの染料の素材や染まり方は難しいので省きますが、それぞれの特徴を説明します。

 

まず、「硫化染料」

これは、昔からある手ぬぐいの色・・・ざっと言うと澄んでいない濁っったような色・・・紺やワイン色 黒などはこの硫化染料を

使います。

「ナフトール」は硫化染料より濃い色の時に使います。

「反応染料」や「直染料」は 綺麗に色を発色する時に使います。

「スレン染料」は濃いグリーンや神社なんかに使われる高貴な明るい紫色ではこの染料を使います。

 

 

本染めに色落ちはつきものですが、色落ちに一番注意しなければならないのが「反応染料」です。

綺麗な色に、発色するのですが(薄いピンク等のパステルカラー)漂白剤の入ったような洗剤で洗うとすぐ退色します・・・。

段々白くなってしまうのです。

 

 

本染めの手ぬぐいを洗う時は「中性洗剤」をお勧めします。

 

 

染料の価格は一番高いのは「スレン染料」となります。一般的な染料の約1.5倍から2倍程度になってしまいます。

濃いグリーンや紫色を染める場合、別の染料でも代用できる場合もありますので一度ご相談ください。

手ぬぐいは自由に大きさを替えることが出来ます

手ぬぐいの大きさは 一般的には34センチ×90センチ位のサイズが多いです。

これは頭に巻いても丁度良く、手拭きにも使え オフロに入ったら背中まで回して使えるような便利なサイズなのです。

 

 

でも、90センチのままではやっぱり大きいいこともあります。

 

 

タオルでもおしぼりサイズからタオル スポーツタオル バスタオルまで 色々なサイズがありますがなぜか手ぬぐいとなると90センチサイズが一般的・・・。

 

でも心配はいりません!

手ぬぐいでもこの短いサイズ 大きいサイズに対応しているのです。

 

手ぬぐいの幅自体は34センチや 35センチで決まっているのですが、長さは1mでも2mでも作ることができます。手ぬぐいの生地は一反で10m程度の長さがありますので

この範囲内であれば長いのを作ることも可能です。実際、この手ぬぐいの良さを全面に出したマフラータイプの手ぬぐいを企画しているくらいです。

 

 

逆に 小さい手ぬぐいも作れます。

 

 

プリントで手ぬぐいを作ると 枚数にも寄りますが結構安く作ることができます。しかし、これでも高いんです・・・って時には手ぬぐいを半分に切って「半手ぬぐい」ってのはいかがですか?

と説明することもあります。

 

半手ぬぐいにするとコストは手ぬぐいの半分 うまくいくと何十円ってことにもなります。

 

サイズは約34センチ×45センチ 丁度ハンカチサイズくらいになりますので使い勝手も抜群!子どもや女性の方には手ぬぐいサイズより使いやすい可愛いサイズになりますので好評です。

サイズは好きなサイズに作ることができますのでコストと合わせてご相談ください。

本染め手ぬぐいの色は奥が深い・・・・

 

今日 出来上がってきた手ぬぐいを見て、

「ちょっと 色が薄い感じがする・・・」

って感じました。

 

 

どんな色かというと輝度の高いブルー それも紫がかった感じです。

早速、染屋さんにこの色出ないのって問い合わせたら案の定 難しい色とのこと

 

 

硫化染料と反応染料では色の出方が違うのと 同じようなブルーでも硫化染料を使うと紺色に近くなり どちらかと言うとグリーンが入ったような色合いになります。

前回は濃紺で上がっていたのに今回は違う色・・・絶対染工場の調合ミスって思ってしまいますが そうではなかったようです。

 

 

それは、 「時間」

 

 

調合してある程度時間をかけると色がどんどん濃い緑に変わっていくのです。

 

 

今回 指定を受けたのが明るいポカリよりも濃いブルー 反応染料の限界まで濃くしてはもらいましたが 出来上がりは、許容範囲の一番端っこくらいの出来上がり。

 

残念ですが これはどうしようも有りません。

 

 

昔ながらの方法で染める手ぬぐいはこのように出ない色もあるのです。

注意しながらお話するのですが 微妙なニュアンスで色が違って上がってくることもたくさんあります。

この辺りを本染めの良さって思ってもらえるよう 温かい目で見てやってください。

手ぬぐいの生地端が切りっぱなしで、ほつれたままになっている理由。

 

手ぬぐいお基本的な形は 「切りっぱなし」 これは手ぬぐいの短い方の端がほつけたままの状態になっているってこと。

 

これは作り方に起因します。

 

手ぬぐいを染めるときは長い生地(※大体20mくらいの生地)を90センチとか100センチの柄に合わせて折りたたみながら糊付けをします。

この状態の生地に染料を注いで染めます。

 

染めた後はながい状態のまま 大きな洗濯機で洗って その後5mくらいの高さまで吊るして生地を乾かします。

これを一枚づつ切って染めたら洗う時も乾かすときもとっても面倒な作業になります。だから長いままで染めて乾燥まで仕上げるのです。

 

で、この乾燥まで20mの長いつながった状態で出来上がるのですが その後シワを伸ばしてデザインに合わせて畳んで行きます。

 

ここで初めてハサミの登場です!

 

綺麗に端の揃った手ぬぐいにハサミを入れて 指定のサイズにカットします。

そして完成。

切りっぱなしの状態なのです。

 

 

干した時に水がたまらず衛生的とか言われますが、私たちは 昔からこの状態が当たりまえになっているので私たちは違和感がなかったのですが この生地端が気に入らない・・・ということでハンカチのように三つ巻の縫製をするお客サンもおられます。

 

どうしてもって時にはお知らせください。

チョット時間がかかりますが 三つ巻の縫製をしてお届けします。

多色・細かい柄・グラデーションなど、最近の手ぬぐいデザインの傾向。

お客様から入稿を頂き手ぬぐいを作りますが、このごろのデザインでは特徴があります。

自宅のパソコンで作成してから業者さんに本染めで作って欲しいと注文されるのか・・・本染めには適さないデザインが多くあります。

 

このごろのデザインでは

①全体に柄がある

②線が細い

③多色 グラデーションもあり

 

こんなデザインが入稿されることが多いです。

 

 

でも本染めは動画でも説明しているように こんな方法で染めるのです・・。

手ぬぐい動画ギャラリー http://www.kanno-tenugui.com/movie.html

 

細かい線や 総柄 多色使いは難しいと思ってください。 ※出来たとしても工芸品のような価格になってしまいます。

 

 

出来るだけ シンプルにそして単色で・・・ これが本染めを安く作る基本です。

 

 

色の傾向は パステルカラー系の明るい色が多くなってきています。

 

 

やっぱり綺麗な色は 昔からの手ぬぐいになかった色なので色落ちの心配がありますがそれでも綺麗です!

剣道の手ぬぐいでも明るい色の手ぬぐいを使うことが多くなっているようですし 新しい感覚で新しい色を使った手ぬぐいは、今後も増えていくと思います。

 

 

一応 本染めを作るときの大まかなルールを作りましたので 見積もり依頼の時にでもご請求くださいね♪

面倒な方は フリーダイヤル 0120-941-011 でも大丈夫です。

デザイン次第で価格が変動する本染め手ぬぐいのうまい作り方。

 

「自分のデザインで手ぬぐいを作って欲しいんです。」ってフリーダイヤルでよくが掛かってきます。

「どんなデザインがご希望です?」

「う~~ん まだ決まってないのですが・・・予算もあるので大体の金額が知りたくって」

ほんと その通りです。

しかし、本染めで作る手ぬぐいはデザインによって価格が随分違ってくるのです。

 

プリントでお作りする場合は、(型代×色数分)+一枚単価 で価格はきっちりと出るのですが 本染めは手作業で作りますので

細かいデザインや全体に柄があるようなデザインの場合は、高くなってきます。

手がいっぱいかかって染めるときには注意が必要ですし 型を作るときも時間が掛かるからなのです。

なので まず「デザイン有りき」の所がありますので すぐには価格は出せないのが本音です。

 

でも、そうも言えないので大体の指標をお知らせします。

 

それは剣道用の手ぬぐいです。

剣道用の手ぬぐいは 真ん中に「切磋琢磨」みたいな文言と道場名を入れるパターンがほとんどですので価格は安定します。

白地に一色でお作りする場合200円台後半 逆に色地に白の抜きで作った場合300円台後半くらいにお伝えします。これ以外に型代が15000円~20000円程度となります。

 

この価格を指標にデザインを考えてもらいますが、それでも白地でも400円超えるモノも出てきます。

これは色による価格差はないのですが、細かさと全体にある柄によって価格が決まるのです・・・。

ハッキリこの価格ですって言いたいところですが 手作業で作るものですのでこの辺りはご理解ください。

 

一番いいのは、きっちりデザインが決まってからご相談頂くより デザインの修正が出来るようなラフな感じでご相談をしてもらい価格の折り合いをつけながら修正をしていくのが一番いいと思います。

 

まずはこちらからご相談・・・これが間違いないです。

0120-941-011

東大阪にあるMOBIOで神野織物の本染め手ぬぐいを常設展示

 えらいこっちゃです!

 

何やらかんやらと 日々の作業をしてしまって時間がありません・・・。

気がついたらもう明日から2月 中学高校ならバレンタインデーや~ってんでドキドキものでしたが 53にもなれば何にもありません。

 

感動がなくなったんですかね?

 

去年もアクセサリーやさんで ええ指輪ないかなって見てたら 店員のお姉さんが

「バレンタインデーですからね~♪」って何度も嫁さんに言うてるのを聞いて また買わされるんか・・・って変に勘違いしていたほど ここしばらく縁がありません。

そうもう2月です。ほんま何にもで出来なかった一ヶ月でした。2月からは仕事 遊び なんでも頭突っ込んで時間を有意義に使います。

 

そうそう報告があります。

 

3月から大阪府の施設で東大阪にあるMOBIOに弊社の手ぬぐいが常設で展示されるようになります。本染めの手ぬぐいを展示しようと思っています。

この展示場 海外からのお客さんが来られるようで日本の伝統の手ぬぐいを紹介できたらなってタクラミです。

私共の他にもたくさんのもの作り企業さんが展示されています。入場無料ですので機会がありましたら言ってみてください。

 

ショールとしても使える 180センチ手ぬぐいマフラー

 

おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

12月の名入れタオルのシーズンも終わり・・・と、言っても正月明けの20日くらいまでは 忘れてた!とか追加!とかでまだまだ バタバタしています。

ありがたいことです。

 

1月に入り 今年はもっと手ぬぐいの良さを解ってもらおうと思っています。

 

まずは既製品の販売。

 

春に向けてショールっぽい長い手ぬぐいを考えています。

長さは180センチ程度 手ぬぐいらしい色で本染めにしています。ショールとして使ってもいいし ねじねじマフラーとしても使えます。クタクタになってきたら好きな長さに切って使得るって手ぬぐいです。

全部で 初めは5色程度。どんどん色は増えそうですがあんまり作ると値打ちがなくなるので少なくです!

 

手ぬぐいマフラー」という感じの名前で売りだそうと考えています。

 

なにか良いネーミングないですか?

 

名入れタオルや手ぬぐいの注文も落ち着いて来ました・・・・!?

手ぬぐいの和みブログを開始してからマメに更新をって思っていましたが、繁忙期に突入し全く更新ができない状態が約2ヶ月続きました。

弊社はオリジナルのタオルや手ぬぐいを作っていますので、年末は例の「名入れタオル」シーズンに突入。そりゃ一年で一番の忙しさになります。

関西の方はあまりおなじみはありませんが 関東では年末年始のご挨拶回りの時に「今年も一年ありがとうございました。来年もひとつよろしくお願いします」って挨拶とともにタオルや手ぬぐいを2~3枚づつお渡しするようです。これを名入れタオルと言ってタオルの端の部分に紺色でプリントしたタオルになります。ガソリンスタンドや新聞屋さんの粗品で何度か頂いたことがあるかもしれません。そうです!これを作っているのです。

この名入れタオルですが11月くらいからどっと注文が入ってきて12月の今頃が最終出荷となります。

年々季節感がなくなってきたのか注文のはいりが遅くなってきているようです。本来なら10月位から 動き出さなくては間に合わないような案件でさえ11月の中旬ってことも稀ではありません。工場も我々もできるだけ処理しようと考えて動くわけですが、この短い納期が当たり前になってどんどん発注が遅くなってるようです。

慌ててするといい仕事も出来ません。余裕を持って注文してくださいね♪

でも・・昨年に比べると大分少なくなってきているような・・・年末年始にはタオルを配りましょう!!