カテゴリー別アーカイブ: 風呂敷

オリジナル風呂敷とオリジナルタオル

神野哲郎from 神野哲郎

 

 

子どもの頃よく親から「もったいない!」という言葉を聞かされました。

 

 

昭和30年~40年代の話ですから、まあ今のように物があふれている時代では なかったし、
自分たちの親世代はそれこそ極端に物がない時代に育っていますから、必然的にそれが口癖の
ようになっていたと思います。

 

 

考えてみれば、昔はモノを大事にしていたなあと思います。
買ってもらったおもちゃや本なんかは本当にボロボロになるまで使っていたし、家電なんかも
修理して長く使うのが当たり前でした。
あ、そうそう。お気に入りの服なんてほんとずーっと着続けてましたね。

 

 

やがて時代は変わり、大量消費と使い捨てが当たり前になりました。

 

 

テレビですら壊れたら修理をするよりも買い換えた方が安くつくという世の中です。
パソコンもそうですよね。今ノートパソコンが4万円程度で買えてしまいますから修理するよ
りもダントツに安く、高性能なものを手に入れることができます。

 

 

新しくて良い物が安く手に入るのは嬉しいことではありますが、その反面私たちは 物を大切に
するとか「もったいない」という精神を失ってきた気がします。

 

 

最近、地球温暖化のことなどもあり、その辺に注目が集まっています。
リサイクルという言葉も、もうすっかり定着してきていますし、最近ではエコカーやエコバッ
グというのも当たり前になってきました。

 

 

スーパーのレジ袋が有料化され、エコバッグが主流になったのも画期的なことだと思います。
更にコンビニでもエコバッグの利用を呼びかける店舗が増えてきました。

 

 

レジ袋は確かに便利でした。でも最後には再利用されるこもなくゴミとして処理されていくも
のでした。
これをエコバッグに変えるだけでも、ゴミは減りますし、やはり消費者としての意識も変わって
くると思います。

 

 

同様に日本には風呂敷という素晴らしい包装材の文化があります。

 

 

まだまだエコバッグには及びませんが、風呂敷も環境に優しいだけでなく、機能性や見た目の
美しさなどすぐれた面がいっぱいあります。

 

 

まず、使わないときは小さく折りたためること。それに結構頑丈なところや包み方や結び方の
工夫で、オシャレなアイテムとして使えるところなど 日本人の美的センスをしっかりと反映さ
せるのが風呂敷です。

 

 

この風呂敷のオリジナル品を作って欲しいと言われることがよく有ります。
オリジナル手ぬぐいやオリジナルタオルと同様に、気軽にオリジナル品として別注で依頼され
ることも多くなりました。

 

 

お店の周年記念のグッズとして、クライアントさんに提案するのはどうでしょう?
オリジナルバンダナと同じように簡単に作ることが出来ます。
本染のオリジナル手ぬぐいよりも滲みがなくコスト的にもオリジナルで作る本染め手ぬぐいよりは安く作れます。

 

 

上得意さんに手渡しするグッズとしては最適かなと思います。

 

 

PS。やっぱり面倒だな・・・って思われているあなた!
このブログ内には、オリジナル手ぬぐいの作成の仕方。オリジナルタオルの製作方法をたくさん
紹介しています。 検索窓から検索して探してみてください。

 

PS1。それすら面倒ってあなたは、
フリーダイヤル(0120-941-011)まで お電話いただくか
Webサイト からお問い合わせください。 専門家が丁寧にご説明いたします。

 

 

 

 

「もったいない」の精神

神野哲郎
from 神野哲郎

 

 

ここの所、エコブームで 「もったいない」って言葉をよく耳にします。

 

 

私も 子どもの頃よく親から「もったいない!」という言葉を聞かされました。
昭和30年~40年代の話ですから、まあ今のように物があふれている時代では
なかったし、自分たちの親世代はそれこそ極端に物がない時代に育っていますから、
必然的にそれが口癖のようになっていたと思います。

 

 

考えてみれば、昔はモノを大事にしていたなあと思います。

 

 

買ってもらったおもちゃや本なんかは本当にボロボロになるまで使っていたし、
家電なんかも修理して長く使うのが当たり前でした。
あ、そうそう。お気に入りの服なんてほんとずーっと着続けてましたっけ。

 

 

やがて時代は変わり、大量消費と使い捨てが当たり前になりました。
使い続けるのがダサいとばかり 買い替えや使い捨てが流行ってきたのです。

 

 

テレビですら壊れたら修理をするよりも買い換えた方が安くつくという世の中。
パソコンもそうですよね。今ノートパソコンが4万円程度で買えてしまいますから
修理するよりも格段に安く、高性能なものを手に入れることができます。

 

 

新しくて良い物が安く手に入るのは嬉しいことではありますが、その反面私たちは
物を大切にするとか「もったいない」という精神を失ってきた気がします。

 

 

最近、地球温暖化のことなどもあり、その辺に注目が集まっています。

 

 

リサイクルという言葉も、もうすっかり定着してきていますし、最近ではエコカー
やエコバッグというのも当たり前になってきました。

 

 

スーパーのレジ袋が有料化され、エコバッグが主流になったのも画期的なことだと
思います。更にコンビニでもエコバッグの利用を呼びかける店舗が増えてきました。

 

 

レジ袋は確かに便利でした。でも最後には再利用されるこもなくゴミとして処理
されていくものでした。
これをエコバッグに変えるだけでも、ゴミは減りますし、やはり消費者としての
意識も変わってくると思います。

 

 

同様に日本には風呂敷という素晴らしい包装材の文化があります。

 

 

まだまだエコバッグには及びませんが、風呂敷も環境に優しいだけでなく、
機能性や見た目の美しさなどすぐれた面がいっぱいあります。

 

 

まず、使わないときは小さく折りたためること。それに結構頑丈なところや
包み方や結び方の工夫で、オシャレなアイテムとして使えるところなど
日本人の美的センスをしっかりと反映させる

 

 

提供する側としても、風呂敷文化をもっと高め、エコバッグにならぶ定番の品に
していきたいなあと思っています。

 

 

 

クライアントさんから信頼され何度も注文を貰う方法

 

あなた、正解です・・・

 

ceo_smilep

何故、あなたの判断が今年一番の大正解なのか?
クライアントさんと強固な信頼関係を構築する方法とは・・・

 

 

from 神野哲郎  吹田の事務所より、、、 

 

 

ようこそ!神野織物のメルマガへ、、、

 

 

あなたがこのメルマガに登録した第一歩は、きっと今年一番、いやここ2~3年で一番賢い決断になるかもしれない・・・

 

 

何故 そんなことが言えるかって?

 

 

理由は簡単。その理由を話すために私の昔話を少し聞いて欲しいのです・・・

 

 

今から20年前、当時勤めていた会社に突然電話がかかってきた。母からだった

 

 

「お父さんが ガンらしい」

 

 

どうやら 本人が調子が悪かったらしく病院に行き 病院から連絡が入ったらしいのですが、自分では聞きづらく私に電話してきたのです。

 

 

「あんた,チョット病院に電話して、聞いてみて・・・」

 

 

病院に聞いてみると初期の喉頭がんで放射線で治りますとの事・・
母に伝えると ホッとしたようでした。

 

 

ところが、同時期ガンを克服し出社していた叔父も、まさかの再発。

 

 

そう 社長の叔父と専務の父が同時にガンになってしまったのです・・・。

 

 

「・・・継いでくれないかな?」

 

 

なんとなく 弱々しいオファーでした。

 

 

会社の名前は「神野織物」。代々続く老舗手ぬぐい問屋です。
昔から務める社員もいますのでなんとか営業を続けなければ・・・という思いで 引き受けました。

 

 

ところが、会社の内情は火の車 よく聞く歴史ある老舗でプライドはあるが儲けは全然ない・・そんな状況の会社でした。
こちらの本でもこの辺りはシッカリ説明しています。
↓↓↓↓
http://amzn.to/1jCtY9n

 

 

会社の資産を食いつぶしているだけで、全然 儲かっていない・・・
→社会に必要とされていないから注文がもらえていない
→他社と同じことをしているから儲けが全然出ない
→他とは違うことをしよう!!

 

 

そして私はある決断したのです。

 

 

『オリジナルでタオルや手ぬぐいを作れる会社になろう』
無謀にも、当時 需要のなかった事をしようと思ったのです。

 

 

得意先に薦められて展示会に出店した時のこと
「工場に注文したのに思ったものと違うのが出来上がってきた だからもうタオルなんて作らない」
「タオルなのに吸水性が悪い」
「指定通りに出来上がってこなかった もう懲り懲り」
「納期がめちゃめちゃ」 etc・・・

 

 

などの苦情を  イッパイ伺いました。

 

 

実際、タオルや手ぬぐいの工場には 得手不得手が有ります。
ラーメン屋にもいろいろな味があるように タオル工場でも得意分野は異なるのです。

 

 

それを知らずに、タオル工場はどこでも同じと思い込んで
「一番 安く作ってくれる工場へ頼めばいいや~」
と、インターネットでタオル工場や手ぬぐい工場 を検索して
『価格』だけを見て注文してしまい、
結局、「思ったものとは違う商品が出来上がった。」
「納期が遅れてイベントに全然間に合わなかった。」 だから 二度とタオルや手ぬぐいは作りたくない・・

 

 

展示会に出店すると、このような苦情が寄せられました。

 

 

クライアントさんに何度も注文してもらえる

 

そこでひらめいたのです!
私は工場の得手不得手を熟知することにしました。

 

 

そうすれば、
クライアントさんの望んでいる商品を提供でき、お得意先にも喜んでもらえる。
なにより私どもの得意先が自信を持ってクライアントさんに紹介できるので 二度 三度と注文してもらえるようになると思ったのです。

 

 

最終的にクライアントさんに喜んでもらえるような商品を作るということは 私どもに注文いただいている企画会社さんやデザイン事務所さんが「いいものを作ってくれてありがとう!」
って感謝されるということ。そして、信頼関係が出来ることで 違う商品でも相談を受けれるようになる。

 

 

そうなれば売上も付いてくる・・・

 

 

工場も仕事があって大喜び。
「もっと感謝されるような商品を提供しよう!」って、一生懸命良い商品を作るようになります。
こうなれば皆 ハッピーやな~~!って池袋の安ホテルで思いついたのです。

 

 

今、このことが証明されつつ有ります。

 

 

お得意先からは案件の有る毎にご相談を受け クライアントさんのご要望のデザインに一番適した工場を選択。
そして作成。
そりゃ 喜んでもらえるのが出来るはずです。

 

 

オリジナルタオルを一度作ったクライアントが 二度目は手ぬぐいを作成 また、別のクライアントさんに提案
今度はタオル そして 手ぬぐいリストバンド 風呂敷・・・・
クライアントさんがお望みのものを提案することが出来るようになるのです。

 

 

こうなれば あなたはクライアントさんの良きパートナーとなり何でも相談を頂けるようになるはずです。
信頼をいただけるのです。

 

 

そして、あなたの会社 あなた自身も商売が広がり売上が伸びるはずです。

 

 

 

二度、三度リピートされるようになるのです。

 

 

 

一緒にいいものを クライアントさんに感謝される 喜ばれる物を作っていきましょう!

 

 

神野哲郎

 

 

PS:

オリジナルの手ぬぐいやタオルの作成は、素材の選び方や工場の選択などは一朝一夕では難しい。
しかし、流れとコツを理解さえすれば たくさんのクライアントさんに説明することが出来るようになり売上も見込める。そしてなにより時間も短縮できるようになるのです。

質問など有りましたらこちらにお電話下さい。
フリーダイヤル
0120-941-011

粋な和文化 着物と手ぬぐいを風呂敷の粋な使い方

 

先月の話ですが・・・
「成人の日」のお話です。今年もまた多くの若者が大人の仲間入りをしましたね。
先日知り合いの方から聞いたのですが、「成人式に和服で参加する男の子が増えている」ということでした。

 

私の勝手なイメージでは「男はスーツ、女は振袖」なのですが、やっぱり比率的に男子のスーツは多いものの、今年は、和服姿の新成人も目立つようになってきたそうです。

 

男の和服というのは実際のところ成人式と自分の結婚式くらいしか着ませんから、なかなか意識がいかなかったりするものなのですが、「和服もカッコイイ」という感覚が定着してきているのでしょうか?

 

私としてもこれはいいことだと思うし、普段着でも和服を着る男が増える時代になればいいあと思うことがあります。

 

和服には日本人としての粋な美意識がありますし、正直かっこいいと思います。

 

でも実際には、なかなか和服を着る頻度を増やすというのも大変ですし、「本当は和服をもっと意識したいけど、周りの目もあるから」と躊躇してしまうのが普通でしょう。

 

和服は無理でも小物なら」・・・ということで、まずは手ぬぐいや風呂敷を活用するというのはどうでしょうか?

 

手ぬぐいは手や汗を拭くだけでなく、緊急時には包帯代わりになりますし、マフラーのように使うことも出来る万能選手ですし、風呂敷は丈夫ですし、結び方のバリエーションを変えれば、結構オシャレです。そして何より普段は小さく折りたたむことも出来るし、カバンやポケットに忍ばせておいても邪魔になりません。

 

エコバッグのかわりという使い方もいいんじゃないでしょうか?

 

実際、和服は着用していないものの、手ぬぐいや風呂敷をうまく利用して、暮らしの中に和服のテイストを入れ、楽しんでいらっしゃる方も大勢みえます。
ある意味、西洋化が進んだ現代社会においては、こういった楽しみ方の方が「粋」なのかも知れません。

 

そうそう。成人式のときにお祝いとして市町村から記念品が贈られたりしますが、その中に手ぬぐいや風呂敷を入れてもらうというのはいいんじゃないかなと思ったりもします。

 

いずれにしても未来を作っていくのは若い世代の人たち。
その人たちにしっかりと日本の伝統的な文化の良さを伝えていくというのも、私たちの役割なのかもしれませんね。

風呂敷バッグの作り方 使い方

 

少し前から「風呂敷バッグ」というのが若い女性を中心に人気のアイテムとなってきています。

風呂敷というと、あの唐草模様で緑っぽくて野暮ったいのをイメージしてしまいがちですが、大きさがあるので使い勝手は抜群に良いシロモノです。

風呂敷の使い方は、おそらくみなさんがイメージしているように風呂敷の上にものを置き、四方の隅を真ん中に寄せて、それを結んで使うというのが一般的です。
他にも結び目をわっかにして持ちやすいようにしたりというのもありますが、まあそれほどスタイリッシュな印象を受けるということはありません。

そんな風呂敷ですが、「風呂敷バッグ」なるものにすることで
ちょっとしたオシャレアイテムになります。
ネットを検索してみると、風呂敷バッグの作り方というので
結構なサイトが紹介されています。

中でも、リングを取っ手代わりに使った風呂敷バックは見た目もスッキリしていますし、和と洋のバランスがとれていてなかなかイケている印象がします。

作り方も簡単で、リングに風呂敷を結び付けるだけ。
リングさえあれば、複数枚の風呂敷をそのときの気分や洋服などとコーディネートして使い分けるという小技も可能になります。

神野織物では、オリジナルプリントの手ぬぐいだけでなく、風呂敷も取り扱っていて、根強い人気を誇っています。

オリジナルプリントの風呂敷は、顔料インクを使いますから、デザインの表現力も損ないませんし、発色もキレイです。
また柄についても、全体にすることも出来るし、ワンポイントとして端っこにプリントすることも可能です。この方法を隅付けと言いますが、15センチ程度のロゴを隅に一箇所プリントするというものです。

また染め抜きという手法で、紺地の綿100%の風呂敷にデザインを染め抜きします。
以前は、白く抜く抜染という方法がありましたがこのごろは職人さんがいなくなりこの方法は使われなくなりました。
しかし、数量がまとまればデザインを付けて 別色に染める事も可能です。

もう一つ、イレギュラーな方法があります。

これは、手ぬぐいの染工場で風呂敷を作る方法です。
この方法で作れる染工場は限られています。これは注染の台が風呂敷サイズに対応していない所が多く染めることができないためです。

 

弊社の協力工場では、この注染で風呂敷を作る方法に対応しています!

本格的な風呂敷を作りたい場合はぜひご相談ください。

風呂敷の良さは、バッグとして使わないときにコンパクトに収納することが出来るのと、皮やファブリックのバッグのように型崩れの心配をしなくてもよいこと。
それにオリジナルデザインで作ることで、自分なりのこだわりが表現出来ますし、普通のバッグを買うよりも安価です。

オリジナルデザインの風呂敷は小ロットから作成可能です。

デザインのことや価格のことなど、お気軽にお問い合わせください。