オリジナルタオル・手ぬぐいを製作されたお客様の声でよくある不安要素5つ

製作前の不安要素5つ

神野織物では、オリジナルタオル・手ぬぐいをご注文いただいたお客様に、納品後、正直なご意見やご感想をいただいております。
※掲載許可をいただいたすべてのご意見をお客様の声のページに掲載しております。

その中の、製作前にお客様が特に不安に思われていた要素をお客様からよくいただく順に5つご紹介します。

できる限り、製作前にお客様の不安要素を取り除くのも私たちの仕事ですが、電話やメールでご案内しきれていないのが現状です。
それを少しでもこのブログでカバーできればと思い、今回の記事を書かせていただきます。
この記事が製作を検討されているお客様のお役に立てれば幸いです。

 

タオル・手ぬぐい製作前のお客様の不安要素

 

色がきれいに仕上がるかどうか

これは、タオルも手ぬぐいも同じで、プリントや染めでは表現するのが難しい色があります。
「DIC」や「PANTONE」とよばれるカラーチップ、または色の見本となる物を神野織物まで郵送いただければ、極力それに色を近づけることはできるのですが、すべて職人が色をつくる上に、生地へ染色するため、思ったとおりに100%同じ色には仕上がりません。
金や銀、蛍光色や夜光塗料は表現できませんが、それ以外の色に関しては一度ご相談下さい。
本生産前に色見本(サンプル)を製作する事もできますし、過去に同じような色のものを製作していればそれに近づけることも可能です。

 

生地が薄く安っぽくないか

生地に関してはタオルも手ぬぐいも様々な種類があります。
神野織物では、手ぬぐいに関しては大きく分けて4種、タオルに関してはサイズ毎に厚みが違うものがあります。
ご不安な場合は、製作前にサンプルをご請求下さい。過去に製作した同じ仕様のものを発送いたします。
※サンプルのみ請求される方が増えているため、弊社で製作を検討されているお客様へのみ発送させていただいております。

 

デザインがきれいに再現されるか

これは、デザインや色、加工方法で大きく左右される部分ですので難しいところですが、顔料プリント加工のタオルや手ぬぐいは細かいデザインも表現できます。
本染めの手ぬぐいやジャガード織りタオルは製法上細かすぎる繊細なデザインは表現できません。
デザイン確定後、製作前にメールやフリーダイヤルで担当者までお問い合わせ下さい。
きれいに仕上がるかどうかをデザインを見ながら、できる限り詳細にお伝えいたします。

 

納期通りに納品されるか

神野織物はお客様とお約束した納期は必ず守ります。
本染めの手ぬぐい等、職人の手作業で製作されるものに関しては、実際に製作してみて100%お客様のご希望通りの色に仕上がらない場合もあるためお客様にご満足いただくために製作を一からやり直す場合がございますが、その際は当然、事前にお客様にご連絡いたします。

 

スタッフの対応は丁寧か

神野織物では、個人のお客様にも電話オペレーターではなく、商品知識のある法人営業担当が製品のご説明をさせていただいております。
ISO 9001認証を取得し、メール・電話共にすべてのお客様にご満足いただけるよう日々、対応品質の向上にも取り組んでおります。

 

以上の5つが、代表的なお客様の不安要素です。

神野織物では、押し売りやテレフォンアポイントメントのような行為は一切致しません。
お気軽にフリーダイヤル(0120-941-011)またはWebサイトからお問い合わせ下さい。

 

比較的安く 細かいデザインを表現できる顔料プリントのオリジナルタオル

染料顔料プリントオリジナルタオル

今回は、比較的低価格で製作できる「顔料プリントのオリジナルタオル」でどこまでデザインが表現できるのかをご説明します。

顔料プリントのオリジナルタオル製作の場合、細かい柄や細い線など、元のデータ通り大体の雰囲気はプリントできます。

しかし、細かいデザインと言っても、どの程度まで綺麗に仕上がるのか不安があると思います。

デザインが潰れたり、滲んだりするのを避けるために、予めデザインパーツを太く大きくしてしまって、デザインを妥協するのもイヤですよね。せっかく考えたデザインですので、できる限りそのままタオルにしたいところです。

写真のタオルはふんわりとした質感を出すために下地の色を染料でプリントした後で、細かい柄の部分は繊細なデザイン表現が得意な顔料でプリントされています。
黄色い帯の上に並んでいる象形文字のようなイラストは直径1~2cm程度です。
デザインに使用している色にもよりますが、シャーリング加工を施したタオル生地への顔料プリントであればこの程度までは表現できます。

パイル地へのプリントであれば、顔料プリントでもここまで細かいデザインは潰れてわからなくなってしまいますし、ヘムやミミの部分にまでデザインが入っている場合はどうしてもインクが滲んでしまいます。
全面濃色プリントに淡色で細かいデザインをプリントした場合も濃色が淡色部分に侵食しデザインがかすれたり滲んだりしてしまいます。

このように、顔料プリントの一部分だけをとっても注意すべき点がいくつもあるので、安易に価格だけでオリジナルタオルを製作する会社を決めてしまうと滲んだ汚いタオルが仕上がりせっかくのカッコイイデザインも思い出のオリジナルグッズも台無しになりかねません。

神野織物ではこのような失敗が起きないように徹底した品質管理を行ない
フリーダイヤル(0120-941-011)でお客様にご納得いただけるまでご説明も致しますので、まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。

 

他社と比較! 神野織物でオリジナルのタオルや手ぬぐいを発注するメリット7つ

神野織物株式会社

  1. 品質保証国際規格 ISO 9001を取得。徹底した納期・品質管理でオリジナルグッズを製作致します。
  2. 綿製品のオリジナルグッズ製作に特化しているため、タオル・手ぬぐいだけでなくバンダナ・風呂敷・リストバンドなど予算に合ったオリジナルグッズもご提案させていただけます。
  3. 自社生産ではないので、お客様一人ひとりに合った加工方法で数ある工場から最適な工場を選別して製作するため、様々な加工に対応できます。
  4. 100枚ご注文のお客様は弊社で送料を負担します。
    ※沖縄・北海道・離島にお住まいのお客様の送料も負担致します。
  5. バンダナ・風呂敷・リストバンドももちろんですが、タオルや手ぬぐいに関しては、他社に負けない豊富な実績と知識があります。
    ブログ「オリジナルタオル製作で失敗しないためのオーダータオルの知識」
    ブログ「作ってから後悔する前に読んでおくべき手ぬぐい製作の知識」
    Webでわからない部分はフリーダイヤル(0120-941-011)までお気軽にお問い合わせ下さい。通話料はかかりませんし、一度お問い合わせいただいたからといって弊社からしつこい勧誘等は一切致しません。
  6. 手描きのイラストや、何となくのイメージしかないお客様もお気軽にご相談下さい。弊社でデザインデータを制作します。
    ※デザインによっては別途費用がかかる場合がございますのでお問い合わせ下さい。
  7. 神野織物では完成したオリジナルグッズのたたみ・袋入れ・熨斗印刷などはサービス(無料)で承っております。手ぬぐいに関しては洗濯方法などを記載したデメリット表記シールもお付けします。

細かいサービスはまだまだありますが、お客様にとっての大きなメリットとしては以上です。

神野織物は高い品質を維持できる範囲で価格を下げております。
激安・格安ではありませんが、他社に負けない低価格で、コストパフォーマンスの高いオリジナルグッズをご提案致します。

お気軽にお見積もり依頼お問い合わせ下さい。
フリーダイヤル(0120-941-011)でもお待ちしております。

 

オリジナルのタオルや手ぬぐいを製作する上で必要な知識 人気記事まとめ20選 2013年3月時点

タオルと手ぬぐいの知識まとめ

今回は、ブログ「オーダータオルの知識」と ブログ「手ぬぐい製作の知識」から2013年3月時点で人気のある記事を10本ずつご紹介します。

オリジナル手ぬぐい製作の知識 人気記事

  1. 20枚(実質1枚)から製作できる剣道の手ぬぐい(オリジナル面タオル)
  2. 剣道の面タオルに最適な100cmの生地幅で作るオリジナル手ぬぐいの仕様
  3. 手ぬぐいの使い方 -オリジナル手ぬぐいが手元に届いた後の用途と活用方法-
  4. 「文生地(総理)と岡生地」オリジナル手ぬぐい製作時の生地の選び方
  5. 手ぬぐい生地のサイズについて -文(総理)・岡・特文・特岡生地の幅と長さ-
  6. 手ぬぐいをオリジナルで作成する際に必要な「型代(版代)」と「デザインの色数」
  7. オリジナル手ぬぐいの製作枚数に応じた価格と追加注文(リピート)時の価格
  8. 手ぬぐいをオリジナルで製作する際に理解しておくべき8つの注意事項
  9. 断られずに顔料スクリーンプリントのオリジナル手ぬぐいを小ロット(100枚以下)で製作する方法
  10. 本染(注染)オリジナル手ぬぐいのデザイン制作上の注意事項と起こり得る 「にじみ」「かすれ」「びびり」

オリジナルタオル製作の知識 人気記事

  1. 「プリントタオルとジャガードタオルの違い」パイル地とシャーリング地など
  2. タオルのパイル生地とシャーリング生地とは? その違いは?
  3. オリジナルタオルの安い製作方法と激安タオル製作を考える前に。
  4. タオルの厚み・重さを表す単位 「匁(もんめ)」 とは??
  5. オリジナルタオル作成 激安で製作できるのはジャガード or プリント??
  6. オリジナルタオルの一般的なサイズはどのくらい??
  7. オリジナルタオルの 型代(版代)について製作前に知っておくべき事
  8. オリジナルタオルに使う糸の単糸(たんし)・双糸(そうし)・番手(ばんて)とは?
  9. 【オリジナルタオルの知識】  タオルの「ミミ」 と 「ヘム」 はどの部分?
  10. かっこいいオリジナルタオルをなるべく安く製作するための5つの方法

 

お客様が抱える製作に関する疑問が少しでも解決できれば幸いです。
ブログやWebサイトで解決しない場合はお気軽にご相談(0120-941-011)下さい。

 

製作前に読んでおくべき「オーダータオルの知識」 最新記事10件

箱入りオリジナルタオル

 

以上。最新記事10件です。

 

わからないことがあればフリーダイヤル(0120-941-011)までお気軽にお問い合わせください。

 

オリジナルタオル製作 プリント・ジャガード・価格など まとめ13記事

カンノタオルイメージ

今日はまとめ記事です。

カンノタオルのオリジナルタオル製作に関する記事を13本ご紹介します。

  1. 「プリントタオルとジャガードタオルの違い」パイル地とシャーリング地など
  2. タオル製作の相場(価格)は?デザインの料金は? プリントのオリジナルタオル編
  3. 厚みのあるジャガードタオルかデザイン表現性の高いプリントタオルか。
  4. 粗品用名入れタオルでかっこいいオリジナルタオルを作る方法
  5. かっこいいオリジナルタオルをなるべく安く製作するための5つの方法
  6. ジャガード織りタオルを使った他にはないオリジナルタオルを作る方法
  7. プリントのオリジナルタオルを最高の品質で製作するために重要な工程
  8. 機能性とデザイン性を兼ね備えたずっと使えるオリジナルタオルの製法
  9. タオル製作の工程と満足のオリジナルタオルを作るためにするべき事
  10. 赤や黒の生地でオリジナルタオルを作る方法
  11. オリジナルタオル 加工方法別価格ランキング
  12. 6つの代表的なオリジナルタオル加工方法
  13. 一般的なオリジナルタオルのサイズは……

オリジナルタオルの製作を検討されている方にとっては内容のある記事です。

不明点は神野織物またはカンノタオルのフリーダイヤルまでお問い合わせください。

オリジナルタオルは神野織物

 

オリジナルタオル製作でぶつかる初心者がわからない 7つの言葉

オリジナルタオル製作用語

オリジナルタオルを作りたいと思ったら、タオルの製作会社や工場に電話したりホームページ上から問い合わせしますよね。

その時に、専門用語を説明してくれない会社も多いので、最低限わかっていたほうがいいワードを7つ説明します。

 

パイル生地
ループ状(輪っか状)のタオル生地。
一番一般的に使われているタオルの生地。

シャーリング生地
パイル生地の輪っかの頭をカットして、短く芝生状に加工したタオル生地。
プリント加工をする場合、ほとんどシャーリング加工をしたタオル生地を使用します。


タオルの厚みや重さを表す単位。
1匁は3.75グラム。例えば200匁のタオルは200×3.75グラム=750グラム(1ダース)
そのため、1枚の重さは750グラム÷12(1ダースは12枚)=62.5グラムとなります。


デザインをタオルにプリントするために必要なもの。
版画でいう「紙」ではなく「版」のほう。

DIC(ディック)PANTONE(パントン)
印刷業界やファッション業界などで一般的に使われている色のチップ。
色の1つ1つに番号が付いているため、色の共通認識ができる。

ベタ
白いタオルに全面プリントして、デザインを白く抜いて表現したり、部分的に色で塗りつぶす部分を作る事。ベタ塗りの「ベタ」。

完全データ
アドビシステムズ社のイラストレーターというソフトを使用して制作し、不備がないデータの事。簡単に言うと、そのまま手を加えずに生産に使用できるデータの事。

 

まだまだありますが、よくお客様に聞かれる言葉です。

わからない言葉や表現があればお気軽に神野織物(0120-941-011)までお問い合せください。

 

顔料プリントのオリジナルタオルが選ばれる理由

顔料プリントタオルが良い理

それは、パソコンのモニター上で作った細かいデザインをタオル生地の上で忠実に再現できるという点です。

染料プリントのオリジナルタオルジャガード織りのオリジナルタオルには真似できないシルクスクリーンを使った顔料プリントだけにできる技です。

上の写真では、ボールペンの先よりも細かい線がしっかりと表現されています。

ただ、タオル生地はシャーリング加工を施しているとはいえ、紙とは違い印刷面が凸凹している上に均一ではないため、常にうまくプリントされるかというとそうではありません。

あくまでも、目安としてこんなに細かい線まで表現できるということです。

一般的に顔料プリントのタオルは低コストで製作できる代わりに、表面がバリバリになって、色落ちもしやすいというイメージですが、最近の顔料プリントのタオルはそうでもありません。

何度も洗濯して使っていると多少の色あせはありますが、他のタオルと同じように長くご使用いただけます。

個人的に、顔料プリントのオリジナルタオルは、デザイン面と機能性を考えると白生地に単色(黒や赤、またはシアンやマゼンタ100%に近い濃い色)でベタ部分(塗りつぶし部分)を少なくして細かい柄を全体的に散りばめるのがいいと思います。

そうすれば単色なので版代(型代)も安くなりますし、白地が多ければ多いほどタオル本来の風合いも残り、吸水性も損なわれることはありません。

 

気をつけなければいけないプリントタオルの生地端(ヘム)の滲み

プリントタオルの色の滲み

写真の通り、染料プリントのオリジナルタオルを製作する場合、デザインが切れるぐらい大きく入っていると間違いなくこうなります。

また、色によってはもっとひどく滲みます。

この滲みは避けれない部分なので、どうしても滲まないようにという方は生地端から3、4cmデザインを内側に入れ、はみ出さないようにしてください。
気にならないという方はそのままで。

ヘム部分だけでなくミミの部分も同じです。

染料プリントタオルのヘムの滲み(青)はコチラ

顔料プリントやインクジェットプリントの場合は大丈夫ですよ。

詳しくはお問い合わせ(0120-941-011)ください。

実際のタオルのサンプルをお客様のお手元にお届けする事もできます。

 

顔料プリントがきれいに仕上がるタオルの生地色はパステルカラー

顔料プリント用タオル生地

写真のような薄いパステルカラーの生地です。

このぐらいの濃度であれば、どんな色をプリントしてもある程度元の色の通りになります。

ただ、あくまでも色の付いている生地に色を乗せるので、思っていたよりも色が暗くなったり、紫色がなんとなく紺色に見えたり、濃い紺色が黒っぽく見えたりすることはあります。

どうしてもカラーの生地にプリントする場合は、全面的にプリントせずに、部分的にプリントしたり、ワンポイントの刺繍を施したりする方が生地の色も生かせる上に、機能性も維持できるのでオススメです。

もちろん生地に合わせてデザインするのではなく、デザインが一番きれいに見える生地を選ぶのがベストです。

オーダーメイドの商品の仕上がりをイメージするのは難しいのでサンプルや専門のスタッフの話を聞いて判断してください。

カラータオル生地にプリントしたオリジナルタオルのサンプルの請求や顔料プリントタオルに関するお問い合わせは神野織物のフリーダイヤル(0120-941-011)までお気軽にお問い合わせください。