今治と泉州・・・それぞれのタオル製作方法と特徴


 

タオルは何の目的で作られた物なのか?
それは言うまでもなく、汗や水分をふき取るためです。
もしタオルにこの機能がなかったとしたら、
それはただの布キレにしかすぎません。

神野織物はプリントタオルに力を入れてはいますが、
本質的にはタオル屋なので、タオルの機能としての
吸水性を損なわないというところは大切にしています。

このタオルの吸水性なのですが、どういう仕組みに
なっているのか簡単に説明してみましょう。

元々タオルの生地に使われる綿糸は原料の段階では
「生成り」色をしており、そのまま織機にかけると
切れてしまいます。そこで「のり」をシッカリ付けて
織り上げていくのですが、この方法では生成り色の
ままでタオルが出来上がるので、織り上げたあとに
白くなる加工を施します。

これを後晒しタオルと言います。
生成りのまま織り上げてタオルの形として出来上がった
物を後で染工場で綺麗に白く晒すので「あとさらし」
と言います。
一般的に大阪の泉州地区で作られるタオルがこの後晒しタオル
となります。

 

もう1つの方法として、綿糸の段階で白くなる加工を
先にやってしまうというのがあります。こちらも
その白い糸の状態ではもろいため 織機にかけると
糸が切れてしまいます。そこでやはり「のり」を
シッカリ付けて織り上げる方法をします。
こちらは完成品の状態で出来上がってきます。

これを先晒しタオルと言います。
これは綿糸の状態で先に綺麗に白く晒してから織機
にセットしてタオルに織り上げる方法です。
「さきさらし」と言います。
こちらはもうひとつの産地四国の今治で生産されてます。
このごろ話題の「今治タオル」(いまばりタオル)もこのタオルになります。

 

実はタオルの吸水性の問題は、この「のり」によるものです。
一つ目に紹介した「あとさらしタオル」は、
白さを後から出さないといけないので、よく「洗い」
をかけて製品に仕上げます。
「洗い」をかけると同時に「のり」が取れるので
「よく水を吸うタオル」になります。

 

二つ目に紹介した「さきさらしタオル」でも、製品として
出来上がった後にもう一度「洗い」をかけてのりを落とせば
「よく水を吸うタオル」になるのですが、
単価・納期によってはこの工程を省く事があります。
先に晒していますので見た感じは綺麗なタオルに仕上がって
いますが「糊」が綿糸に付いたままなので水をはじくような
タオルに仕上がります。
その場合は、「水を吸わないタオル」になってしまいます。

※市場に出回っている「今治タオル」は、四国タオル工業組合
がきっちりとした指標を作り、製品ごとの検査をしてネームを
発行していますので間違いありません。

 

またどちらの場合でも切れやすい粗悪な糸を使用すると
大量にのりをつけなければ織り上げることができないため、
のりが残りやすく、水を吸わないタオルになります。
この場合でも何度か選択して使用していれば、水を吸う
タオルになりますが、当然生地は痛みますし、色落ちも
してしまいます。

綿糸の価格も、繊維長の短い粗悪な綿の場合は安いのですが
こういった弊害も有るのです。

価格だけで判断するとこういった事も起こります。
長持ちするいつまでも手触りの良い型くずれしないタオルは
良い綿糸を使いきっちりと設計されているものです。

 

最近では100円ショップを中心に安いタオルが出回って
いますが、そのからくりはこのような糸を使って織り上げる
ことで成りたっているケースが多く見受けられます。

「安い」ということは悪いことではありませんが、
その裏側にあることも知っておいて損はないとは思います。

 

タオルについての質問などお気軽にお寄せください。
お問い合わせは料金無料のフリーダイヤル(0120-941-011)か
Eメール info☆e-kanno.com (☆を@に変えてください)、
またはホームページの問い合わせページをご利用ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です