染料プリントと顔料プリントの違い それは風合いです。


 

プリントタオルの製法で代表的なものは「顔料プリント」と
染料プリント」の2つですが、それぞれ特長があり、
顔料プリントには顔料プリントの良さ、
染料プリントには染料プリントの良さがあります。

染料プリントは、生地に使われている綿の繊維の奥まで
染み込ませながら色を付けるので、生地の上にインクが
乗っかっている顔料プリントとは違い、タオルが本来持ち
合わせている肌触りなどの風合いや吸水性が損なわれないという
メリットがあります。

またプリントのベース色として、黒や濃紺など濃い色が
とても映える製法で、例えば黒色のプリントをして白色で抜いた感じの
文字やロゴといったデザインはとてもキレイに仕上がります。

反対にデメリットとしては、染み込ませるという製法をとるため、
インクがにじむことがあり、生地の上にインクを載せて固着さす顔料プリントが
得意とする細かい表現が苦手な所と、高温の蒸気でインクを定着させるのと
この後残った染料を洗い落とす「洗いの工程」が有ることで若干コストがアップ
してしまうこと、そしてこのように工程数が多いことから納期の面でも少し時間が
かかってしまうという点があります。

ただ、最初の方でお話したとおり、タオルが持つ肌触りや吸水性を
損なうことがありませんから、タオルとしての機能を持たせつつ、オリジナルプリントを
楽しめるような使い方には最適です。

コンサートなどで販売されているようなタオルはこの染料プリントをほとんどの
アーティストさんは使います。
これは手触りが良いのと色落ちが顔料プリントに比べて少ないということで使われる
頻度は高いのです。

※染料プリントは、環境にやさしくない・・・と謳っているメーカーもあるそうですが、
これは間違いです。
この最後に行う「洗いの工程」で余分なインクを洗うので排水が汚れるからという理由から
だそうですが、この汚れた排水をそのまま下水へ流すのではなく工場側は投資して
綺麗な水に変換しているのです。ですから安心してご使用ください。

例えば、テニスや野球、サッカーのチームでメンバーお揃いのタオルを作るというのは
いかがでしょうか?

スポーツにタオルは必要不可欠ですし、練習や試合のときにみんなお揃いのタオルだと
チームワークもモチベーションも上がりますよね。
また、会社やお店の販促グッズとして利用いただくケースも多数あります。
やはりタオルとしての機能を損なわないというのは大きな利点で、
送られた側も日常的に使用してもらうことができるため、宣伝効果も高くなります。

「染料プリントでオリジナルタオルを作ってみたいけど、
仕上がりのことや、コスト・納期のことをもう少し
詳しく知りたい」とお思いの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

気になる部分の詳細にわたるまで、親切丁寧にご説明させて
いただきます。ご相談は無料ですのでお気軽にどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です