手ぬぐいの額装 職人技の手ぬぐいは名画に匹敵する


手ぬぐいを額縁に入れて飾るという人がいらっしゃいます。
私も何度か見たことがありますが、まあいいもんですね。
やっぱりしっかりと作られた手ぬぐいは美しい。
特に自分のところが作った手ぬぐいは、名画に匹敵するほど
ホレボレする美しさです。

この美しさを再現できるのも、腕の良い職人の技術があっての
ことです。

手ぬぐいやタオルなどの繊維業は、海外での大量生産により
低コストで作るのが当たり前になってきました。
その影で、廃業に追い込まれた工場や職人さんたちも数多く
存在しています。

タオルだけでなく、アパレルなども同様です。

先日もテレビを見ていたら、ジーンズの生産が海外にシフト
したため、日本のジーンズ産業の源であった倉敷でも多くの
工場が閉鎖してしまったそうです。

でも、そんな中でもしっかりと生き残っている会社もあります。
そういった会社の多くは、「良いものを安く大量に」という
今までの感覚を捨て、「小ロットで高価格でもいいから品質の
高いものを提供する」という方針に変えた結果、生き残ることが
出来たといいます。

神野織物でもそれは同じで、「安かろう・悪かろう」の海外品を
中心に取り扱うのではなく、日本の職人魂が生きた商品を提供し
ようと努力し続けています。

そしてそれだけでなく、「本当に良いものを出来るだけリーズナブルに」
ということも実現しています。
なぜこういうことが出来るのか?というと、それは神野織物が
協力してくださる工場や職人さんたちの得意・不得意を始め、
「こういうオーダーなら○○さんのところ」といった、これまでの
実績に裏付けされたデータと信頼関係を持っているからです。

日本の職人さんたちの心意気と技術は本当にすごいんです。
これは海外の工場では絶対に真似できないと確信しています。

手ぬぐいの注染などは職人の手作業によるところが多く、
そのときの気候・温度や湿度を職人が自分の経験と勘によって
見事に色合わせをしていきます。

一人前の職人になるには長い年月がかかります。
そして伝承される技術は、何百年も脈々と受け継がれてきたものです。
よく「最終的に機械は人間の感覚には勝てない」と言いますが、
職人の世界はまさにそれを地で行っていると感じます。

手ぬぐいは基本的には日常的に使うものです。
でも素晴らしい職人技による美しい手ぬぐいは、
観賞用として額に飾る価値は充分にあると思います。

実は、手ぬぐいだけでなく手ぬぐいを作る時の型を
額に入れるっていう方法もあります。

これは、切り絵を額に入れるのと同じような感覚で
手ぬぐいを額に入れるのとは若干趣が変わります。

結婚式とか米寿や傘寿などの祝い事の手ぬぐいは リピートも
ないことから型をお渡しすることもあります。

世界に一つしかない型を額に入れるのもいい感じです♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です