10年続ける難しさ


神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

先日、ある若者と話をしていました。
その彼から面白い話を聞いたのです。

 

 

彼は今年40歳。元々企業に勤めていましたが、30過ぎで独立。
その後、色んな苦難を乗り越えながらも、今ではいくつかの会社を経営しているやり手の起業家です。

 

 

その彼が言うには、
「私がまだ会社勤めをしていたころ、そのとき担当していたお客様にこんなことを言われたんです。「商売は10年続けたらうまく行く」て。
私、今起業してから10年近くたつんですけど、ほんとそう思うんですよね。」

 

 

これには私もいたって同意。
ほんま商売というのは、続けることが成功の秘訣やと思います。

 

 

私の周りにも目先の利益ばかりを追い求めて2~3年でいなくなった人、本当にたくさんいます。
よく「10社同時にスタートして10年後に残るのは1社だけ」なんていう
話もありますが、それは本当だなと思っています。

 

 

続けられる人と消えていく人の一番の違いは人間関係です。
その人たちは人間関係も損得勘定で決めているんですよね。
「この人と知り合いになっておいたら得」だとか
「この人と一緒に商売したら儲かる」だとか。

 

 

こうなるともう相手のこと見てないですね。
人じゃなくてお金として見ているのと同じです。

 

 

でも先ほどの彼のように「続ける」ということを意識している人はそうじゃないようです。
人とのご縁を本当に大事にします。
「儲かる・儲からない」よりも「人としてこの人と付き合いたい」とか
「利益は出ないけど、この人を応援したい」といった気持ちで仕事をしています。

 

 

結局そういったご縁が仕事を運んで来たり、自分が苦しいときの支えになったりしていきますから。でもお仕事が始まる前にはこんな打算はありません。

 

 

私は先代からこの会社を受け継いだわけですが、それも創業者から歴代の経営者が
「続けること・存続させること」を一生懸命やってきたからバトンを受け取ることが出来たと思っています。

 

 

そのおかげで、ずっとお付き合いさせていただいている人もたくさんいらっしゃいます。
もちろん、私の代になってからお付き合いが始まり、ずっと良い関係を続けている人も何人もいらっしゃいます。

 

 

このご縁を次の世代に繋げていく。
会社が存続するということは、それで社会貢献出来ていることでもあります。
確かに利益を出すことも大事なんだけど、続けていることはもっと大事だと思います。

 

 

 

PS ドンドン 理想の体型に近づいていきます・・・?
報告は来週。
オリジナルタオル手ぬぐいが必要なときはご相談下さい。
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です