手ぬぐいとタオル 思いやりと仕事


神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

ここんとこ腹立つことが多いのです・・。
何や知らんけど 年をとったせいか なんやかんやと カチン!と腹が立つのです。

 

 

例えば電車

 

 

電車が入って来て 乗ろうと思ってもドアの真ん中に立って邪魔してる奴がいます。
降りる人もいる場合、その子が邪魔になって降りれません。降りて乗り直したらいいのに頑なにドアの前に立ってるのです・・。

 

 

当然 その子のせいで 邪魔になって乗り込めません。
ひどい時はわざとぶつかって、道を確保することになりますが・・
ホンマ なに考えとんねん?って腹が立ってイライラします。

 

 

電車に乗ってもイライラします。
足元に荷物を置いている子も大勢います。
大きいカバンで、棚に上げたらいいのに足元に置くもんで邪魔なんです。
こんな時は遠慮なく踏んでいくようにしますが、前なんか足元も見えないくらい混んでるんで、爺ちゃんが躓いて転けかけていました。

 

 

それに、それに・・
皆が歩いている道路の真ん中で立ち話してる奴。
しゃべんのに夢中になって 人の流れなんか全然気にしません。
傘を横に持って歩いてる奴。
後ろに人がいるのに危なっかしいのです。 子供の目の高さくらいなのでホンマに危ないです。

 

 

それにそれに・・・イッパイありすぎてイライラすることだらけです。
(と、書きながら不思議なもんで大分スッキリしてきました。
書くってことはストレス発散になるようです!!)

 

 
それもこれも・・・他人のことを思いやる そんな気持ちが薄れているんちゃうかな?
って気がします。

 

 

世間では、自己主張が出来なかったらあかん!!みたいに言われていますが、日本人は他人をおもいやって初めて自分です。

 

 

仕事でも同じやと思います。

 

 

神野織物では、オリジナルのタオル手ぬぐいを作っているのですが お客さんの気持ちが判らなかったら、お客さんが喜んで頂けるような商品を作れません。

 

 

品質重視 価格重視 納期重視・・・ まず最初に お客さんによって 何が1番なのかを見極めるのが大事となります。
これを間違うと、注文もされず 作ったとしてもクレームにつながります。

 

 

こんな良いのですよ!!って自信を持ってお勧めしても 希望の価格より高かったら
「高すぎるやん!」の一言で終わりです。

 

 

「こんなに安くできますよ!!」って説明しても ライブ会場で販売だから品質重視のアーティストに合っていないって却下ってことも有ります。

 

 

このあたりの見極めが大事で、お客さんが何を求めているかを考える・・・
お客さんの求めている物が何かを先回りして思いやる 思いやりの気持ちがなければ上手く行かないんじゃないかと思っています。

 

 

自分の都合をお客さんに説明しても受け入れられないのは当たり前ですもんね♪

 

 

そんなことを考えると、商売なんて簡単やん~って調子こいてしまいますが、実際 人と人とのつながりが商売。

 

 

やさしさが1番です♪

 

 

PS RIZAP決心しました。 Tシャツが着れる頃には・・見とけよ!

 

PS1 あなたのオリジナルタオル オリジナル手ぬぐいを 一番いい方法で作ります。
フリーダイヤル 0120-941-011 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です