タグ別アーカイブ: 防災用手ぬぐい

防災対策とタオル・手ぬぐい

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

今年も台風や大雨で大きな被害が出てしまいました。
また最近では御嶽山の噴火というとても大きな災害もありました。
被害に遭われた方とそのご家族の皆様には心よりお見舞い申し上げるとともに、1日でも早く平穏な生活をおくることができますよう、お祈り申し下ます。

 

 

災害のニュースを見るたびに思うことがあります。

 

 

それは「ちゃんと備えておかんとあかんなあ」ということです。
我が家も最低限の防災グッズは用意していますが、用意することで満足している面もありますので、もう一度中身を見直し、そして本当にこれだけで良いのかどうかを考えてみないといけないなあと思います。

 

 

防災の話をするときに私が良くいうことが

「防災グッズの中にタオルや手ぬぐいを余分に入れておいてください」

というものがあります。
なぜこれをいうかというと、タオルや手ぬぐいは実はとても実用性が高い物だからなんですね。

 

 

例えば、避難所生活を余儀なくされたとします。
慣れない布団・枕で睡眠を取らなければならないわけですが、このときにタオルがあれば枕の高さや固さを調整することが出来ます。

 

 

そうそう、最近では肩こりの解消法として、枕を使わずにバスタオルを重ねたものをまくら代わりにして寝るというのがありますから、日頃からバスタオルで寝るということもしておいても良いかも知れません。

 

 

それから避難所に充分な暖房器具があるとは限りません。
そんなときにもタオルが数枚あれば、ちょっとした毛布代わりになります。
もちろん、汗を拭いたり手や顔を拭いたりすることも出来ますし、なかなかお風呂に入れない状況になった場合に、タオルを濡らして体を拭くだけでも少しは違ってきます。

 

 

手ぬぐいも同じです。ふきんや雑巾代わりに使えるし、もちろんタオルのように体を拭くことも出来ます。
特に手ぬぐいはタオルに比べてすぐに乾くという利点もありますから、清潔な状態を保ちやすいです。

 

 

そして元々手ぬぐいがそういう意図を持って作られているということもあるのですが、万が一ケガをしたときの包帯がわりにもなります。

 

 

タオル自体はかさばるような面もありますが、重量的にはそれほど重くはありませんから、出来れば複数枚用意しておきましょう。
出来れば手ぬぐいはタオル以上にかさばりも重みもありませんから、多めに持っていても良いかと思います。

 

 

温暖化の影響か、台風や地震といった災害だけでなく、大雨による被害も増えてきていますので、いつ何が起こるか予測しづらい時代です。
ほんのちょっとの気構えで違ってくるのであれば、多少面倒でもぜひよりよい方法を選択するようにしたいですね。

 

 

 

 

 

 

防災グッズに手ぬぐい タオル

神野哲郎from 神野哲郎

 
この土日最悪でした。
福知山の川の氾濫や雨による土砂崩れの丹波・・・えらいことになっています。

 

 

先日の8月9日、10日も 台風11号の影響で大荒れのお天気でした。
関西も結構雨が降りましたが、四国や三重県あたりは大変だったようですね。

 

 

三重県は特別大雨警報が発令されでいました。
河川の警戒水位が超えそうだということで、避難勧告から避難指示に切り替わっていました。
西宮辺りも避難準備って出ていましたから、気が気でなくテレビつけっぱなしで寝たほどです。

 

 

特別警報って普段あまり聞きなれない言葉ですが、確か去年だったかに一度どこかで発令され
ていたんじゃないのかな?って記憶しています。
最近、台風や大雨による災害が増えているからか、早めに発令されたような感じみたいです。

 

 

実際三重県の知り合いに聞いてみたところ、「それほどひどくない」とのことでしたし。

 

 

いずれにしましても早めの対応が良かったのでしょう、特に大きな被害が出ていないようで何
よりだと思います。
災害は、後でこうしとけば良かった・・・では手遅れです。これでいいのです!、

 

 

日本に台風がやってくるのはもう恒例行事なのですが、私たちが子どもの頃に比べるとなんか
規模が全然違うという感じもします。

 

 

私たちも「対岸の火事」と思わずに、用心して準備しておくにこしたことはなさそうです。
災害時の準備として、非常食や水、懐中電灯、ラジオ、軍手などが思い浮かぶのですが、私は
タオルや手ぬぐいなども持てるだけ持って行った方がいいと思います。

 

 

タオルは体を拭くという本来の機能はもちろんのこと、何枚か重ねれば座布団や枕のかわりに
なりますし、大きめのバスタオルは毛布代わりになります。
万が一避難所生活を余儀なくされたときに、わりとこういったところを忘れがちなので
あらかじめ避難袋に入るだけ入れておくのも良いでしょう。
私も タオルはリュックの隙間に入るだけ入れています♪

 

 

それと同じくらい重宝するのが手ぬぐいではないでしょうか。

 

 

手ぬぐいの良いところは、かさばらないということと洗ってもすぐに乾くということです。
こちらも体や手を拭くということだけでなく、ケガをしたときの包帯がわりにもなりますし、
食事をとるときの付近やナプキン代わりにも使えます。

 

 

最悪の非常時にはロープとして使えますし何かと重宝です。

 

 

そうそう。震災のとき避難生活が長くなると食料の配給があるのですが、そのときに 透明の
ラップがあると衛生面で安心という話がありました。

 

 

震災時は水も貴重ですから、頻繁に手や食器を洗うことが難しいため、手のひらにラップを敷
いてその上におにぎりを載せてもらえば大丈夫だということでした。
阪神大震災の時も 水の節約からラップを使ったお皿を使った覚えがあります。

 

 

手ぬぐいは洗って再利用する必要はありますが、ラップがないときには充分代用できます。
タオルだとおにぎりにタオルの繊維がついてしまいますし(笑)

 

 

何事もないことが一番ですが、備えあれば憂いなしですしね。

 

 

PS オリジナルタオルやオリジナル手ぬぐいのことでお悩みが有りましたら何でもご相談く
ださい。
わからないことは、プロに問い合わすのが一番です。
フリーダイヤル(0120-941-011)までお電話いただくか、
Webサイトからお問い合わせください
別注品のプロがお答え致します。