タグ別アーカイブ: 野球

引き際の美学

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田の事務所から

 

 

毎年秋から年末にかけて話題になるのがプロ野球選手の引退です。
今年もベテランといわれる人たちが何人か引退を決断しました。

 

 

私が印象に残っているのは、オリックスの谷選手。
オリックスブルーウェーブの主軸としてイチローとともに日本一の原動力となり活躍した好選手です。

 

 

その後巨人に行きましたが、残念ながらレギュラー確保とはいきませんでした。
最後は、オリックスで引退をむかえます。
まだ42歳ということで、一般人ならこれから仕事に脂がのってくる年代ですが、やはりアスリートの寿命は短いです。

 

 

今後は指導者としての道を歩むようですが、ぜひ指導者としても一流の存在になってもらいたいと思います。

 

 

ベテランといえば、主軸に40代がたくさんいる中日ドラゴンズも世代交代の時期にさしかかり、引退ラッシュです。
これを書いている時点で決定しているのが、和田選手、小笠原選手、そして谷繁選手。

 

 

3人とも球界を代表する名選手です。特にガッツこと小笠原選手のあの全身を使ったフルスイングが見れなくなるのは残念ですね。
谷繁選手は監督兼任で2年間頑張りましたが、やはり年齢には勝てなかったようです。監督業もキツイでしょうしね。

 

 

こうして引退していくベテランたちの話を聞いていると、もちろん体力の衰えや思うようなプレーが出来ないという面もあると思うのですが「気力の衰え」を話す人が多いです。

 

 

体力面の衰えは気力にも影響する、ということなんでしょう。

 

 

昔「成功の9ステップ」で有名なジェームス・スキナー氏がこういうことを言っていました。
「健康は第一ではない。健康は絶対だ」

 

 

ほんとそう思います。
健康な体があるから、メンタルを保つことが出来るしチャレンジし続けることも出来る。
だから成功したい人や、経営者は健康を最優先するというよりも絶対的に死守しなければいけないらしいです。

 

 

そのためにも、年齢が高くなればなるほど運動や食事などの生活習慣に気を配るべきでしょう。

 

 

第一線で活躍する人ほど、引き際というのが肝心になります。
元々のパフォーマンスが発揮できないのであれば、それはひとつの節目かもしれません。

 

 

でも体力が充実していてるのであれば、まだまだ行けるんちゃうんと中年の私なんかは思ってしまいますね

 

 

PS 私なんかは早く引退して遊びたい方ですから、チコッと目的が違います。
元気なうちに引退して 遊び倒してボケに突入・・・皆に迷惑をかけて死んでいく!!
理想ですね~~
アカンか・・・。

 

 

 

 

 

夏の全国大会

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎 吹田の3F事務所から

 

 

毎年8月になると中体連、高体連の全国大会が行われます。
夏といえば高校野球にスポットがあたりがちですが、他のスポーツも同じように、インターハイなどと全国大会がこの時期に開催されています。

 

 

3年生にとっては最後の大会になるのですが、3年間頑張ってきた結果がこの夏ですべて終わるわけです。
3年生だけでなく、1・2年生にとっても思い入れは格別だと思います。

 

 

さて、その全国大会なんですが、いつごろからチームグッズとして同じものを持っているってのが多くなってきています。
特に高校生だと自分たちの部に名前をつけて(たとえばタイガースといったような)お揃いのタオルやバッグを揃えるといったことも多いようです。

 

 

また全国大会の会場では物販ブースなども設けられていて それこそスポーツ用品メーカーがグッズを売るだけでなく どこかの業者さんが用意したのか応援用のプリントタオルが売られていたりします。

 

 

応援用のプリントタオルには「集中」「全国制覇」といった単語が書かれていたり、「2015年インターハイ」など その年の大会を表すような文字やロゴがプリントされています。
私達が中学校の時ではありえなかったのですが、中高校の大会にも応援グッズという考え方が浸透してきているようです。

 

 

また以前なら強豪校や部員数が多い学校が校名の入ったタオルやグッズをそろえていましたが、最近はタオル製作の技術も上がり、コストもかなり下がったので、少ない枚数でも比較的気軽にチームでオリジナルプリントタオルを作っていただくことが出来るようになりました。

 

 

例えば 顔料で作る一般プリントという手法であれば、低価格でありながら日本製タオルで製作することが可能ですし、少しコストがかかってもいいから良い物を作りたいというのであれば、Jリーグやミュージシャンのグッズとしてよく使われている染料ベタプリントがおすすめです。

 

 

いずれにせよ、100枚程度から作ることが出来ます。!
フルカラーでプリントする場合はもっと少なく 1枚からでも作れるのです。

 

 

オリジナルなんて・・・なんて思わずにお気軽に相談してみると案外あっさり作れるものです。それに思っているよりも安く作れると思います。
「タオル作りたいけど高いしなあ~」とあきらめずにお気軽にご相談いただければと思います。

 

 

選手が使うタオルもですが、応援用に父兄の方に相談されることもあります。
予算ありきのところもありますが、応援用となると100枚以上作ることも出てきますのでロットで悩むこともありません。

 

 

10代のころに一生懸命打ち込んだ経験は大人になってからも どこか自分の支えとして存在し続けます。
オリジナルタオルでその思い出を強く心にとどめていただければと思っています。

 

 

PS 中学時代では水泳をやっていましたが、野球のようにグローブを残しているってこともありません。まさか・・・海パンは残さないでし(笑)

 

 

 

 

 

マフラータオルと天皇杯サッカー

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

先日、テレビを見ていたら
「ガンバ大阪天皇杯優勝!」というニュースが・・・。

 

 

え?天皇杯?正月やなかったっけ?

 

 

と一瞬思ったのですが、今年は1月にオーストラリアで開催されるアジア・カップに向けて、日本代表の調整期間を作るみたいで14年に限り12月13日になったみたいです。
ちなみに来年は例年通り元日に戻すみたいですね。

 

 

それほどサッカーを見ているわけではないのですが、何やら毎年元日と思っていることの日程が変わると違和感ありますねー。
成人の日が1月15日から変わってしまったときも、なんだか変な感じがありましたっけ。
それとおんなじ感じです。

 

 

まあそれにしてもガンバが優勝というのは、関西人としてはやっぱり嬉しいもんです。
しかもJリーグ、ナビスコカップも優勝しているので合わせて三冠!というのも立派ですよね。
これで阪神かオリックスが日本一になっていたら、関西はそりゃもうすごいことになっていたかもしれません。

 

 

サッカーの応援といえば、これまでも何度かご紹介してきましたが、マフラータオルの存在がごく一般的になりました。
サポーターが同じデザイン、プリント、カラーのマフラータオルを持つことでスタジアムにより一体感が生まれています。

 

 

マフラータオルは基本的にはスポーツタオルの仲間です。

 

 

違いは幅が狭いのと長さがマフラーと同等の長さがあることです。
その名の通り、マフラーのように首に巻くことが出来る長さなので フィールド競技の応援時には、防寒対策のひとつにもなりますし、夏の時期にはタオルとして使えます。

 

 

タオルへのプリント技術も格段に進化しているので、かなり細かいデザインを施しても、ハッキリと認識できますし、色合いも鮮やかに仕上がります。

 

 

小ロットでの生産も可能ですので、Jリーグのようにプロチームでなくても、実業団やクラブチーム、同好会でオリジナルプリントのマフラータオルを作るのも楽しいのではないでしょうか?

 

 

マフラータオルはプリントでも作成は出来ますが、おすすめなのは「毛違いジャガード織り」です。adidasやnikeのスポーツタオルもこの手法で作っているのも多数あります。

 

 

色違いの糸を織り上げてデザインを表現する技法ですが、 厚みがあり、非常に高級感もあるのでタオル自体がしっかりしています。
また、糸を染めてデザインを表現しているため、色落ちしにくく、長期間のご使用も可能です。

 

 
小ロットでも作成可能ですのでお気軽にご相談くださいね。