タグ別アーカイブ: 物販用タオル

オリジナル手ぬぐいの作り方と夏の甲子園

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

今年も盛り上がりました!夏の甲子園!!
今年は大阪桐蔭高校の優勝で終わりましたね。大阪桐蔭は強豪校ですし、最初から優勝候補の筆頭に挙げられていましたので、ある意味まあ予測通りの結果でしたが、多くの方が驚いたのが準優勝だった三重高校です。

 

 

おそらくかなり多くの人が「三重高校?」と思ったくらい(はい、私もその一人です)ノーマークだったと思います。
知り合いの三重県民に聞いても「そんなに期待はしていなかった」と言っていました。

 

 

そのまったくノーマークの三重高校ですが、いわゆる「超高校級」と言われる選手が一人もいません。
エースの今井君も140キロを超えるボールを投げるわけではありませんし、ホームランを量産するスラッガーもいません。

 

 

それでも自分たちよりも評価が高かった学校を破り、決勝まで進みました。
決勝もどっちが勝ってもおかしくないくらいの接戦でした。
ほんとにいい試合だったと思います。

 

 

そんな三重高校ですが、超高校級の選手がいないかわりに、各自が自分のやれることやるべきことをきちんとこなしていたと思います。

 

 

守備も堅実でした。あと選球眼を磨く練習を徹底的にやったと聞いてます。
ピッチャー陣もすごいボールを投げる代わりに良いコントロールを磨き、打たせてとるピッチングに徹していました。

 

 

いわば「これぞ高校野球」というか「全員野球」で勝ち進んでいったような気がしました。
本来、高校野球はこうあるべきだったのかなとさえ思いました。

 

 

高校野球の場合、どうしてもその先のプロやメジャーがありますから、そこで活躍できる金の卵たちに話題が集まります。

 

 

でもやっぱり基本は高校の部活動。全員でやるべきことをきちんとこなしチームメイトを信頼し、そして成長していくのが本筋じゃないでしょうか?

 

 

同じようなことを企業経営でも感じました。

 

 

企業なので、営利を求めるのは当たり前のことです。
でもそれはあくまでも「努力した結果」であって、社長のワンマンプレーや優秀な社員が人一倍頑張るということではないと思います。

 

 

社長以下、社員一人一人が自分のやるべきこと、できることを意識し そして他の社員を信頼し、チームとしてともに成長していく。

 

 

自分への戒めもこめて、「経営とは何か?」を改めて考えさせられた今年の夏でした。

 

 

お腹の具合・・・

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

お腹の具合がえらいことになっています・・・。

 

 
お腹の具合って言っても痛いわけではありません。
お察しの通り えらい大きく ふくよかになっているのです。
こういった状態のことを 世間では お腹が出ている・・ 肥満・・ 中年太り
っていうのでしょうか・・。 実際えらいことになっているのです。

 

 

 
自分では そんなに太っているつもりではなく、どっちかって言うたらスマートの方ちゃう?
って思っていたのですが、昨日 後ろからビデオを撮られたのを再生してみて初めて気がついたのです! 自分が思っている後ろからの見た目が二回りぐらい大きいのです。
ビックリです。

 

 

 
なるほど、3ヶ月位前に買ったズボンがパツンパツンの感じのはずです。
嫁さんにこのズボン縮んだで~~ちゃんと洗えや~~ って文句行っていましたが、原因はコッチだったのです。 今更、言えませんが・・・。

 

 

 
実は、2月に孫が生まれたのをきっかけに 席だけ置いていたフィットネスジムにもめっきり行かなくなり、どうせ風呂だけ入りに行くだけだったので、退会したのです。
でもチョットは効果があったのでしょうか・・
そのあと、運動らしい運動もせず この夏 雨が多かったので 車で会社に行く機会が多くなり 気がついたら80キロオーバー!

 

 

 
そういや ここのところ 腰が痛くなってきたな~って思っていたのです、
私の場合 体重が増えると腰が痛くなります。昔からなのでバロメーターになっています。
その 腰痛がこの二三日出てきたようなのです。

 

 

 
いつもの習慣

 

 

 
やっぱり運動不足と 甘いもん大好きなのが原因です。、
食事の後に「アイスクリーム」は当たり前 ヘタすると100円スナックを一袋なんてことも有ります。
会社では飴めちゃんを食べて・・・ こんな状態なので痩せるわけがありませんん。

 

 

 
でも食べているときは「このくらい平気ちゃうか~~」って思いながら食べているのです。

 

 

 
しかし、この油断が大敵です。
チョットずつチョットずつの 蓄積は馬鹿にできません。
大量に食べてすぐ太る場合は逆ににそんなに心配入リませんが、毎日 甘い缶コーヒーを飲み続けたり 飴ちゃんを5、6個食べたり アイスクリームを食べ続けると・・
いい感じに太ってしまうのです。

 

 

 
この大丈夫だろう・・・の油断は大敵です!

 

 

 
オリジナルタオルやオリジナル手ぬぐいを作る時のも、この油断で大変なことが起こります。
工場に納期は丸月まる日ですよってお願いしたとします。
工場は解りました・ってお仕事を受けるのですが、実はこの後が大切です。

 

 

 
シッカリ納期どおりに進んでいるか。プリント方法は間違って作っていないか 色は間違えていないか・・・一番大切な納期は間に合うようにつくっているかなど 進捗状況をシッカリと工場との打合せて見ていかなければいけないのです。

 

 
この辺りのフォローをしないと納期通りに思ったような商品が出来上がってきません。
この調整をするのが神野織物の役目となります。

 

 
工場では、たくさんの注文を毎日こなしているので投げっぱなしだと 思い違いでちゃんと出来上がってこないことも有ります。
ライブで販売するタオルや手ぬぐいが間に合わないってことがあってはいけませんのでこの辺りシッカリと納期を管理していかないと大きな問題になります。

 

 
どうしてもこの日までに必要ということであれば、シッカリとお伝え下さい。
サンプルを作成しての納期 サンプルを作らない場合の納期など 一番いい方法をご提示させていただきます。

 

 
PS 気がついたら納期遅れ・・・ってことが無いよう 油断せずにキッチリと管理をすることが大事です。
 

 

オリジナルタオルを絞り込むと・・・

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

今日は まじめにビジネスの話をしてみたいと思います。

 

 

先日知り合いのメンタルコーチをやっているKさんと話をしていたときのことです。
Kさんはコーチとして開業5年目。今でこそ多くのクライアントを抱え、企業や役所から研修依頼をもらったり、執筆活動やTV主演と大活躍をされていますが、最初の2年間は本当に「地獄のような日々」だったそうです。

 

 

なんといっても「まったくクライアントがゲット出来ない」状態だったそうです。
そのころKさんは他のコーチがやっているように無料体験コーチングというのをやっていたのですが、それを受けてくれる人はいても、その後の有料契約には結び付かない。
企業などに営業をしかけてもまったく無視されてしまう。

 

 

Kさん、本当に途方に暮れていたそうです。

 

 

「で、なんでうまくいったの?」と聞いてみたところ
「絞り込みです」と答えが返ってきました。

 

 

開業当初Kさんは「メンタルコーチングをします」というスタンスだったそうです。
でもまったくと言っていいほど閑古鳥が鳴いていたので「何とかしなくては」と考えた結果、

 

 

「ターゲットを絞り込み」をしたと言うのです。

 

 

Kさんが選んだのが「うつの人」。通常コーチングでうつの人を扱うことはまれなのですが、Kさんはその分野を得意としていたのであえてそこに絞り込みました。
その結果依頼が増え、TVの話や執筆、研修の話が舞い込むようになったとのことです。

 

 

ではなぜ絞り込むことで、良い結果が生まれたのか?

 

 

これは顧客目線で考えると分かりやすいです。単純にKさんが「何をやっている人か」というのが明確にわかったからだそうです。だから困っている人にとってはコンタクトしやすい。

 

 

商売で大切なことは良い商品・良いサービスを提供するだけではありません。
まずは存在を知ってもらうこと。

 

 

これがないとうまく行かないんです。

 

 

でも、存在さえ知ってもらえれば、問い合わせも起こります。
そしてそのときの対応や商品が良ければリピートや口コミにつながっていきます。
現にKさんもリピートや紹介が増えたそうです。

 

 

神野織物も「オリジナルプリントタオル」という分野に絞り込みをした結果、全国の方に知ってもらうことができ、お仕事を依頼していただくことが出来ました。

 

 

これまでは「オリジナルタオルのことなら神野」で良かったかもしれませんが、
これからは もっとピンポイントに
「ライブ用タオルなら神野織物」
「クラブ用タオルなら・・・」
「チーム応援用タオルなら・・・」
このように、使う用途に合わせて提案するのが、今後主流になると思います。

 

 

もしあなたのビジネスの結果が芳しくないのであれば、絞り込みを考えてみてください。