タグ別アーカイブ: 毛違いジャガードタオル

オシャレな「単色ジャガードタオル」

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

タオルの製法のひとつに「ジャガード織り」というのがあります。

 

 

これはプリントタオルのように降りあがった生地にインクを乗せてデザインを表現するのではなく、機械にあらかじめデザインデータをインプットさせておいて、織り方を変えることによってデザインを表現するものです。

 

 

良く使われているパターンとしては、色違いの糸を使うことで、デザインを表現しているものですね。アーティストグッズなどで使われることが良くあります。
これは毛違いジャガードといいます。
(2本の色の違う糸を使って織るという意味で毛違いジャガードといいます。)

 

 

ジャガード織りの特徴は、生地の表面にインクが乗っていないのでタオル本来の肌触りや吸水性を損なうことがありません。
また見た目も通常のプリントタオルと比べて高級感があるようにも見えます。

 

 

難点としては、デザインの型を事前に作る必要があるのですが、この型が割高になってしまうこと。

 

 

それでもイメージを大切にする企業やお店などではジャガード織りを選択するメリットは大きいと思います。
また、色の違いで表現することが多いのですが、この糸は事前に染色されます。
神野織物では、出来るだけお客様に出来上がりのイメージを持ってもらいやすくするため、作る前に染色した糸のサンプルをお渡ししています。

 

 

ジャガード織りは色違いの糸でデザインを表現するので、やり方によってはデザインを際立たせることができますが、別の方法として単色の糸を使用しながらデザインを表現する
「単色ジャガード織り」 というものもあります。

 

 

これはよくリゾートホテルやビジネスホテルなどで使われており、ホテル名などの文字やロゴの部分をパイル地(糸が輪っかになる織り方)の上げ落ち(でこぼこ)で表現します。

 

 

この方法では生地遺体をオーダーメイドで染めることも可能です。
デザイン自体は織り方を変えることで表現しているため、毛違いジャガードに比べて見えにくくはなりますが、それがかえって高級感が出るようになります。

 

 

リゾートホテルのタオルは、ホテル滞在中に使用されます。
お客様は、リフレッシュする目的でリゾートホテルを利用しますから、タオルに目立つ色でホテル名や会社名が入っているとなんだかちょっと・・・という感じですよね。
かといって、ロゴが無いのも安っぽいですから、単色ジャガードで作ることによって、違和感のないアメニティに仕上がります。

 

 

ジャガード織りは他にも数種類用途に応じて方法があります。
詳しくは弊社ホームページをご覧いただくか、お気軽にメール お電話でお問合せください。

 

 

 

マフラータオルと天皇杯サッカー

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

先日、テレビを見ていたら
「ガンバ大阪天皇杯優勝!」というニュースが・・・。

 

 

え?天皇杯?正月やなかったっけ?

 

 

と一瞬思ったのですが、今年は1月にオーストラリアで開催されるアジア・カップに向けて、日本代表の調整期間を作るみたいで14年に限り12月13日になったみたいです。
ちなみに来年は例年通り元日に戻すみたいですね。

 

 

それほどサッカーを見ているわけではないのですが、何やら毎年元日と思っていることの日程が変わると違和感ありますねー。
成人の日が1月15日から変わってしまったときも、なんだか変な感じがありましたっけ。
それとおんなじ感じです。

 

 

まあそれにしてもガンバが優勝というのは、関西人としてはやっぱり嬉しいもんです。
しかもJリーグ、ナビスコカップも優勝しているので合わせて三冠!というのも立派ですよね。
これで阪神かオリックスが日本一になっていたら、関西はそりゃもうすごいことになっていたかもしれません。

 

 

サッカーの応援といえば、これまでも何度かご紹介してきましたが、マフラータオルの存在がごく一般的になりました。
サポーターが同じデザイン、プリント、カラーのマフラータオルを持つことでスタジアムにより一体感が生まれています。

 

 

マフラータオルは基本的にはスポーツタオルの仲間です。

 

 

違いは幅が狭いのと長さがマフラーと同等の長さがあることです。
その名の通り、マフラーのように首に巻くことが出来る長さなので フィールド競技の応援時には、防寒対策のひとつにもなりますし、夏の時期にはタオルとして使えます。

 

 

タオルへのプリント技術も格段に進化しているので、かなり細かいデザインを施しても、ハッキリと認識できますし、色合いも鮮やかに仕上がります。

 

 

小ロットでの生産も可能ですので、Jリーグのようにプロチームでなくても、実業団やクラブチーム、同好会でオリジナルプリントのマフラータオルを作るのも楽しいのではないでしょうか?

 

 

マフラータオルはプリントでも作成は出来ますが、おすすめなのは「毛違いジャガード織り」です。adidasやnikeのスポーツタオルもこの手法で作っているのも多数あります。

 

 

色違いの糸を織り上げてデザインを表現する技法ですが、 厚みがあり、非常に高級感もあるのでタオル自体がしっかりしています。
また、糸を染めてデザインを表現しているため、色落ちしにくく、長期間のご使用も可能です。

 

 
小ロットでも作成可能ですのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

 

タオル工場 失敗しない選び方

ceo_smilep_thumb.jpgfrom 神野哲郎

 

 

私は小さいころプラモデルが大好きでした。

 

 

それも車ばっかりです!
なぜか分かりませんが 動くのが好きなのです。
と、言っても列車や戦車はダメで車ばっかりが好きだったそうです。

 

 

 
幼稚園から小学生低学年くらいまではゼンマイ仕掛けの150円までの車のプラモデルを作っていました。
40~50年前ですからこんな値段やったと思います。

 

 

小学校高学年になるとモーターの車。

 

 

ゼンマイは1回巻いて動かしてもすぐ止まりますが、モーターは電池がなくなるまで動きつづきます。
これが小学生には憧れのプラモデルですが 低学年には難しくってなかなか手を出せません。
おまけに モーターが付いている分 高いので失敗は許されません!

 

 

なので 高学年になってやっと購入!
作り方もプラスとマイナスをちゃんとしないといけないとか、恐る恐るで作ったので、メッチャ時間がかかったのを覚えています。
そしてやっと単三電池2本で動くような車を作るようになったのです。

 

 

でも 私の作るプラモデルは全部ボディが無いのです!

 

 

 
動くのが好きなんで 動けばいい!!ってんで全然見かけには興味が
ありませんでした。
だから 全部裸でゼンマイやモーターがむき出しのまま動かして遊んでいたのです。

 

 

ボディのペイントなんかもってのほかで、必ず付いているペイント用シールなんて付けたことがありません。

 

 

だって私にとっての目的は走らす!それだけなのです。

 

 

なぜか ボディを付けて飾ったり綺麗にデコレーションするのには興味がなかったのです。
自分で作ったのが動く・・・これが嬉しかったようです。

 

 

いまでもそんなとこがあります。

 

 

目的は楽しいこと。
ゴルフだって私にとっては楽しかったらいいってのが一番。
だからスコアーは二の次になります。

 

 

ある程度うまくなってくると もう見えた!って勝手に納得して
後は楽しさを追求してしまいます。
笑えること第一です!
だからスコアー命のアスリートさんは全然誘ってもらえません(笑)

 

 

しかし 仕事はそんなことしてはいけません。
ええかがんは厳禁です。
だってお金が掛かっていますから、それにお得意先に迷惑がかかりますから 絶対にええかげんはいけません。

 

 

で、今日は、ここだけ押さえといたら大丈夫って所をお伝えします。
これで、クライアントさんに喜ばれあなたも重宝されることになると思います。

 

 

さあ 第一回です。
皆に喜んでもらえるようなオリジナルタオルを完璧に作りませしょう!

 

動画でみたほうが早い!ってお思いの方はYoutubeにアップしました。こちらからどうぞ※それぞれ4分程度です。

◯タオル屋が暴露 工場の落とし穴にはまらない方法
◯タオルの価格のトリックを教えます!
◯消費税が10%になっても安くて品質の良いタオルを作る方
◯タオルを作る前に知らないと損をするお得な情報
◯神野織物ってどんな会社?
◯製作いただいた「お客様の声」

 

 
◆◇◆ 「間違いないオリジナルタオルの作り方 5つのステップ」 ◆◇◆ ステップ1 タオルの種類~どんな大きさのタオルが欲しい?

 

 

さ~~て、【 間違いないオリジナルタオルの作り方 】の まず第一回。
タオルの種類=「どんな大きさのタオルが欲しい?」を説明していきますね♪

 

 

タオルの大きさって決まっているでしょって言われそうですが、実はオリジナルで作るので、ある程度は自由が効くのです。

 

 

染料プリントタオル
 http://www.e-kanno.com/towelprint.html#senryo
顔料プリントタオル
 http://www.e-kanno.com/towelprint.html#screen

 

 

プリントが出来る オリジナルタオルの種類ですが

・ミニハンカチ :約20センチ×20センチ 約25センチ×25センチ
・ハンドタオル(オシボリ) :約33センチ×35センチ
・フェイスタオル :約33センチ×80センチ
・スポーツタオル :約40センチ×110センチ
・マフラータオル :約20センチ×110センチ
・バスタオル :約60センチ×120センチ

が一般的です。

 

 

100円均一で売っているようなタオルはパイル地の物がほとんどですが、販売用のタオルとなると綺麗にプリントが出来るようにシャーリング加工をしています。

 

 
シャーリング加工とは、パイルのループの部分をカットしてタオルの
表面を均一に・・
丁度、芝刈りの後の芝のように・・・切り揃える加工のことを言います。

 

 

この加工をすることで、お客様から頂いたDATAを綺麗にプリントすることができます。

 

 

この加工をしないままプリントすることも可能ですが、ループ部分にインクが残ってしまい、製品となった時にはプリント面が硬くなったり水分も吸収しにくくなります。
そのため、このシャーリング加工はプリントをする上で欠かすことが出来ないのです。

 

 

あまり知られていませんが、タオルの幅は変える事はあまり出来ませんが(何千枚単位になると可能)長さは自由に設定できます。

 

 

例えば、フェイスタオルの場合、33センチの幅は機械の幅の関係で変更することは難しいですが、長さはいくらでも伸ばせます。
2mなんてのも可能です。

 

 

しかし、プリントの型のサイズもありますので、このあたりは出来ないことも有りますが、長さだけなら可能なのです。

 

 

バスケットのベンチタオルなんてのも依頼を受けますが、2mくらいのタオルなんてザラにあります。

 

 

このプリントのタオル以外にあるのが、ジャガードのタオルと言われるものです。
裏と表で色が反転するようなデザインのタオルがこれになります。

 

http://www.e-kanno.com/toweljacquard.html#kechigai

 

 

この場合のタオルサイズは、

・ミニハンカチ 約22センチ×22センチ 約25センチ×25センチ
・ハンドタオル 約34センチ×35センチ
・フェイスタオル 約34センチ×85センチ
・マフラータオル 約20センチ×110センチ
・スポーツタオル 約40センチ×110センチ
・バスタオル 約60センチ×120センチ

 

があります。

 

 

このジャガードのタオルの場合も長さを自由に決定できます。
以前、クルーザーのシートに敷くタオルという事で反物で納品した事もあります。

 

 

あなたが欲しいタオルは、今まで説明したもののどれに当てはまると思います。
まずはプリントかジャガードかを決めて、その後にタオルサイズを決定。
この流れでで間違いありません。

 

 

タオルに馴染みのないお客さんによっては、オシボリのことをタオルと表現されたりすることもあります。

 

 

ご希望のタオルサイズをきっちり決めた上で次の「タオルの価格について」に進みます。
あなたが欲しいタオルよりオーバーグレードになってしまうと価格だけが高くなってしまいます。 そのあたりの説明です。

 

 

それでは 次のメルマガをお楽しみに・・・

 

 

PS.こんな面倒なタオル作りなんかに構ってられないよ~~!って方は、0120-941-011までお電話いただくか、Webサイトからお問い合わせく ださい。

 

 

PS1 「手ぬぐいの作り方」もYoutubeにまとめてみました。      興味のある方は、ご覧になってください。

価格優先? 手ぬぐいの失敗例
●手ぬぐいの作り方で変わる 良い所と悪い所
●反応染めって何??本染めとの大きな違い
●実験!! 本染めとプリント 吸水性の違い
●手ぬぐいに使う4種類の生地の特徴は?
●神野織物ってどんな会社?
●製作いただいた「お客様の声」