タグ別アーカイブ: 手ぬぐいの便利な使い方

手拭いは、急激な気候の変化に対応するにはおすすめ!

 

それにしても最近の天気っておかしくないですか?
ずっと夏のような気候が続いたかと思ったら、急に冷え込んだり。

 

あと雨の降り方が尋常でなかったりとか。台風も多いですよね、今年は。
世界的に見てフィリピンでも すごい台風でとんでもないことになっています・・。

 

もう10月の半ばですが、半袖のシャツだけで過ごせそうだなあと思っていても、やっぱり肌寒かったりと、着る物にも結構神経を使います。
今までの感覚だと、10月半ばと言えば結構秋本番ですから、まあ半袖で歩き回るということはありえないのですが、今年はそうでもありません。  

 

オフィスでもやっぱり昼間には冷房をついつい入れてしまうぐらい、汗ばむときもあります。
こう気温の変化が激しいと、やはり体がついてこなくなります。

 

なんとなくだるかったり、風邪をひきやすかったりと、健康面で安定を図るのも一苦労になってきますよね。
事実、この激しい気温の変化のせいで、自律神経のバランスを崩す方も増えているそうです。

 

アレルギー症状のように咳がとまらなかったり、手足が冷えたり、のぼせたり。ひどくなるとめまいなんかも引き起こすそうなので、やっぱり注意はした方がいいと思います。

 

こういう気温の変化に対して、衣服で対応するのはなかなか難しいのですが、手ぬぐいがひとつあるだけで、ずい分と変わります。
寒いなあと感じるときは、ちょっと首に巻いてみたり、肩にかけたり膝にかけたりすることも出来ますし、暑いと感じれば水に濡らして、固く絞った手ぬぐいを首に巻くだけでもずいぶんと違ってきます。

 

そして何より、必要なければしまっておけるという利便性も見逃せません。

 

また、ファッション性も結構高いものでもありますから、首に巻いていても違和感はあまり感じませんし、センスがよければむしろ手ぬぐいを使ったファッションとして楽しむことも可能です。

 

私も手ぬぐい愛好家ですが、ほんと首にまくだけでかなり暖かくなりますし、肌触りの良さもおすすめしたいポイントです。直に毛糸や合繊のマフラーを首に巻くことを思えば、かなりの心地よさだと思います。
汗をかいた時のチクチクも手拭いだとありません。

 

そうそう。これから更に寒くなって冬本番になれば、使い捨てカイロを手ぬぐいでくるんで首のあたりに巻いておくというのも良いかと思います。
これは温かいだけでなく、首や肩の凝りにも効果がありそうですね。(笑)

 

昔から「首を大事にすると良い」と言われますから、手ぬぐいをうまく使って、健康のために役立てていただけたらと思います。

災害グッズとして役に立つ手ぬぐい! 「備えあれば憂いなし」

 

昨日(8月8日)のことです。

 

私のスマホがいきなり「ビー!ビー!」と音をたてました!
「お!何や?何事や!」と思ってスマホを覗き込むと「緊急地震速報」と
出ています。
奈良県で地震が発生したとか。

 

でも、ちっとも揺れませんし、感じません。
緊急速報が出るくらいの地震だから、近畿圏で発生していれば、かなり揺れを
感じるはずです。
でもまったく感じない。その場に居合わせた社員に聞いても「感じません」と
言っています。
「どういうこっちゃ?」ということでネットで調べようとしたらYahoo!に
まったくつながりません。おそらく、同じようにものすごい数の人がアクセス
したからなんでしょうね。

 

やがて少し立ってから、地震はあったにはあったけど和歌山県が震源で、
震度1ほどの揺れも観測出来ていないということでした。
後から知ったのですが、奈良・大阪で震度7くらいという速報だったみたいで
すね。もしそんな地震が来ていたら、それこそ大騒ぎでしたね。

 

誤報とはいえ、知らせがないよりはいいと思いますので、こうやって携帯などを
通じて第一報が入るのはありがたいですよね。
今後の予行演習ってことで納得しました。

 

さて、こういうことが起こると自然と災害対策のことが頭をよぎりますが、
緊急避難袋などのグッズは用意されているでしょうか?

 

私のところは、子供がリュックサックを家族分用意してくれて枕元に置いています。
地震はホントいつ何が起こるかわかりませんから、まだの人はぜひ用意していただきたいですし、「もう持っている」と言う人もその中にぜひ「手ぬぐい」を入れておいてください。

 

手ぬぐいはいざというときにとても役に立ちます。

 

例えば、ケガをしたときの止血や包帯代わりになりますし、湿らせて体を拭いたり
することも出来ます。また、食糧などを比較的衛生的に扱うことも出来ますし、
洗うことが出来ればすぐに乾いてまた使うことが出来ます。

 

それと、手ぬぐいは縦方向に割いて2つをより合わすことでロープにもなります。これは沢山の手ぬぐいがあれば作れますが 5センチ程度の幅に裂いて6本作れば2本づつ撚って3本作れます。これを結ぶと 約90センチ×3=2.7メーターですので結び目なんかを考えても2メーターくらいの長さのロープにはなると思います。

 

ねっ、万能でしょ!

 

タオルでも出来なくはないですが、手ぬぐいにくらべ乾きにくい点や、包帯代わりに
使うには厚みがありすぎます。ロープなんて絶対無理ですね。
ハンカチでは小さすぎますが、手ぬぐいは長方形というとても使い勝手の良い形を
しています。

 

あってはならないことですが、災害時に役立つ手ぬぐい、防災グッズを扱う業者の
みなさん、ぜひアイテムのひとつのして追加してみてはいかがですか?

 

オリジナルプリントなら、宣伝効果もありますしね。
と広告です。はい。