タグ別アーカイブ: 剣道用手ぬぐい

面タオルと剣道 インターハイ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

この時期、高校生スポーツというとどうしても野球・甲子園が話題になりがちですが、ほぼ同時期にインターハイ(高校総体)も開催されています。

 

 

こちらは高校野球とは違い、毎年会場が変わっていきます。
2014年の今年は南関東大会ということで、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県の1都3県で開催をされました。

 

 

人数的に言うと当たり前のことですが、甲子園よりはこちらの方が競技数も参加人数も多いので もっと注目されてもいいとは思うのですが、今ひとつ話題にならないのがさびしいとこですね。

 

 

インターハイには様々な競技があるわけなんですが、私が個人的にどうしても注目してしまうのが「剣道」なんです。

 

 

私事ですが今年剣道日本という雑誌の3月号に特集をしていただいたこともあるのと、剣道をされている方が弊社をご利用いただくことが多いので、やはり気になります。

 

 

みなさんもご存じの通り、剣道では頭に手ぬぐいを巻いてから面をかぶります。
あの手ぬぐいのことを「面タオル」や「剣道手ぬぐい」「面した」「面手ぬぐい」と呼ぶのですが、この手ぬぐいをオリジナルで染めるという人が増えています。

 

 

道場や学校の名前を注染するのはもちろんのこと、道場や部が大切にしている言葉や選手個人
を奮い立たせたり落ち着かせたりする言葉も注染したりします。

 

 

例えば「平常心」とか「勇猛心」とか。
その他にも剣道でよくつかわれている言葉としては、「一意専心」「一心不乱」「威風堂々」
「剣心一如」「疾風迅雷」などがあります。
言葉の意味に興味のある人は、一度辞書で調べてみえくださいね。

 

 

よく依頼頂くのが、以前作った面タオルと同じように作って欲しい・・・というものです。
何代も前の先生に書いていただき 伝統として使っている手ぬぐいです。色も字体も同じように作ります。

 

 

剣道は紛れもなくメンタルスポーツです。
試合前の精神状態が結果に大きく左右していきます。
選手は面をつける前に、この手ぬぐいの文字を読み、時には心を静かにし、時には闘志を燃やしそれらを内に秘め、試合に臨みます。

 

 

そういうことを知らずにいると「たかが手ぬぐい」かも知れません。
でも、私たちが作ったオリジナルプリントの手ぬぐいが、その人の心に大きく影響を与えているということは、私たち作り手にとっても大きな誇りになっています。

 

 

なかなかテレビなどで剣道の試合を見る機会はないのですが、もし見ることが出来たら、この面タオルにも注目してみてください。
そして試合前に選手がその手ぬぐいをじっと見つめている姿が見られたとしたら、その面タオルにはきっと何か大切な言葉が書かれていることと思います。

 

 

 

剣道用手ぬぐいの損をしない作り方

剣道用の手ぬぐいを作ろうと思う時一番心配なのが価格です。
どのようにすると安くできるかというと、まずは簡単ながらが安くなります
例を挙げて一番高いものから順番に説明させていただきます。

一番高い手ぬぐいは、多色使いの手ぬぐいです。
一般的には、一色で染める場合が多いのですが
落款を入れたり、別の色で学校の校章を入れたりすると高くなります。

校章だけでなく、デザインで沢山の色を使ったりした場合は
やはり高くなってしまいます。

その次に高いのは、全体に色をつけるペタ染めという方法です。
これはインクを沢山使うということもありますが、ムラになって染まる
ことが多いため、ゆっくりと気をつけて染めるための時間が必要なのです。
それで高くなってしまいます。

ですから、ペタに染めた手ぬぐいの上に沢山の色をつけた場合、一番高価
になってしまいます。

ベタに染めた手ぬぐいだけであとは白抜きでデザインを表現する場合は、
多色使いよりも、安くできあがります。

一番ご注文も多く、安くできるのは白地に一色で先生の書を書いてもらい
手ぬぐいに染め上げる手法です。

これは手ぬぐいの単価も安くなりますし、型代も安くなります。

一般的に100枚程度をお作りした場合、1枚200円台後半 型代は1万5000円程度
でお作りすることができます。
私どもが持っている書体を使って好きな文言を入れることもできますし、先生に書いて貰い
私どもに送っていただいても結構です。

本染めの手ぬぐいとなると非常に面倒で高いものになるような気がしますが、実際はそう
でもありません。

剣道でお使いの場合 サイズは必ず100CM をおすすめします。
一般的な90センチでお作りした場合、頭に巻くと若干短くなります。手ぬぐいの長さは
100センチにこだわったものでもなく何センチでもお作りすることができます。
そのあたりはご相談ください。

弊社では剣道の手ぬぐいをお作りする場合必ず100センチで、制作いたします。

以上のことから、一番安く剣道の手ぬぐいをお作りするには 白地の手ぬぐいに
一色で書を書いて学校名やクラブ名を入れるというのが一番安くなると思います。

2番目に安いのは、一色で全体に染めあげて白で文字を入れるという方法です。

防具だけではどうしても他のチームや学校と区別がつかず、わからないことも多いですが
面タオルをチーム同じ色で統一すれば、すぐにわかります。

応援にも熱が入りますね!