タグ別アーカイブ: 仕事

働く意味

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

今日は精神的なお話。
「働く」って意味のお話です。
仕事ですから、そんなに面白いってことは無いのです。
会社経営や自営はもちろんのこと、会社勤めにしても楽しいことばかりじゃないわけです。

 

トラブルやクレームもあるし、残業や休日出勤だってあります。
本当は事務の仕事がやりたかったんだけど、会社都合で営業をしなきゃいけなくなったということだってあります。

 

家が商売をしてたりすると、跡目を継がなきゃいけないということもありますし、東京で仕事がしたいと思っていても、両親の面倒をみなきゃいけないから地元に残って就職したという話もあります。

 

まあ、なんやかんやとあるわけです。

 

こんな風に考えると、「仕事は楽しくやりがいを持って」とか言っても、なかなかそうは思えないのです。

 

でも、働かなくてはいけません。
「生活するため しょうがない・・・」

 

これ、大抵の人はそう思いますよね。
生きるためにお金が必要だからです。

 

アタリマエのことですが、生活のためにはお金が必要です。
お金がないと何も出来ません。
だから働かなきゃいけない。そうたとえ自分が楽しくなくてもって事です。

 

ところが最近その考え方を覆す話を聞きました。

 

これは経営コンサルタントの福島正伸先生がおっしゃっていた事を
また聞きしたお話です。

 

福島先生は学生時代に「なんで働かなきゃいけないんだろ?」って
真剣に悩まれたんだそうです。
そしてそれを周りの友達に聞いてみたところ、さっきの話と同じで

 

「生活するためだよ」「生きているために決まってるじゃん」

 

という答えが返ってきました。
そこで福島先生はこう質問したといいます。

 

「でも森の狸は働いてないけど生きてるじゃん。」

 

屁理屈かも知れないけど、じっくり考えるとその通りで狸に出来る
ことは人間にだってできなくはないでしょう。
だって大昔はそうやって自給自足で生活してたわけですから。

 

「生活のために働く」というのは間違いではないと思います。
でも絶対ではないかも知れない。
だったらなぜ人間は働かなきゃいけないのか?

 

これにはたくさんの答えがあるかも知れません。
でも、あえてひとつ理由を挙げるとしたら・・・

 

それは「人の役に立っていることを実感するため」ということです。。

 

人は一人では生きていけません。
仲間と生きていくために、社会に属して生きるためには誰かの役に立つ必要があるんですよね。

 

もし今の仕事がつまらないんだとしたら
「自分は誰かの役に立てているだろうか?」ということを見直してみてもいいかも知れません。

PS こんなややこしい話は置いといて、まずはタオルを作りたいって方は!
フリーダイヤル 0120-941-011 までご相談ください。

不自由を楽しむ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 

この間「なるほどなー」と思うことがあったのでシェアします。

 

 

「趣味」というのがあります。

 

 

ある方はゴルフだったり、ある方はマラソンだったり、ある方は
楽器演奏だったり。読書とか音楽鑑賞、映画もあります。色々ですよね。

 

 

いろんな趣味が世の中にはありますが、その中でもスポーツやお稽古事のような修練が必要なものに限定してお話です。

 

 

こういう練習が必要な趣味というのは、結構しんどかったり理不尽だったりすると思いませんか?

 

 

例えばゴルフ。
上達するまでに結構時間がかかります。
そしてある程度上達しても、コース上ではやっぱりいろんな試練が待ち構えていたりします。
そもそもあんな長い棒で小さなボールを打つわけですから、理不尽以外の何物でもないですよね。

 

 

マラソンもそうです。
走れるようになるまでには結構トレーニングが必要です。

 

 

そしてフルマラソン走れるようになってもやっぱりそれはそれで過酷で、42キロなんて人の足で走る距離というよりは、車で移動する距離でしょ。それを人力で走るのだからこれまた理不尽な趣味といえます。
大体、ゴールした時なんかフラフラになっています。

 

 

なんにも走らなくても、自転車やバイクなんかは自動車の方がはるかに安全で快適に違いないのに、わざわざ理不尽な手段を選ぶわけです。

 

 

ではなぜ、大変なことがわかっているのに、なぜ趣味にハマるのか?

 

 

それは「人間はチャレンジした時に達成感を覚える」動物だからだそうです。

 

 

もしゴルフがすぐにマスターできる代物で、誰がやっても同じような結果が出るようなものだったら、誰もハマりません。
もしマラソンが自動車使用OKだったら、誰も走りません。

 

 

そーなんです。難しいことにチャレンジしたいんですよ。人間は。
自分を過酷な状況に追い込んで、それを克服したいんです。

 

 

って、ここまで聞いてほんまかいな??
俺はそんなことないな~楽したいな~って思ってしまったのですが、実際、人間には そういう本質的なものがあるからこそ、これだけ進化を続けることが出来ているのだって話です。

 

 

私たちは「楽したい」と口では言ったりしますが、本当に楽になってしまうと相当つまらない人生になるので、またしんどいこと理不尽なことを探してやり始めるそうです。←これこそほんまかいな~って思いますが・・・

 

 

ということはですよ、「仕事はしんどい」という状況があるとしたらそれは絶好の「楽しいポイント」だといえるわけですよね。
そうなんです。その人は「楽しい!」のど真ん中にいるのです。
↑いやいや そらないな~

 

 

そういう風に考えると、嫌な仕事って存在しなくなりませんか?
ものは考えようです。

 

 

事実、世の中の成功者と言われる人たちは、こういうことを知ってて辛い仕事をむしろ楽しんでるそうです。

 

 

ふ~~んそうなんや・・・って、この面倒くさい仕事がそうなるか~って思うと、ちょっと気が楽になったように思います。

 

 

 

お仕事のコツ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 

「卓球」というスポーツがあります。
一昔前テレビであるタレントが「暗い」と言ったばかりに「暗いスポーツ」とレッテルを貼られたこともありましたが、かつては「卓球ニッポン」という全盛期や ここ数年は福原愛ちゃんや石川佳純ちゃんの台等、そして今は「みうみまコンビ」の活躍で話題に上ることも多くなってきました。

 

 

元々競技人口も多いスポーツですし、年配の方も出来る生涯スポーツとしても人気ですから盛り上がるに越したことはありません。

 

 

そういえば以前、中学校の卓球部でコーチをしているYさんからこんな話を聞いたことがありました。

 

 

長年コーチをしていると、「10年に一人」という逸材に出会うことがあるそうなのですが、ある年同じ学年に2人そういう子がいたそうです。
部内の実力でナンバー1とナンバー2の子だったそうで、1年生のころから抜きんでいて、県内ですぐに有名になったそうです。

 

 

この2人はプレースタイルも同じだったのですが、
「考え方とかは全然違っていた」とYさんは言っていました。
しかも面白いことに学力もすごい差があって、ナンバー1の子は残念なことに勉強はほとんど出来ない子だったのに対し、ナンバー2の子は学年トップクラスの成績を維持している子だったそうです。

 

 

あるときYさんがこの2人に
「卓球しているときにどんなことを考えているか?」
質問をしてみたんだそうです。
するとそれぞれこういう答えが返ってきました。

 

 

ナンバー2の子は
「相手がこういうサーブを打ってきたらここのコースにこういう球を返して、それをリターンされたら次はこういう風に攻めます」

 

 

まるで詰め将棋のように先手先手をイメージして、自分が優位になるように試合を進めていく考え方をしていたそうです。

 

 

対してナンバー1の子は・・。
「来た球を相手のコートに入れる。それだけ。そうしたら負けない」

 

 

この言葉を聞いてYさんは「私の方が気付かされました」と言っていました。
卓球というスポーツはスピードやスピンが豊富なため、難しいとされているのですが、根本的なルールでいくとナンバー1の子が言ったとおり一回でも多く相手のコートに返せば負けません。

 

 

これって我々の仕事でも同じだと思います。

 

 

一回きりではなく、ず~~っと何度も買って頂くにはどうしたら良いか・・・。
どの会社でもこれが出来れば安泰って思っているでしょうが、実はシンプルで簡単なのです。

 

 

お客様との「信頼関係を結ぶ」だけです。
お客様との関係が友達や親兄弟と同じような関係になれば、このお店で買えば、間違いない!って具合に信用して購入いただけるでしょう。

 

 

極端な話 他社より高くっても買っていただけるようになります。
そんなことしたバレたら折角の信頼関係にヒビが入るので出来てもやってはいけませんが、これくらい強烈なのです。

 

 

ここの所は、卓球のように来た玉を相手のコートに入れるだけッて感じではなく、シッカリとした考えをもって接客しないといけないと思います。

 

 

信頼関係を結ぶ行為・・・これが大事です。

 

 

PS 100%満足いただいています!って言えるようにならないといけませんが エエセン行っていると思います。
お客様の声」はこちらです。

 

 

 

 

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 

この三連休、孫が泊まりに来ていたのです。

 

 

なんだか初めてみたいな言い方していますが、近くに住んでいるので しょっちゅう帰ってきては嫁さんと一緒にスーパーに行ったりしているのです。

 

 

日々の惣菜なんて当たり前で自分の服や、なんなら旦那の服まで調達しているようです。

 

 

この前も娘から
「買い物行く?」の魔の誘い
「今から出て行くとこ」って返事をすると
「私も 一緒に行こうかな~~」
って、上から目線で返事をするのです。

 

 

いつもたかられるだけでは、いくら娘とは言っても拒否をするのですが・・・ この勝ちほこったようなしゃべり方には、理由があるのです。

 

 
娘が来る=孫が一緒。
この大きいおまけが付いてくるので、嫁さんもそらウキウキもんで買い物に付き合うのです。
娘もその辺りよくわきまえていて 嫁さんはうまいことしてやられています。

 

 

孫は可愛いのです。
どっかの演歌歌手がうたってましたが本当にそんな感じ。
自分の娘の時はそんなでもなかったのですが コッチも60前の 爺さんと婆さんですから 自分の子の時とは気持ちの余裕もあります。

 

 

私はと言うと、歩き出した孫のめちゃくちゃな動きが面白くってかまってしまいます。
嫁さんはというと、えげつないデレデレぶりで、仕事中に保育園で熱が出たって連絡が入れば仕事をほっぽり出して即退社。
ニコニコしながらお迎えに出かけるのです。
全然、苦ではなくってむしろ待ってました!的な感じなのです。

 

 

このニコニコ待ってましたの感覚を仕事に使えないかなって思いません?
よっしゃ!今日もやるで~~って 仕事をワクワクできないもんですかね・・・。

 

 

私は、まだまだ仕事が一番!仕事が楽しくって楽しくって~~なんて境地にはなっていません。
仕事となると、後回しで自分のしたいことなら出来るのですが面倒なことは後回しにしちゃいます。

 

 

なんとか遊び=仕事みたいに思えたら、もっともっと売上が出来るのにな~~って考えている今日此の頃です。

 

 

PS で、今日も嫁さんは保育園に行きました。
保育園はちょっと熱が出たら呼んでくれます。保育園も婆さんの気持を読んでいるような・・。そんな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気を見つけに病院へ!

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 

実は・・昨年の春 嫁さんの病気が発覚 その定期検診で数ヶ月に一度必ず病院に行くのです。
私はというと、麻酔がきついとかで必ず付き添いで来てくださいと病院から言われて必ず付いて行く様になりました。

 

 

今日も、その定期検診で付いて行ったのです。

 

 

受付を通って、待ち合いに座って周りを見渡してびっくりです。
相当な年配の方ばかりなのです。
自分も56歳なので若い子からしたら 目くそ鼻くその年齢ですがそこには 明らか70~80超えの年配のかたばかりが居られるのです。

 

 

高齢化、高齢化って言われていますが、病院に来るとそれがよく解ります。

 

 

まぁ、たまたま内科なので余計に年配の方が多いようで 当然外科なんかではもっと若い人が多いと思いますが、それでも私より若い人は1人もいません。

 

 

患者さんも年配 付き添いに来られてる人もおじいちゃん おばあちゃん。
この頃の病院は、パソコンの画面をいじってすることも多いので 子供も参加。で、一人の患者さんに最低2人は付き添う感じなので待ち合いはイッパイで座る椅子もないくらいです。

 

 

そういや・・・・
いつもお世話になっている近くの町医者でも年配の方が多いです。私も、高脂血症とかで月に1回は薬をもらいに行くのですが、薬局の待ち合いに居てる人は皆 お年寄りばかり。

 

 

なんか心配になったりすれば すぐ病院のお世話になっているのが今の私です。

 

 

当たり前のことですが、若い時に比べれば あっちがおかしいの こっちが痛いのってどこかしら変な所もあるので、土日もやっている病院に気軽に行ってしまいます。
ほんで薬をもらって安心って流れです。

 

 

この前も、何時もと同じように待ち合いに居てるとき周りをみるとやっぱり年配の方ばっかり・・。
時間かかるなって考えてた時 
「あれ?俺って、ひょっとしたら病気を見つけに病院に来てるんちゃうか」って ふと気づいたのです。

 

 

それに気づいてから なんかアホらしくなってそれからは病院に行かなくなって来たのです。
病院に行って薬をもらうのが一番ってわけではないのです。

 

 

この取り越し苦労感は、仕事でも出会うことが有ります。

 

 

色んなことを勉強して頭でっかちになったばっかりに何かしようと思っても その知識が邪魔して身動きがとれない・・。
何かしようと思ってもうまくいかないことばっかりが頭に浮かんで行動に移せないのです。

 

 

上手くいかない事を探して探して仕事をしているようで、まるで病気を探しに病院に行ってる自分みたいなのです。

 

 

病院は病気を治すために行く。
お仕事はうまくいくためにする。

 

 

なにが目的かをはっきりさせないと、訳がわからなくなります。
気をつけないと!!

 
PS いよいよ老舗手ぬぐい問屋神野織物謹製の本染め手ぬぐいが販売されます。
それも、昔から親しまれている古典柄を、一番うまく表現できる注染(本染め)という技法で作った手ぬぐいです。
もうチョットです。お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

ちと大変。

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 

一大事なのです。

 

 
社員が次々と倒れるのです。
例のインフルエンザ。
み~~んな み~~~んなÅ型とか言うのに掛かっています。
これからも次々とかかって行きそうな雰囲気なのです。

 

 

おかげで、社内に居る時もマスクを配布して対処してるんですが、しっかりマスクしていてもかかった社員もいるので 
どうなん?ちょっとくらいましなん?大丈夫かいな・・・って思いながらしています。

 

 

朝礼では、毎日のように「うがいと手洗いをしてよ~」って幼稚園の園児に言うように言っているのですが一向に収まる気配は無いのです。

 

 

今日も一人ダウン・・ 医者に行くとやっぱりÅ型。
別にもう1人
「のどが痛い・・・」とのたまっております。

 

 

なんやら今年のÅ型は、私の見る所 初めに喉が痛くなってそれから本格的に熱が出るような感じです。
インフルエンザの専門家のように 来店するお客さんや銀行員にも喉痛ないか?喉痛成ったらインフルやでって説明しています。

 

 

もうすでに4人目・・・。
うちの孫も入れたら5人目。
あんまり大きな声ではいえませんが、発生元は孫なのです。

 

 

保育園では 一人が風邪にかかるとそらもう全員がひいちゃうくらい、感染ります。 うちの孫なんて二週間に一度くらい鼻たらして熱出してるもんで またいつもの風邪かなって思っていたらインフルエンザだったのです。

 

 

その孫から感染ったのが その子のお母さんとお父さん うちの娘とその旦那 旦那は私と一緒に働いてくれてるので・・その隣りにいる社員に移る・・・その前の社員に伝染る・・・って具合で 今は私が喉痛いのです。

 

 

頼むでしかし!状態。
で、私はマスクをしています。
って言ったってしゃべるときや水飲むときは外してるのでなんにもなりません。

 

 
どんどん 社員が次々とインフルで出社停止。
結局 一番初めにかかった孫の旦那は一人で仕事をしなくてはならなくなって 可哀想ですが自業自得なのです。

 

 

結局は、自分に帰ってくる・・・。
良くあることです。

 

 

みんなに迷惑をかけないようにする。仕事では、お客さんに心配掛けないように シッカリと真面目に仕事をするのが大事なのです。

 

 

PS そして孫は絶好調!お父ちゃんはヘトヘト 私は喉痛。
遊ばれへんやろ!!!

 

 

 

 

新品ジャケットが・・・

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

あけましておめでとうございます。の第二弾。
今日から めでたいえべっさんです!
それも今日は宵戎。えべっさん教を信仰している自分としては、会社の近くのえべっさんに朝お参りして 夜には西宮戎にお参りです。

 

 

毎年面白いことに出会う えべっさん話は後日にして・・・
今日は正月早々えらい目にあった話です。

 

 

年の明けた 1月1日 実家の両親とおせち料理を食べた後 恒例の嫁さんの実家に出かけるのに晩飯の買い出しをしに西宮ガーデンズに行ったのです。

 

 

この頃のお正月はどこのお店も開いてるから便利になったな~ でも、正月らしくないな・・なんて 当たり前のことを喋りながらイズミヤに向かって歩いていると、途中の阪急がなんかザワザワしています。

 

 

なんと、1日からバーゲンをしているのです!!

 

 

実は、昨年からツイードのジャケットが欲しくっていいのないかな~~って探していたので思わず物色です。
で、いいのを見つけたんです!
やった~~ これで新年の挨拶にも着ていけるし・・・ゴルフの行き帰りにも大丈夫!
ってウキウキして即買いです。

 

 

正月から縁起がええで~~って嫁さんに言い訳しながらゲット!
なんと3割り引きで手に入れたのです!!

 

 

で、初出に当然このジャケットを着て出社です。
毎年同じ様なスーツを着ていたのがチョットおしゃれなツイードのジャケットになって自己満足です。

 

 

社員みんなに
「お客さんが今週はたくさん来はるからこの一週間は これで通すからな」
って宣言して 3日目です。

 

 

朝いつものように会社に着いて いつものようにイスにジャケットを掛けて仕事の開始。

 

 

なんか臭い・・・ 髪の毛が焼けているような匂い・・・
「なんか臭ないか?なんか焦げてるで~」 って言った瞬間

 

 

あっ!!!!!

 

 

なんと・・・ジャケットがストーブに当たって焦げていたのです。

 

 

おいおいっって 平静を装いながらよく見てみると なんとこ茶色くなった部分が5センチ×5センチ程度
その中の特にきついところは穴が空いているのです。。

 IMG_0665

 

 

 

 

 

やってもうた・・(泣)

 

 

まだ、3回しか着ていないのに・・・1回1万円以上の貸し衣装代みたいなもんやんけ!
ホンマ自己嫌悪です。

 

 

社員からはなんかクッサイですね~って言われながら わかっとるっちゅうねん!!って心のなかで叫びながらじっと焦げた穴を見つめていました・・・。

 

 

慣れっていうのは怖いもんです。

 

 

いつものようにジャケットを掛けたのはいいのですが ストーブを点けてしまったのが原因です。何時もならストーブを点けても横に向けるのに忘れていたのです。

 

 

仕事でも、この慣れでこなしてしまうと大変な失敗をしてしまうことが有ります。

 

 

いつものようにいつもの商品を送ったつもりで間違っていたり 送り先を間違っていたりと
何時もなら考えられないことをしてしまうのです。

 

 

これは、余裕が無いためだと思います。

 

 

インターネットの普及やアスクルのように次の日には文房具が届く アマゾンでは今日注文したらその日のうちに届けられる。

 

 

これ自体 便利でいいのですが 全ての動きがこれに見習えみたいになっていて なんか「心」が追い立てられているようで余裕が無いのです・・。

 

 

なんか何時もイライラしているような・・そんな感覚なのです。
イライラしたって何の得もないですね♪

 

 

仕事も遊びも、余裕を持って考えるだけの時間が必要な気がします。

 

 

今年は一人のゆったりとした時間を大切に、余裕をもって考える時間を作るように心がけようと思います。

 

 

PS
結局、共生地を貰ってカケツギで直してもらうことにします。
値引き分以上の出費です・・ 残念。