タグ別アーカイブ: ラグビー

もうひとつのウインタースポーツ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田の事務所から

 

 

冬の季節になると、冬ならではのイベントの話が多くなります。
その中に「ウインタースポーツ」というジャンルがあります。
「冬の間しか出来ない」スポーツです。

 

 

スキーやスノーボード、スケートなどが代表的ですが、ボブスレーとか、カーリングとかもありますが、あまり一般的ではないですね~

 

 

スケートは屋内が多いと思いますから、やっぱりスキーとスノボが一番イメージしやすいですかね。
どちらも屋外メインですし、雪がないと出来ないので、やっぱりこの時期に限られてしまいます。

 

 

一方で、特にウインタースポーツということではないんだけど、やっぱりこの時期に注目されるスポーツがあります。

 

 

それはサッカーとラグビーです。
この2つには天皇杯という大きな大会があり、その決勝が1月初旬なのである意味「冬のスポーツ」という印象も濃かったりします。

 

 

スキー、スノボとサッカー、ラグビーの大きな違いは、スキー、スノボが誰でも割と気軽に出来るのに対し、サッカー、ラグビーに関していうと この時期に競技をしているのは、特定の人(予選とかを勝ち進んだ人)なので誰もが気軽にというわけではありません。

 

 

その代わり、サッカー、ラグビーには「応援」という参加の方法があります。
この「応援」のときに大いに役立っているが、オリジナルプリントが施されたマフラータオルです。
※やっと、本題です

 

 

マフラータオルは、スポーツタオルをマフラーと同じくらいの長さにしたもので、汗を拭くことよりも、首に巻く、肩にかけるなど「見せる」「楽しむ」といった要素が高くなっています。もちろん、首に巻くことである程度の保温性は得られますから、防寒具としての使い方もあります。

 

 

マフラータオルは多くの場合、自分が応援しているチームのロゴなどがプリントされています。これをお互いがもっていることにより、ファン同士の連帯感が高まり、応援にも熱が入ることになります。

 

 

基本的にオリジナルプリントのマフラータオルは、プロリーグのチームオフィシャルグッズだったりしますが、最近ではアマチュアチームも応援用のグッズとして使われることが多くなってきました。

 

 

プリント技術もかなり進化していますので、比較的ローコストや小ロットでの作成も可能な時代です。

 

 

「フィールドでがんばっている選手たちと一体感を持って応援したい」と考えているチームの方にはオススメアイテムです。

 

 

 

PS ヨッシャ!タオル作ろう!!って思ったあなた・・・ どんなタオルにしようかなって迷った時は フリーダイヤル 0120-941-011 で聞いてみてください。
あなたに合ったタオルを紹介致します。

 

 

 

 

 

ラグビー日本代表ユニフォーム

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田の事務所から

 

 

少し前の話ですが、ラグビーのワールドカップ日本代表が大活躍をしたのって覚えていますよね。
強豪の南アフリカを倒し、世界中のラグビーファンからも絶賛されていました。

 

 

私と同じような「にわかラグビーファン」も増えたみたいです。
特に五郎丸選手のお祈りポーズ?のマネをする子どもたちが増えたみたいで これはこれでラグビー会にとっては 人気が出たってことでは良いことやなっと思ってしまいました。

 

 

今回の日本代表のニュースを見ていて、「お!」と思ったのが このユニフォーム。
胸のところに桜の花がイラストでデザインされていました。

 

ほんのワンポイントですが、いい感じです。
日の丸以外に日本を表現するとしたら、私は桜の花が一番良いと思います。
あ、富士山というのも悪くはないですが、デザイン的にはやっぱり桜でしょう。

 

 

デザインに桜の花を使うのは、和の世界ではごくごく自然なことです。

 

 

和服だけでなく、風呂敷や手ぬぐいにも桜は使われることがあります。
桜以外にも「梅」「ススキ」「紅葉」など季節の花木もありますし、「カエル」「トンボ」「ウグイス」といった生物もあります。

 

 

日本には四季がありますが、それをうまく生活の中に表現して、四季の移り変わりを楽しむという習慣があったんですね。

 

 

現代では和服を着る人の数は限られてきていますし、手ぬぐいや風呂敷も使われる頻度がかなり減ってきてはいます。
でも今回のラグビー日本代表ユニフォームのように、現代の生活様式にも取り入れることが可能なんです。

 

 

こうして考えてみれば、私たちの身の回りにも、自分たちが想像している以上に「和のテイスト」を持ったものが存在していると思います。

 

 

例えば、お菓子で言えば「抹茶テイスト」の人気が高いそうで、抹茶味のお菓子のパッケージは結構「和」な感じです。
(外国人観光客にも日本の抹茶味のお菓子は人気の土産物に なっているそうです)

 

 

日本人でさえも手ぬぐいや風呂敷がだんだん使われなくなってきた現代ですが、デザインで季節感を感じるというところは、まだまだ失われていないようです。
このステキな民族性は、ぜひとも受けついで行きたいですし、私としては同じくらい「和」のもの、手ぬぐいや風呂敷、和服がまた人気になれば良いのになあと思います。

 

 

そういえば、ラグビーノワールドカップ、日本でやるみたいです。
またそのときに、桜のユニフォームの大活躍が見たいですね。