タグ別アーカイブ: マフラータオル

もうひとつのウインタースポーツ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田の事務所から

 

 

冬の季節になると、冬ならではのイベントの話が多くなります。
その中に「ウインタースポーツ」というジャンルがあります。
「冬の間しか出来ない」スポーツです。

 

 

スキーやスノーボード、スケートなどが代表的ですが、ボブスレーとか、カーリングとかもありますが、あまり一般的ではないですね~

 

 

スケートは屋内が多いと思いますから、やっぱりスキーとスノボが一番イメージしやすいですかね。
どちらも屋外メインですし、雪がないと出来ないので、やっぱりこの時期に限られてしまいます。

 

 

一方で、特にウインタースポーツということではないんだけど、やっぱりこの時期に注目されるスポーツがあります。

 

 

それはサッカーとラグビーです。
この2つには天皇杯という大きな大会があり、その決勝が1月初旬なのである意味「冬のスポーツ」という印象も濃かったりします。

 

 

スキー、スノボとサッカー、ラグビーの大きな違いは、スキー、スノボが誰でも割と気軽に出来るのに対し、サッカー、ラグビーに関していうと この時期に競技をしているのは、特定の人(予選とかを勝ち進んだ人)なので誰もが気軽にというわけではありません。

 

 

その代わり、サッカー、ラグビーには「応援」という参加の方法があります。
この「応援」のときに大いに役立っているが、オリジナルプリントが施されたマフラータオルです。
※やっと、本題です

 

 

マフラータオルは、スポーツタオルをマフラーと同じくらいの長さにしたもので、汗を拭くことよりも、首に巻く、肩にかけるなど「見せる」「楽しむ」といった要素が高くなっています。もちろん、首に巻くことである程度の保温性は得られますから、防寒具としての使い方もあります。

 

 

マフラータオルは多くの場合、自分が応援しているチームのロゴなどがプリントされています。これをお互いがもっていることにより、ファン同士の連帯感が高まり、応援にも熱が入ることになります。

 

 

基本的にオリジナルプリントのマフラータオルは、プロリーグのチームオフィシャルグッズだったりしますが、最近ではアマチュアチームも応援用のグッズとして使われることが多くなってきました。

 

 

プリント技術もかなり進化していますので、比較的ローコストや小ロットでの作成も可能な時代です。

 

 

「フィールドでがんばっている選手たちと一体感を持って応援したい」と考えているチームの方にはオススメアイテムです。

 

 

 

PS ヨッシャ!タオル作ろう!!って思ったあなた・・・ どんなタオルにしようかなって迷った時は フリーダイヤル 0120-941-011 で聞いてみてください。
あなたに合ったタオルを紹介致します。

 

 

 

 

 

夏フェスシーズンがやってくる!!

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 
6月に入ってジメジメの「梅雨」に突入です。
しかし! このうっとおしい梅雨が終わると、私の大好きな暑~い夏がやってきます♪
下を向くだけで、鼻の頭からポトポト落ちるようなあの汗の出方が・・・何でか解りませんが大好きなんです。

 

 

夏と言えば・・・海?花火?かき氷?スイカ?ビール?(笑)
うん、それもあるけど やっぱり私は商売上「夏フェス」です。

 

 

大御所的なところでは、「フジロック」があります。
そして例年東京・大阪で開催される「サマーソニック」。
いずれも海外・国内のアーティストたちが集結して熱いライブを繰り広げてくれます。

 

 

そしてこれは関西なのですが、TMレボリューションの西川さんが発起人になって琵琶湖畔で開催されている「INAZUMAROCK」というイベントもあります。
昨年はMAY,JやももいろクローバーZなども出演して、大盛況だったようです。

 

 

暑い夏に音楽で熱く盛り上がる♪
ファンにしても自分の応援しているアーティストだけでなく、その他のアーティストのライブも体験できるので、いいですよね。

 

 

アーティストのライブといえば、マフラータオルが大活躍です。
一昔前まではフェイスタオルが主流でしたが、この頃はマフラータオルが主流になっているようです。

 

 

最近特にライブ中にタオルを振り回すパフォーマンスが当たり前のようになってきましたしね。

 

 

マフラータオルはその名の通り、マフラーのような長さをした細長いタオルです。
スポーツタオルやバスタオルとの違いは、縦方向が短いところです。
なので全体的には細長い印象を受けます。

 

 

アーティストのライブだけでなく、プロ野球やJリーグでも見かけることが多いですが、今や応援グッズの定番となってきています。

 

 

会場全体が同じタオルを振り回す光景はすごく一体感がありますし、見ていて「おー!」という感動もあります。
ステージ上のアーティストもきっとその光景を毎回楽しみにしているんだと思いますし、ファンにしてもアーティストとの距離を縮めるアイテムであり仲間と熱い思いを共有する大切な宝物なのかもしれません。

 

 

神野織物でもこれまでアーティストグッズとしてマフラータオルの製作に関わらせていただきましたが、納品の度にライブ会場でのタオルたちがブンブン振り回されているのを想像して嬉しくなってしまいます。

 

 

そしてマフラータオルはもともと振り回すものではなく、タオルとしてもちゃんと使えますから、汗を拭きとることも出来ますし、基本野外が多い夏フェスですから強い夏の日差しを和らげる効果もあります。
また水に浸して顔や体をふくことで、熱中症対策にも使えます。

 

 

もしあなたが夏フェスに行かれることがあったら、ぜひマフラータオルを手にしておいてくださいね。

 

 

PS この頃は、熱中症対策に頭からかぶるようなタオルも依頼されることが多くなってきました。これこそ、炎天下では活躍すると思います。 フード付きタオルと言います。
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

 

 

マフラータオルと天皇杯サッカー

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

先日、テレビを見ていたら
「ガンバ大阪天皇杯優勝!」というニュースが・・・。

 

 

え?天皇杯?正月やなかったっけ?

 

 

と一瞬思ったのですが、今年は1月にオーストラリアで開催されるアジア・カップに向けて、日本代表の調整期間を作るみたいで14年に限り12月13日になったみたいです。
ちなみに来年は例年通り元日に戻すみたいですね。

 

 

それほどサッカーを見ているわけではないのですが、何やら毎年元日と思っていることの日程が変わると違和感ありますねー。
成人の日が1月15日から変わってしまったときも、なんだか変な感じがありましたっけ。
それとおんなじ感じです。

 

 

まあそれにしてもガンバが優勝というのは、関西人としてはやっぱり嬉しいもんです。
しかもJリーグ、ナビスコカップも優勝しているので合わせて三冠!というのも立派ですよね。
これで阪神かオリックスが日本一になっていたら、関西はそりゃもうすごいことになっていたかもしれません。

 

 

サッカーの応援といえば、これまでも何度かご紹介してきましたが、マフラータオルの存在がごく一般的になりました。
サポーターが同じデザイン、プリント、カラーのマフラータオルを持つことでスタジアムにより一体感が生まれています。

 

 

マフラータオルは基本的にはスポーツタオルの仲間です。

 

 

違いは幅が狭いのと長さがマフラーと同等の長さがあることです。
その名の通り、マフラーのように首に巻くことが出来る長さなので フィールド競技の応援時には、防寒対策のひとつにもなりますし、夏の時期にはタオルとして使えます。

 

 

タオルへのプリント技術も格段に進化しているので、かなり細かいデザインを施しても、ハッキリと認識できますし、色合いも鮮やかに仕上がります。

 

 

小ロットでの生産も可能ですので、Jリーグのようにプロチームでなくても、実業団やクラブチーム、同好会でオリジナルプリントのマフラータオルを作るのも楽しいのではないでしょうか?

 

 

マフラータオルはプリントでも作成は出来ますが、おすすめなのは「毛違いジャガード織り」です。adidasやnikeのスポーツタオルもこの手法で作っているのも多数あります。

 

 

色違いの糸を織り上げてデザインを表現する技法ですが、 厚みがあり、非常に高級感もあるのでタオル自体がしっかりしています。
また、糸を染めてデザインを表現しているため、色落ちしにくく、長期間のご使用も可能です。

 

 
小ロットでも作成可能ですのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

 

オリジナルタオル制作するとき 気になること 3っ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 こんにちは!神野です。

 

今日も昨日に引き続き動画できになることをお伝えします。オリジナルタオルの作り方ですがやはり気になることはたくさんあります。

今日は3ッツだけですが これからず~~っと話していきますね

 

 ◯マフラータオルをオリジナルで作る時の出来上がりの不安解消法

 

 

マフラータオルをオリジナルで作る時 出来上がりの不安はつきものです。

この解消方法は・・・ やはりサンプルを作ることをお勧めします。神野織物では、色校正のサンプルをお作りしてから本生産にとりかかることも多いです。柄の変更は出来ませんが色の変更はこのサンプルの時点では大丈夫です。

その分納期が掛かりますがお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

◯バスタオルをオリジナルで作る時のおすすめの作り方

 

 

バスタオルのオリジナルも時々お問い合わせいただくことが有ります。用途にもよりますが この場合はやはり染料のプリントをお勧めします。

大きなバスタオルでは、染料プリントのほうが水分の吸いもよくゴワゴワしませんので貰った方も喜ばれると思います。

 

 

◯オリジナルタオルをフェイスタオルで作る時の生地の大きさ

 

 

オリジナルタオルの生地の大きさは、大体の大きさは決まっています。

フェイスタオルでは、約33センチ×80センチ位が一般的ですが既成品に後からプリントすることもあります。この場合は若干大きくなります。長さが約85センチ程度のタオルが多くなります。