タグ別アーカイブ: フード付きタオル

野外フェスティバルに欠かせない物

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 
夏場になると、全国各地で野外コンサートが開催されます。
大きなところでは、FUJIロックがあります。
毎年、すごい動員です。
あとサマーソニックなんかも有名ですね。

 

 
そういうメジャーなイベントだけでなく、本当に町おこし的なものまで結構な数になると思います。

 

 
音楽的に言うと、野外なのでリスクは大きいんですよね。実は。
音響効果が良くないし、なによりも天候に左右される。
台風などの影響で、中止ということもありえるわけです。

 

 
それでも野外フェスティバルは開催されます。
それは野外でしか味わえない魅力がありからでしょう。

 

 
大空の下という開放感が一番なのですが、なんとなくコンサートというよりお祭りみたいな雰囲気もありますね。

 

 
会場によっては、周囲に露店が出たりすることもあるし、バーベキューエリアを設けている場合もあるようです。
バーベキューを楽しみながら、ライブに参加するというのもこれまた普段とは違う楽しみがあります。

 

 

フェスではないですが、浜田省吾さんの野外ライブではバーベキューエリアがあると聞いたことがありますし、海外の野外コンサートではちょくちょくある話のようです。

 

 
こういった野外フェスティバルも、やっぱり冬場とかは難しいでしょうし、イメージ的にも真夏の方が似合っています。

 

 
ただそれだけに、野外フェスティバルで気をつけなければならないのが熱中症対策です。

 

 
炎天下で、ライブに熱中しているうちに、体調不良になるという危険性がどうしても高くなってしまいます。
そうならないためにこまめに水分補給するとともに、体温が上がり過ぎないようにする工夫も必要になってきます。

 

 
そこで、私が個人的にオススメしたいのは、手ぬぐいです。
手ぬぐい屋だから絶対言いますが手ぬぐいです!

 

 
手ぬぐいを水に浸して、首に巻くだけでも違いますし、手ぬぐいはすぐに乾くので、水に浸して使うことでひんやりとした状態を作りやすいです。

 

 
タオルの場合は、手ぬぐいに比べて乾きが悪いので、しばらく使うとぬるくなって かえって蒸すような感じになってしまうというデメリットがあります。

 

 
手ぬぐいはかさばらないので、ハンカチがわりにポケットに入れておけるというメリットもあります。

 

 
最近はカラフルな手ぬぐいも増えていますから、日中はバンダナのように頭に巻いて直射日光をさえぎることも出来ます。

 

 
折角のライブが残念な思い出にならないためにも、ぜひ手ぬぐいを一本、ポケットに忍ばせておいてくださいね。

 

 
PS タオルでは、フード付きタオルというのもあります。
タオルにフードが付いていてかぶるタイプになります。
これで、直射日光を遮るというものです。
これと手ぬぐいを持っていれば最強です!
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

夏の定番イベントといえば!

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

夏というのはほんま活気のある季節ですねー。
わたしも、一番好きなのは夏で「アッツイな~」って言いながら山や川をウロウロするのが大好きです(笑)
ここ数年は「猛暑」とか「豪雨」という悪いイメージもありますが、それでも夏には各地でイベントが目白押しです。

 

 

一般的なところでは海開き、山開き。
特に海はこの時期しか泳げませんし、海の家もこの時期しかやってません(笑)
なのでスイカ割りもこの時期にしか出来ないんですよね。

 

 

そして花火大会。
あれ、よく考えてみたら別に夏にやんなくてもいいと思いますが、夏の夜空に大きく開く花火を見ながらかき氷やビールを口にする、なんかそれだけでも暑さが吹き飛びそうですね。

 

 

そして、ちょっとマニアックなイベントとしては三重県鈴鹿サーキットで行われる8時間耐久レースが有名です。
あれ、バイクのことそんなに好きじゃない人も参加していると言いますから、ある意味定番の行事ですよね。

 

 

そしてここ数年で特に目につくようになったのが野外音楽祭。
いわゆる「フェス」と呼ばれるものです。

 

 

代表的なところでは、富士ロックフェスティバルがありますね。
他にも東京と大阪で同時開催されるサマーソニックも有名です。
町おこしとしてやっているケースも増えていて、関西の方でいうと、琵琶湖畔で開催されるイナズマロックがあります。

 

 

フェスのいいところはライブハウスやイベントホールのような閉塞空間でなく野外という解放感満載のフィールドで好きなアーティストの音楽で盛り上がるところがいいんですよね。
それとフェスはたくさんのアーティストが出ますから、ごひいき以外のアーティストとの出会いも期待できます。

 

 

そしてフェスを盛り上げるグッズとしてはオリジナルプリントのマフラータオルとリストバンドですよね。
フェス会場では一目で「誰のファン」とわかるくらい、アーティストのロゴがプリントされたマフラータオルを首にかけ、リストバンドをした人をたくさん見かけることが出来ます。
特にフェスは毎年違うデザインが作られますから、コレクションとして楽しむ人も多いようです。

 

 

夏フェスはやはり暑さとの戦いです。
マフラータオルは日よけになったり、汗を拭いたり、あるいは水に浸して固く絞ればおしぼりの代わりにもなります。

 

 

この頃は頭からかぶるポンチョタイプのタオルがあって日除け用に肩までスッポリ被るタイプのタオルも販売されています。
タオルは今やライブ中に振り回すものというイメージがありますが、ちゃんとタオルとしても機能しますので、このように振り回すようと暑さ対策用の2つあるといいかもしれません。

 

 

今年夏フェスにいかれる方は、夏対策用のタオルとマフラータオルを手にしてくださいね。

 

 

PS このフード付きの日除け用のタオルもオリジナルで作ることも出来ます。
100 枚から作れますのでぜひお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-941-011