タグ別アーカイブ: ハンカチ

これで仕事も楽しくなる! ナースと手ぬぐいの意外な組み合わせ

 

「うちの嫁さん、毎日手ぬぐい使ってますよ。」

 

ひょんなことから先日そんなお話を聞きました。その奥さん、ご職業は看護師さんだそうです。

 

「看護師さんがなぜ手ぬぐい?」 ちょっと不思議に思ったのですが、聞いてみて納得。 その奥さんは毎日持って行くお弁当を包むのに、手ぬぐいを使っているそうなんです。

 

以前はよくあるキャラクターものの巾着袋やハンカチ、バンダナなんかを使っていたらしいのですが、あるとき知り合いからプレゼントされた手ぬぐいを使ってみたところ、「すごく気に行った」んだそうです。

 

「何が良かったのか?」その一番の理由は絵柄。

 

この奥さんは、当社でいうところのプリント手ぬぐいを使ってみえるそうですが、「色んな柄が楽しみめるので、ランチタイムが楽しみ」とのこと。

 

バンダナだと同じような柄が多いし、ハンカチだとお弁当の用のハンカチをわざわざ作るのも面倒なのとサイズ的に扱いにくいということもあり、手ぬぐいを試してみたところ、絵柄も色もいいし、サイズ的にも扱いやすいということで、定番になったそうです。

 

確かにバンダナだとペイズリー柄というイメージが強いですし、ハンカチはちょっとサイズ的に小さいので扱いにくいですね。また手ぬぐいは長方形なので、お弁当箱を包んで最後に結ぶ時にとてもやりやすいんです。

 

最初は頂き物の1枚の手ぬぐいが、その後は自分で色々と買い集め、今では10枚くらいの手ぬぐいを気分に合わせて使っているそうです。最近では、どこかに旅行に行った際には、必ずと言っていいほど土産物屋で手ぬぐいを物色しているとか。

 

更に手ぬぐいを使っていく上で、予想外の良さも発見されたそうで、「洗ってもすぐに乾くことと、手触りの良さ」も気にいっているとのことでした。また食べた後、ちょっとテーブルを濡らしてしまったり、お醤油やソース、ドレッシングなどをこぼしたときもサッとふき取れるところもお気に入りの点なんだそうです。もともと布巾としても使われているのですから、こういうときこそ手ぬぐいの本領発揮ですね。

 

仕事が超ハードな看護師さんにとって、お弁当の時間というのはとても貴重なリフレッシュタイム。そこに手ぬぐいが活躍しているというお話を聞いて、作り手としてはつい「ニンマリ」としてしまいました。

 

もちろん「本染めもええですよ!」とお伝えするのは忘れませんでしたよ(笑)

日常生活の色々な場面で活躍する”使える”手ぬぐい

手ぬぐいってそんなに使うことないな~なんて、話をよく聞きますが、実は使い方によってはおしゃれに使えたりします。

 

実用的な使い方としては、コップを拭いたり 鏡やガラスを拭いたりといった使い方。これはタオルではケバが付く所手ぬぐいでは綺麗に拭き取れるからですが窓ガラスや鏡を拭くのには絶対手ぬぐいのほうが綺麗に仕上がります。

まずタオルを濡らして絞ってガラス面を拭き大きな汚れを拭き取ります。その後手ぬぐいで水の筋がついた所を拭き取ると・・・タオルでは、拭き漏れが出来る所がきれいに拭き取れるのです。手垢も綺麗に取れるようです。

コップの綺麗な拭き取り方は、熱湯をコップ一杯に注いでその後手ぬぐいで拭き上げます。すると・・・熱湯が注がれたことでガラスが熱くなりすぐコップが乾燥し残った水分を手ぬぐいが拭き取るのです。こうすると煮沸したように殺菌もできますし 手ぬぐいなので変なケバもつかずピカピカに仕上がります。一度試して見てください。

 

私は、ハンカチとして使っています。

 

ハンカチより水分を吸収するようで、何よりハンカチのようなゴワゴワ感がありません。使えば使うほど柔らかくなる感じです。Gパンの後ろポケットに入れておくのも良い感じです。自分の好きな色の手ぬぐいを・・・チョット前のバンダナのような使い方です。汗をかくような場面では頭に巻いて汗止めとして使います。これは剣道の面の下に付けるのと同じ意味ですが、かっこ良く巻いてください。

 

お祭りにも欠かせません。

 

お祭りでは頭に巻いたり、ご祝儀のお返しにと手ぬぐいが使われます。かぶり方も色々でお神輿を担ぐ時には「ねじりハチマキ」 カッコだけでなく汗止めとして使われています。

 

インテリアとして・・・。

 

額に入れて和の雰囲気を楽しんだり、ランチョンマットがわりに使ったりテーブルクロスとして使ってみたりと アクセントとして使います。知り合いのお家では額に入れて四季の手ぬぐいを楽しんでおられます。春には桜 夏は金魚 秋は紅葉 冬は雪景色・・・・日本ならではの風景のデザインを染め上げた手ぬぐいを季節ごとに入れ替えて掛けてられます。

 

このように手ぬぐいはいろんな用途に使えます。

 

結局は、和の綿布です。水分の吸収力があってデザインがはっきり出せない「和み」の本染めで柄を付ける。使い方や見せ方で実用的にもファッションとしても使うことが出来る日本の文化なのです。

大活躍!! 登山でも温泉でも便利に使える手ぬぐい

実は 先週の日曜日、登山に行って来ました。

登山ていっても大したことはなく六甲山をチョロットウロウロした程度の軟弱ハイキングです。同級生10人程度で山登りしたのですが夏の終わりというのにとっても蒸し暑くっててぐぬいは大活躍。

登り始めはポケットに手ぬぐいを入れて汗をかいたら拭く感じで登っていましたが 追いつかずリュックに結びつけて汗をかいたら拭く・・・の繰り返しですが ぶら下げているので手ぬぐいもすぐ乾きとっても快適。登山に慣れている人は首に巻いて登っていました。これは顔から流れてくる汗を吸収するようにするためみたいです。

IMG_0150

工程は六甲山頂から有馬温泉の方に下って抜けて最後は公衆温泉に直行!というルート。この温泉とその後のビールが目的という輩もいましたのでハイキングの工程は柔らかいものになっています。結局 山頂から2時間も掛からず有馬温泉 到着。

温泉ではタオルの代わりに手ぬぐいを初めて使ってみました。

水に濡らした感じはタオルよりコンパクトになってしまいますので頼りない感じで、泡立ちもタオルに比べたら少ない感じですが泡のキメは細かくなってます。体を洗うには何の問題もなくきっちり洗えました。体を拭く時は 絶対タオルのほうが沢山の吸収力がありますが 絞ったらすぐ使えるのが手ぬぐいの良さ。何度も絞って快適に使えます。

この後 第2の目的のビール大会!しっかり飲んで 有馬温泉からはバス帰宅。ほんとビールと温泉目的の中年ハイキング 有馬地区の夕方はしっかり秋になっていましたね。

夏場のハンカチ代わりに使える手ぬぐいの吸水性と発散性の話

やっぱり一番初めは一番得意な手ぬぐいの話から始めたいと思います。

これから夏にかけての手ぬぐいの使い方についてです!

手ぬぐいの特徴は、吸水性と発散性です。
手ぬぐいについて語られるとき吸水性を言われる方が多いですが、
本当のことをいうと、発散性のほうがすぐれているのです。
吸水性は、タオルでも水分を吸収することは間違いありませんが、発散性=すぐ乾く
は、手ぬぐいの方が断然すぐれています。

濡れた手ぬぐいを風通しの良い所にかけておくだけで、20分もしないうちに乾いてしまいます。

剣道で使用する面タオルというのがあります。
これは面の防具の下に手ぬぐいをつけて汗を吸収する役目をします。
試合の後では濡れた状態になりますが、次の試合までにかけておくとすぐ乾いています。

西洋から来たハンカチでは、ジャガードやプリントのものが多く、水分の吸収においては、手ぬぐいの方が断然優れています。

ぜひ、夏場のハンカチ代わりに1枚持ってみてください。

コースターやハンカチにアイデア次第で使い方が広がるオリジナル手ぬぐいの可能性

前回のブログでは手ぬぐいは切って使えるとお伝えしました。

実際に45センチぐらいちょうど手ぬぐいの半分程度に切った場合ポケットに入れると普通のハンカチと変わらない厚さになります。

幼稚園のお子さんや小さい子供にはちょっとまだ大きいぐらいです。

手 ぬぐいは実際90センチ程ありますので、3枚に切って1枚30センチ程度にすることも可能なのです。もっと言えば、いくらでも小さくすることは可能です。

ハンカチだけではなく、コップの下に置くコースターとかちょっとしたオブジェにも変身が可能額に入れて絵画として鑑賞するのも一つの手です。

それよりもっと面白いことがあります。

手ぬぐいは縦にも咲くことができるのです。それも同じ太さでずっと90センチの長さ裂くことができます。これで緊急用の紐やロープにしたり、することもできるのです。

ひょっとしたら防炎用の手ぬぐいもつくれるかもしれませんね。

ちょっとした工夫と考えていろんなものに返信できる手ぬぐいの使い方をどんどん紹介していきます。

お楽しみに!