タグ別アーカイブ: ジャガードタオル

オシャレな「単色ジャガードタオル」

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

タオルの製法のひとつに「ジャガード織り」というのがあります。

 

 

これはプリントタオルのように降りあがった生地にインクを乗せてデザインを表現するのではなく、機械にあらかじめデザインデータをインプットさせておいて、織り方を変えることによってデザインを表現するものです。

 

 

良く使われているパターンとしては、色違いの糸を使うことで、デザインを表現しているものですね。アーティストグッズなどで使われることが良くあります。
これは毛違いジャガードといいます。
(2本の色の違う糸を使って織るという意味で毛違いジャガードといいます。)

 

 

ジャガード織りの特徴は、生地の表面にインクが乗っていないのでタオル本来の肌触りや吸水性を損なうことがありません。
また見た目も通常のプリントタオルと比べて高級感があるようにも見えます。

 

 

難点としては、デザインの型を事前に作る必要があるのですが、この型が割高になってしまうこと。

 

 

それでもイメージを大切にする企業やお店などではジャガード織りを選択するメリットは大きいと思います。
また、色の違いで表現することが多いのですが、この糸は事前に染色されます。
神野織物では、出来るだけお客様に出来上がりのイメージを持ってもらいやすくするため、作る前に染色した糸のサンプルをお渡ししています。

 

 

ジャガード織りは色違いの糸でデザインを表現するので、やり方によってはデザインを際立たせることができますが、別の方法として単色の糸を使用しながらデザインを表現する
「単色ジャガード織り」 というものもあります。

 

 

これはよくリゾートホテルやビジネスホテルなどで使われており、ホテル名などの文字やロゴの部分をパイル地(糸が輪っかになる織り方)の上げ落ち(でこぼこ)で表現します。

 

 

この方法では生地遺体をオーダーメイドで染めることも可能です。
デザイン自体は織り方を変えることで表現しているため、毛違いジャガードに比べて見えにくくはなりますが、それがかえって高級感が出るようになります。

 

 

リゾートホテルのタオルは、ホテル滞在中に使用されます。
お客様は、リフレッシュする目的でリゾートホテルを利用しますから、タオルに目立つ色でホテル名や会社名が入っているとなんだかちょっと・・・という感じですよね。
かといって、ロゴが無いのも安っぽいですから、単色ジャガードで作ることによって、違和感のないアメニティに仕上がります。

 

 

ジャガード織りは他にも数種類用途に応じて方法があります。
詳しくは弊社ホームページをご覧いただくか、お気軽にメール お電話でお問合せください。

 

 

 

ホテルのタオルとホスピタリティ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

「ホスピタリティ」という言葉が一時期よく使われていました。
最近ではちょっと聞かなくなったかな?という気もしますが、それでも業種によってはとても大切な言葉のひとつだと思います。

 

例えば、接客業。
レストランやホテルやテーマパーク。

 

有名なところでは、リッツカールトンホテルやディズニーランドですね。
お客様に「またここに来たい!」と思わせる心地よい接客やきめの細かい対応はやはりさすが!と言うものがあります。

 

まあリッツカールトンと同じものを求めてはいけないとは思いますが、ビジネスホテルの接客でずいぶんとガッカリさせられることがあります。
働いている方も「自分の給料に見合った仕事だけやればいい」と思っているんじゃないかな?と勘ぐってしまうくらい、ホスピタリティとは 縁遠いサービスを受けることがあります。

 

この前も知人と同じような話をしていたとき、「そういえば」ということで こんな話題が出ました。

 

「サービスや接客はそれほど悪くはないんだけど、タオルの肌触りが すごく安っぽくって残念だった」

 

あなたにも経験ありませんか?
ホテル自体はキレイだし、接客態度もまあ合格点。
でもバスタオルやフェイスタオルがどうもゴワゴワした感じがしてあまりよろしくなったということ。

 

確かに経営側にしてみれば、タオルのようなアメニティグッズのコストは下げていきたいところです。数も多く使いますしね。
おそらく、中国産のコストの安いタオルを使っているんだと思いますが、やっぱり良い作りのタオルと比べると、どうしてもその肌触りには大きな差を感じてしまいます。

 

ホテルのタオルの場合、ジャガード織りのタオルが多いです。
ジャガード織りは肌触りもよく、見た目もとてもキレイです。
それが「肌触りが悪い」というのは、元々の素材(糸)の質であったり、織り方やメンテナンス(洗い方)の問題からそうなっています。

 

中国産のタオルの場合、こういったことが多くみられます。
もちろん、すべての中国産がそうだということではありませんが、どうしても このあたりはコストと比例してしまうのでしょう。

 

ただ、ここのコストを圧縮した結果、ホテルとして大切なホスピタリティを失っている気がしてしまします。
知人も「やっぱりあのホテルはもう泊まらないと思う」と言っていますし、私も同感です。

 

仕事柄、接客業のお客様からのご依頼も多いですが、私たちとしてもこのあたりのことをキチンとお伝えしないといけないと思っています。