タグ別アーカイブ: クラブ

部活にチーム名?

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 
数年ほど前から、目に付くようになったことですが、高校の部活のチームに愛称をつけている学校があります。

 

 
例えば
「神野高校バレーボール部 レッドドラゴンズ」
みたいな感じです。

 

 
なんで気付いたかというと、そう書いてあるエナメルバッグを持った子たちやそう書いてあるジャージを着ている子たちをみかけるようになったからです。

 

 
私的には結構コレありじゃないかな?って思っています。

 

 
なんか部活というと、固くて厳しいイメージがあるけど愛称があるだけで、部活好きになれそうです(笑)

 

 
部活なので、当然タオルとかも作っているでしょう。(ハイ)
数十年前ではなかなかありえなかったことですが、今はそういう学校が出始めています。

 

 
おそらくあと何年もすると、当たり前のスタイルになっていくことと思います。

 

 
「~高校のバレー部に入る」ではなくて、
「レッドドラゴンズに入る!」みたいな。
なんか良い感じです。それ。

 

 
こういうことが起こっていた背景には、部活に対する考え方の変化もあるとは思います。
なんか昔は「精神鍛錬の場」みたいな暗いイメージもありましたが、これだとワクワクのイメージが大きいです。

 

 
こうなると、綿の重々しい団旗ではなくカラフルなナイロンの団旗のイメージがあります。
当然、タオルや手ぬぐいもカラフルなものが多くなってきました。

 

 
当社が手がけているような、オリジナルプリントタオルも昔に比べて、部活やチームのカラフルなタオルの注文も増えてきた居ます。
比較的小ロット、低コストでの作成が可能になったのも要因の一つだとも思います。作り手も努力してきているんですよね。

 

 
少量生産となると、技術的にも昔は刺繍が一般的でした。
刺繍はキレイなのですが、時間と費用がかかるのが難点といえば難点。

 

 
今はインクジェットプリンターの技術進歩でタオル生地の上はもちろんなこと手ぬぐいにでも印刷することが出来ます。

 

 
インクジェットなので、デザインや色の再現性もかなりいい線いくようになってきています。
第一デザインがカラフルに出来るってのが良い所です。

 

 
また依頼されるお客様でも、パソコンソフトでデザインが出来るのでちょっとコツを掴めば、プリントの際のデータ入稿も簡単に出来ますし、トータルの仕上がり時間も短縮できます。

 

 
データ形式によっては、そのまま利用することもできるので、依頼時と仕上がり時でのイメージの違いに驚くということも減ってきています。

 

 
やってみると、意外と簡単に、そして安く出来るケースもありますので、まずはお気軽にご相談してみてくださいね。

 

 
メールでもお電話でも専門のスタッフが
丁寧にお話させていただきます。
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

 

自分たちのオリジナルタオルを作りたい時

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

「仲間とお揃いのタオルを作りたいんだけど、どうしたらいいのかわからなくて」そういうご相談をよく頂きます。

 

また
「ネットで注文したら、品質の悪いものが出来上がった」とか「出来上がりのイメージが自分の思っていたのと、随分と違っていた」というトラブルも耳にします。

 

そこで今回は、当社のオリジナルタオル 特にプリントタオルの製作手順をご紹介しようと思います。

 

神野織物にオリジナルタオルを発注いただく場合、まずは「お問合せ」をいただくことからスタートします。

 

当社もネット上に情報は結構あげてはいますが、それでも細かい部分はなかなか伝わらないこともあります。
なので、まずは私たち専門家に色々と聞いていただくことからスタートです。

 

問合せはWebサイトからでも、料金無料のフリーダイヤルからでOKです。
お気軽にお問合せください。

 

問合せをいただき、大まかなタオルのイメージや予算、納期をお尋ねします。

 

このイメージをお聞きするのをちゃんと行うことで、より理想のタオルに近づきますので、どんな些細なことでも遠慮せずに聞いて頂ければと思います。

 

同様に質問もしっかりと受け付けます。

 

このイメージをお聞きする時に、もう少しデザインをこのようにすれば安くできるとか、納期を優先するにはこのデザインの方が有利です。などのアドバイスは当然させて頂きます。

 

「こういう方法がいいですよ」というご提案はしますが、押売りすることは一切ありませんのでご安心ください。

 

打合せが終わり、双方のイメージが共通化したところで本生産に入ります。
しかし、コンサートやライブ会場で販売するようなタオルは、アーティストのイメージもありますので有料で色校正のサンプルを作成します。

 

およそ2週間ほどでサンプルをお手元にお届けしますので、届いたサンプルを見ていただいたあと、色の表現等で変更があれば本番作成での色の修正は可能です

 

そして、最後に本生産に入ります。

 

タオルの品質と納期に関しては、担当スタッフがしっかりと管理をさせていただきますので、どうぞご安心ください。

 

オリジナルタオルの製作にはやはり業者とお客様のコミュニケーションが大切です。
わからないことやご要望はなんでもお気軽におっしゃってください。

 

PS お問合せはこちらからどうぞ♪
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

新チーム始動!!

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

新年度が始まり、学校生活が新しく始まります。
新しい高校や中学に進学そして・・部活動に参加。
部活動のメンバーも新しくなります。

 

2年生が3年生になり、1年生が2年生に。
そして新1年生を迎えます。

 

実は一部の競技を除いては、1年~3年全員が在籍する期間は新年度スタートの4月から夏の大会が終わる8月ごろまでです。
二学期になると、ほとんどの部活で3年生は引退となり、新しい体制になります。
新1年生にとっては、3年生と競技を通して触れ合う貴重な時間ですね。

 

1年生にとって、3年生は特別な感じがあります。
少し近寄りがたく、そしてあこがれであり、優しい存在。
2年生は基本的に1年生に厳しいですから、尚更3年生にはそういうイメージを持つのかもしれません。

 

最近では部活の度が過ぎたシゴキが話題になりますから、もしかすると今の学生たちは、あまり学年による上下関係が昔ほど厳しくないのかも知れませんが、私が中学や高校の時代はそらそら大変なもんでした(笑)

 

当社もオリジナルで作るタオル剣道の面手ぬぐいで、中学・高校のみなさんにはお世話になっています。
この時期、新入生の分も含めたグッズを注文いただきます。

 

考えてみれば、このころの部活動が、もしかすると人生の中でも一番他人との団結感を感じることが出来る時期かも知れません。
お揃いのジャージやTシャツなどのアイテムは、その団結感を更に強いものにする働きがあると思います。

 

それは、オリジナルのタオルや剣道の面手ぬぐいも同じ効果、いや、オリジナルデザインでプリントするので強いパワーがあると思います。

 

剣道に使う面手ぬぐいでは、防具をつける前に必ず手ぬぐいに書いてある文言を見ながら着けることになるので精神的な効果もあります。

 
しかも!!タオルや手ぬぐいは、Tシャツやジャージと違い、比較的低コストで作成することが良い所です。

 

「いや、うちは部員数が少ないから・・・・」
そういうチームでも、今はプリント技術が格段に進んでいますので、以前のような「100枚以上」という大ロットのみしか受け付けないということはなくなり、小ロット生産も可能になってきました。※インクジェットプリントという方法もあります。

 

また、仕上がりや予算に応じて、工夫することも出来ますので、「オリジナルプリントタオルを作ってみたいなあ」
とお考えでしたら、問合せだけでもしてみて下さい。

 

3年生にとっては最後の夏、1年生にとっては初めての大きな大会です。
一致団結して応援できるように準備をするのもステキですよね。

 
PS オリジナルで作るタオルや手ぬぐいは、いろいろな作り方があります。遠慮なくお問合せください。
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

団結 チームワーク

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田の3Fの事務所から

 

 

昨日は高校野球の決勝戦。
東海大相模が優勝し夏の甲子園も終わり。てことは夏休みも終わりってことです。
なんか寂しい感じがします・・・。

 

 

そんなことも言っておれず甲子園を目指す高校では、毎年夏が終わると各部活では3年生が卒業し2年生と1年生での新しいチーム作りが始まります。
サッカーやラグビーやバスケットは翌年まで3年生が残ることがあるのかな?
でも全国大会に行けなかったチームは基本的に3年生は引退となります。

 

 

これまでは3年生がいろんな意味でみんなを引っ張ってくれていましたが、3年生達が抜け、2年生がリーダーシップを発揮しなければなりません。

 

 

しかも、あと1年もないスケジュールで、結果を求められる。
考えてみれば結構過酷な感じもします。

 

 

こういうときこそ必要なのはチームワークだと思います。

 

 

1,2年生が全員一丸となって、新チームを盛り上げていこう、そういう雰囲気ってとっても大事なんじゃないですか?
これまでも何度か書いていますが、そういうときにチームでそろえたグッズというのは絆を強くします。深くします。
ユニフォームやジャージはもちろんのことですが、私はやはりチームの名前が入ったオリジナルプリントタオルやTシャツをオススメしたいと思います。

 

 

オリジナルのタオルは、神野織物の得意中の得意なので、たくさんのチームの方からご注文をいただいています。
そしてそのみなさんから感想をいただくのですが、その感想の文面からもモチベーションやチームの一体感を感じることが多いです。

 

 

たかがタオル、されどタオルです。
試合会場でも選手たちが同じタオルを使い、ベンチ入り出来なかった子たちが応援席からそのタオルを手にして応援し続けている。
これで一体感が生まれなかったらおかしいとさえ思います。

 

 

オリジナルプリントタオルは、最近の技術革新により数十枚の小ロットでも作成が可能になりましたし、デザインの自由度もかなりあがりました。パソコンの得意な生徒がいたらパソコンの画面上で作ったものがそのまま紙にプリントをするようにタオルに印刷する事ができるようにもなっています。
また予算に応じて、色んな方法が試せるようになりました。

 

 

「おそろいのタオルは確かにいいけどうちのチームにはまだまだ・・」
そう思っていらっしゃる方は、ぜひ弊社にお問合せください。

 

 

経験豊富なスタッフが、しっかりとご説明させていただき、ご希望に合う形でオリジナルプリントタオルを作らせていただきます。

 

 

神野織物では、一番初めにお問い合わせ頂いた時から納品まで 同じ一人の担当者が責任をもって対応させていただきますのでたらい回しにになるようなことはありません。
あ、もちろん条件が合わない場合は遠慮なくおっしゃってください。
相談、見積もりに費用は掛かりませんのでどうぞお気軽に!

 

 

フリーダイヤル 0120-941-011
これが一番手っ取り早いです♪

 

 

 

夏の全国大会

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎 吹田の3F事務所から

 

 

毎年8月になると中体連、高体連の全国大会が行われます。
夏といえば高校野球にスポットがあたりがちですが、他のスポーツも同じように、インターハイなどと全国大会がこの時期に開催されています。

 

 

3年生にとっては最後の大会になるのですが、3年間頑張ってきた結果がこの夏ですべて終わるわけです。
3年生だけでなく、1・2年生にとっても思い入れは格別だと思います。

 

 

さて、その全国大会なんですが、いつごろからチームグッズとして同じものを持っているってのが多くなってきています。
特に高校生だと自分たちの部に名前をつけて(たとえばタイガースといったような)お揃いのタオルやバッグを揃えるといったことも多いようです。

 

 

また全国大会の会場では物販ブースなども設けられていて それこそスポーツ用品メーカーがグッズを売るだけでなく どこかの業者さんが用意したのか応援用のプリントタオルが売られていたりします。

 

 

応援用のプリントタオルには「集中」「全国制覇」といった単語が書かれていたり、「2015年インターハイ」など その年の大会を表すような文字やロゴがプリントされています。
私達が中学校の時ではありえなかったのですが、中高校の大会にも応援グッズという考え方が浸透してきているようです。

 

 

また以前なら強豪校や部員数が多い学校が校名の入ったタオルやグッズをそろえていましたが、最近はタオル製作の技術も上がり、コストもかなり下がったので、少ない枚数でも比較的気軽にチームでオリジナルプリントタオルを作っていただくことが出来るようになりました。

 

 

例えば 顔料で作る一般プリントという手法であれば、低価格でありながら日本製タオルで製作することが可能ですし、少しコストがかかってもいいから良い物を作りたいというのであれば、Jリーグやミュージシャンのグッズとしてよく使われている染料ベタプリントがおすすめです。

 

 

いずれにせよ、100枚程度から作ることが出来ます。!
フルカラーでプリントする場合はもっと少なく 1枚からでも作れるのです。

 

 

オリジナルなんて・・・なんて思わずにお気軽に相談してみると案外あっさり作れるものです。それに思っているよりも安く作れると思います。
「タオル作りたいけど高いしなあ~」とあきらめずにお気軽にご相談いただければと思います。

 

 

選手が使うタオルもですが、応援用に父兄の方に相談されることもあります。
予算ありきのところもありますが、応援用となると100枚以上作ることも出てきますのでロットで悩むこともありません。

 

 

10代のころに一生懸命打ち込んだ経験は大人になってからも どこか自分の支えとして存在し続けます。
オリジナルタオルでその思い出を強く心にとどめていただければと思っています。

 

 

PS 中学時代では水泳をやっていましたが、野球のようにグローブを残しているってこともありません。まさか・・・海パンは残さないでし(笑)

 

 

 

 

 

剣道部 運動部 夏の大会に向けて

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

新年度から数か月がたち、中学校や高校の運動部では全中やインターハイに向けて最後の追い込みが始まっていると思います。
3年生にとってはこの夏で競技生活が一旦終了となる子も多いです。
その後は次の進路に向けての努力が始めるわけですね。

 

 

夏の大会が終わり、3年生が引退すると1.2年生の新チームがスタートします。
この時期が1年生にとっては一番キツイ時期。だってこれまで3年生がメインで動いてきたチームが2年生主導になりますから、いろんな意味での厳しさも一挙に増えてくるわけだし、自分たちも入部から数か月たっていますから、そろそろレギュラーメンバー入りも視野に入れられてくるので、練習もより一層激しくなって来るわけです。

 

 

さすがに今は何かと話題になってしまうので、昔の部活のようにシゴキみたいなことは少なくなったと思いますが、それこそウン十年前だと学年がひとつ違うだけでも天国と地獄みたいなこともありましたし、理不尽な要求を先輩から言われても逆らえないといった風潮もありました。

 
私も中学は水泳部 高校はハンドボール部と体育会系の倶楽部に在籍していたのでこういった経験を多くしました。
良いか悪いかでいうと、やっぱり理不尽な要求は悪いことだし、そんなことをしても技術が上がるわけでもないので、無いほうがいいとは思いますが、それでもこの経験から学ぶことも多かったようには思います。

 

 

やっぱりプレッシャーに耐えることや、「見返してやる」という反骨心。
またいい意味で言えば礼儀正しさなども身にはつきます。
また厳しい先輩が時折見せる優しさにもジーンときたことがある人もいるでしょう。

 

 

そして自分が上級生になったときにもいろいろと考えることがあります。

 

 

「自分は理不尽な要求をされたから後輩には優しくしよう」
と思う人と
「確かに理不尽だったけど、そのおかげで自分は強くなった。だから後輩にもそうする」
と思う人。

 

 

これってほんと、社会の縮図のようなもんなんですよね。
確かに今はパワハラ、セクハラ、モラハラが強く言及されていますから、目に見えて辛いめに遭うとこは少なくなっています。

 

 

でも仕事自体の厳しさは変わることはありませんし、むしろ強くなっている気もします。それを乗り越えないといけないわけなんですが、やっぱりメンタルの強さは必要だし、部活はいい意味でそういったものを育てる場所であってほしいと思います。

 

 

神野織物でもオリジナルプリントタオルや剣道の面手ぬぐいで運動部の子たちとはつなががあります。
先輩と同じタオルや手ぬぐいを持っていることによって勇気づけられることも有ります。あこがれの先輩と同じものを持っていることによって自信にも繋がります。良い意味でのチームワークを育むグッズとして作ってみてはいかがでしょう?