タグ別アーカイブ: オリジナルプリントタオル

オリジナルプリントタオルと夏フェス

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

毎年夏になると、さまざまな野外ライブイベントが開催されます。
今年も沢山のイベントが有りました。

 

 

超有名どころだとフジロックフェスティバルですね。
今年も7月25日~27日の3日間、新潟県の苗場スキー場でのべ10万人の人が集まり、音楽に酔いしれたようです。

 

 

関西でも、大阪でのサマーソニック(東京と2か所開催)や琵琶湖畔で開催されたイナズマロックフェスなど大きなイベントが大盛況のうちに終了しました。
この他にも各地で色んなフェスティバルやイベントが開催されています。

 

私くらいの年齢の者からしてみると、
「日本人ってこんなにライブ好きやったんかな?」
と驚きを隠せないところもあるのですが、私自身もオリジナルタオルの仕事を 通じて、こういったイベントに関係させてもらうことも本当に多いものですから実際肌感覚でそれを感じていると言ってもいいかもしれません。

 

 

タオルの仕事でいうと、やはり今年一番の売れ筋はアーティストのロゴやイベントのロゴが入ったオリジナルプリントのマフラータオルです。

マフラータオルというのは文字通り、マフラーのような形(縦は短い(細い)けど横が長い)をしていて、首にかけておけるようになっています。

 
イベントに行くと、それぞれのアーティストのファンがそのアーティストのオリジナルプリントのマフラータオルを首にかけている光景が見られます。

 

 

マフラータオルは、基本的にはタオルですので、汗や手をふくことに使えます。
特に音楽フェスは夏の野外の日中からスタートというものがほとんどなので、汗を拭いたり手を拭いたりすることに使えます。

 

 

そして、もちろんイベントに参加した記念グッズにもなります。
また、夜にかけてのイベントの場合、会場が山間部だと少し肌寒くなることもあります。そのときにちょっとした防寒具としても使えます。

 

 

まあタオルやマフラーといった側面で見た場合にオリジナルプリントのマフラータオルはこういった役割がありますが、それ以上に大切な使い方があるんです。

 

 

それは何か?

 

 

ライブ中の応援グッズとしての使い道です。
映像などで見かけたことはあると思うのですが、ファンがマフラータオルを手にもって、ブンブン振り回している光景ってありますよね?
もうあれはライブの定番!になっていて、アーティストによってはステージ上でメンバーが同じようにタオルを振り回してファンにアピールする光景もあるようです。

 

 

たった1枚のタオルでこれだけみんなが盛り上がれるのですから、自分たちが提供している商品って実はすごいんやなーってちょっと嬉しくなりました。

 

プロ野球とオリジナルタオル、オリジナル手ぬぐい

神野哲郎from 神野哲郎

 

 

今年のプロ野球はいつになくイイ感じです!
なんといっても阪神が強い(笑)。
やはり関西人にとっては、阪神が強いか弱いかというのは、とても大事な話題です。
このままの調子で最後まで行ってもらいたいものです。

 

 

そしてパリーグでもこれまたオリックスが強い!
これも関西人にとっては喜ばしいニュースです。できれば日本シリーズを阪神とオリックスで
やってほしいくらいですね。

 

 

もしそうなったら、経済効果もごついと思いますし、全国のファンが兵庫・大阪に集まります
から地域貢献もかなり高くなります。大賑わいです。

 

 

プロ野球といえば、私たちの仕事にも大きく関わりがあります。
それは応援グッズ。球団のオリジナルプリントタオルやリストバンド、最近では手ぬぐいも
あります。

 

 

これもまた球団だけでなく、各選手ごとに作られているでいくつも欲しくなりますし、
ファン心理としては、球場に行ったらやはり買いたくなってしまいます。

 

 

また応援団や愛好会のみなさんたちも 自分たちのオリジナルのタオルや手ぬぐいなどを
作っていらっしゃいます。
これもグループの結束を高め、熱い声援を送るためには最適のアイテムですね。

 

 

オリジナルプリントのタオルや手ぬぐいを作る際にネックになるのはやはりロット数と値段。

 

 

当然のことながら、大ロットだと1枚当たりの単価は安くなりますが、小ロットだとなかなか
割高になってしまうことが良くあります。
業者によっては、「100枚以上でお願いします」というところもありますので、仲間内で
作る際には結構ハードルが高いと感じる方もいらっしゃると思います。

 

 

オリジナルプリントタオルも作り方はいろいろありますので、うまく工夫すれば小ロットで
価格もなるべく抑えることが可能です。

 

 

簡単にお伝えするだけでも、オリジナルプリントタオルの作成方法としては
顔料プリント、染料プリント、インクジェットプリントの3種類があり、更にデザインの範囲
や生地の質などを考慮するとそれこそ無数のパターンを作ることができます。

 

 

オリジナル手ぬぐいも作成方法は色々有ります。
一番ポピュラーなのがプリントの手ぬぐい。単価も安く作成出来るので一番多く作られます。
その次には本染手ぬぐい。剣道用の面タオルに使われるのがよく知られていますが、
日本の独自の注染で染め上げていきます。

 

 

これ以外にはタオルと同様、インクジェットプリントで作成することも有ります。
数年前までは、難しかった手ぬぐいへのインクジェットプリントが出来るようになったことで
写真のような多色なデザインでもプリントできるようになりました。
染料プリントで作りますので手触りも抜群です!

 

 

もし仲間内やグループなどでオリジナルプリントタオルやオリジナル手ぬぐいを作って
みたいとお考えでしたら、一度神野織物にご相談ください。

 

 

ベテランの担当者が、細かいレベルまでお聞きして、一番理想的で最適なオリジナルプリント
タオル作りのプランやデザインに合ったオリジナル手ぬぐいの作成の手順をお出しします。
オリジナルプリントタオルやオリジナル手ぬぐい、欲しいけど高い」とあきらめずに、
ぜひご相談ください。

 

 

 

女子中学生にも大人気!オリジナルプリントタオル

 

私の友人で三重県に住んでいる川本さんからメールがありました。

 

「神野さん!オリジナルプリントタオルが飛ぶように売れてましたよ!しかもお客は女子中学生です!」

え?どういうことやなん?と最初よくわからなかったのですが、川本さんの話によるとこういうことでした。

 

実は今年、全国中学生(いわゆる全中)ソフトボール大会が三重県で開催されたらしく、川本さんは所用でその場に行っていたそうなんです。

 

するとグラウンド以外のところで、テントと張りのブースが出ていて、大会の記念グッズを販売しており、その中でもオリジナルプリントのタオルが飛ぶように売れていたということでした。
しかも他にボールペンやTシャツ、クリアファイルなどもあったのですが、それには一切目もくれず、中学生たちがタオルをこぞって買っていったそうなんです。

 

なぜ大会記念のオリジナルプリントタオルがそんなに売れるのか?
そこが知りたくて聞いてみたところ、こういう答えがかえってきました。

 

「まずデザインが豊富なんです。飾ってあっただけでも20種類くらいのデザインがありました。
それからサイズもハンドタオルからフェイスタオル、スポーツタオル、バスタオルと豊富でしたよ。
女子中学生は「どれにしようか?」と楽しそうに選んでいましたね」って話です!

 

私の中で大会記念グッズというと、大会の名称とちょっとしたワンポイントデザインくらいの
画一的なものしか思い浮かばなかったのですが、20種類もあると選ぶのにも悩むし逆に楽しいのかも知れません。

 

なんと中には大会に関する言葉がまったく入っておらず、部活向けの言葉(集中!とか)
だけがカラフルなデザインでプリントされているのもあったようです。

 

川本さんも実際に手にとってみたそうですが、顔料プリントばかりだったそうです。
顔料プリントの場合、滲みもすくなくシャープな表現が可能です。
また染料プリントに比べて作業工程が少ない分、比較的低コストでオリジナルタオルを作ることが出来ます。

 

欠点としてはプリント面が少し硬くなること。

それも従来のタオルに比べて、ソフト顔料インクというものを使うので、かなり柔らかくはなっていますが、黒や濃紺などの濃い色ではプリント部分の表面が少し硬くなりがちで、ふかふかの風合いが少し損なわれます。

 

ただこうした記念グッズの場合、タオルとして使用するよりも記念品的な感覚が強いのできっと大切にずっと保存してくれることなのでしょう。

 

こういう使い方にもオリジナルプリントタオルの可能性を感じます。