カテゴリー別アーカイブ: タオル

シンプルな高級感 単色ジャガード織りタオル

 

 

ホテルなどに宿泊したときや、女性の方ならエステに行かれたときに目にしていると思うのですが、白一色なのにホテルやサロンのロゴがはっきりと見えるようになっているタオルをご存知でしょうか?

 

あのタオルはジャガード織りタオルと呼ばれる種類のもので、一色で作られているため単色ジャガード織りタオルと呼ばれています。※上げ落ちジャガードとも言われます。

 

ジャガードタオルは通常のプリントタオルと違い、印刷で文字や図柄を表現するのではなく、織り込んだ糸の色によって表現する方法です。一般的には2色の糸を使い、ベースとなる色の部分と文字や図柄のデザイン部分の色を変えて織り込むことで、デザインを浮きだたせるというものです。

 

プリントタオルとの大きな違いは、生地の表面にインクを乗せるプリントと違い、糸の色での表現となるため、仕上がりはタオルそのものの生地ですので、風合いを損なうことがありません。

 

また厚みもあるため、高級感のある仕上がりになります。
ホテルやエステサロンで好まれる理由のひとつにこの高級感というのがあると思います。

 

一方で欠点としては、織り込みながらデザインを表現するため、特殊な型を作らなければなりません。この型が簡単には作れないため、どうしてもコストがかかってしまう面が避けられません。

 

また毛違いジャガードの場合、織り上げる糸をはじめに染色するため、余分に工数がかかってしまいます。
毛違いジャガードの難しいところは、機械・職人・糸の三拍子がしっかりとそろわないと、良いものが出来上がらないところです。そのため、どうしても高級なものに使用されることが多いのですが、逆に言うとそれだけの価値があるタオルであるともいえるでしょう。

 

さてそんなジャガード織りタオルの中でも今回紹介したいのが単色ジャガードタオルと呼ばれるものです。

 

これは色違いではなく、単色でデザインを表現していて文字やロゴなどのオリジナルデザイン部分をパイル地の上げ落ち(でこぼこ)で表現したタオルです。(そのため、「上げ落ちタオル」とも呼ばれます)

 

特徴としては、生地自体をオーダーメイドで染める事も可能な所ですが、 タオルのパイルの上げ落ち(でこぼこ)のみでオリジナルデザインを表現するため、2色のジャガードタオルに比べて、デザインが少し見えにくくなります。

 

でもそれが逆にデザインを目立たせ過ぎずに仕上がるため、かえって高級感があふれてきます。


シンプルだけど高級。それが単色ジャガード織りタオルなのです。

PS 上げ落ちジャガードだけでなく毛違いジャガードも製作できますよ。
お問い合せは、0120-941-011まで フリーダイヤルが一番簡単です♪

地下鉄表参道駅

from 表参道セミナー会場より

今日は久々の出張 東京のセミナー会場に来ています。
朝10時スタートなので 天気は快晴の中 新幹線も早い時間6時半発にのって東京へ直行です。

友達の家にもナーナビで行くほどの方向音痴をこじらせている私は 品川についてまず山手線乗り換えです。

品川はとっても人が多く関西で言うと梅田くらいの人混み。
沢山のホームを見ながら一番奥の山手線に乗り込みました。

 

ここまでは完璧です。

 

で、このあと地下鉄にも乗りなんとか表参道に到着。
そして「B5出口」?ここからセミナー会へはB5出口をでて5分って書いてありました。

駅員さんに聞きながら何とか出口到着。

きっちり自分が方向音痴って認識している自分は、詳細地図をプリントアウトして持参!
こんなに絵がシッカリ書いてあるので 間違うはずないです。

しかし・・・

出口を出た所右に行くのか左に行くのか・・・う~~~ん

地図の向きをひっくり返したり右に回したりしながら・・・渋谷・・・どっちやねん!状態
遠くの道路標識を見て、よっしゃこっちや!

 

確信を持った右方向へ50m程言った時いっつもこういった時必ず何故か逆方向へ歩いているのをもい出しました。
でもそう思って逆方向へ行くと添えれが間違いだったりとか・・。

うん?? みずほ銀行? もう一度状況判断です。
どこやねん?? お~~やっぱな~~

 

でも大丈夫方向転換して50mロスで助かった次第です。
今日は50mのロスだけでラッキーでした。

 

でもこんなことってよくありません?

 

自分の思い込みで上手くいたかなかったこと。
別注品である手ぬぐいやタオルを作るのに出来上がってきたのが思い通りでなかったら残念です。

タオル手ぬぐいを作りたいときわからないことは気軽に良く知っている知人や専門家に聞いたほうが安心ですね。

大きなロスをする前に・・・

名入れタオルの種類「防染タオル」と「捺染タオル」

 

販促用のタオルとして定番の名入れタオルですが、その種類の中に「防染(ぼうせん)タオル」というのと「捺染(なせん)タオル」というのがあります。
おそらく一般的に使われている言葉ではないので、ご存じでない方が大半・・・いや8~9割くらいいるんじゃないでしょうか(笑)

それくらい馴染みのない言葉ではありますが、実物を見たら「あーこれかあ!」と言っていただけると思います。

 

それくらい一般的に出回っている種類のタオルです。
防染タオルは字の通り「染まるのを防ぐ」という方式をとっています。イメージとしては、タオル全体は青色なんだけど、文字だけが白く抜けているというものになります。あれは青いタオルに白くプリントしているわけではなく、白いタオルを文字のところだけ染まらないようにして、その他全体を青色に染めているんですね。

 

染める色はお好みの色を選んでいただけます。裏・表とも白抜きにできるのも特徴の一つです。デザインの凝り方によっては、面白いオリジナルタオルを作ることも可能なのですが、なんとこの方法は機械で加工するのではなく、職人の手によって染められていきます。

 

防染タオルは手ぬぐいを染める方法と工程が似ていますので、手ぬぐいと同じように滲んだり刺さったりと結構厄介な手法です。
そして納期もかかってきます。これは日本で生産できる工場が一件しか無いためで たくさんの注文があってもなかなか進まないのが現状です。

 

作成する際の注意点としては、やはり色によって納期・単価が大きく変わるところです。
この辺りは弊社担当にお気軽にご相談ください。防染タオルは印刷ではないため、色落ちもしづらく、タオル本来の柔らかさも残りますので、お祭りで使われるなど 実際のところリピーターもおおいタオルです。

 

次に捺染タオルですが、こちらは温泉のタオルでよく使われているもので、デザインが少しぼやけて仕上がっており、タオルが濡れたときにはっきりと見えるという特徴があります。

昔は「おぼろタオル」と呼ばれていました。

 

こちらもタオルとしての実用性をそこなわず、比較的低コストで製作可能な名入れタオルになります。
少数ロットでのご注文も可能です。染めることができる文字初期は「赤」「紺」「オレンジ」「アズキ色」の4色があり、社名・店名だけの印刷にするケースがほとんどですがデザインによってはとってもオシャレに仕上がるのもこの方法です。

 

防染タオル、捺染タオルともにそれぞれ特徴がありますから、シーンによって使いわけるようなイメージを持たれた方が良いと思います。

 

神野織野は名入れタオルの実績も豊富ですのでどうぞお気軽にお問合せくださいね。

オリジナルプリントタオルをリーズナブルに作る方法

 

「自分だけのオリジナルタオルを作りたい!」と思ってもやはり気になるのはコスト。
いくら気に入ったタオルに仕上がっていたとしても、予算を大幅にオーバーしてしまうようではやはりツライところです。

 

そこで、「オリジナルプリントタオルをリーズナブルに作る」裏ワザをご紹介しましょう。

 

1. 一度に大量に発注する

これはモノづくりにおいては基本的な考え方なのですが、少量生産よりも大量生産の方がコストを下げることができます。
たとえば100枚製作するのと500枚製作するのでは1枚あたり50円以上単価に差が出てきます。たとえ今は100枚しか必要でなくても、最終的に500枚以上必要というケースでは、最初から500枚で注文していただくほうが総額で2万5千円以上コストダウンにつながります。

 

2. 自分でデータを制作する

オリジナルタオルのプリントデータは、主にAdobe Illustratorというソフトで作られます。
これは主としてプロのデザイン用ソフトです。ワードやエクセルのように一般的ではないのですが、Adobeの公式サイトから体験版をダウンロードすることができますので、それを使って自分でデータ作成をすれば、デザイン料(5千円~2万円程度)をカットできます。
ソフトの使用方法はネット上で検索すればいくつも出てきますので、そちらを参照にすればおおよそのことはできるようになります。

 

3.単色にする

版代(型代)は一般的に1色につき1万5千円前後かかります。(※サイズによります)たとえば、3色のデザインを単色にするだけで、3万円のコストダウンになります。

 

4. 中国製生地で作る中国製生地で作る

元々の生地を安価なものにするというのが、コストダウンの王道です。中でも中国産の生地は国産に比べお安くなります。神野織物は、中国産でも選りすぐりの高品質な記事をチョイス。
そのためすぐに破れたり色落ちしたりすることはありません。

 

そのほか、生地橋から天地左右を3cmずつ内側にプリントする範囲指定を使えば、こちらもコストダウンにつながります。
コストだけではなく、良い物を作ろうとするとデザインに合ったいろんな方法がありますのでこの辺りは専門家に気軽におといあわせください。

手ぬぐいマフラー冬の活用法

 

大分 暖かくなってきましたが・・やはりまだ寒いです。
先日も、東京を中心に40年以上振りの大雪となりました。当日東京にいた人の話によると、それはもうすごい状態だったそうです。

 

道路にはおそらく20センチ
ほどの雪が積もっていて、鉄道も運休していたり、遅れが出ていたりと大幅に乱れていたということでした。また風も相当強かったらしく、歩道を歩いていても前が見えないくらいで、まるで雪山を歩いているような感覚だったそうです。

 

その1週間後にも大雪がありました。普段、雪が降らない三重県の知人も「すごかったですよ」と話すくらいの大雪だったみたいです。またこの記事を書いている今も山梨では大雪による被害が出ているというのを聞きました。一日も早く元通りの生活に戻ってほしいと思います。

 

さて、冬のアイテムとして手袋やマフラーといった身に着けるものがありますが、神野織物でも「マフラータオル」と「手ぬぐいマフラー」といったマフラーサイズのものを販売しています。

 

どちらも防寒という意味では、毛糸やカシミヤのマフラーには到底及びません。
でも、ちょっとした工夫ですぐれた防寒アイテムとして使うことが出来ます。

 

今日はちょっとその活用方法をご紹介します。

 

用意してもらうものはまず使い捨てカイロ。そして手ぬぐいマフラーです。
使い方は簡単。使い捨てカイロを手ぬぐいマフラーの中にくるんで、そのまま首にまくだけです。これで充分暖かい防寒アイテムになります。

 

毛糸のマフラーにカイロをくるんでも、なかなか熱が伝わりませんが、手ぬぐい
マフラーだと生地の厚さがちょうどよく、ちゃんとカイロの熱を首元に届けてく
れます。もちろん、首だけでなく、背中や腰回りにまくということも可能です。

 

最近では衣服に直接貼り付けるタイプの使い捨てカイロが出てきていますが、さすがに首に貼るわけにはいきませんし、よしんば貼れたとしても相当みっともない結果になってしまいます。
手ぬぐいマフラーは風合いもオシャレですし、色も5色の中からお好きな色を選んでいただくことができます。

 

寒い冬だからこそ、赤や黄色といった派手目の色をチョイスしていただくのも悪くはないと思います。   

 

もし手ぬぐいマフラーだけでは寒いなあーと感じるようでしたら、その上から大きめの毛糸のマフラーを巻いていただいてカバーすればOKです。

 

手ぬぐいマフラーの生地はお肌にも優しいので、直接首に巻くにはおすすめですよ。

知らないと損をする オリジナルタオルの作り方の手順

 

オリジナルプリントタオルを作りたいんだけど、どこに頼めばわからない」
「なんだかネットで頼むのってちゃんとできるかどうかが不安」
「どんなタオルが手元に届くか 出来上がりが心配」

 

そういうお話をよく伺います。確かにタオルというモノ自体はポピュラーなのですが、それがどうやってできるのか?そしてそれをオリジナルで作るというのはどういうことなのかというのは、よくわからないところですし、「そもそも安心して頼める業者ってどうやって見極めるの?」というのもわからないと思います。

 

そこで今回は神野織物がやっているオリジナルプリントタオル製作の手順をご紹介したいと思います。

 

まず1番目にやることは「お問合せ」です。やはりわからないことはプロに聞くのが一番ですし、的確です。神野織物ではオリジナルプリントタオルの制作に特化したスタッフを配置していますので、タオルの作り方や納期、金額等納得していただけるまで丁寧にお答えしています。問合せはWebサイトからでも、料金無料のフリーダイヤルからでOKです。お気軽にお問合せくださいね。

 

2番目が「打ち合わせ」です。デザインイメージや素材、枚数、色、予算などをお聞かせください。しっかりと打ち合わせをすることで、より理想のタオルに近づきますから、どんな些細なことでも結構です。しっかりと打ち合わせさせてください。ちなみに問い合わせをしていただいたからといってしつこい売込みはしませんのでご安心ください。

フリーダイヤル0120-941-011

 

3番目は「サンプルの製作」です。打ち合わせの内容に従ってサンプルをお作りします。
やはりいきなり本番では不安もありますから、出来上がったサンプルを見ていただき、修正点がないかを見極めていただきます。サンプルの製作は100枚以上のご注文時は無料でさせていただきます。(2回目以降有料)およそ2週間ほどでサンプルをお手元にお届けしますので、届いたサンプルを見ていただいたあと、色の表現等で変更があれば修正が可能です(2回目以降有料)この時点では 
本生産の型を作ってからサンプルを作っていますのでデザインの変更はできません。そして最後に本生産に入ります。※納期によっては作れないことが有ります。

 

オリジナルプリントタオルのサンプルご確認いただいたあと、色・仕上がり共に納得していただいてから、本生産に入ります。タオルの品質と納期に関しては、担当スタッフがしっかりと管理をさせていただきますので、どうぞご安心ください。

 

オリジナルタオルの製作にはやはり業者とお客様のコミュニケーションが大切です。
わからないことやご要望はなんでもお気軽におっしゃってください。

ソチオリンピックと国旗とオリジナルタオル

 

ソチオリンピックが無事終わりました!
心配されたテロもなく良かったです。

 

日本選手も頑張りました。
男子フィギュアでは羽生選手が見事金メダル!そしてスノーボードハーフパイプでは平野選手が銀、そして平岡選手が銅メダルを獲得しました。3人ともまだ10代なんですよね。これからが楽しみです。

 

そして男子スキージャンプラージヒルで葛西選手が銀メダルを獲得しました。今年41歳のベテランですが、今回の彼のメダル獲得は、多くの中高年に勇気を与えたんじゃないでしょうか?
私も「よーしまだまだやるぞー!」という気になりましたから。

 

オリンピックに限らず、スポーツは私たちに感動を与え、そして熱くさせてくれます。
今回も応援席で日本の国旗を振る姿が見られました。もちろん、他の国の人たちも同じように自国の選手に熱い声援を送りながら、自分の国の国旗を振っています。

 

国旗を振るような大会となると、オリンピックのような国際試合に限られてしまいますが、日ごろ身近に触れることができるプロ野球やサッカーJリーグといったプロスポーツに始まり、実業団や大学、高校といったアマチュアスポーツの試合、更には小中学校のクラブ活動や地域のスポーツ少年団に至るまで、応援というのは選手にとって大きな力になります。
また、応援する側にとっても、一生懸命応援する自分の姿というかけがえのないものとの出会いの場になっています。

 

これらの大会では国旗を振っての応援というのはありませんが、お揃いのオリジナルプリントタオルを首にかけたり、あるいは振ってみたりという応援を見かけることが多くなってきました。

 

そのチームのサポーターにとって、チームロゴがプリントされたオリジナルプリントタオルは、オリンピックの国旗にも等しい存在なのです。

 

神野織物でもJリーグをはじめ、実業団チーム、学校の部活とチームグッズとしてオリジナルプリントタオルの受注をたくさんいただいてますが、作り手としても「このチームが良い成績を残せますように」とエールを込めてお作りしています。

 

タオルの作り方も出来上がりの風合いや手触り、プリント面の再現性の違いなどにより数種類の
制作方法がありますので、弊社担当までお気軽にお問合せください。

タオルで一番高級感の有るタオルを作る方法 ジャガードタオル編

 

オリジナルタオルの一般的なイメージとしては、デザイン画をインクでスクリーンプリントするプリントタオルだと思いますが、もうひとつの作り方として、ジャガード織りというものがあります。

 

ジャガード織りは、色違いの糸を使ってデザインを表現するものです。

 

プリントタオルが 染料を「塗りつける」というイメージなのに対して、ジャガードは「一から織り上げる」というイメージなので、綿糸がが元々もっている風合いや肌触りを損ねることがありません。
また厚みもしっかりとしていて立体感があるため、通常のプリントタオルと比較するとずい分と高級感があります。

 

ただその分制作工程は少し複雑で緻密になります。
ジャガードタオルの場合、タオル生地を織るのと同時に文字や柄を作っていかなければなりません。このためにプリントタオルとは違う「型」というものを作る必要があります。

 

アルミの枠で作るプリントの枠とは違いジャガードの型は電気的な信号を機械に送って糸の送りを制御する仕組みになりますのでパソコン上で作成します。
この作り方自体特殊なソフトを使いますので 専門の型屋さんが存在するほどです。
なので アルミのプリント枠とは違い高価になってきます・・・。

 

また色違いの糸を使用するため、タオル生地を織り始める前に、糸を染色しておかなけれ
ばなりません。

 

この糸を染める工程は少数での製作が難しく、やったとしてもその分単価が高くなってしまいます。
更にジャガードタオル制作の難しさとして、糸・機械・職人の3拍子が揃っていないとしっかりとした製品を作り上げることが出来ません。私に言わせてみれば、ジャガードタオルは一つの工業製品というよりも芸術作品の域と呼んでもいいくらいです。

 

見た目の高級感もさることながら、タオルとしての本来の機能である吸水性を損なわないところも多いに優れているところで、ホテルのアメニティグッズとして採用されているのもうなずけますよね。

 

見た目・機能・触感を見ても、オリジナルでタオルを作るにはジャガードタオルが最強だとは思うのですが、やはりネックはコスト。

 

インクプリントのタオルに比べると、工程の多さなどからどうしても割高になるため、小ロットでの生産がなかなか難しいのですが、神野織物では小ロットへの対応やデザインの再現性・発色共に納得してから製作にとりかかれるようオリジナルジャガードタオルの色糸のサンプルを無料で見てもらうなどの取り組みを行っています。

 

「せっかく作るのであれば最高の物を」とお考えの方はぜひ一度お問い合わせください

団結力が出るスポーツ用マフラータオル

 

今年も全国高校サッカー選手権大会が開催されましたね。詳しくは知らないのですが、国立競技場が改装されるそうで、今年を最後に当面国立競技場での開催はないとのことで特に今年の高校生たちの思い入れは強いんじゃないでしょうか。

 

結果は石川県の星稜高校と富山県の富山第一高校の北陸対決となり、見事富山第一高校が
初優勝を果たしました。見ていた方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、星稜高校1点リードで迎えた試合終了間際、同点に追いつき延長戦で逆転優勝という劇的な幕切れとなりました。

 

私も後でダイジェストを見たのですが、もう興奮というか感動の瞬間でした。両校の選手や関係者の皆様、すばらしいゲームを本当にありがとうございます。

 

さて、この時期になると神野織物で売れ行きが上がるアイテムのひとつにマフラータオルがあります。

 

マフラータオルは通常のスポーツタオルを長くしたもので、サイズは20cm前後 × 100~110cm前後、 見かけは1メートル以上あるマフラーのように細長いイメージを想像してみてください。

 

よくスタジアムで応援している人が首にかけていたり、振り回したりしているのを見かけたことがありませんか?
特にJリーグなどでサポーターが応援グッズとして必須アイテムになっていますので、「あ、それなら知ってる!」と言う人も多いんじゃないでしょうか。

 

スタジアムがチームのテーマカラーやチームロゴでいっぱいになっているあの光景はやっぱり見事なものだし、あの場所にいるサポーターの人たちにとっては、応援のモチベーションにもなっているし、なおかつ仲間やチームとのつながり・一体感を感じられるものになっています。

 

同じような役割をする応援アイテムにレプリカユニフォームがありますが、ユニフォームは比較的高価なことや、普段日常生活で使うことが難しいという面があります。
それに対してオリジナルプリントのマフラータオルは、日常的に使うことも可能ですし、価格もユニフォームに比べてリーズナブルです。

 

神野織物でもJリーグやアマチュアチーム、高校・中学の部活のみなさんからオリジナルプリントでマフラータオルの製作依頼を数多くいただきますが、お作りさせていただく度にこちらもチームを応援している気持ちになれます。

 

今年、みなさんのチームにもマフラータオルを取り入れてみてはいかがでしょうか?

プリントタオルのオーダーでの作り方と吸収性

 

「タオルの役割」ってなんでしょうか?

 

もちろん、「体をふくこと」ですよね。顔を洗ったあと、お風呂から出たあと、汗をかいたとき、雨に降られてぬれてしまったときなどなど。

 

基本的に体が濡れてしまったときにその水分をふきとるために使われます。
なので、タオルにとって大切なこととしては「吸水性がよいこと」があります。

 

あと「繰り返して使えること」ですね。
水分をふきとるだけなら、ティッシュペーパーやペーパータオルでも可能ですが、これらは使い捨てが基本。
ゴミを増やしてしまいますし、なによりも不経済です。

 

お風呂上りにペーパータオルで体を拭いていたら、それこそ大量のゴミを作り出してしまうでしょうし、毎回入浴の度に結構お金を使ってしまう結果になります。

 

タオルは綿糸を織りこむことで生地を作り上げていきますが、このままではあまりにもろく、タオル織機にかけると糸が切れてしまいます。そこでまずは綿糸に糊づけをして、強度を保ってからタオル生地として織り上げる方法をとります。

 

この糊がタオルの給水を妨げる要因となるので、糊をしっかりとはがしていかないといけません。

 

ちなみに、糊がついている段階の綿糸あるいはタオル生地は生成り色(グレーがかったベージュ)をしていますが、糊を落とすことにより通常のタオルのような白色に変わります。

 

粗悪なタオルというのは、原材料に安い糸を使うため、通常よりも切れやすくなります。
そのため大量の糊を使わざるをえなくなり、いくら糊を落とす作業(洗い)を行ったところで糊が残ってしまうため、吸水性を損なうという結果になります。

 

(ただし、使い続けて洗い続ければ糊が取れて吸水性が高まりますが、タオル自体も糸が切れてボロボロになりやすくなります)

 

オリジナルプリントタオルの場合、顔料プリントと染料プリントを使いますが、顔料プリントはデザインの再現性は高いのですがタオル生地にインクを塗るようなイメージになるので、プリント面の吸水性はどうしても低くなります。

 

染料プリントは糸を染めるので、顔料プリントに比べると吸水性は高くなりますが、デザインの再現性では顔料プリントに軍配があがります。
その他高級感を出し、吸水性も求めるのであれば、色違いの糸で織りこんでいくジャガードタオルもおすすめです。

 

それぞれ長所・短所がありますので、一度お気軽にお問い合わせください。