カテゴリー別アーカイブ: 未分類

感動を呼ぶお店

ceo_smilep

 

 

「神野さん、ちょっと聞いてくださいよ。すごく感動したんです!」

 

 

友人のKさんからこんな電話をいただきました。
聞くところによると、Kさんが先日眼鏡を作り直したときの話なんだそうです。
Kさんには行きつけの眼鏡屋さんがあり、もうかれこれ10年くらいそのお店から
何本も眼鏡を買っているとのことです。

 

 

「なぜそのお店?」と聞いてみたところ、オリジナルデザインのフレームが多く、
値段もリーズナブルなところと言うことでした。
なんだかウチの会社みたいやなあとちょっと嬉しくなったのですが(笑)

 

 

更にポイントとして「店長の人柄とセンス」だと付け加えていました。
Kさんが眼鏡を買うとき、まず自分でフレームを選ぶのですが最終的には店長の
センスにお任せするのだそうです。

 

 

すると「自分では絶対に選ばない」というものをチョイスされるのですが、試しに
かけてみるとこれが結構イイ!という結果になるんだそうです。

 

 

今回も店長から「これどう?」とすすめられたフレームがあったそうなのですが、
いわゆる昭和初期のころのようなまん丸のレトロ調のフレームだったそうです。
Kさん「さすがにこれはないやろー」と突っ込んだそうなのですが、すかさず店長が

 

 

「これ、職人のハンドメイドなんだよねー」

 

 

「これね、「あ、絶対にKさんのためのメガネだ!」と思って仕入れたの」

 

 

と言われてKさんも「あ、そうなんだ」と思いかけなおしてみたら

 

 

「これ意外にええやん」と思い、購入したそうなんです。
そしてその新しい眼鏡は周囲からもことの他好評で、Kさんも大満足だとか。

 

 

プロの仕事はやはりお客様のピンポイントのニーズに応えること。
そのためにはしっかりとコミュニケーションをとって、お客様のことを考え
しっかりとご提案することだと思います。

 

 

神野織物もいただいたご相談に対して、「このお客様には顔料プリントよりも
染料プリントの方がいいなあ」と思う場合は、そういうご提案をさせていただく
ことがあります。

 

 

お客様の注文を言われた通りにこなすのではなく、ちゃんとプロとしての自覚を
持って「最善の選択をご提案する」という姿勢こそプロとして求められていると
私は感じています。

 

 

神野織物のその眼鏡屋さんのように、感動を生み、そして誰かにその話をしたく
なるような会社にしていきたいと思います。

 

小企業の悩み

 

今朝いつものように会社に出社 ポストを開けて新聞と郵便物をとって自分のデスクに着席。
請求書や広告を避けてまず新聞です。

 

届いている業界紙を開いたら  見出しに目が入った。
「修羅場をくぐってこそって」って見出しで 上場企業の社長が決算会見で話したことが載っていた。

 

なんでも 全セグメントが黒地に成るのは8年ぶりとかで リーマン・ショックという外的要因に耐えて 一つ一つ問題を片付けてきたのが区切りがつき これで億単位の損失は当面出すことは無くなったと感慨深げにお話になったらしい。

 

ええな~~

 

会社は修羅場をくぐってこそ強くなることを思えば 当社は未だまだ・・と謙遜されていたらしい。

 

大体、日本の企業の99.7%が中小企業って言われているのに こんな浮世離れした話しを大々的に載せてこれでエエと思っている新聞もどうかなって思うけど 実際 大企業の考え方ってこんなもんやねんなって感じた。

 

中小企業の場合・・特にうちの会社のように10人未満の社員で動いている会社では 赤字を出すと銀行から見捨てられる。

 

ちょっと運転資金を貸してくれんかな?っていっても
えっ!赤字ですか・・ なかなか難しいですね~って話になるのは明白。

 

上場している大企業の場合は、市場からお金を調達できるのでそんなことお構いなしに
「赤字という修羅場をくぐらないと企業は強くならないと言われています」なんてことが言えるのかな・・。

 

中小企業は赤字を出したら終わり。

 

あなたも同じでしょうが だからなんとか赤字を出さないように新しいことに日々挑戦したり 色々なことを考えるのです。
私の場合 赤字になりそうなら、即 自分の給料を下げたりの経費の削減  社員も売上が足らないなって思ったら残業して売上を作る。 当たり前の話ですが これの繰り返しです。

 

これでやっと利益が出そうになっても安心はできません。
あなたも 一年間で本気でぐっすり寝れるのは 黒字決算月の最後の2週間位じゃないですか? 
小企業では のほほんとして売上が急落ってこともあるやもしれんのです。

 

こんな話を聞くと、やっぱステージが違うのかなって思います。

 

大きな会社では、連続で赤字を出したら問題でしょうが 一時でしたら億単位での赤字を出しても大丈夫。
しかし、中小企業では赤字を出したらおわり・・・ こんなもんです。

 

でも 損ばっかしでは無いのです!

 

良い所は、新しいことをチョットすると すぐに業績に跳ね返って来るってこと。    
直ぐに結果が出るってことですね ♪ 自分に自信がついてきます。

 

 

大きな会社では 基本的な売上も大きいので新しいことをやっても埋もれてしまいますが小さい所では チョットすると 即業績好調!!ってなります。
このレスポンスがたまらないのです。

 

 

中小企業は、なんの保証もありません。 あなたも イジメられればイジメられるほど 踏まれれば踏まれるほど工夫をして考えて対処する癖をつけているのではないですか?。  だから しぶといのだと思います。そしてそのスリルが あなたを大きくする あなたの会社を大きくする肥やしになるのです。。

 

そうです。 踏まれれば踏まれるほど強くなるのです!!
そうや ドンドン踏んでくれ!!