カテゴリー別アーカイブ: 老舗手ぬぐい問屋

白いオリジナルタオルと不正

神野哲郎from 神野哲郎

 

 

相変わらず世の中には「不正」にまつわるニュースが飛び交っています。

 

 

今年一番大きかったのはやっぱりSTAP細胞です。
論文が不正だったから始まり、STAP細胞は本当にあるのか?ないのか?という騒ぎにまでな
っています。再実験をやるようですが、マスコミを含めて今までもてはやしていた人を一挙にバ
ッシングするのって何とかならないもんですかね?
見ていて可哀想になってきます・・。

 

 

他にも横領事件や名簿流出などの事件も相変わらず起こっています。
特に今騒いでいる大手企業の名簿流出は過去最大規模と言われるくらい大きなものになっていま
す。この人はお金のために人の情報を販売したのでダメダメです。

 

 

こんなに大きな事件をたった一人の派遣社員が出来てしまうのですから、モラルというか仕組み
がどこかうまく行っていないんだと思います。

 

 

「楽をしたい」とか「お金が欲しい」とか「チヤホヤされたい」といった思いが強くなるとどう
しても悪事に手を染めてしまう人がいます。(STAP細胞はまだ真偽がはっきりしていないの
でここには入りませんね。誤解なきようお願いします)

 

 

正直で在り続けるというのは結構手間がかかるもんです。
そしてその割にはあまり見返りがないと言えばそうかもしれません。

 

 

でも企業人としては自分の利益よりもお客様のことを考えると、黒く染まったり、灰色のままで
いることは決してほめられたことではありませんし、むしろ企業人であればこそ真っ白な状態を
いつまでもキープしていきたいものです。

 

 

大体、後ろめたいことすると絶対に自分に降りかかってきます。
55年間生きてきて、これは間違いないようです。

 

 

タオルにも白いタオルがあります。むしろタオルの色の代名詞と言ってもいいくらいですが、元
々タオルの生地は生成りの色(ちょっとクリーム色っぽい)をしています。
これを白いタオルにするには、「晒し」という工程を加えて白くなるまで加工していく必要があ
ります。行ってみればひと手間多いわけですね。

 

 

タオルは単価の安い商品ですから、出来るだけ加工費や原材料費を抑えたいところです。
なのでこの晒しの工程は、価格設定の上ではネックとも言えます。
かといって原材料を安い海外製の綿糸にしてしまうと、品質面での問題が起こります。
タオルも正直であろうとすればするほど、大変なことになります。

 

 

それでもやっぱり真っ白なふかふかのタオルは使っていただくのに心地よいものです。
だからしんどくても正直に作り続けていかなければなりません。

 

 

ビジネスも政治も不正なくやり続けることは、不正を行うよりもめんどくさいです。
でもその先にいる人たちのためにもやはり真っ白で在り続けて欲しいなあと思います。

 

 

PS 不正ではありませんが、オリジナルタオルを作るときにもプリント方法が何種類か有りま
す。デザインに合ったプリント方法を選ばないと出来上がりが台無しです・・・。
このあたり、プロに任せるのが一番です。

 
フリーダイヤル(0120-941-011)までお電話いただくか、
Webサイトからお問い合わせください。

 
別注品のプロがお答え致します。

クライアントさんから信頼され何度も注文を貰う方法

 

あなた、正解です・・・

 

ceo_smilep

何故、あなたの判断が今年一番の大正解なのか?
クライアントさんと強固な信頼関係を構築する方法とは・・・

 

 

from 神野哲郎  吹田の事務所より、、、 

 

 

ようこそ!神野織物のメルマガへ、、、

 

 

あなたがこのメルマガに登録した第一歩は、きっと今年一番、いやここ2~3年で一番賢い決断になるかもしれない・・・

 

 

何故 そんなことが言えるかって?

 

 

理由は簡単。その理由を話すために私の昔話を少し聞いて欲しいのです・・・

 

 

今から20年前、当時勤めていた会社に突然電話がかかってきた。母からだった

 

 

「お父さんが ガンらしい」

 

 

どうやら 本人が調子が悪かったらしく病院に行き 病院から連絡が入ったらしいのですが、自分では聞きづらく私に電話してきたのです。

 

 

「あんた,チョット病院に電話して、聞いてみて・・・」

 

 

病院に聞いてみると初期の喉頭がんで放射線で治りますとの事・・
母に伝えると ホッとしたようでした。

 

 

ところが、同時期ガンを克服し出社していた叔父も、まさかの再発。

 

 

そう 社長の叔父と専務の父が同時にガンになってしまったのです・・・。

 

 

「・・・継いでくれないかな?」

 

 

なんとなく 弱々しいオファーでした。

 

 

会社の名前は「神野織物」。代々続く老舗手ぬぐい問屋です。
昔から務める社員もいますのでなんとか営業を続けなければ・・・という思いで 引き受けました。

 

 

ところが、会社の内情は火の車 よく聞く歴史ある老舗でプライドはあるが儲けは全然ない・・そんな状況の会社でした。
こちらの本でもこの辺りはシッカリ説明しています。
↓↓↓↓
http://amzn.to/1jCtY9n

 

 

会社の資産を食いつぶしているだけで、全然 儲かっていない・・・
→社会に必要とされていないから注文がもらえていない
→他社と同じことをしているから儲けが全然出ない
→他とは違うことをしよう!!

 

 

そして私はある決断したのです。

 

 

『オリジナルでタオルや手ぬぐいを作れる会社になろう』
無謀にも、当時 需要のなかった事をしようと思ったのです。

 

 

得意先に薦められて展示会に出店した時のこと
「工場に注文したのに思ったものと違うのが出来上がってきた だからもうタオルなんて作らない」
「タオルなのに吸水性が悪い」
「指定通りに出来上がってこなかった もう懲り懲り」
「納期がめちゃめちゃ」 etc・・・

 

 

などの苦情を  イッパイ伺いました。

 

 

実際、タオルや手ぬぐいの工場には 得手不得手が有ります。
ラーメン屋にもいろいろな味があるように タオル工場でも得意分野は異なるのです。

 

 

それを知らずに、タオル工場はどこでも同じと思い込んで
「一番 安く作ってくれる工場へ頼めばいいや~」
と、インターネットでタオル工場や手ぬぐい工場 を検索して
『価格』だけを見て注文してしまい、
結局、「思ったものとは違う商品が出来上がった。」
「納期が遅れてイベントに全然間に合わなかった。」 だから 二度とタオルや手ぬぐいは作りたくない・・

 

 

展示会に出店すると、このような苦情が寄せられました。

 

 

クライアントさんに何度も注文してもらえる

 

そこでひらめいたのです!
私は工場の得手不得手を熟知することにしました。

 

 

そうすれば、
クライアントさんの望んでいる商品を提供でき、お得意先にも喜んでもらえる。
なにより私どもの得意先が自信を持ってクライアントさんに紹介できるので 二度 三度と注文してもらえるようになると思ったのです。

 

 

最終的にクライアントさんに喜んでもらえるような商品を作るということは 私どもに注文いただいている企画会社さんやデザイン事務所さんが「いいものを作ってくれてありがとう!」
って感謝されるということ。そして、信頼関係が出来ることで 違う商品でも相談を受けれるようになる。

 

 

そうなれば売上も付いてくる・・・

 

 

工場も仕事があって大喜び。
「もっと感謝されるような商品を提供しよう!」って、一生懸命良い商品を作るようになります。
こうなれば皆 ハッピーやな~~!って池袋の安ホテルで思いついたのです。

 

 

今、このことが証明されつつ有ります。

 

 

お得意先からは案件の有る毎にご相談を受け クライアントさんのご要望のデザインに一番適した工場を選択。
そして作成。
そりゃ 喜んでもらえるのが出来るはずです。

 

 

オリジナルタオルを一度作ったクライアントが 二度目は手ぬぐいを作成 また、別のクライアントさんに提案
今度はタオル そして 手ぬぐいリストバンド 風呂敷・・・・
クライアントさんがお望みのものを提案することが出来るようになるのです。

 

 

こうなれば あなたはクライアントさんの良きパートナーとなり何でも相談を頂けるようになるはずです。
信頼をいただけるのです。

 

 

そして、あなたの会社 あなた自身も商売が広がり売上が伸びるはずです。

 

 

 

二度、三度リピートされるようになるのです。

 

 

 

一緒にいいものを クライアントさんに感謝される 喜ばれる物を作っていきましょう!

 

 

神野哲郎

 

 

PS:

オリジナルの手ぬぐいやタオルの作成は、素材の選び方や工場の選択などは一朝一夕では難しい。
しかし、流れとコツを理解さえすれば たくさんのクライアントさんに説明することが出来るようになり売上も見込める。そしてなにより時間も短縮できるようになるのです。

質問など有りましたらこちらにお電話下さい。
フリーダイヤル
0120-941-011

ダイエットとお客さん

 

 

げ、げ・・ 78.55キロ!!!!

もう一度 体重計の向きを変えてっと・・
でもかわりません・・・ やっぱ78.55キロ そっと乗ってもかわりません・・。

 

やば!

 

衝撃です 過去最高記録をマーク!

 

2月に孫が出来て、フィットネスにも行かなくなり 今や風呂会員みたいなもんになっているのが原因。
どおりで ここんところベルトの穴が一つ大きくなった様な・・
それに腰がいたくなってきたな~~って思ったのも予兆でした。

 

昔から体重がが重たくなると 腰に来て痛くなります。これが予兆でぎっくり腰へと進行するのです。
なんとなく 太ってんねんやろな~~ って解ってはいたのです。
腹回りをさすって見ても前よりあきらか大きいのです。

 

 
でも、筋肉のほうが重たいってよく言われるので 体重はなんとなく そんなに変わってないやろ 
大丈夫やろ~~の思いが40%くらい 絶対やばいなって思いが60%程度で  ホントの事言うと 怖くって体重計に乗らなかったのです。

 

こりゃ ダイエットやな・・・・
「今日からダイエットやから そやな~ サラダと豆腐で行くわ!」
いつものように・・・実は過去何回かこういう会話が有りました・・・。
宣言してのスタートと成ったのです。
※この結果は後日報告しますね びっくりするほど痩せちゃいます!

 

今回は 体重でしたが この なんとなく大丈夫やろっての思い込みがまずいです。
全然、大丈夫ではないのです。 これは仕事にも共通します。

 

クライアントさんのところに久々に訪問すると 違う業者であなたがが前に作った商品を作っていた・・ってことありません?
これは 大丈夫だろうって過信がこのようになります。
一度作って満足いただいていたから次回も作ってくれるだろうって過信です。

 

あなたの勝手な思いはクライアントさんは知りませんし、同じ品質で あなたよりも、もっと安い物を提供してくれる業者が現れればそちらに乗り換えるのは当然の流れです。

 

これを阻止するには 日頃からクライアントさんの営業に役立つような素材(情報)を提供せねばなりません。
このコミュニケーションが信頼関係を生み 次回も注文しよ!!なるのです。

 

クライアントさんはあなたに求めているのは、商品の自分以上に解っているプロの知識です。
お客さんに質問されても すぐ答えることの出来る知識です。
この知識がお客さんからの信頼につながります。

 

タオルの次は手ぬぐい その次はバンダナ リストバンド・・・・
あなたがこれらのエキスパートに成れれば クライアントさんに重宝がられます。
あなたに頼めば 期待以上に綺麗に仕上がるし 何より売上が上がりますからね♪

 

だからエキスパートに成ることが大事です。

 

オリジナルのタオルや手ぬぐいで 解らないことはこちらからお問い合わせくださいね
0120-941-011