カテゴリー別アーカイブ: 仕事

お中元シーズン

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 
夏を迎えると、我が家でも話題になるのが「お中元」。
日頃お世話になっている方にご挨拶も兼ねて、心ばかりのものをお送りされる方も多いと思います。

 

 
最近は、お互い忙しいことも多いのと、流通の進化もあってついつい宅配便にお願いしてしまうのですが、本来であれば、ご訪問して感謝を述べながら手渡ししたいものですね。
昭和初期はそんな風景がたくさん見られました。

 

 
お中元とお歳暮、人とのつながりを大切にするいかにも日本人らしい風習のひとつです。年賀状もそうかも知れません。

 

 
ただ、メールの普及で年賀状も随分減っていると聞きます。
もしかすると、もしかするとお中元やお歳暮も昔に比べると減ってきているのかもしれないですね。

 

 
そのお中元なのですが、毎年毎年のことなので、贈る品物が似たようなものになってきてしまいませんか?

 

 
デパートの催事場に行っても、定番の品ばかりです。
お中元だと、そうめんや水羊羹、ビールやジュースかな?
お酒の好きな人にはビール。私のような甘党にはゼリーやクッキーなんてのが多いように思います。

 

 
最近カタログギフトもありますが、ちょっと味気なく感じるので私は利用しませんが・・。

 

 
こんな風に、どうしても贈るものとしては「無難なもの」になりがちですが、せっかくだから、感謝の気持ちとサプライズ要素も込めて、風呂敷や手ぬぐいに包んでお送りするというのはどうでしょうか?

 

 
昔は、風呂敷につつんで直接お届けしていたもの。
今は宅配便に変わったかもしれないけど、それだけに包んで贈るというのもおしゃれな感じがしませんか?

 

 
生地の分、予算的には増えてしまいますので 毎年というわけにはいかないかも知れないですが、こういう年があってもいいと思います。

 

 
ちなみに、企業やお店をされている方は、名前入りのオリジナル
風呂敷を使うことが多いようです。
お中元やお歳暮だけでなく株主総会なんかでも使用します。

 

 
ある程度の枚数を作っておくことで、コスト的にも抑えられますし、包装紙と違ってお客様の手元に残ります。
再利用もしていただけますし、宣伝効果にもつながります。

 

 
また、お中元やお歳暮の包装だけでなく、記念品として風呂敷や手ぬぐいをそのままお渡しするということもありです。

 

 
当社でもオリジナルの風呂敷を取り扱っております。

 

 
手ぬぐいの影に隠れがちな風呂敷ですが、名前だけでなくデザインも凝ることが出来ますので、お気軽にお問合せくださいね。
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

ドイツ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 
やっとのことで、お仕事も落ち着き海外向けのサイトも立ち上げたこともあって9月の頭にドイツに行ってきたのです。

 

 
視察を兼ねての海外ですが、根っからの貧乏性の私は到着までの12時間映画見倒して元取ったるど~の勢いで、5本を見たおかげでクタクタで到着。そのままバスの移動でやっと寝たのです。

 

 
そして次の日、目をまだ赤くして街を散策しているとやっぱりアニメ関係の漫画を売っているお店はたくさんの人だかりで日本人が入るスキすらないのです。

 

 
これ以外の日本の物は、ヨーロッパでは韓国や中国、インドが一緒に見えるようで、アジアの雑貨品を売っている雑貨屋さんがありました。これは観光客目当て。

 

 
我々が行くような名所では観光客目当てのお店が多く、都市部に行けば地元の人が行くような雑貨店やスーパーがたくさん連なっています。

 

 
しかし!! 
平日は5時以降はほとんど店は開いていません。
カフェやレストランの飲食は開いているのですが、地元の人が必要とするお店も夜の7時には空いていません。
雑貨店やファッションブランドのお店なんかも全て閉まっています。

 

 
ほんまに働かない人達です。

 

 
このドイツがヨーロッパで一番の優等生なんて日本人から見るとウソみたいです。

 

 

????
ほななんで みんな余裕のある生活してるんだろう??
そう見えるしな・・・。

 

 
そうか・・この国では海外に対抗できるようなものを作っているのか?って思ったりもしたのです

 

 
うん、うん、そうや ドイツ人向けではなく海外向けに商品を作って世界の人からお金を巻き上げるようになっているんちゃうか? そや、ベンツもBMWもアディダスもPUMAもドイツやん!って無い頭を絞って考え付いたのです。

 

 
でも、日本もそれなりに海外でも認められてるのにな・・・って自問自答。車でも技術でも結構ええせん行っているように思います。
でも、どう見たって日本に比べるとやっぱり余裕があるように思えるのです。

 

 
何故なんでしょう?

 

 
緑がたくさんあって歩くスピードもゆっくり・・・。
カフェなんか朝早くから遅くまで おじいさんやおばあさんまでもワイワイ言いながらのんびりしゃべっています。
なんか人生を楽しんでいるように見えます。
ええ感じです。

 

 
自分が歳取ったらどうなっているんやろう?
ドイツの人のようにゆったりまったり出来るんやろか?
なんか ぼやっとそんな心配してしまいました。

 

 
PS   
帰ってくると仕事がいっぱい・・・焦ってこなしている今日この頃です。

時間の余裕を作れる、気持ちの余裕が欲しいな~~って思っています。
そうそう、幸せかどうかはやっぱり気持ちの持ちようですね♪

お仕事のコツ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 

「卓球」というスポーツがあります。
一昔前テレビであるタレントが「暗い」と言ったばかりに「暗いスポーツ」とレッテルを貼られたこともありましたが、かつては「卓球ニッポン」という全盛期や ここ数年は福原愛ちゃんや石川佳純ちゃんの台等、そして今は「みうみまコンビ」の活躍で話題に上ることも多くなってきました。

 

 

元々競技人口も多いスポーツですし、年配の方も出来る生涯スポーツとしても人気ですから盛り上がるに越したことはありません。

 

 

そういえば以前、中学校の卓球部でコーチをしているYさんからこんな話を聞いたことがありました。

 

 

長年コーチをしていると、「10年に一人」という逸材に出会うことがあるそうなのですが、ある年同じ学年に2人そういう子がいたそうです。
部内の実力でナンバー1とナンバー2の子だったそうで、1年生のころから抜きんでいて、県内ですぐに有名になったそうです。

 

 

この2人はプレースタイルも同じだったのですが、
「考え方とかは全然違っていた」とYさんは言っていました。
しかも面白いことに学力もすごい差があって、ナンバー1の子は残念なことに勉強はほとんど出来ない子だったのに対し、ナンバー2の子は学年トップクラスの成績を維持している子だったそうです。

 

 

あるときYさんがこの2人に
「卓球しているときにどんなことを考えているか?」
質問をしてみたんだそうです。
するとそれぞれこういう答えが返ってきました。

 

 

ナンバー2の子は
「相手がこういうサーブを打ってきたらここのコースにこういう球を返して、それをリターンされたら次はこういう風に攻めます」

 

 

まるで詰め将棋のように先手先手をイメージして、自分が優位になるように試合を進めていく考え方をしていたそうです。

 

 

対してナンバー1の子は・・。
「来た球を相手のコートに入れる。それだけ。そうしたら負けない」

 

 

この言葉を聞いてYさんは「私の方が気付かされました」と言っていました。
卓球というスポーツはスピードやスピンが豊富なため、難しいとされているのですが、根本的なルールでいくとナンバー1の子が言ったとおり一回でも多く相手のコートに返せば負けません。

 

 

これって我々の仕事でも同じだと思います。

 

 

一回きりではなく、ず~~っと何度も買って頂くにはどうしたら良いか・・・。
どの会社でもこれが出来れば安泰って思っているでしょうが、実はシンプルで簡単なのです。

 

 

お客様との「信頼関係を結ぶ」だけです。
お客様との関係が友達や親兄弟と同じような関係になれば、このお店で買えば、間違いない!って具合に信用して購入いただけるでしょう。

 

 

極端な話 他社より高くっても買っていただけるようになります。
そんなことしたバレたら折角の信頼関係にヒビが入るので出来てもやってはいけませんが、これくらい強烈なのです。

 

 

ここの所は、卓球のように来た玉を相手のコートに入れるだけッて感じではなく、シッカリとした考えをもって接客しないといけないと思います。

 

 

信頼関係を結ぶ行為・・・これが大事です。

 

 

PS 100%満足いただいています!って言えるようにならないといけませんが エエセン行っていると思います。
お客様の声」はこちらです。

 

 

 

 

ゴルフ

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 

松山英樹凄いですね~~ また勝って2勝目。そこで今日はゴルフの話です。

 

 

50歳の時に、区切りの同窓会があったのが6年前。
久しぶりの再会の友達もたくさん参加。
そこから 気のあった友達同士でゴルフをするようになったのです。

 

 

私はって言うと、仕事でチョコっとする程度で全然ヘタクソ。
100なんて全く切れそうになく 高~い散歩をしているようなもので、それでもワイワイガヤガヤが楽しくって参加していたのです。

 

 

そんなヘタクソでも なんとなくやっているうちに慣れも有って 100も切れるようになって来て 何なら80台行くで~までになったのですが・・・・ここ数ヶ月 またまた 全然ダメダメなのです。

 

 

やってもやっても100なんて全然切れないのです・・。
友達の話では、そんな波が合って上達するんや!!って言うのですが やってても全然面白く無くなってきたのです。

 

 

楽しさ最優先の私にとって、これは致命的で 
「高い金出して散歩してんねん」
って言ってるものの 心の中では
「うまいこといかんな~どうなっとんねん・・・」
って自己嫌悪です。

 

 

で、思いついたのです。
家の裏にゴルフ練習場が有ったことを!!
見に行くと、見学歓迎なんて書いています。

 

 

早速伺い、ゴルフの悩みをとくとくと説明すると
「もっと早く来て頂いていたら・・・(笑)」って言ってくれます。
そして すぐ入会。

 

 

これが今年の1月初め。
そうです!もう1ヶ月ほどになるのです。
気になる成果はって所ですが・・・ そう簡単に行かないのが このゴルフ 。そんなすぐにうまくなったらプロなんて存在しません。
でもでも、ちょこっとずつ改善はしてきてるようなのです。

 

 

やっぱり先生に教えてもらうのが一番。
他人に診てもらうのが一番良いのです。

 

 

ここがおかしいとか、このようにしたら良いとか 玉の置く位置まで教えてもらったせいで、今までの自己流でこんな感じかな?ってチョット不安なところが自信を持って出来るようになって来たのです!!

 

 

やっぱり他人の指摘 これが大事みたいです。ピリッと来ます。
神野織物でもお客様の声をたくさんいただきますが、たまにご指摘を頂くことが有ります。

 

 

当然、このご指摘頂いたお客さんに対して お答えしています。
その経過を「お客様の声」としてホームページに掲載して、これから神野織物で購入されようとしているお客さんに対してこんなことも有りました。そしてこのようにしましたってお伝えするようにしています。 

 

 
ホームページに公開するわけですから、神野織物の社員の目にもついて自覚するのです。
そうすることで、社員もピリッとして接客できるようにもなりますし、同じ間違いを起こすことが少なくなります。

 

 

やっぱり、他人の目は大事ですね。

 

 

PS でもゴルフは頭でわかっていても体が・・・です。
仕事はそんなことありません。
ご質問や 解らないことが有りましたら何なりととご相談ください。
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

 

 

ちと大変。

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 

一大事なのです。

 

 
社員が次々と倒れるのです。
例のインフルエンザ。
み~~んな み~~~んなÅ型とか言うのに掛かっています。
これからも次々とかかって行きそうな雰囲気なのです。

 

 

おかげで、社内に居る時もマスクを配布して対処してるんですが、しっかりマスクしていてもかかった社員もいるので 
どうなん?ちょっとくらいましなん?大丈夫かいな・・・って思いながらしています。

 

 

朝礼では、毎日のように「うがいと手洗いをしてよ~」って幼稚園の園児に言うように言っているのですが一向に収まる気配は無いのです。

 

 

今日も一人ダウン・・ 医者に行くとやっぱりÅ型。
別にもう1人
「のどが痛い・・・」とのたまっております。

 

 

なんやら今年のÅ型は、私の見る所 初めに喉が痛くなってそれから本格的に熱が出るような感じです。
インフルエンザの専門家のように 来店するお客さんや銀行員にも喉痛ないか?喉痛成ったらインフルやでって説明しています。

 

 

もうすでに4人目・・・。
うちの孫も入れたら5人目。
あんまり大きな声ではいえませんが、発生元は孫なのです。

 

 

保育園では 一人が風邪にかかるとそらもう全員がひいちゃうくらい、感染ります。 うちの孫なんて二週間に一度くらい鼻たらして熱出してるもんで またいつもの風邪かなって思っていたらインフルエンザだったのです。

 

 

その孫から感染ったのが その子のお母さんとお父さん うちの娘とその旦那 旦那は私と一緒に働いてくれてるので・・その隣りにいる社員に移る・・・その前の社員に伝染る・・・って具合で 今は私が喉痛いのです。

 

 

頼むでしかし!状態。
で、私はマスクをしています。
って言ったってしゃべるときや水飲むときは外してるのでなんにもなりません。

 

 
どんどん 社員が次々とインフルで出社停止。
結局 一番初めにかかった孫の旦那は一人で仕事をしなくてはならなくなって 可哀想ですが自業自得なのです。

 

 

結局は、自分に帰ってくる・・・。
良くあることです。

 

 

みんなに迷惑をかけないようにする。仕事では、お客さんに心配掛けないように シッカリと真面目に仕事をするのが大事なのです。

 

 

PS そして孫は絶好調!お父ちゃんはヘトヘト 私は喉痛。
遊ばれへんやろ!!!