カテゴリー別アーカイブ: リストバンド

もうちょっとでGW

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

今年もゴールデンウィークがやってきます。

 

今年はカレンダー通りだと4月29日が土曜日なので、週休2日の私はちょっと残念な感じですが、それでも前後半合わせて7日間くらいのお休みになりそうです。

 

最近では企業でも色々と工夫をしていて、交代で連休を取るというところもありますから、連続で10日間という方もみえるかもしれません。神野織物は暦通りです・・・。

 

ゴールデンウィークというと、里帰りなどのイベントもありますが、気候も良い季節なので行楽という方も多いと思います。

 

特にアウトドア キャンプにはもってこいの時期です。
真夏のように暑くないし、梅雨のように雨の心配も少ないし。
4月ごろだと少し肌寒さもありますが、ゴールデンウィークの時期には場所によっては半袖でも充分だったりします。

 

バーべキューをされる方も多いと思います。
何故か、外で食べる焼肉やビールってめっちゃうまいんですよね(笑)友達とワイワイガヤガヤしゃべるのも楽しいです。

 

何年か前、この連休中ずっとバーベキュー三昧で 3キロほど太ったのを覚えています。
まぁしかし、夏は暑くって出来ないし冬は寒すぎ・・年中通して出来ることでもないのでありでしょ♪

 

でも、注意が必要なのです。
それは、年寄りにはこたえる紫外線。
外にいるだけで疲れてしまいます。
何でも、5月は紫外線が強い時期でもあるらしくって、ちょっと外にいるだけで焼けてしまいます。そして次の日にはなんだか疲れがたまった感じ。

 

日焼け止めクリームで保護することも大事ですが、意外と頭や首回りは意識がいかなかったりします。
そこでおススメしたいのが、バンダナや手ぬぐいです。
日よけにもなりますし、首周りの保護にもなります。

 

バイクツーリングでも重宝するのがバンダナや手ぬぐいです。
バンダナはライダーにとっても使い勝手のよいアイテムで、フルフェイスでないヘルメット(ジェットヘルなど)を使用されている方がよくマスク代わりにバンダナや手ぬぐいをされているのを見かけます。

 

これって、紫外線対策だけでなく、排気ガス対策にも使えるんですよね。

 

フルフェイスでも、直接かぶると蒸れるのでバンダナや手ぬぐいのワンクッションが良かったりします。
以前もハー○ー○○のクラブの手ぬぐいも作らせていただいたこともあります。

 

神野織物では、バンダナもオリジナルで作成可能です。
ツーリングクラブでオリジナルプリントのバンダナや手ぬぐいを揃えるというのも良い感じだと思います。

 

オリジナルで作るバンダナ手ぬぐいについても気軽にお問合せいただければ、専門スタッフが丁寧にお答えさせていただきます。
無料のフリーダイヤルも用意してますし、何でもきいてくださいね。
フリーダイヤル 0120-941-011

夏の定番イベントといえば!

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

夏というのはほんま活気のある季節ですねー。
わたしも、一番好きなのは夏で「アッツイな~」って言いながら山や川をウロウロするのが大好きです(笑)
ここ数年は「猛暑」とか「豪雨」という悪いイメージもありますが、それでも夏には各地でイベントが目白押しです。

 

 

一般的なところでは海開き、山開き。
特に海はこの時期しか泳げませんし、海の家もこの時期しかやってません(笑)
なのでスイカ割りもこの時期にしか出来ないんですよね。

 

 

そして花火大会。
あれ、よく考えてみたら別に夏にやんなくてもいいと思いますが、夏の夜空に大きく開く花火を見ながらかき氷やビールを口にする、なんかそれだけでも暑さが吹き飛びそうですね。

 

 

そして、ちょっとマニアックなイベントとしては三重県鈴鹿サーキットで行われる8時間耐久レースが有名です。
あれ、バイクのことそんなに好きじゃない人も参加していると言いますから、ある意味定番の行事ですよね。

 

 

そしてここ数年で特に目につくようになったのが野外音楽祭。
いわゆる「フェス」と呼ばれるものです。

 

 

代表的なところでは、富士ロックフェスティバルがありますね。
他にも東京と大阪で同時開催されるサマーソニックも有名です。
町おこしとしてやっているケースも増えていて、関西の方でいうと、琵琶湖畔で開催されるイナズマロックがあります。

 

 

フェスのいいところはライブハウスやイベントホールのような閉塞空間でなく野外という解放感満載のフィールドで好きなアーティストの音楽で盛り上がるところがいいんですよね。
それとフェスはたくさんのアーティストが出ますから、ごひいき以外のアーティストとの出会いも期待できます。

 

 

そしてフェスを盛り上げるグッズとしてはオリジナルプリントのマフラータオルとリストバンドですよね。
フェス会場では一目で「誰のファン」とわかるくらい、アーティストのロゴがプリントされたマフラータオルを首にかけ、リストバンドをした人をたくさん見かけることが出来ます。
特にフェスは毎年違うデザインが作られますから、コレクションとして楽しむ人も多いようです。

 

 

夏フェスはやはり暑さとの戦いです。
マフラータオルは日よけになったり、汗を拭いたり、あるいは水に浸して固く絞ればおしぼりの代わりにもなります。

 

 

この頃は頭からかぶるポンチョタイプのタオルがあって日除け用に肩までスッポリ被るタイプのタオルも販売されています。
タオルは今やライブ中に振り回すものというイメージがありますが、ちゃんとタオルとしても機能しますので、このように振り回すようと暑さ対策用の2つあるといいかもしれません。

 

 

今年夏フェスにいかれる方は、夏対策用のタオルとマフラータオルを手にしてくださいね。

 

 

PS このフード付きの日除け用のタオルもオリジナルで作ることも出来ます。
100 枚から作れますのでぜひお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

 

 

 

ビックリ!錦織圭とリストバンド

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 
すごいですよね!テニスの錦織圭!
ヤルヤルとは聞いていましたがやっぱりやりよります!
全米オープン準優勝ですからね~~

 

 
準決勝で第1シードのジョコビッチを破っての決勝進出。
残念ながら4大大会優勝とはいきませんでしたが、日本人初(アジア初らしいですね)の決勝進出は、私たちに日本人でも出来るんやぞ~~っていう
感動と勇気を与えてくれました。

 

 
おまけに今朝のニュースで何とかファイナルで準決勝進出って話です。
テニスを全く知らない私でも、海外のメディアの褒め称えようを聞いて嬉しくなってきます。
世界ランキングも6位と世界で10本の指に入っているんですよ!
これは本当に、えらいことになって来たと思います。

 

 
テニスといえば、日本人は世界に通用しないんじゃないか?と思うほどなかなか世界で勝ち進むことが出来ないスポーツでした。

 

 
それが錦織君の活躍があり、そしてジュニアでも世界に通用する選手が出て来ています。
近い将来、4大大会の決勝戦が日本人同士!という日が来るのも決して夢物語ではないかも知れないですね。

 

 
あ!そうそう!女子のクルム伊達公子選手も40代に入ってからなお世界の一線で頑張っています。
彼女の活躍には私たちシニア世代もたくさん元気をもらってますからまだまだこれからも頑張って欲しいですよね。

 

 
テニスと言えば、私はリストバンドのイメージがあります。

 

 
プロテニスプレーヤーは、スポンサー企業のロゴが入っているリストバンドをしていることが多いですが、ミュージシャンなどは自分たちのロゴマークが刺繍されたリストバンドをしています。

 

 
ファンも同じリストバンドをしてライブを盛り上げていますが、あるアーティストはメンバーそれぞれ、黄色・ピンク・青・白など イメージカラーがあって、ファンは自分の応援しているメンバーと同じリストバンドをしています。
なかには「全色している」というすごい人もいるそうですよ(笑)

 

 
オリジナルのリストバンドは、ジャガード織で生地の織り方によってデザインを表現することも出来ますし、通常のリストバンドは表面にデザインを刺繍することも出来ます。

 

 
刺繍でデザインをしたほうが高級感があって私は好きです。

 

 
少しポイントをお話しますと、刺繍よりもジャガードの方が柔らかい仕上がりに出来ます。
また織り方によっては重厚感を出すことも可能です。

 

 
それからあまり知られていないのですが、フィンガーバンドといって指にはめるタイプもあります。

 

 
神野織物では、オリジナルのリストバンド・フィンガーバンドともに製作を行っていますので、お気軽にお問合せください。

 

 

 

 

 

プロ野球とオリジナルタオル、オリジナル手ぬぐい

神野哲郎from 神野哲郎

 

 

今年のプロ野球はいつになくイイ感じです!
なんといっても阪神が強い(笑)。
やはり関西人にとっては、阪神が強いか弱いかというのは、とても大事な話題です。
このままの調子で最後まで行ってもらいたいものです。

 

 

そしてパリーグでもこれまたオリックスが強い!
これも関西人にとっては喜ばしいニュースです。できれば日本シリーズを阪神とオリックスで
やってほしいくらいですね。

 

 

もしそうなったら、経済効果もごついと思いますし、全国のファンが兵庫・大阪に集まります
から地域貢献もかなり高くなります。大賑わいです。

 

 

プロ野球といえば、私たちの仕事にも大きく関わりがあります。
それは応援グッズ。球団のオリジナルプリントタオルやリストバンド、最近では手ぬぐいも
あります。

 

 

これもまた球団だけでなく、各選手ごとに作られているでいくつも欲しくなりますし、
ファン心理としては、球場に行ったらやはり買いたくなってしまいます。

 

 

また応援団や愛好会のみなさんたちも 自分たちのオリジナルのタオルや手ぬぐいなどを
作っていらっしゃいます。
これもグループの結束を高め、熱い声援を送るためには最適のアイテムですね。

 

 

オリジナルプリントのタオルや手ぬぐいを作る際にネックになるのはやはりロット数と値段。

 

 

当然のことながら、大ロットだと1枚当たりの単価は安くなりますが、小ロットだとなかなか
割高になってしまうことが良くあります。
業者によっては、「100枚以上でお願いします」というところもありますので、仲間内で
作る際には結構ハードルが高いと感じる方もいらっしゃると思います。

 

 

オリジナルプリントタオルも作り方はいろいろありますので、うまく工夫すれば小ロットで
価格もなるべく抑えることが可能です。

 

 

簡単にお伝えするだけでも、オリジナルプリントタオルの作成方法としては
顔料プリント、染料プリント、インクジェットプリントの3種類があり、更にデザインの範囲
や生地の質などを考慮するとそれこそ無数のパターンを作ることができます。

 

 

オリジナル手ぬぐいも作成方法は色々有ります。
一番ポピュラーなのがプリントの手ぬぐい。単価も安く作成出来るので一番多く作られます。
その次には本染手ぬぐい。剣道用の面タオルに使われるのがよく知られていますが、
日本の独自の注染で染め上げていきます。

 

 

これ以外にはタオルと同様、インクジェットプリントで作成することも有ります。
数年前までは、難しかった手ぬぐいへのインクジェットプリントが出来るようになったことで
写真のような多色なデザインでもプリントできるようになりました。
染料プリントで作りますので手触りも抜群です!

 

 

もし仲間内やグループなどでオリジナルプリントタオルやオリジナル手ぬぐいを作って
みたいとお考えでしたら、一度神野織物にご相談ください。

 

 

ベテランの担当者が、細かいレベルまでお聞きして、一番理想的で最適なオリジナルプリント
タオル作りのプランやデザインに合ったオリジナル手ぬぐいの作成の手順をお出しします。
オリジナルプリントタオルやオリジナル手ぬぐい、欲しいけど高い」とあきらめずに、
ぜひご相談ください。

 

 

 

クライアントさんから信頼され何度も注文を貰う方法

 

あなた、正解です・・・

 

ceo_smilep

何故、あなたの判断が今年一番の大正解なのか?
クライアントさんと強固な信頼関係を構築する方法とは・・・

 

 

from 神野哲郎  吹田の事務所より、、、 

 

 

ようこそ!神野織物のメルマガへ、、、

 

 

あなたがこのメルマガに登録した第一歩は、きっと今年一番、いやここ2~3年で一番賢い決断になるかもしれない・・・

 

 

何故 そんなことが言えるかって?

 

 

理由は簡単。その理由を話すために私の昔話を少し聞いて欲しいのです・・・

 

 

今から20年前、当時勤めていた会社に突然電話がかかってきた。母からだった

 

 

「お父さんが ガンらしい」

 

 

どうやら 本人が調子が悪かったらしく病院に行き 病院から連絡が入ったらしいのですが、自分では聞きづらく私に電話してきたのです。

 

 

「あんた,チョット病院に電話して、聞いてみて・・・」

 

 

病院に聞いてみると初期の喉頭がんで放射線で治りますとの事・・
母に伝えると ホッとしたようでした。

 

 

ところが、同時期ガンを克服し出社していた叔父も、まさかの再発。

 

 

そう 社長の叔父と専務の父が同時にガンになってしまったのです・・・。

 

 

「・・・継いでくれないかな?」

 

 

なんとなく 弱々しいオファーでした。

 

 

会社の名前は「神野織物」。代々続く老舗手ぬぐい問屋です。
昔から務める社員もいますのでなんとか営業を続けなければ・・・という思いで 引き受けました。

 

 

ところが、会社の内情は火の車 よく聞く歴史ある老舗でプライドはあるが儲けは全然ない・・そんな状況の会社でした。
こちらの本でもこの辺りはシッカリ説明しています。
↓↓↓↓
http://amzn.to/1jCtY9n

 

 

会社の資産を食いつぶしているだけで、全然 儲かっていない・・・
→社会に必要とされていないから注文がもらえていない
→他社と同じことをしているから儲けが全然出ない
→他とは違うことをしよう!!

 

 

そして私はある決断したのです。

 

 

『オリジナルでタオルや手ぬぐいを作れる会社になろう』
無謀にも、当時 需要のなかった事をしようと思ったのです。

 

 

得意先に薦められて展示会に出店した時のこと
「工場に注文したのに思ったものと違うのが出来上がってきた だからもうタオルなんて作らない」
「タオルなのに吸水性が悪い」
「指定通りに出来上がってこなかった もう懲り懲り」
「納期がめちゃめちゃ」 etc・・・

 

 

などの苦情を  イッパイ伺いました。

 

 

実際、タオルや手ぬぐいの工場には 得手不得手が有ります。
ラーメン屋にもいろいろな味があるように タオル工場でも得意分野は異なるのです。

 

 

それを知らずに、タオル工場はどこでも同じと思い込んで
「一番 安く作ってくれる工場へ頼めばいいや~」
と、インターネットでタオル工場や手ぬぐい工場 を検索して
『価格』だけを見て注文してしまい、
結局、「思ったものとは違う商品が出来上がった。」
「納期が遅れてイベントに全然間に合わなかった。」 だから 二度とタオルや手ぬぐいは作りたくない・・

 

 

展示会に出店すると、このような苦情が寄せられました。

 

 

クライアントさんに何度も注文してもらえる

 

そこでひらめいたのです!
私は工場の得手不得手を熟知することにしました。

 

 

そうすれば、
クライアントさんの望んでいる商品を提供でき、お得意先にも喜んでもらえる。
なにより私どもの得意先が自信を持ってクライアントさんに紹介できるので 二度 三度と注文してもらえるようになると思ったのです。

 

 

最終的にクライアントさんに喜んでもらえるような商品を作るということは 私どもに注文いただいている企画会社さんやデザイン事務所さんが「いいものを作ってくれてありがとう!」
って感謝されるということ。そして、信頼関係が出来ることで 違う商品でも相談を受けれるようになる。

 

 

そうなれば売上も付いてくる・・・

 

 

工場も仕事があって大喜び。
「もっと感謝されるような商品を提供しよう!」って、一生懸命良い商品を作るようになります。
こうなれば皆 ハッピーやな~~!って池袋の安ホテルで思いついたのです。

 

 

今、このことが証明されつつ有ります。

 

 

お得意先からは案件の有る毎にご相談を受け クライアントさんのご要望のデザインに一番適した工場を選択。
そして作成。
そりゃ 喜んでもらえるのが出来るはずです。

 

 

オリジナルタオルを一度作ったクライアントが 二度目は手ぬぐいを作成 また、別のクライアントさんに提案
今度はタオル そして 手ぬぐいリストバンド 風呂敷・・・・
クライアントさんがお望みのものを提案することが出来るようになるのです。

 

 

こうなれば あなたはクライアントさんの良きパートナーとなり何でも相談を頂けるようになるはずです。
信頼をいただけるのです。

 

 

そして、あなたの会社 あなた自身も商売が広がり売上が伸びるはずです。

 

 

 

二度、三度リピートされるようになるのです。

 

 

 

一緒にいいものを クライアントさんに感謝される 喜ばれる物を作っていきましょう!

 

 

神野哲郎

 

 

PS:

オリジナルの手ぬぐいやタオルの作成は、素材の選び方や工場の選択などは一朝一夕では難しい。
しかし、流れとコツを理解さえすれば たくさんのクライアントさんに説明することが出来るようになり売上も見込める。そしてなにより時間も短縮できるようになるのです。

質問など有りましたらこちらにお電話下さい。
フリーダイヤル
0120-941-011

錦織・伊達になろう!オリジナルリストバンド

 

私がまだ子供だった頃「エースをねらえ」というアニメがありました。

 

 

テニスを題材にしたアニメでしたが、まあ人気ありましたねえ。
このころ、テニス部の入部希望者の多かったこと(特に女子)。

 

 

当時の日本のテニス界は、おおよそ世界で通用するとは言えないレベルのものでしたが、最近では錦織圭選手のように、海外の大会で優勝したり、ランキングの上位にも名前が乗るような素晴らしい活躍をするプレーヤーが出てきました。マスコミでも取り上げられる機会が多いですし、CMにも出たりしていますよね。

 

 

そしてもう一人、クルム伊達公子選手の存在も忘れてはいけません。
なんといっても40歳を超えて第一線で頑張っている姿は、やはり感動を覚えますし、「頑張れ!」と言いたくなってしまいます。

 

 

テニスプレーヤーと言えば、私は職業柄なのか、リストバンドに目が言ってしまいます。プロテニスプレーヤーの場合は、スポンサーのロゴが入っていることがほとんどなのですが、実はリストバンドもオリジナルプリントで作ることが出来るんです。

 

 

オリジナルプリントリストバンドは、オリジナルプリントタオル同様にデザインをプリントすることも出来ますが、ジャガード(織り)で、糸を織り込みながらデザインを表現すると、一層高級感が増しますし、テニスやランニングなどのスポーツのときに、ちょっとリストバンドで額の汗をぬぐったりするときも、吸水性を損なうことがないのでオススメ。

 

 

他にもコスト的には割高にはなってしまうのですが、刺繍でデザインを表現する方法もあります。ジャガードも刺繍もオリジナルプリントタオルに比べ、小ロットでの製作が可能です。納期もそれほどかかりません。
コスト的にもまあ標準的な価格帯で可能ですが、詩集はジャガードに比べて割高にはなってしまいます。

 

 

またリストバンドだけでなく、指に装着する形になるフィンガーバンドの製作もお受けすることができます。

 

 

タオルは、プレーの合間やプレー終了後にしか出番はありませんが、リストバンドはずっとあなたのお供をしてくれます。

 

 

チームやサークルでお揃いのオリジナルグッズをそろえるのにも手ごろで作りやすいアイテムのひとつだと思います。オリジナルのリストバンド製作についてはお気軽に弊社までお問合せください。
経験豊富なスタッフがしっかりと対応させていただきます。
フリーダイヤル 0120-941-011

チームで作るオリジナルグッズは試合に勝てる必需品!?

 

先日テニスのウイブルドン大会が開催されていましたね。

 

私はニュース程度で見ただけなのですが、日本勢として
男子の錦織選手が取り上げられていました。
彼はあのフェデラーにも勝ったことがあるということで
テレビで見かける機会も増えましたよね。

 

また、女子でもクルム伊達公子選手が40歳を超えての
出場でこちらも何かと話題に上ります。

 

個人的には、やっぱり40代頑張ってほしいですね。
もちろん、若い世代が世界で活躍する姿もワクワクは
しますね。

 

錦織選手といえば、ウェア関連を国内で有名なアパレル
メーカーと契約をしていますが、そのメーカーの広告にも
しっかりと載っていますし、同じデザインのポロシャツも
実際に販売されているようです。
錦織選手だけでなく、他の契約アスリートも同様に広告に
掲載されていました。

 

私がテニスプレーヤーのウェア関連でどうしても注目して
しまうのがリストバンドです。

 

リストバンドは汗が手のひらにつたっていくのを防ぐ役目
があるのですが、見た目にもカッコイイものです。

 

汗を防ぐ働きがあるので、当然タオル地で作られています。
神野織物でも、リストバンドは制作していますし、もちろん
こちらもオリジナルデザインで作ることが可能です。

 

しかも、生地の上に刺繍をしてデザインを表現するだけでなく、
ジャガードで織りこむことによって、高級感を引き出すこと
も可能です。

 

もちろん、どんな長さでも対応出来ます。

 

これは、オリジナルで作るから出来るのです。
既成品のリストバンドの生地を持ってきて刺繍を載せているだけ
ではありません。

 

リストバンドはテニスサークルや野球、バスケチームなど
チームグッズとして、全員で揃えたいということでご注文
をいただくことが多いのですが、他にもアーティストの
コンサートグッズとして、販売用の物を企業から発注を受ける
こともよくあります。

 

このとき、同時にご注文いただくことの多いものが、
オリジナルグッズとしてのタオルであったり、オリジナルプリント
のタオルマフラーです。

 

タオルとリストバンドをセットでそろえることで、より
一層の一体感やコーディネートの統一感が生まれますから、
私どもとしても、この組み合わせはとてもおすすめします。

 

そういえば、ジョギングやウォーキングをしている人も
リストバンドをされている方を見かけます。

 

リストバンドは、汗を止めるだけでなく、いざというときは
そのまま腕をつけて汗をふき取ることも出来ます。
そしてオシャレアイテムとしても、いい味を出している。
以外に使えるヤツなんですね。