kanno のすべての投稿

オリジナルのタオルや手ぬぐいって1枚から作れるの?・・・価格と数量の話

 

前回では、価格ではわからない品質の違いを説明しましたが もうひとつ大きな問題
何枚から作れるのか? ということです。

 

一般的にタオルの制作枚数は100枚が最低(これのことを最低ロットと言います)・・・
と言われることが多いです。

 

制作を依頼するあなたからすると、
「なんで作ってくれないんだろう?一枚からでも出来るだろうに・・・」
と不思議に感じることだと思います。
作成を依頼する立場から見るとそうですよね。

 

でも、逆にタオルを作る工場からすると
「そんな面倒なこと出来ね~よ」ということになります。
確かに 面倒かもしれませんが作れないってことはないでしょ!って思いますよね。

 

でも、実はそんなに甘くはないのです。

 

まずは、インクです。
タオルにプリントするときには、染料や顔料をある程度量を作ってプリントをします。
そうしないと色が安定しないです。

 

やろうと思えば1枚でもプリントすることも可能ですが、そうなればインクが
大量に残ってしまいます。
このインクの代金を1枚分に載せなければならず 言ってみればメッチャ高くなって
しまいます。
100枚で分ければ一枚数十円程度で出来るものが 一枚では数千円って事に
なるのです。

 

これでは無理、無理って事になりますね。

 

まだまだ これだけではありません・・・。

 

スクリーンプリントでは プリント台にスクリーンの版をセットしてプリントをします。
このスクリーンの版も結構大きくセットするの結構時間がかかります。
それに・・・一番の問題は、インクをセットするのに一枚分のインクを機械に乗せること
が出来ないことですね これは先ほどお伝えしましたが、仮にプリントを一枚したところ
で仕事を終わるとなると、この版を外して綺麗にプリントの版を洗わねばなりません。

 

これに時間がかかります。

 

それと、プリント台の洗浄です。
タオルをプリントする場合は、インクが裏まで通りませんので大丈夫ですが 手ぬぐいを
プリントしたあとでは インクがプリント台(ベルト)に付着することがあります。

 

これを洗わねばなりません。

 

いかがでしょう?
一枚を作るとなると、結構多くのインクを使用してその後プリントマシーンのべルト部分
を綺麗に清掃。そしてプリントの型を綺麗に洗浄・・・。これだけの作業を一枚分に工賃として
乗せる必要が出てきます。

 

ね、とっても高くなるのが解るでしょう。

 

で、お客さんに説明するときは、説明を端折って
「100枚が最低となります。」って話となってしまうのです。

 

ただ、プリントの仕方によってはインクジェットプリントという方法もあります。
この方法では、プリント台を使うことなく インクもマシーンに乗せることなく作成出来ますので
小ロットの制作には向いています。

 

一枚からでも作れるのです!

 

しかし・・・機械効率が悪く一枚では仕事にならないので 単価はとっても高くなります。
ここが弱点ですね。

 

このように 手ぬぐいにしてもタオルにしても小ロットで対応できる方法もありますので 解らないことがありましたら何なりとご相談下さいね。

オリジナルタオルの専門家が語る・・・こんな業者は止めなさい! あなたはこんな間違いしていませんか?3っの盲点

 

ここのところ 立て続けにこんな電話がかかってきました。

 

「オリジナルで作った時のタオルの相場ってどのくらいですか?」
と、いうご質問です。

 

以前から何度か問い合わせを頂いていたので今日は、この説明を
したいと思います。

 

相場って言うとなんか仰々しい感じがしますが、価格です。
オリジナルタオルは、なんでもオーダーでつくり上げるのでいわば
どんな形でも作成は可能です。

 

ただ、タオルは生地の厚さと仕様で価格が変わってきます。

 

よく言われるのが
「2色のプリントで全面にプリントをして作って欲しいのですがいくらですか?」
ってご相談です。

 

この場合、注意しなければならないことが「3つ」有ります。

 

タオルは、先程も言いましたように「厚さ」で価格が変わります。
Aのお店では800円で Bのお店で750円となると Bのお店の方が安い!ってんで
早速注文ってことになるでしょうが、ここが問題です。

 

実はこの安い原因は、タオルの厚さに起因していることが多いのです。
薄いタオルを購入しているから単価は安くなっている。それだけなのです。

 

なんか残念な結果ですね。

 

これを回避するには、タオルの重さをきっちり業者に聞いて欲しいのです。
Aのお店では 300匁のタオルを使って Bのお店では280匁の生地を使って
いるということがよくあります。
「いや~~重さなんて判りません」とかいい加減な返事をするような業者は
すぐ止めて下さい。

※「匁」=モンメと言います。1匁は3.75gです。
300匁のタオルでは、1ダースの重さが1125gという意味となります。
この匁数が大きいほど、厚いタオル=良いタオル シッカリとしたタオル
となります。 

 

2つ目は、産地を聞いて欲しいのです。
中国産ではやはり一枚あたりの価格は安くなります。
この頃の中国製のタオルは いい物が多く、プリントをしても日本製のタオルと
遜色ないものが多いです。しかも安いのです。いいですね~~

 

では、日本製のタオルと何が違うか?ですが、
よく言われるのが「白度の差」と言われています。

 

並べると解るのですが一枚だけを見てみてもそんなに変わりません。
よく見ると違いますが この日本製のタオルと海外産のタオルの白さの差は、日本と中国の水の質の差に
よるものです。でもプリントを載せたりするとあまり判らなくなるのも事実ですが・・

 

それと、ここが一番の違いでしょうが・・・業者さんはあまり言いませんが
ホコリが多いのです。

 

神野織物では、よく販売用のタオルのご依頼を頂きますが、コンサート会場で振り回すと
ホコリでアーティストの喉を痛めるらしいのです。
実際、スポットライトを当てると凄いほこりが舞っているようで、
「日本製のタオルで作ってください」との指定を受けることもあります。

 

まぁ 安いですからその辺りは あり!ということも多いです。

 

それともう一つ ここが一番大きなところですが、
プリントの方法を聞いて欲しいのです。

 

プリントには、染料プリントと顔料プリントがあります。

 

染料プリントは、生地に染料を馴染ませながら柄を出す方法です。
これはコンサートなどで販売しているような高級なタオルに使うプリント方法です。

 

顔料プリントとどう違うかというと、作り方がそもそも違います。
染料プリントでは水分の吸収が凄くいいと言うことと色落ちがしにくいというものです。
また、工程上最後にシッカリと洗いますので 問題の毛ボコリも少なく上質のタオルとなります。

 

一方 顔料プリントでは、生地の上にプリントをしてその後乾燥機を通して完成!
となりますので、非常に簡単にプリントができます。
設備の大掛かりとなるので、四国の今治以外ではほとんどがこの顔料プリントだけしか
出来ない工場なのです。

 

この前お客さんから
「染料プリントは、環境にやさしくないプリント方法と聞きましたが本当ですか?」
って聞かれました。
????って感じです。
顔料プリントと比べると 工程上最後に生地を洗い余分な染料を落とす作業はありますが
この汚れた水はシッカリと浄化して捨てています。
大体そんな排水をそのまま垂れ流すようないい加減な染工場は、日本にはありません。(笑)

 

このように上質な染料プリントで作成すると設備も大掛かりとなるので価格も高くなります。
一枚あたり100円程度は変わってくるのです。

 

こんな理由で価格は変わってくるのです。

 

あなたがもしオリジナルタオルを作ろうと思っているのなら、業者さんにまず
1、タオルの重さを確認して。
2、産地を聞いて。
3、プリント方法を確認してください。

 

この3っつの条件を確認してから、それぞれのメーカーの価格の差を確認すること
とお勧めします。

 

同じ土俵に上がっていないのに価格の差を調べたって無意味です。
このあたり注意してくださいね♪

 

ややこしくって解んないや・・・って方は、
嘘は絶対言いませんので神野織物にご相談ください。

 

ここは宣伝です!!はい。

チームで作るオリジナルグッズは試合に勝てる必需品!?

 

先日テニスのウイブルドン大会が開催されていましたね。

 

私はニュース程度で見ただけなのですが、日本勢として
男子の錦織選手が取り上げられていました。
彼はあのフェデラーにも勝ったことがあるということで
テレビで見かける機会も増えましたよね。

 

また、女子でもクルム伊達公子選手が40歳を超えての
出場でこちらも何かと話題に上ります。

 

個人的には、やっぱり40代頑張ってほしいですね。
もちろん、若い世代が世界で活躍する姿もワクワクは
しますね。

 

錦織選手といえば、ウェア関連を国内で有名なアパレル
メーカーと契約をしていますが、そのメーカーの広告にも
しっかりと載っていますし、同じデザインのポロシャツも
実際に販売されているようです。
錦織選手だけでなく、他の契約アスリートも同様に広告に
掲載されていました。

 

私がテニスプレーヤーのウェア関連でどうしても注目して
しまうのがリストバンドです。

 

リストバンドは汗が手のひらにつたっていくのを防ぐ役目
があるのですが、見た目にもカッコイイものです。

 

汗を防ぐ働きがあるので、当然タオル地で作られています。
神野織物でも、リストバンドは制作していますし、もちろん
こちらもオリジナルデザインで作ることが可能です。

 

しかも、生地の上に刺繍をしてデザインを表現するだけでなく、
ジャガードで織りこむことによって、高級感を引き出すこと
も可能です。

 

もちろん、どんな長さでも対応出来ます。

 

これは、オリジナルで作るから出来るのです。
既成品のリストバンドの生地を持ってきて刺繍を載せているだけ
ではありません。

 

リストバンドはテニスサークルや野球、バスケチームなど
チームグッズとして、全員で揃えたいということでご注文
をいただくことが多いのですが、他にもアーティストの
コンサートグッズとして、販売用の物を企業から発注を受ける
こともよくあります。

 

このとき、同時にご注文いただくことの多いものが、
オリジナルグッズとしてのタオルであったり、オリジナルプリント
のタオルマフラーです。

 

タオルとリストバンドをセットでそろえることで、より
一層の一体感やコーディネートの統一感が生まれますから、
私どもとしても、この組み合わせはとてもおすすめします。

 

そういえば、ジョギングやウォーキングをしている人も
リストバンドをされている方を見かけます。

 

リストバンドは、汗を止めるだけでなく、いざというときは
そのまま腕をつけて汗をふき取ることも出来ます。
そしてオシャレアイテムとしても、いい味を出している。
以外に使えるヤツなんですね。

サッカーの日本代表マフラータオルと同じ品質のジャガード織りでオリジナルタオルを作ってみよう!

 

オリジナルタオルの生地には大きく分けて2種類の方法があります。
ひとつが「シャーリング」で もうひとつが「ジャガード」です。

タオルの生地は、必ず表面の糸がわっかのようになります。
これを「パイル」と呼んでいるのですが、よくガソリンスタンドなどの粗品で
もらう店名の入ったタオルもこのタイプとなります。

これを「名入れタオル」と言います。

同じパイルで表現したタオルでは、百貨店のスポーツ用品コーナーで売っている
アディダスやナイキのタオルものこのパイルで作られているものが多いのです。

こちらは毛違いジャガードと言われています。

名入れタオルジャガードタオルの違いですが、名入れタオルはご存知のように
白など一色でタオルが作られています。

パイルの上げ下げで柄を表現するジャガードという方法もありますが ここで言う
ジャガードでは、2色使って裏表が反転するようなデザインとなります。

この2色で色が反転するようなデザインを「毛違いジャガード」と言います。
機械的に違う色毛(糸)を掴んでパイルを作りしばらくすると違う色糸で柄を
作ったりしますので 違う色糸を使って柄を出すということから「毛違いジャガード」
と言うのです。
サッカーの応援グッズとしてスタンドで振っているのがこの毛違いの
「ジャガードマフラータオル」となります。

使っているとわっかの部分が引っ掛かったりして、糸がのびたりするのが特徴です。
もう一つの「シャーリング」はこのわっかの部分を切って、一本ずつ糸が立つような
感じでキレイに揃えたものです。

コンサートなどで販売されている 柄をプリントしたタオルによく使われていますが、
シャーリングタオルはパイルの状態をわざわざ切って揃えるという加工が加わるので、
その分どうしてもコストは高くなってしまいます。

でも、やはり手間ヒマかかっているだけあって、プリントをすると綺麗に出来上がります。
シャーリング生地を別名プリント生地と呼ぶのはそのためです。

さて、このジャガードタオルですが、オリジナルデザインで作るときにはどうして
いるのか?

なんと、色違いの糸を織り込みながらデザインを表現していくという手法をとって
います。
ちょうど着物やタペストリーなどを織っているような感じをイメージしていただけ
ればいいかなと思います。
この「織りこみで柄を出す」というのは、実のところ非常に難しいのです。

まずデザインに合わせて必要な色に糸を染めていかなければなりません。
次に、機械がデザイン通りに織りこむことが出来るように「型」というものを
作っていく必要があります。

ここまでが準備作業で、本番には更に「機械・職人・糸」の3拍子がしっかりと
揃っていなければ、ちゃんとした製品に仕上げることはできません。
ただそれだけの労力をかけても、やはりジャガード織りのタオルの出来上がりは
素晴らしいものなので、「しっかりとした良いものを」というニーズにマッチした
製品と言えるのです。

ジャガード織りのオリジナルタオルは、高級ホテルのオリジナルタオルであったり、
プロスポーツチームのオリジナルグッズなどに採用されるケースが多く、
いわゆる「ブランドを大切にしたい」というお客様に愛用されています。

エステサロンなどブランドや高級なイメージを大事にされるお店などにはまさに
ピッタリではないでしょうか?

ただ、一つ問題があります。
プリントタオルのように気軽にサンプルが作れないのです・・・。

プリントの場合のサンプルは、プリント型を作って手持ちの生地にプリントをしますので、
色を間違っても刷り直しをすれば色を変えてサンプルを作ることはできます。
しかし、毛違いジャガードの場合は 先程もお伝えしたように先に色糸を染めてから機械に
セットして作成に入ります。

と言うことは、一度糸を染色したあとでは色の変更はできません。

色を変更したいと思っても機械に必要枚数分の糸をセットしていますので
取り除くことも不可能です。(切って捨てる覚悟があれば出来ますが・・・・)

ですから オリジナルジャガードタオルの場合のサンプルは 色糸を見ていただいて色を
決定して頂きます。

神野織物ではご希望の色に近い色糸の束をお送りいたしますので その中でご希望の色を判断いただいてから 
安心して発注していただけるよう、無料でこの色糸のサンプルをお作りしています。

「うちもジャガード織りでオーダーメイドタオルを作ってみたい」という方は、
ぜひお気軽にお問い合わせください。

評判の良い手ぬぐい工場って どんなに感じが良くってどうしたら喜んでもらえるんだろう?

神野織物では、評判の良い手ぬぐい屋さんになりたいと常々思っています。

 

評判が良い・・・とっても難しいことだと思いますが 昔なら
「あそこの八百屋さんは野菜が新鮮だからいいよ」とか
「あそこの散髪屋さんは丁寧に仕上げてくれるから好き」とか
自分で感じた 感動したことを身内や友達に話していたと思います。

 

この話に尾ヒレがついて
「あのお店、皆が良いって言ってるよ」
「すごいみたい」
って話が膨らんで大きくなっていくんですね(笑)

 

伝言ゲームみたいになってどこまで行くねんってくらい話が大きくなる
こともあります。

 

実際、この噂を信じて行列を作ってそのお店で購入すると、期待以上のサービス
や味なれば 
「すごく美味しかった~~」
「とっても充実したサービス・・・感動した!」
なんて、言われることもあります。

 

どんな人でも 自分が提供しているサービスにお客さんが感動して、
こんなこと言われたらとっても嬉しくてしばらくは仕事がはかどりますね!

 

自分も以前は
「商売だから嬉しいですって言ってるだけだろう・・」
ほんまかいな?って心の奥でおもっていました。

 

でも、実際にお客さんから電話やメールで
「ありがとう!ほんとうに綺麗に仕上げてくれて・・・」
「畳み方まで 指定していないのに柄を出してくれてほんと嬉しいです!」
なんて お願いもしていないのにわざわざ電話を掛けて頂き 直にお言葉を
掛けて頂くと 
本当に心の底から嬉しくなって「ありがとうございます!!!」って気持ちになります。

 

これ本当です。

 

神野織物では お客様に頂いたお言葉を「お客様の声」として公開しています。
このお客様の声は お客さんの了解を得たお言葉は100%掲載しています。

 

中には、ご指摘や注意を頂いているお言葉もありますが、こんな時には私が
責任をもってお客さんにお応えするようにしていますが、ほとんどのお客様は
「神野織物で作って良かった」とか「丁寧に対応してもらい嬉しかった」
っていうお言葉が多いのでホッとしています。

 

お電話やメールでのやり取りでは、初めて連絡するときは緊張するものです。

 

自分も通販で注文するときは。
どんな人が対応してくれるんだろう?とか機械的に喋られても困るなとか思いながら
結構ドキドキしながら電話をしています。

 

なので、弊社ではできるだけわかりやすく丁寧にお伝えするというのを心がけ
ています。
嘘だと思うならこちらの「お客様の声」をじっくりご覧になってください。

 

評判の良いオリジナル手ぬぐい屋・・・神野織物はこれを目指して
社員一同頑張って行きます!!

剣道用面したや伝統文化にも活躍するオリジナル手ぬぐい

 

手ぬぐいは言うまでもなく、日本の文化・歴史の中で愛され使い続けられてきています。

そもそも手ぬぐいの原型は奈良時代にさかのぼると言いますから、1300年前から存在
していることになるでしょうか。

元々は仏具など神仏の清掃に使われていたものらしいですが、神事の際に身にまとうよう
になり、やがて一般的に使われるようになったようです。

同時に、芸能方面でも多用されるようになり、歌舞伎や日本舞踊落語の小道具として使わ
れたり、各地のお祭りの際の踊りのときの衣装の一部として使われるようにもなりました。

落語を見ていると、落語家のみなさんはほんとうまく具合に手ぬぐいを使っていらっしゃ
いますね。

1本の手ぬぐいが湯呑になったり、たばこ入れになったり、財布になったりと、
見ている方もそのように見えてきますから、落語という芸の深さはすごいんだなあと思います。

こういった古典芸能ともいえる世界では、やはり手ぬぐいはなくなってしまうことはないでしょう。
落語の小道具が手ぬぐいからタオルやハンカチに変わるというのもなんだか味気ない気がして
しまいますしね。

もしかすると、落語などの伝統芸能を見て感じる独特の感覚は日本人が忘れることのできない、
素晴らしい感性なのではないかと感じることが良くあります。

私は日常的に手ぬぐいを使っていますが、京都などに行った際にはやはりハンカチより手ぬぐい
を使っている方がサマになっている気もしますし、初詣で神社に行ったときも、襟元にマフラー
を巻くより手ぬぐいを巻いている方がなんとなく合っているように感じます。

 

もう一つ、よく使われるのに剣道では 面タオルや面手ぬぐい 面したなんかで呼ばれている手ぬぐいがあります。これは剣道では面の下につけて汗が流れてくるのを防いだり面を打たれた時のショックを和らげる目的で使います。

 

色々な目的で使われていますね♪

神野織物でも落語家の桂文治師匠が本染め手ぬぐいを作ってくださいました。
WEBサイトにも掲載していますが、桂文治師匠の感想です。

「オリジナル手ぬぐいの製作は最初、デザイン案がイラストレーターのデータでなく、
加えて納期の期日が迫っていたため、間に合うかが不安でした。
注文の決め手は社長の対応の一言につきます。嬉しかったのは、まず期日に間に合った
ところです。値段を配慮いただいたのもあります。担当者の対応やwedサイトも満足して
います。実際に仕上がった手ぬぐいも期待通りです」

期日に間に合わせる、値段を配慮するということは企業としてはある種当たり前のことだ
と思いますが、それ以上に師匠から「対応が良かった」と評価していただけたのは、私ども
としても嬉しい限りです。師匠の高座をご覧になられるときには、「あの手ぬぐいは神野
の手ぬぐいなんだな」と思っていただければ嬉しいです。

手ぬぐいのエコな使い方 ゆかたや小物も作れます。

こう見えても・・・実は、タオルや手ぬぐいの可能性や用途についてしょっちゅう
調べたり考えたりしています。

先日も「手ぬぐいを何か他のものに加工出来ないか?」と考えていたところ、
「手ぬぐいでエコバッグを作りました」という人に実物を見せていただくことがあり、
「なるほどー。こういう使い道があるか!」と感心した次第です。

その方は、手芸が好きで、日ごろからお弁当袋や子どもたちが学校で使うようなバッグ、
そして愛犬に着せる服までハンドメイドされています。

今回見せていただいたエコバッグは、100円均一で買ってきた手ぬぐいを縫い合わせて
作ってありました。

男性はあまりエコバッグの必要性を感じることが少ないのですが、やはり女性はスーパーなどに買い物に行く機会も多いですから、エコバッグは必須アイテムだそうです。

「何十個持っていてもかまわない」という女性もいるくらいで、急に思い立って買い物に行ったときに、自分のカバンの中にエコバッグが入っていないと焦ってしまうという人もいるらしいです。

そのエコバッグですが、ほとんどがナイロン製や不織布製のものが多く、私の感覚では、なんかイケてない感じの物が多いように思います。

逆に「ああ、これは手作りだなあ」とわかるエコバッグを持っている女性を見かけますが、ほんとそれだけでなぜか「この人、センスええなあ~」と感じますから不思議ですよね。

 

さて、その手ぬぐいエコバッグですが、手ぬぐい1枚からでも作ることが充分可能なんだそうです。

作り方は、おそらくネットで検索していただければ、数多く見つけられると思いますので、参考にしてください。私の立場からすると、手ぬぐいはやはり手ぬぐいとして使っていただけるのが嬉しいところなのですが、オリジナルデザインの手ぬぐいをこのような形で使っていただけるのも作り手としては嬉しい限りです。

オリジネルデザインの手ぬぐいは、1枚単位でお作りすることが出来ませんので、ロットで作っていただき、一部は通常の手ぬぐいとして使用、そして一部はエコバッグなどに加工して使っていただくというのはいかがでしょうか?

もちろん、手ぬぐいの質も100円均一の物とは比較になりませんので、きっと愛着のわくマイバッグになると思います。

お客さんの中には
「浴衣にしたいので注染で作ってください」とか
「カバンや小物を作りたいので反物のまま切らずに欲しいです」
って要望もこのごろは多いようです。

 

あまり知られていませんが、昔はこの手拭生地を使って浴衣を縫っていたのです。ゆかたに使って擦り切れてきたら手ぬぐいとして・・・その後もっと擦りきれてボロボロになってきたら掃除用品として雑巾がけの道具として・・その後はハタキとして使っていました。とってもエコな道具でした。

 

でも 生地によって向き不向きもありますので「こんな物をこんなように作りたい・・・」ってご相談ください。アドバイスさせて頂きますので聞いてください。

 

これからも手ぬぐいやタオルの新しい使い道についてご紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね。

風呂敷バッグの作り方 使い方

 

少し前から「風呂敷バッグ」というのが若い女性を中心に人気のアイテムとなってきています。

風呂敷というと、あの唐草模様で緑っぽくて野暮ったいのをイメージしてしまいがちですが、大きさがあるので使い勝手は抜群に良いシロモノです。

風呂敷の使い方は、おそらくみなさんがイメージしているように風呂敷の上にものを置き、四方の隅を真ん中に寄せて、それを結んで使うというのが一般的です。
他にも結び目をわっかにして持ちやすいようにしたりというのもありますが、まあそれほどスタイリッシュな印象を受けるということはありません。

そんな風呂敷ですが、「風呂敷バッグ」なるものにすることで
ちょっとしたオシャレアイテムになります。
ネットを検索してみると、風呂敷バッグの作り方というので
結構なサイトが紹介されています。

中でも、リングを取っ手代わりに使った風呂敷バックは見た目もスッキリしていますし、和と洋のバランスがとれていてなかなかイケている印象がします。

作り方も簡単で、リングに風呂敷を結び付けるだけ。
リングさえあれば、複数枚の風呂敷をそのときの気分や洋服などとコーディネートして使い分けるという小技も可能になります。

神野織物では、オリジナルプリントの手ぬぐいだけでなく、風呂敷も取り扱っていて、根強い人気を誇っています。

オリジナルプリントの風呂敷は、顔料インクを使いますから、デザインの表現力も損ないませんし、発色もキレイです。
また柄についても、全体にすることも出来るし、ワンポイントとして端っこにプリントすることも可能です。この方法を隅付けと言いますが、15センチ程度のロゴを隅に一箇所プリントするというものです。

また染め抜きという手法で、紺地の綿100%の風呂敷にデザインを染め抜きします。
以前は、白く抜く抜染という方法がありましたがこのごろは職人さんがいなくなりこの方法は使われなくなりました。
しかし、数量がまとまればデザインを付けて 別色に染める事も可能です。

もう一つ、イレギュラーな方法があります。

これは、手ぬぐいの染工場で風呂敷を作る方法です。
この方法で作れる染工場は限られています。これは注染の台が風呂敷サイズに対応していない所が多く染めることができないためです。

 

弊社の協力工場では、この注染で風呂敷を作る方法に対応しています!

本格的な風呂敷を作りたい場合はぜひご相談ください。

風呂敷の良さは、バッグとして使わないときにコンパクトに収納することが出来るのと、皮やファブリックのバッグのように型崩れの心配をしなくてもよいこと。
それにオリジナルデザインで作ることで、自分なりのこだわりが表現出来ますし、普通のバッグを買うよりも安価です。

オリジナルデザインの風呂敷は小ロットから作成可能です。

デザインのことや価格のことなど、お気軽にお問い合わせください。

手ぬぐいの額装 職人技の手ぬぐいは名画に匹敵する

手ぬぐいを額縁に入れて飾るという人がいらっしゃいます。
私も何度か見たことがありますが、まあいいもんですね。
やっぱりしっかりと作られた手ぬぐいは美しい。
特に自分のところが作った手ぬぐいは、名画に匹敵するほど
ホレボレする美しさです。

この美しさを再現できるのも、腕の良い職人の技術があっての
ことです。

手ぬぐいやタオルなどの繊維業は、海外での大量生産により
低コストで作るのが当たり前になってきました。
その影で、廃業に追い込まれた工場や職人さんたちも数多く
存在しています。

タオルだけでなく、アパレルなども同様です。

先日もテレビを見ていたら、ジーンズの生産が海外にシフト
したため、日本のジーンズ産業の源であった倉敷でも多くの
工場が閉鎖してしまったそうです。

でも、そんな中でもしっかりと生き残っている会社もあります。
そういった会社の多くは、「良いものを安く大量に」という
今までの感覚を捨て、「小ロットで高価格でもいいから品質の
高いものを提供する」という方針に変えた結果、生き残ることが
出来たといいます。

神野織物でもそれは同じで、「安かろう・悪かろう」の海外品を
中心に取り扱うのではなく、日本の職人魂が生きた商品を提供し
ようと努力し続けています。

そしてそれだけでなく、「本当に良いものを出来るだけリーズナブルに」
ということも実現しています。
なぜこういうことが出来るのか?というと、それは神野織物が
協力してくださる工場や職人さんたちの得意・不得意を始め、
「こういうオーダーなら○○さんのところ」といった、これまでの
実績に裏付けされたデータと信頼関係を持っているからです。

日本の職人さんたちの心意気と技術は本当にすごいんです。
これは海外の工場では絶対に真似できないと確信しています。

手ぬぐいの注染などは職人の手作業によるところが多く、
そのときの気候・温度や湿度を職人が自分の経験と勘によって
見事に色合わせをしていきます。

一人前の職人になるには長い年月がかかります。
そして伝承される技術は、何百年も脈々と受け継がれてきたものです。
よく「最終的に機械は人間の感覚には勝てない」と言いますが、
職人の世界はまさにそれを地で行っていると感じます。

手ぬぐいは基本的には日常的に使うものです。
でも素晴らしい職人技による美しい手ぬぐいは、
観賞用として額に飾る価値は充分にあると思います。

実は、手ぬぐいだけでなく手ぬぐいを作る時の型を
額に入れるっていう方法もあります。

これは、切り絵を額に入れるのと同じような感覚で
手ぬぐいを額に入れるのとは若干趣が変わります。

結婚式とか米寿や傘寿などの祝い事の手ぬぐいは リピートも
ないことから型をお渡しすることもあります。

世界に一つしかない型を額に入れるのもいい感じです♪

今治と泉州・・・それぞれのタオル製作方法と特徴

 

タオルは何の目的で作られた物なのか?
それは言うまでもなく、汗や水分をふき取るためです。
もしタオルにこの機能がなかったとしたら、
それはただの布キレにしかすぎません。

神野織物はプリントタオルに力を入れてはいますが、
本質的にはタオル屋なので、タオルの機能としての
吸水性を損なわないというところは大切にしています。

このタオルの吸水性なのですが、どういう仕組みに
なっているのか簡単に説明してみましょう。

元々タオルの生地に使われる綿糸は原料の段階では
「生成り」色をしており、そのまま織機にかけると
切れてしまいます。そこで「のり」をシッカリ付けて
織り上げていくのですが、この方法では生成り色の
ままでタオルが出来上がるので、織り上げたあとに
白くなる加工を施します。

これを後晒しタオルと言います。
生成りのまま織り上げてタオルの形として出来上がった
物を後で染工場で綺麗に白く晒すので「あとさらし」
と言います。
一般的に大阪の泉州地区で作られるタオルがこの後晒しタオル
となります。

 

もう1つの方法として、綿糸の段階で白くなる加工を
先にやってしまうというのがあります。こちらも
その白い糸の状態ではもろいため 織機にかけると
糸が切れてしまいます。そこでやはり「のり」を
シッカリ付けて織り上げる方法をします。
こちらは完成品の状態で出来上がってきます。

これを先晒しタオルと言います。
これは綿糸の状態で先に綺麗に白く晒してから織機
にセットしてタオルに織り上げる方法です。
「さきさらし」と言います。
こちらはもうひとつの産地四国の今治で生産されてます。
このごろ話題の「今治タオル」(いまばりタオル)もこのタオルになります。

 

実はタオルの吸水性の問題は、この「のり」によるものです。
一つ目に紹介した「あとさらしタオル」は、
白さを後から出さないといけないので、よく「洗い」
をかけて製品に仕上げます。
「洗い」をかけると同時に「のり」が取れるので
「よく水を吸うタオル」になります。

 

二つ目に紹介した「さきさらしタオル」でも、製品として
出来上がった後にもう一度「洗い」をかけてのりを落とせば
「よく水を吸うタオル」になるのですが、
単価・納期によってはこの工程を省く事があります。
先に晒していますので見た感じは綺麗なタオルに仕上がって
いますが「糊」が綿糸に付いたままなので水をはじくような
タオルに仕上がります。
その場合は、「水を吸わないタオル」になってしまいます。

※市場に出回っている「今治タオル」は、四国タオル工業組合
がきっちりとした指標を作り、製品ごとの検査をしてネームを
発行していますので間違いありません。

 

またどちらの場合でも切れやすい粗悪な糸を使用すると
大量にのりをつけなければ織り上げることができないため、
のりが残りやすく、水を吸わないタオルになります。
この場合でも何度か選択して使用していれば、水を吸う
タオルになりますが、当然生地は痛みますし、色落ちも
してしまいます。

綿糸の価格も、繊維長の短い粗悪な綿の場合は安いのですが
こういった弊害も有るのです。

価格だけで判断するとこういった事も起こります。
長持ちするいつまでも手触りの良い型くずれしないタオルは
良い綿糸を使いきっちりと設計されているものです。

 

最近では100円ショップを中心に安いタオルが出回って
いますが、そのからくりはこのような糸を使って織り上げる
ことで成りたっているケースが多く見受けられます。

「安い」ということは悪いことではありませんが、
その裏側にあることも知っておいて損はないとは思います。

 

タオルについての質問などお気軽にお寄せください。
お問い合わせは料金無料のフリーダイヤル(0120-941-011)か
Eメール info☆e-kanno.com (☆を@に変えてください)、
またはホームページの問い合わせページをご利用ください。