ドイツ


神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 
やっとのことで、お仕事も落ち着き海外向けのサイトも立ち上げたこともあって9月の頭にドイツに行ってきたのです。

 

 
視察を兼ねての海外ですが、根っからの貧乏性の私は到着までの12時間映画見倒して元取ったるど~の勢いで、5本を見たおかげでクタクタで到着。そのままバスの移動でやっと寝たのです。

 

 
そして次の日、目をまだ赤くして街を散策しているとやっぱりアニメ関係の漫画を売っているお店はたくさんの人だかりで日本人が入るスキすらないのです。

 

 
これ以外の日本の物は、ヨーロッパでは韓国や中国、インドが一緒に見えるようで、アジアの雑貨品を売っている雑貨屋さんがありました。これは観光客目当て。

 

 
我々が行くような名所では観光客目当てのお店が多く、都市部に行けば地元の人が行くような雑貨店やスーパーがたくさん連なっています。

 

 
しかし!! 
平日は5時以降はほとんど店は開いていません。
カフェやレストランの飲食は開いているのですが、地元の人が必要とするお店も夜の7時には空いていません。
雑貨店やファッションブランドのお店なんかも全て閉まっています。

 

 
ほんまに働かない人達です。

 

 
このドイツがヨーロッパで一番の優等生なんて日本人から見るとウソみたいです。

 

 

????
ほななんで みんな余裕のある生活してるんだろう??
そう見えるしな・・・。

 

 
そうか・・この国では海外に対抗できるようなものを作っているのか?って思ったりもしたのです

 

 
うん、うん、そうや ドイツ人向けではなく海外向けに商品を作って世界の人からお金を巻き上げるようになっているんちゃうか? そや、ベンツもBMWもアディダスもPUMAもドイツやん!って無い頭を絞って考え付いたのです。

 

 
でも、日本もそれなりに海外でも認められてるのにな・・・って自問自答。車でも技術でも結構ええせん行っているように思います。
でも、どう見たって日本に比べるとやっぱり余裕があるように思えるのです。

 

 
何故なんでしょう?

 

 
緑がたくさんあって歩くスピードもゆっくり・・・。
カフェなんか朝早くから遅くまで おじいさんやおばあさんまでもワイワイ言いながらのんびりしゃべっています。
なんか人生を楽しんでいるように見えます。
ええ感じです。

 

 
自分が歳取ったらどうなっているんやろう?
ドイツの人のようにゆったりまったり出来るんやろか?
なんか ぼやっとそんな心配してしまいました。

 

 
PS   
帰ってくると仕事がいっぱい・・・焦ってこなしている今日この頃です。

時間の余裕を作れる、気持ちの余裕が欲しいな~~って思っています。
そうそう、幸せかどうかはやっぱり気持ちの持ちようですね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です