タグ別アーカイブ: .盆踊り

年末年始の準備はお早めに

手ぬぐいマフラー
綿100%の手ぬぐい素材のマフラー

from 神野哲郎

 

 

1年というのはほんまに早いものですねー。
ついこの前正月だったと思ったら、もうあと少しで年末です。
今年もまあ慌ただしく過ごしてきた感がありますが、それだけ仕事にも恵まれたということなのでありがたい話ではあります。

 

 

年末年始というと、商売人はあいさつ回りというのが定番のイベントとなってきます。
その時に、御礼とこれからのご愛顧もかねてちょっとしたノベルティグッズを配ることが多いです。

 

 

カレンダーや手帳といったものも結構定番ですが、お店や会社の名前やロゴが入った「名入れタオル」も関東では根強い人気があります。

 

 

中には「名入れタオルってあの雑巾にしかならんやつやろ」と思われる方も見えるかもしれません。確かに一部の外国産のものには決して品質が素晴らしいとは言えないものもあったりします。

 

 

神野織物は、名入れタオルは企業のイメージアップにつながると考えておりますので、
「より良いものをご提供する」ということで
「日本製200匁ソフトタオル」と「日本製2000匁ソフトカラータオル」を
メインに販売しています。

 

 

海外製に較べて打ち込み密度もしっかりしていますので、優れた吸水性とソフトな肌触りの良さ、そして耐久性を持ちそなえたとても実用的なタオルとなってます。

 

 

名入れタオルは、国内ではタオルの二大拠点として今治と泉州がありますが 泉州のタオルを使って製作することが多いようです。
なぜ泉州なのか?というと、一番大きいのはコストの問題。

 

 

ノベルティグッズは販売促進が目的ですので、あまりコストがかけられません。
泉州のタオルは今治とは製造工程が若干違うため、その分コストを下げることが可能になっています。
また、仕上がり自体も今治よりも泉州の方が柔らかくなるため、日常的に使うタオルとしては泉州の方が向いている面があります。

 

 

プリントは顔料インクを使って作ります。
通常ですと名入れタオルを作る際に最初に型代が発生します。
これを弊社推奨のフォントを選んでいただければ、型代無しで作成することが出来ますので、こちらもコストダウンにつながると思います。

 

 

この時期、弊社だけでなくどの業者さんも注文が込み合いますので、年末年始に名入れタオルをご検討の方は、お早目にお尋ねくださいね。

 

 

 

 

盆踊りと手ぬぐい

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

夏の行事といえば?と聞かれて何を思い浮かびますか?
海水浴?キャンプ?野外フェス?花火?
私はやっぱり「盆踊り」のイメージが外せません。
まあこの時点で、やっぱり昭和の人間なんだなとと思いますが(笑)

 

 

盆踊りって昔はどこの町内会でもやっていました。
それこそ隣町の盆踊りまで遠征したりとか。
夜に出かけるってのが楽しくって 別に盆踊りが楽しみってわけでもなったような・・・・(笑)
蒸し暑い夜に友達と待ち合わせて行くんですが、目的は屋台やったような。

 

 

今は町内会や自治会が行事をするのも何かとうるさい難しい世の中ですから、多分全国的に盆踊りという行事も減っていると思います。

 

 

時代の流れと言ってしまえばそれまでなのですが、自分が子供の頃に当たり前にあったものが減っていくというのは少し寂しい気もします。

 

 

盆踊りと言えば、思い出すのは輪になって踊っていた近所のオバチャンたちが浴衣姿だったということと、頭に何かかぶっていたということで。

 

 

この頭にかぶっていたものは手ぬぐいだったということに気付いたのは、結構大きくなってからなのですが、まさか自分が手ぬぐいを扱う仕事をすることになるとはそのときはこれっぽっちも思っていませんでしたねー(笑)

 

 

そのころの浴衣といえば、色合いが白と紺(藍染め)のものばっかりなのでそれほど華やかな感じはしませんでしたが、今はピンクとか黄色の浴衣もありますから今盆踊りををやると結構カラフルになるんじゃないでしょうか。

 

 

さて、その手ぬぐいなのですが、なぜ盆踊りでは頬かむりとして使われるのか?
と、いうことが気になったので調べてみました。

 

 

「これは」という説を見つけることは出来なかったのですが、どうも昔神事の衣装の一部として使われていた時代があったようです。

 

 

そういえば盆踊りも年に一度 この時期にこの世に帰ってくる精霊さんをお迎えして、お見送りする儀式なので、神事の一種だったと思うんですよね。
なのでその流れで手ぬぐいが使われているんじゃないかな?って思います。

 

 

なかなか浴衣を着て過ごすという人も少ない現代ですが、夏祭りや花火大会、盆踊りで浴衣を着る機会もあるかと思います。
年に数日のせっかくの機会なので、浴衣を着るときにはやっぱりタオルやハンカチではなく手ぬぐいを、そしてスニーカーやサンダルではなく草履やゲタを履いてみてください。

 

 

40年前の昭和の雰囲気を味わえます。

 

 

PS 神野織物では、手ぬぐいだけではなく浴衣生地も作ることが出来ます。下のフリーダイヤルからご連絡ください。
0120-941-011