タグ別アーカイブ: 物販のタオル

あなたも間違ってるかも・・・オリジナルタオル編

 

 

お客さんからの問い合わせで よく聞かれることがあ有ります。
「黒いタオルに白いプリントをして欲しいのですが・・・・」ってご相談。

 

先日もお客さんから
「サッカー部で使うのに、黒いタオルに白い学校名を入れて欲しいんですけど」
って問い合わせを頂きました。

 

黒いタオルに白い文字は目立つこ間違いなしで、運動クラブやアーティスト用のタオルでは
男前って感じで カッコ良く仕上がると思います。

 

でもここで注意が必要です。

 

実際、黒いタオルは有ります。
だから これに白いインクでプリントしたらいいじゃない~?ってお思いでしょうが・・そうは簡単には作れないのです。

 

黒地のタオルに白いインクを付けて柄を出す場合 インクは濃い粘度の高いネバネバした ペンキの様なインクを付けなければタオルに染みこんでしまいます。

 

するとどうなるかというと、この白い部分の触り心地は タオル本来の柔らかさが損なわれ ガサガサのタオルになってしまいます。

 

なので神野織物では、黒のタオルに白の顔料インクでお作りすることはおすすめしていません。
別の方法をオススメしています

 

実際、黒いタオルに白い文字のタオルってコンサート等では よく見かけます。

 

これの作り方はどのようにしているのかと言うと タオルは、お伝えしたように白いものですので
この表面に黒の染料インクでベタプリントして 柄を出すところをプリントせず白で柄を出しているのです。

 

この方法のいいところは インク自体は染料インクを使いますので仕上がりは柔らかく出来上がりますし染料を使うので色落ちも少なく 綺麗に仕上がります。
染料インクとは、生地(タオル)にインクを染み込ませてプリントするので タオル本来の柔らかさを維持したまま出来上がるのです。

 

それと、色落ちが顔料プリントより少なくなります。
これは、染料を定着さすため蒸しという工程を通しますが この後必ず余分な染料を落とすために 洗いを掛けるのです。要するに 完成品として出荷する前に 一度洗濯しているので色落ちも少なくなるということです。

 

ただ、デメリットも有ります。
それは 顔料プリントより工程が多いので 染料プリントのほうがチョットばかし高価になる事と納期が少し多く必要となります。
それと タオルを裏返すと白いままってところです。

 

しかし、こういったデメリットを踏まえても この作り方が一番多く使われます。

 

コンサートなどで販売されているタオルもほとんどがこの染料プリントで仕上げたタオルが多く
やはり 手触りと色落ちでこちらに決まりなんでしょう。

 

このように 黒にかぎらず濃い色をプリントするときは染料プリントをお勧めします。

 

あなたも プリント色の事とかプリント方法 このデザインではどのプリント方法がいいのだろう?
など面倒なことは 専門家に一度聞いて頂いてから進めて下さい。

 

クライアントさんとデザインを詰めて さぁ作成ってところまでこぎつけてるのに デザインの変更
なんてことは嫌ですからね~

 

PS 面倒な素材やプリント方法の選別は専門家に聞いたほうが時間の短縮ですよ♪
フリーダイヤルでお問い合わせ下さい。
0120-941-011

コンサートで販売されているようなタオルの秘密

 

コンサートなどに行くと アーティストグッズとして屋外のテントで売っていて並んで購入するのが
物販用タオルです。

タオル以外にも色々なグッズも売っています。
チョット前でしたらTシャツが主流でしたが、ここしばらくはタオルが主流になっています。
これは、「湘南乃風」さん くらいからタオルを回してアピールするがレゲエバンドに多くタオルが売れるようになっってからかな?って思ってます。

今では野球を見てても球場でタオルを振り回すってのも有るくらいです!
これも昔はビニール傘を振り回すくらいでしたから変わったものですね。

で、このコンサートで売っているアーティスト用のタオルですが、一般の人は
「タオルは全部同じじゃない?」て 思っているでしょうがプロのタオル屋からすれば 
「そんなことないない!」で 実際は結構苦労して作られているのです。

まず、素材が違います!

タオルって言えば、そうですね・・・温泉でもらうタオルなんかを想像すると思いますが、あのタオルは体を洗うときには丁度いい厚さのもので あなたがコンサートで買うようなタオルとは違うでしょう?温泉のタオルはパイル地が殆どで石鹸の泡が立つような素材となっています。

では、コンサートで販売している物販のタオルはどういったものかというと 「シャーリング素材」という生地を使います。
これは、タオルのループの部分をカットして生地表面を滑らかにしたタオルで これを使うことでアーティストの一番大事なイメージを損なわないプリントが綺麗に出来るという素材です。

このプリントにも特徴があって、ほとんどのアーティストタオルは「染料プリント」を使います。
これは、販売促進用でよく使う安価な顔料プリントとは違い 触った感じが滑らかで柔らかく出来上がるのです。
それにこの染料プリントは、水分を吸収するのです。

一般的な顔料プリントは、荒っぽい言い方をすると表面にペンキを塗ったような感じですので その部分は水分を吸収しません。
でも 染料プリントは、水分を吸収するのです!

 

やっぱり イメージ重視のアーティスト用ですから印刷面が硬かったり 水分を吸収しないようなタオルはダメなようですね。

 

プリントでの苦労はですね・・・やっぱり納期です。

 

お伝えしたようにアーティスト用のタオルは、染料プリントを使うのが一般的ですがこのプリント方法 顔料プリントと比べて工程が多く時間がかかるのです。

販促用のタオルなんかは、プリントして乾かして袋入れして終わりって感じですが 染料プリントの場合は、乾かした後に余分な染料を落とすのに大きな洗濯機で洗います。その後乾燥して一枚ずつ切ってタオルの周りの縫製をしてやっと出来上がり・・。その後一枚づつの個包装って具合です。

「洗う」のと「乾燥する」のと「縫製」する。
これだけ余分に時間がかかるのです。

時間がかかるってことは・・・そう 金額も高くなるって事。
タオルの大きさにもよりますが 倍くらいになることもあります。
でも それだけかかってもタオルの質としては一番いい出来となります。

手触りと吸水性は抜群です!

こんなように時間の掛かるタオルですが、ご存知のようにコンサートは実施する日が決まっていますからここに合わすのに工場は四苦八苦で対処することとなります。
最終的にはお願い!って感じになるわけですが 全国でもこの染料プリントが出来る工場も数件(それも一桁・・・)しかないので出来る枚数もしれています。

ですからお願いするところを間違えれば大幅な納期遅れ、品質の低下って事になりますので この辺りは慣れているタオル問屋さんにお願いするのが一番ですね。