タグ別アーカイブ: 染料プリントのメリット・デメリット

あの人気キャラクターとオリジナル手ぬぐい

 

「ワンピース」という漫画、ご存知でしょうか?

ご存知・・・というよりも、「知っていて当然」なのかも知れませんね。
少年ジャンプに連絡されている漫画なのですが、さすがに私は最近この手の漫画を読むことはないにも関わらず、この漫画のことは知っています。
アニメ化もされていますし、映画にもなっています。また関連グッズやコラボ商品なども数多く存在しています。

この漫画に詳しいスタッフに聞いたところ
「登場人物のキャラが個性的で際立っている」
ところがまた魅力だと教えてくれました。
そして彼女一押しのキャラがプリントされた手ぬぐいを見せてくれました。

なんでも友人からお土産にもらったそうなんですが、
「このキャラ、好きだったよね」ということでチョイスしてくれたんだそうです。

その手ぬぐいは、顔料インクによるシルクスクリーンプリントで作られていました。
シルクスクリーンプリントは、印刷したい文字やデザインを網目になっている
「型」を作り、その網目越しに顔料インクを塗って手ぬぐい生地にオリジナルの柄を
プリントをしていく方法です。

シルクスクリーンの印刷は、顔料を使用するのが一般的です。
顔料の特徴は、紙にプリントするのと同じように滲みが少なく仕上がりますが、プリント面は
若干硬くなってしまいます。でもデザインによっては固くならない方法もあります。この辺りは直接聞いてもらったほうが間違いありません。 0120-941-011にどうぞ~~!

 

染料でプリントする方法も稀にあります。
こちらでプリントをすると触った感じも綿本来の風合いで出来上がりますので柔らかく仕上がりますが、生地にインクを染み込ませながらプリントしますので顔料に比べてボヤッとした感じに仕上がります。また、プリントの後に定着のために高温で蒸したり 洗ったり 乾燥させたりと時間と手間がかかりますので顔料のプリントに比べて高くなります。

このプリントの場合の色使いは、本染めだと使用できる色は3色くらいまでなのですが、シルクスクリーンプリントの場合、7色までの多色刷りが可能となります。

また本染めの場合、基本的に色と色が隣り合わせになる「色ぶつかり」が作りづらく、多色には向いていません。でも、プリントならその心配もなく、色もデザインもある程度ハッキリと表現することが出来ます。

そのキャラクターの手ぬぐいは、水色一色でプリントされていたのですが、通常見かけるキャラクターのイメージとはまた違った風合いで、なかなかいい感じでした♪

和洋折衷といいますか、キャラクター自体は漫画・アニメの物なのでどちらかというと子供っぽくパッとした印象があったのですが、こうやってオリジナルプリント手ぬぐいとして、そして単色で表現するとこんなにもイメージが変わるものなんだなあと改めて感心した次第です。

そうそう。
この雰囲気なら大人が持っていても、全然変じゃないなとも思いました。
大人でも好きなキャラクターとかありますから、さり気にこういう形で持ち歩けるのはなかなかいいもんじゃないでしょうか。

染料プリントの話となると何故こんなにも嘘がまかり通るのか?

 

先日お客さんからこんなことを言われました。

 

染料プリントは環境に優しくないって聞きましたので顔料プリントにして下さい」って・・・・

 

どういう事でしょう?
ってお聞きすると、業者さんにこのように説明を受けたって・・・・。

 

?????

 

そんなことはありません!

 

染料プリントタオルが環境に優しくない・・・まるで環境破壊の元凶のような言われ方それなら日本全国の染料プリント業者さんは、悪者です!

 

それでは何故 そんな事を言われるのでしょう?

 

工程の多さに問題が有ると思っているのかもしれませんね。
顔料プリントの多くは、中国製などの海外製の生地を持ってきてその上に顔料インクでプリントをし 乾燥して出来上がりとなります。

染料プリントでは、まず日本製の生地で作ることが多いです。これは中国製では毛羽やホコリが多く生地によっては綺麗にプリントできないことが有るからです。

 

この生地を使いプリントをします。

 

プリントをするまでは同じ工程となりますが、染料プリントの場合はその後一定の温度で蒸すという工程を通します。ここで色を定着させるわけですが 綿糸の芯まで色をつけていきます。
顔料インクと違い染料インクは、綿糸に染み込ませて柄をつけるのでこの工程で色を定着させる
のです。

 

その後、余分なインクを洗い流すために生地を洗うのです。ここで洗うことで色落ちのないタオル
が出来上がります。この後、乾燥をして出来上がりとなります。

 

ひょっとしたら、この洗いの工程で出るインクが落ちた後の排水が環境に悪いというのでしょうか?

当然ですが、この排水をそのまま下水に流すことなどせずに環境基準に沿ったレベルにまで浄化しています。そうでなければ新聞ネタになります。(笑)

 

では、何故こんなことを言われるのでしょう?

同業者と話していたのですが・・・
これは、染料プリントを出来る業者が限られているからと思います。

 

実際、染料プリントが出来る工場(染工場といいます)は、少なく 高級な販売用のプリントをする
今治地区でも数件程度しか出来無くなってしまっています。

 

この数件にコンサート用の販売されているタオル(染料プリントがほとんどです)が大量に入るわけですから 沢山注文を出している作り慣れている業者さん以外はなかなか作ってもらえないこととなります。

 

特に今年のように暑くて注文も大量にある場合、納期に全然間に合わない!ってことが頻繁に
起こりました。
機械の老朽化と職人の高齢化・・・これは、避けて通れず本来なら2週間程度で出来上がるような物件でも今年は難しかったです。

 

この流れは今後も変わりないと思います。

 

でも、手触りの良い染料プリントの需要は多く今後も納期が遅れそうです・・・。

 

だから、今回のように環境に・・・・って話になるのと思います。
今回はチョット過激ですがあまりに酷い言い方をしている業者さんがいるようなので 本当のお話をしました。

 

何だかんだ言っても訳わからん・・・って方は、こちらのフリーダイヤルでお問い合わせ下さい。
お待ちしております。
0120-941-011

口コミで良いタオル屋さん 親切な手ぬぐい屋さんだって評判が立つ・・そんな会社にしたいです!

私どもの知らないうちに 購入したお客さんがどこかのサイトで

「神野織物はオリジナルタオルを作るときに相談したけど、とっても分かりやすく説明してくれた」
とか、

「手ぬぐいを初めて作ろうと思ったけど何から聞いたらいいかも解らない中 電話で聞いたら丁寧
に対応してくれた」

なんて 話題になってたら本当に素晴らしいですね~♪

 

でも、うちのお客様の声を見て貰ってもわかりますが、結構お褒めを頂いているのも本当の話です。
ありがたい話です!

 

お客さんの身になって考えてみると、自分に置き換えてみるとわかるのですが
いくらこっちは客だからって解っていても

 

「素人だから馬鹿にされるんじゃないだろうか・・・?」
「凄く高いことを言われるんじゃないだろうか・」

 

って心配な気持ちがいっぱいの中 思い切って電話をするのです。

 

そこで 購入希望のお客さんだと思うと売りたいという思いがでてきて 妙に力が入ったり
突き放すような対応になったりされたら・・・絶対嫌ですよね~
おまけに、思っていた感じと異なるものを勧められたりしたら最悪です。

 

実際、染料プリントタオルを業者にお願いしているのに
「染料プリントは高いですし、おまけに環境にやさしくないのでお勧めしません!
って言われたのですが 本当ですか?」
って、お客さんから聞かれたことがあります。

 

物は言いようですね

 

顔料プリントでは、生地にプリントをして乾燥をして完成です。
染料プリントは、プリントをしてからインクを染み込ませて定着する工程を踏み
その後 余分な染料を染工場で洗って乾燥して完成と工程を踏むのは事実です。

 

しかし、風合いは・・・染料プリントの方が優れています。だからコンサートなどの
物販ではこの染料プリントを使うことが多いのです。
この環境にやさしくないというのは、染料では顔料に比べて沢山の工程を踏むので
ダメって言うことなのでしょうか?

 

実は、染料プリントのタオルは 四国の今治の限られた染工場でしか作れないのです。

 

工場はタオル織機を持っているタオル工場と密接な関係があるので、輸入業者が
中国製の生地を持って行って染料プリントをして欲しいって言ってもなかなか出来ません・・・。

 

生地によっては生地を痛めてしますことも有るでしょうし 代わりの生地もない状態では
工場のリスクが大きすぎて出来ないのです。
だから こういう言い方をして断るのかな・・・ってうがった見方をしてしまいました。

 

神野織物では 
「お客さんに対してもとっても近い友達にしゃべるように親切に説明するように」
と伝えています。

 

友だちからの相談だとすると、タオルや手ぬぐいの安い作り方を教えてあげたり 友達の欲しいタオルの製作方法をたくさんある工場から選んであげたり、納期を優先する場合の工場を変更してみたりと色々とアドバイスが出来るようになりますもんね。
染料プリントでお作りしたほうがいい色の場合は、高くなっても染料プリントをお勧めします。
でも、結局はお客さんに決めてもらいますから心配はいりません!

 

これが商売優先となると、適当なことを言って自分の都合のいい工場に振ってみたり、アドバイスではなく売ろう売ろうとした態度になってしまいます。

 

最悪ですね・・・。

 

まぁ 最悪と思わずにやっているところもあると思いますが 神野織物では、ファンになってもらい
二度三度と思い出していただけるようにしたいと思っています。。

 

自分の全く知らない所で良い評判!ってイイですよね~

染料プリントと顔料プリントの違い それは風合いです。

 

プリントタオルの製法で代表的なものは「顔料プリント」と
染料プリント」の2つですが、それぞれ特長があり、
顔料プリントには顔料プリントの良さ、
染料プリントには染料プリントの良さがあります。

染料プリントは、生地に使われている綿の繊維の奥まで
染み込ませながら色を付けるので、生地の上にインクが
乗っかっている顔料プリントとは違い、タオルが本来持ち
合わせている肌触りなどの風合いや吸水性が損なわれないという
メリットがあります。

またプリントのベース色として、黒や濃紺など濃い色が
とても映える製法で、例えば黒色のプリントをして白色で抜いた感じの
文字やロゴといったデザインはとてもキレイに仕上がります。

反対にデメリットとしては、染み込ませるという製法をとるため、
インクがにじむことがあり、生地の上にインクを載せて固着さす顔料プリントが
得意とする細かい表現が苦手な所と、高温の蒸気でインクを定着させるのと
この後残った染料を洗い落とす「洗いの工程」が有ることで若干コストがアップ
してしまうこと、そしてこのように工程数が多いことから納期の面でも少し時間が
かかってしまうという点があります。

ただ、最初の方でお話したとおり、タオルが持つ肌触りや吸水性を
損なうことがありませんから、タオルとしての機能を持たせつつ、オリジナルプリントを
楽しめるような使い方には最適です。

コンサートなどで販売されているようなタオルはこの染料プリントをほとんどの
アーティストさんは使います。
これは手触りが良いのと色落ちが顔料プリントに比べて少ないということで使われる
頻度は高いのです。

※染料プリントは、環境にやさしくない・・・と謳っているメーカーもあるそうですが、
これは間違いです。
この最後に行う「洗いの工程」で余分なインクを洗うので排水が汚れるからという理由から
だそうですが、この汚れた排水をそのまま下水へ流すのではなく工場側は投資して
綺麗な水に変換しているのです。ですから安心してご使用ください。

例えば、テニスや野球、サッカーのチームでメンバーお揃いのタオルを作るというのは
いかがでしょうか?

スポーツにタオルは必要不可欠ですし、練習や試合のときにみんなお揃いのタオルだと
チームワークもモチベーションも上がりますよね。
また、会社やお店の販促グッズとして利用いただくケースも多数あります。
やはりタオルとしての機能を損なわないというのは大きな利点で、
送られた側も日常的に使用してもらうことができるため、宣伝効果も高くなります。

「染料プリントでオリジナルタオルを作ってみたいけど、
仕上がりのことや、コスト・納期のことをもう少し
詳しく知りたい」とお思いの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

気になる部分の詳細にわたるまで、親切丁寧にご説明させて
いただきます。ご相談は無料ですのでお気軽にどうぞ。