タグ別アーカイブ: 日本手ぬぐい

メッシと本染め手ぬぐい

神野哲郎from 神野哲郎

 

 

サッカーワールドカップも終わりました。

 

 

開催国ブラジルがドイツにまさかの大敗をしたり、スペインやイタリヤといった強豪も早々と
姿を消すといった波瀾もあった大会でした。
日本も期待されていながら予選リーグ敗退と消化不良のような結果に終わりましたが、
まだまだ世界に挑戦するには、やらなきゃいけないことが多いのでしょうね。

 

 

今大会で印象に残っているのはアルゼンチンのエース、メッシの活躍です。

 

 

テレビでも何度も放送されていたので、ご覧になった方も多いとは思いますが、メッシが
ゴールを決めた後、相手チームのゴールキーパーが審判にすごく興奮した様子でどれほどあの
ゴールが素晴らしかったのかを語っていた場面です。

 

 

やっぱり一流の技は敵味方の区別なく、感動を与えるものですね。

 

 

私も仕事柄一流の職人たちと交流がありますが、この人たちの作品もやはり同じように感動を
与えてくれます。
タオルのように機械で作っていくものであっても、その裏側には職人の技術がちりばめられて
いますし、日本古来の技術でもある本染め手ぬぐいに至っては、まさに伝承された技と経験が
あってはじめて完成していきます。

 

 

加えて日本には四季があるため、気候や温度、湿度も決して一定ではありません。

 

 

その変則的な環境を読み取るのはマニュアルやコンピューターではまだまだ無理なことだと
思います。

 

 

ある機械加工の会社の社長さんがおっしゃて見えましたが、最終的には人間の指先の感覚の
方が機械よりも精度が高いようです。

 

 

大阪にも大企業からオファーをもらっている小さな町工場がたくさんありますが、そこで働い
ている人たちの指先の感覚から生み出させる製品は、大企業では作ることができません。
いくら大金を出して設備投資しても、ものすごく細かい精度を要求されるものについては
やはり人の手なのです。

 

 

本染め手ぬぐいの世界もまさに同じで、職人の経験と勘により作られる手ぬぐいは、その
ときの天候や気温・湿度を読み取り、絶妙なバランスで仕上げられるため、大量生産する
ことができませんし、1枚ずつが微妙に違います。

 

 

まさにメッシのごーるのように「あの日、あのとき、あの場所」にいたからこそ、出来上
がる芸術品なのです。

 

 

スポーツや芸術の世界ではこういったことが認められやすいのですが、タオル・手ぬぐい
のような日用品の世界ではなかなか脚光を浴びることはありません。

 

 

でも素晴らしいものはやっぱり素晴らしいし、感動を生みます。
このことを伝えて行くのも私たち業界人の役目だと思います。

 

 

手ぬぐいとディーゼルエンジンの復活

神野哲郎

from 神野哲郎

 
私は車が好きなので、自動車関係のニュースや雑誌をよく読んだりしています。

 

 
ここのところ ガソリン代の高騰や、環境への配慮からエコカーの話題が多いように思います。
特にハイブリッドカーの躍進は目覚ましいですね。
トヨタのプリウスやアクアといったところが、販売台数ランキングの上位を常にキープしています。
ホンダのフィットなども人気が高いようですね。

 

 
時代の流れと言ってしまえばそれまでなのですが、かつての燃費は悪いがとっても早い
スポーツカー全盛時代が懐かしく思ってしまいます。

 

 

ハイブリッドと並んで、低燃費の軽自動車の人気も高いようです。

 

 

最近の軽自動車は、居住性だけでなく安全性も高い上にガソリン1リッターあたり30キロ
も走る車種がたくさん出てきていて、こちらも人気を博しています。
実際問題、自動車に乗るのも1~2人というケースが多いですから、維持費や自動車税、
任意保険のことを考えてあえて軽自動車を選択するというのも良いことだと思います。

 

 

軽自動車は言うまでもなく、日本独自の技術です。そしてハイブリッドにしても同じく
日本が一歩進んでいる感じがあります。

 

 

そこに来て、最近ではマツダをはじめ「クリーンディーゼルエンジン」というのが出て
きました。
一時期は当たり前に存在していたディーゼルエンジンですが、排ガスの問題でほぼゼロ
になっていたものを最新の技術でクリーンなエンジンとして蘇られたという形です。

 

 

こちらもよく売れているみたいですね。ディーゼルエンジンに使う軽油がガソリンに
比べて安価だということと、やはり燃費の良さというのが際立っています。

 
元々ヨーロッパでは当たり前のようにディーゼルエンジンが存在していて、人気も
あったのですが、日本は少し遅れていたようです。

 

 

それでもいざやるとなると出来てしまうのが日本の技術力のすごさですね。

 

 

ディーゼルエンジンのことを考えると私は手ぬぐいのことを考えてしまいます。

 

 

手ぬぐいも以前は当たり前に存在していたのに、タオルやティッシュに主役の座を
奪われてしまいました。

 

 

手ぬぐいは、タオルに比べて吸水力は優れていますが、お風呂あがりに使えるほど
水分を蓄える事はできないので、何度も絞って使うことになります。
この辺りが取って代わられた原因だと思いますが、タオルに比べて優れているのが
すぐ乾くということです。

 

 

タオルは一度濡れると乾くのに半日程度掛かりますが 手ぬぐいはほんの数十分で
乾きます。室内でも絞って一時間位干せば乾いてしまうほど すぐ乾きます。
昔の人が 野良仕事に腰にぶら下げて使っていた意味がわかりますね。

 

この頃は 本染めやオリジナルプリントといったように形を変えることでまた存在感
を出しています。

 

 

昔ながらの本染めの、紺色や黒やエンジでオリジナルのデザインを注染することも
出来ますし、ピンクや明るいグリーンや水色など ポップな色も付けることが出来ます。
あなたのデザインでお好きな色を選んで作ることも簡単にできるようになっています。

 

 

プリントではもっと自由に柄を出すことが出来ます。

 

 

本染めの注染に比べてにじみが少ない分、細かいデザインや細い線に向いており
キャラクター等にはプリントが向いています。

 

 

日本の伝統の手拭いを使ったオリジナルグッズは、デザインによって作り方が
色々選べます。
価格重視やデザイン重視・・・あなたのクライアントさんから、相談を受けたら
メールか問い合わせフォームでお問い合わせ下さい。

 

 

一番いい方法をお知らせいたします。

 

頭に巻くととっても涼しい手ぬぐいと手ぬぐいを使った生活の知恵

和みのフレーズが無いかなっていつも歩いているのですが・・・なかなかこれってのがありませんね

見つけ出したらどんどん出てくるんでしょうが慣れてないのか見当たりません。(ダメダメです)

 

で、今回は手ぬぐいの便利な使い方を紹介します。

一番の使い方は、ハンカチのように使うというもの。

ハンカチは織りやプリントで作ることが多いので、吸水性がわるいのです。(悪いって言っても手ぬぐいと比べるとです)

手ぬぐいは染で作りますので繊維が染まります。なので吸水性は綿本来の吸水性があります。ハンカチはポケットに入る位

小さくなるのがいいとこですが、手ぬぐいは自分の好きな大きさに切ることもできるのでポケットに合わせた大きさに出来ます。

二番目は、ラーメン屋の大将風(ジョニーデップ風?)に頭に巻くというもの。

これは、うちの社員が頭に巻いてウロウロしているのを見てカッコイイやん!ってんで、自分も巻いてみた感想ですが

とっても涼しいのです!これが なぜなんだろうって感じです。濃い色の手ぬぐいを頭に巻いて炎天下に出てもそんなに暑くな

いのです。というか、逆に風通しもよくって涼しい感じです。汗も吸収してくれるしいいこと尽くめの感じがします。

案外カッコだけでは無いみたいなのですね。

三番目は、首に巻くというもの。

これは、嫁さんに聞いたのですが 夏場に掃除をする時は首に巻いてするというのです。

汗も吸収するし、あせもにもならずとっても涼しいと言ってました。タオルだとゴワゴワして逆に暑いのだそうです。

 

これは生活の知恵ですが、ガラスや鏡を磨くときはタオルより手ぬぐいが綺麗に水分を拭き取り拭き跡も残りません。

年末の大掃除に大活躍です!!