タグ別アーカイブ: 手ぬぐいの歴史

職人が作る手ぬぐいのマニアックな木綿素材の話

 

前に手ぬぐいの素材になっている木綿の話「手ぬぐい素材のウラ話 「羊のなる木」」を書きました。
エジプトから始まり、インド~ヨーロッパということを書きましたが、当然アメリカや中国など他の国にもんな形で木綿の文化は広がって来ました。

 

手ぬぐいというすばらしい生活文化を生みだした日本にも木綿の歴史というか物語はあります。
今日はちょっとその話をさせてくださいね。

 

日本後記によると、一番最初の木綿栽培は現在の愛知県三河地方に漂流したインド人が始めたとされているようです。
でも、この栽培活動は1年ほどで途絶えたといいます。その後は、中国や韓国からの輸入に頼る形になり、長い間高級品として扱われてきました。

 

16世紀以降に本格的な栽培が広まり、戦国時代後期から全国的に使用が普及したため、三河などで綿花の栽培も始まります。江戸時代に入り、各地に大生産地帯が出来、特に大阪近郊などにおいて生産が盛んになります。これにつれて、木綿問屋などが盛んになり、藍染め関連の産業も栄えていきました。

大阪で繊維産業が発展した背景にはこういった綿花の栽培拡大があったんですね。

 

その後明治時代には、世界一の輸出量を誇るまでになった木綿ですが、東南アジアなど海外の安い綿花が輸入されるようになり生産量は激減。統計上の国内生産量は0%になりました。

 

そしてご存知の通り、ナイロンやポリエステルなど化学繊維の登場により、木綿の需要も減っていきます。化学繊維は大量生産がききますし、品質も安定します。また、木綿の弱点のひとつの「シワになりやすい」という点にも強いので、木綿は化学繊維にとって代られるようになります。

 

たしかに洋服などの素材として考えると、不利な点があることはいなめませんが、手ぬぐい・風呂敷といった分野に関しては、木綿以外の素材は考えられません。

 

素材自体の強さ、吸水性、通気性の良さなど手ぬぐいにとっては必要不可欠な要素がつまっています。そして厚手にすれば保温性も高まるため、手ぬぐいマフラーとしても使えます。

 

実質上国内生産が0%と言われる綿ですが、実際には個人や少数のグループが栽培をしています。

今、環境や体に優しい素材に注目が集まっていますが、100%国産のオーガニックコットンを使った製品が数多く出回るようになればいいなあと思っています。

手ぬぐい素材のウラ話 「羊のなる木」

今日は手ぬぐいの素材についてお話します。

手ぬぐいに使われいる素材は「木綿」なのですが、どういうものなのか 実物は毎日触っているので知っていてもういったものなのか?どういう歴史があるのか?あまり良く知らないことも多いと思います。

 

木綿は「ワタ」の種子から取れる繊維のことで、ワタはアオイ科ワタ属の多年草の総称で、木綿は種子の周りに付いています。

 

世界最古の木綿栽培はメキシコだと確認されていて、なんと8000年前のことにさかのぼります。
その後、インダス川流域のインダス文明で木綿の紡績や機織りの技法が生まれ、発展を続けてきました。

 

その後、貿易によりヨーロッパに広まっていくわけなのですが、当時のヨーロッパ人には、木綿が何で出来ているのか見当が付かなかったようです。

肌触りがウール(羊毛)に似ているため、
「インドには枝先に子羊がなる木がある」と言われたそうです。
なんでもその木の枝はとてもしなやかで、子羊が空腹になると、枝が地面に下がっていって 子羊が草を食べられるようになっていると信じられていました。

ちょっと想像するだけで、おかしな光景ですけどね。(笑)

 

それにしてもウールとおなじように扱われていたというのには
私も驚きました。それほど当時の人にとっては、画期的だったのでしょうね。

 

さて、そんな木綿ですが次のような特長があります。

良く知られていることが「肌触りが良い」ということ。
先ほどのヨーロッパの話ではないですが、ウールと同じと言われるくらい、柔らかな肌触りです。
次に「吸水性が良い」ということ。
手ぬぐいが元々汗や水分をふき取る目的で作られているのもこの吸収性の良さからです。

あと以外に知られていないのが、「熱に強くて丈夫」なこと。
繊維ですので火を近づければ当然燃えますが、150℃以上の温度で長時間放置してようやく分解します。これはチョット意外ですね・・
他にもアルカリや有機溶剤に強いことや 濡れると強度を増すので、洗濯に強いなど長期間の使用にも耐えられる素材なんです。

 

確かに手ぬぐいは長持ちするのですが、その背景には素材となっている木綿のチカラがあったんですね。

 

そうそう。
染色性や発色性に優れているのも木綿の大きな特徴。
だからプリント手ぬぐいにも最適なんですね。