タグ別アーカイブ: 手ぬぐいの巻き方

手ぬぐいをマフラーにすると肌さわりが気持ちいい♪

 

 

11月に入って、ようやく秋らしい日を感じることが増えてきました。
今日は特に冷え込んでいます。

 

とはいえ、まだまだ日中は暑かったりもしますけど、朝晩は結構冷え込むことが多くなってきた気がします。
この時期って、体温調節が微妙に難しかったりで、ついつい風邪をひいてしまったり、体調を崩してしまいがちです。

 

「朝夕は冷え込むけど、コートやセーターという時期でもないし、まして マフラーもおかしいしなあ」
そう感じている方は多いと思います。

 

 

そこでおすすめしたいのが、手ぬぐいマフラー!

 

 

手ぬぐいの生地をそのままマフラーにしたもので、冬の前のこの時期にちょうど良いアイテムで、
私も愛用している一品です。

 

神野織物でご提供している手ぬぐいマフラーは、綿100%の晒生地でできた薄手のマフラーです。
サイズも35cm x 180 cmとたっぷりな長さですので、色んな巻き方を楽しんでいただけると思います。

 

手ぬぐいと言えば、通気性が良いので首に巻いても寒いのでは?

 

と思われがちですが、これが意外と温かいんでよすね、これが。
それと晒生地の風合いも独特ですので、結構オシャレ度は高いと思います。

 

晩秋から初冬にかけては、毛糸のマフラーではまだちょっと暑苦しく感じたり、見た目的にも季節感を外しているようなところもありますが、手ぬぐいマフラーだと自然な印象を与えますし、暑苦しいという感じもありません。

 

また晒生地のナチュラル感が、春から夏へ移り変わる時期や秋から冬へと移り変わる時期にマッチしていると思います。

 

また、基本的には手ぬぐいですので、小さく折りたたむことも出来ますから、使わないときにはカバンの中などにしまっておけます。
そして、手ぬぐいの特長として乾きやすいという点がありますから、汚れても洗ってしまえばすぐに乾いて使うことが出来ます!
とっても清潔ですね♪

 

大きさ的にも充分なので、ショール代わりに羽織るということも出来ますし、アウトドアなどで、ちょっとした敷物がわりにしたり、あるいは風呂敷のような使い方をすることも可能です。

 

現在神野織物では、「手ぬぐいマフラー」とそのままの名称でご用意しており、色も黒・赤・黄色・水色・青と5色取り揃えていますので、お好みでチョイスしてください。ご注文いただきお送りするときは簡単な巻き方を添えてお送りしますので、すぐ巻いてもらえます。

 

実用的でなおかつオシャレな手ぬぐいマフラー、冬が来る前にいかがでしょう?

ファッションとしての手拭いの使い方 巻き方

 

女性のファッションアイテムのひとつにスカーフがあります。

 

首に巻いたり、頭に巻いたり、あるいはバッグの取っ手に巻いてみたりと、結構重宝に使えるものですよね。

 

大きさも小さいものから、割と大きめのものもあり、大きいものですとカーディガンのように羽織ったりすることも出来ます。
そういえばCAさんも首元にオシャレにスカーフを巻いていらっしゃいますね。

 

良く見ればお一人お一人違う巻き方をしていたりと、それぞれ個性を楽しめたり、日によってバリエーションを変えることが出来るので、意外と使えるアイテムなんだと思います。

 

さて、洋のスカーフに対抗出来る和のものとすれば、それはやはり手ぬぐい

 

すでにファッションに取り入れて見える女性もいらっしゃいますが、スカーフにはない味わいがあり、これはこれで良いものです。

使い方としては首元にふわりと巻くような感じであったり、ネクタイのように巻いてみたり、あるいは蝶ネクタイのようなイメージで首元にリボンが出来るような巻き方もあります。

 

少しねじって巻くというのもオシャレですよね。

 

またブローチや缶バッジで止めるというのもいい感じですし、
こういった小物を組み合わせればバリエーションはかなりの数になると思います。
また、少し長めのものであれば、マフラーのような巻き方も出来ますね。

手ぬぐい自体は温かいので、実用性も高いと言えます。

頭に巻く方法としても、たくさんの巻き方がありますよね。
飲食店の方が巻いているようなシンプルなかぶり方もあれば、両端をおさげのようにしてアクセントを加えてみたり、カチューシャのように細くまくやり方もあります。

 

手ぬぐいには主に和柄がプリントされていますが、この柄もまた粋でセンスの良さをうかがわせます。
色合いも派手でもなく淡い感じのチョイスも出来るので、これまた程よい味わいが出てきますよね。

 

また手前味噌にはなりますが、従来の柄だけでなく、オリジナルプリントでも手ぬぐいをお作りいただけるので、自分らしいファッションも可能になります。

 

そして私がおすすめしたい手ぬぐいの使い方として、バッグの持ち手にさりげなく巻いておくというやり方です。

 

よくスカーフをそういう風に使っていらっしゃるのを見かけますが、いつも使っているバッグにさりげないワンポイントとして入れることで、雰囲気がガラリと変わります。

 

気分によって、手ぬぐいの色や柄を変えられますし、何といっても飽きたら取り外せるところがとても実用的だと言えますよね。