タグ別アーカイブ: 先晒しタオル

今治タオルが熱い!

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田の事務所から

 

 

日本のタオルの産地としては、四国の今治と大阪の泉州の二大拠点がありますが、今、今治のタオルが熱い!んです。

 

 

四国のタオル組合などが中心となって、今治タオルの国際ブランド化を勧めているのですが、しっかりとした認定基準やロゴ使用の基準を作り全世界に発信しています。

 

 

ホームページを見ると、タオル選びのアドバイザーを育てることで、タオルというものの価値の素晴らしさを広めようとしています。

 

 

そして目立つところでは、タオルについているネーム(ラベル)です。
こんなネームが付いていますが、このデザインは佐藤可士和さんがデザインをしたネームです。
佐藤さんといえばあのユニクロうあ楽天のネームを手がけたデザイナーで世界的にも有名な人で、今治工業組合の力の入れようを感じます。

 

 

そもそも今治のタオルの良さってなんなのか?ということなのですが、タオルの工法の違いが一番大きい要素です。
タオルの工法には「先晒し」と「後晒し」の2つがあります。
タオルの糸は元々生成り色(少し黄色がかった白色)をしているため、通常のタオルのように真っ白ではありません。

 

 

この希成の生地を白くしないといけないのですが、まず最初に糸に糊をしっかりとつけてから織り上げ、タオル生地になってから晒して白く加工するのが「後晒し」で主に泉州地区で使われています。

 

 

一方「先晒し」は、糸の段階で白くしておいてから織機にセットして織り上げます。
今治は基本的にこちらが使われています。
先晒しのタオルは、晒したままの糸では弱いため糊をしっかりと使い織り上げます。
この糊が邪魔をするので、そのままでは吸水性が悪くタオルとしての商品価値がなくなってしまいます。
そこで今治では「糊をしっかりと落とす」という工程が必要となります。

 

 

この処理を後処理といいます。
実はコストの関係などでこの工程をおざなりにしてしまう業者がいますが、そうしてしまうと、糊が残った状態なのでごわごわして吸水性が悪いタオルとして世の中に出回ってしまっています。

 

 

今治タオルは、四国タオル工業組合がこの吸水性を中心にきっちりとした指標を作り、製品ごとの検査をして例のネームを発行しています。
今治タオル工業組合が保証するタオルということで、品質・機能 ともに安心してお使いいただけます。

 

 

こうやってしっかりと自分たちのブランドを守っていくことで、やがて「世界のイマバリ」
「クールジャパン」になってもらえたらいい事です!!

 

 

PS 今治タオルに対して泉州地区では泉州タオルを出しています。
こちらも、徐々にですが認知されつつあります。
こちらのHP 大阪タオル工業組合でもご覧いただけます。

 

 

 

 

 

今治と泉州・・・それぞれのタオル製作方法と特徴

 

タオルは何の目的で作られた物なのか?
それは言うまでもなく、汗や水分をふき取るためです。
もしタオルにこの機能がなかったとしたら、
それはただの布キレにしかすぎません。

神野織物はプリントタオルに力を入れてはいますが、
本質的にはタオル屋なので、タオルの機能としての
吸水性を損なわないというところは大切にしています。

このタオルの吸水性なのですが、どういう仕組みに
なっているのか簡単に説明してみましょう。

元々タオルの生地に使われる綿糸は原料の段階では
「生成り」色をしており、そのまま織機にかけると
切れてしまいます。そこで「のり」をシッカリ付けて
織り上げていくのですが、この方法では生成り色の
ままでタオルが出来上がるので、織り上げたあとに
白くなる加工を施します。

これを後晒しタオルと言います。
生成りのまま織り上げてタオルの形として出来上がった
物を後で染工場で綺麗に白く晒すので「あとさらし」
と言います。
一般的に大阪の泉州地区で作られるタオルがこの後晒しタオル
となります。

 

もう1つの方法として、綿糸の段階で白くなる加工を
先にやってしまうというのがあります。こちらも
その白い糸の状態ではもろいため 織機にかけると
糸が切れてしまいます。そこでやはり「のり」を
シッカリ付けて織り上げる方法をします。
こちらは完成品の状態で出来上がってきます。

これを先晒しタオルと言います。
これは綿糸の状態で先に綺麗に白く晒してから織機
にセットしてタオルに織り上げる方法です。
「さきさらし」と言います。
こちらはもうひとつの産地四国の今治で生産されてます。
このごろ話題の「今治タオル」(いまばりタオル)もこのタオルになります。

 

実はタオルの吸水性の問題は、この「のり」によるものです。
一つ目に紹介した「あとさらしタオル」は、
白さを後から出さないといけないので、よく「洗い」
をかけて製品に仕上げます。
「洗い」をかけると同時に「のり」が取れるので
「よく水を吸うタオル」になります。

 

二つ目に紹介した「さきさらしタオル」でも、製品として
出来上がった後にもう一度「洗い」をかけてのりを落とせば
「よく水を吸うタオル」になるのですが、
単価・納期によってはこの工程を省く事があります。
先に晒していますので見た感じは綺麗なタオルに仕上がって
いますが「糊」が綿糸に付いたままなので水をはじくような
タオルに仕上がります。
その場合は、「水を吸わないタオル」になってしまいます。

※市場に出回っている「今治タオル」は、四国タオル工業組合
がきっちりとした指標を作り、製品ごとの検査をしてネームを
発行していますので間違いありません。

 

またどちらの場合でも切れやすい粗悪な糸を使用すると
大量にのりをつけなければ織り上げることができないため、
のりが残りやすく、水を吸わないタオルになります。
この場合でも何度か選択して使用していれば、水を吸う
タオルになりますが、当然生地は痛みますし、色落ちも
してしまいます。

綿糸の価格も、繊維長の短い粗悪な綿の場合は安いのですが
こういった弊害も有るのです。

価格だけで判断するとこういった事も起こります。
長持ちするいつまでも手触りの良い型くずれしないタオルは
良い綿糸を使いきっちりと設計されているものです。

 

最近では100円ショップを中心に安いタオルが出回って
いますが、そのからくりはこのような糸を使って織り上げる
ことで成りたっているケースが多く見受けられます。

「安い」ということは悪いことではありませんが、
その裏側にあることも知っておいて損はないとは思います。

 

タオルについての質問などお気軽にお寄せください。
お問い合わせは料金無料のフリーダイヤル(0120-941-011)か
Eメール info☆e-kanno.com (☆を@に変えてください)、
またはホームページの問い合わせページをご利用ください。