タグ別アーカイブ: オリジナルタオルを何度も注文される方法

クライアントさんから信頼され何度も注文を貰う方法

 

あなた、正解です・・・

 

ceo_smilep

何故、あなたの判断が今年一番の大正解なのか?
クライアントさんと強固な信頼関係を構築する方法とは・・・

 

 

from 神野哲郎  吹田の事務所より、、、 

 

 

ようこそ!神野織物のメルマガへ、、、

 

 

あなたがこのメルマガに登録した第一歩は、きっと今年一番、いやここ2~3年で一番賢い決断になるかもしれない・・・

 

 

何故 そんなことが言えるかって?

 

 

理由は簡単。その理由を話すために私の昔話を少し聞いて欲しいのです・・・

 

 

今から20年前、当時勤めていた会社に突然電話がかかってきた。母からだった

 

 

「お父さんが ガンらしい」

 

 

どうやら 本人が調子が悪かったらしく病院に行き 病院から連絡が入ったらしいのですが、自分では聞きづらく私に電話してきたのです。

 

 

「あんた,チョット病院に電話して、聞いてみて・・・」

 

 

病院に聞いてみると初期の喉頭がんで放射線で治りますとの事・・
母に伝えると ホッとしたようでした。

 

 

ところが、同時期ガンを克服し出社していた叔父も、まさかの再発。

 

 

そう 社長の叔父と専務の父が同時にガンになってしまったのです・・・。

 

 

「・・・継いでくれないかな?」

 

 

なんとなく 弱々しいオファーでした。

 

 

会社の名前は「神野織物」。代々続く老舗手ぬぐい問屋です。
昔から務める社員もいますのでなんとか営業を続けなければ・・・という思いで 引き受けました。

 

 

ところが、会社の内情は火の車 よく聞く歴史ある老舗でプライドはあるが儲けは全然ない・・そんな状況の会社でした。
こちらの本でもこの辺りはシッカリ説明しています。
↓↓↓↓
http://amzn.to/1jCtY9n

 

 

会社の資産を食いつぶしているだけで、全然 儲かっていない・・・
→社会に必要とされていないから注文がもらえていない
→他社と同じことをしているから儲けが全然出ない
→他とは違うことをしよう!!

 

 

そして私はある決断したのです。

 

 

『オリジナルでタオルや手ぬぐいを作れる会社になろう』
無謀にも、当時 需要のなかった事をしようと思ったのです。

 

 

得意先に薦められて展示会に出店した時のこと
「工場に注文したのに思ったものと違うのが出来上がってきた だからもうタオルなんて作らない」
「タオルなのに吸水性が悪い」
「指定通りに出来上がってこなかった もう懲り懲り」
「納期がめちゃめちゃ」 etc・・・

 

 

などの苦情を  イッパイ伺いました。

 

 

実際、タオルや手ぬぐいの工場には 得手不得手が有ります。
ラーメン屋にもいろいろな味があるように タオル工場でも得意分野は異なるのです。

 

 

それを知らずに、タオル工場はどこでも同じと思い込んで
「一番 安く作ってくれる工場へ頼めばいいや~」
と、インターネットでタオル工場や手ぬぐい工場 を検索して
『価格』だけを見て注文してしまい、
結局、「思ったものとは違う商品が出来上がった。」
「納期が遅れてイベントに全然間に合わなかった。」 だから 二度とタオルや手ぬぐいは作りたくない・・

 

 

展示会に出店すると、このような苦情が寄せられました。

 

 

クライアントさんに何度も注文してもらえる

 

そこでひらめいたのです!
私は工場の得手不得手を熟知することにしました。

 

 

そうすれば、
クライアントさんの望んでいる商品を提供でき、お得意先にも喜んでもらえる。
なにより私どもの得意先が自信を持ってクライアントさんに紹介できるので 二度 三度と注文してもらえるようになると思ったのです。

 

 

最終的にクライアントさんに喜んでもらえるような商品を作るということは 私どもに注文いただいている企画会社さんやデザイン事務所さんが「いいものを作ってくれてありがとう!」
って感謝されるということ。そして、信頼関係が出来ることで 違う商品でも相談を受けれるようになる。

 

 

そうなれば売上も付いてくる・・・

 

 

工場も仕事があって大喜び。
「もっと感謝されるような商品を提供しよう!」って、一生懸命良い商品を作るようになります。
こうなれば皆 ハッピーやな~~!って池袋の安ホテルで思いついたのです。

 

 

今、このことが証明されつつ有ります。

 

 

お得意先からは案件の有る毎にご相談を受け クライアントさんのご要望のデザインに一番適した工場を選択。
そして作成。
そりゃ 喜んでもらえるのが出来るはずです。

 

 

オリジナルタオルを一度作ったクライアントが 二度目は手ぬぐいを作成 また、別のクライアントさんに提案
今度はタオル そして 手ぬぐいリストバンド 風呂敷・・・・
クライアントさんがお望みのものを提案することが出来るようになるのです。

 

 

こうなれば あなたはクライアントさんの良きパートナーとなり何でも相談を頂けるようになるはずです。
信頼をいただけるのです。

 

 

そして、あなたの会社 あなた自身も商売が広がり売上が伸びるはずです。

 

 

 

二度、三度リピートされるようになるのです。

 

 

 

一緒にいいものを クライアントさんに感謝される 喜ばれる物を作っていきましょう!

 

 

神野哲郎

 

 

PS:

オリジナルの手ぬぐいやタオルの作成は、素材の選び方や工場の選択などは一朝一夕では難しい。
しかし、流れとコツを理解さえすれば たくさんのクライアントさんに説明することが出来るようになり売上も見込める。そしてなにより時間も短縮できるようになるのです。

質問など有りましたらこちらにお電話下さい。
フリーダイヤル
0120-941-011