タグ別アーカイブ: お歳暮

一年の締めくくりに

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 
今年もいよいよ終盤となってまいりました。
今年はどんな年だったでしょうか?
嬉しいことがあった方、しんどいことがあった方、大きな転換を迎えた方、そして例年と変わらずおだやかだった方、いろいろあると思います。

 

 
なんかこうして年末年始を迎えると、一年間のいろんなことがリセットされ、まっさらな気持ちで新しい年に進めるような気がします。
その意味でも、年末年始の行事ごとは結構大切じゃないかなと思います。

 

 
さて、年末恒例行事のひとつに「お歳暮」というのがあります。

 

 
年の暮れにお世話になった方に、感謝の気持ちを込めて贈り物をする行事です。

 

 
親戚や実家、知人、恩師、上司などや会社であれば取引先に。
基本的には暮れの挨拶もかねて、手渡しをするのがよいとは思うのですが、現代人は忙しいですし、これほど宅配便が発達してしまっていますから、むしろ「届けてもらう」というスタイルの方が双方気兼ねなくてよいのかも知れないですね。

 

 
子どものころ親がこの時期にお歳暮でバタバタしてるのをみて
「お返しみたいなのやめたらええのに」
とか思っていましたが、実際自分が送る立場になると、改めてお世話になった方の顔が浮かび、感謝の気持ちがわいてきます。

 

 
そしてお歳暮をいただいても、嬉しい気持ちとありがたい気持ちが自然とわいてきます。

 

 
贈り物を通して、心がつながる感覚はやっぱり良いものです。

 

 
このステキな心のつながりを、もっと高める方法があります。
それは贈り物を「何で包むか?」ということです。

 

 
一般的にはデパートの包装紙ということになると思いますが、
私が「ぜひやっていただきたい」と思うのが風呂敷包み。

 

 
包装紙の代わりに風呂敷で贈り物を包んでお渡しするというやり方です。

 

 
特にお歳暮の定番の「お酒」などは、風呂敷の包み方のバリエーションを変えることでかなりオシャレに演出することが出来ます。
(弊社ホームページ等でも風呂敷の包み方のバリエーションを紹介していますのでぜひご覧になってください)

 

 
日本酒だけでなく、ワインも風呂敷で包んでエレガントにお渡しするというのもステキじゃないでしょうか?

 

 
そして、風呂敷のデザイン自体もこだわれば、ステキな贈り物になります。

 

 
同じような考え方で、結婚式の引き出物にも使えますし、実際にそういう工夫をされている方もいらっしゃいます。
同様に会社とかも記念イベントの贈り物にも使えるかも知れません。

 

 
オリジナル風呂敷も小ロットで作成可能ですので、「興味ある」と思われましたら、お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル0120-941-011

 

 

お歳暮に風呂敷

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 吹田の事務所

 

 

年の瀬が近づいて来ましたね。
年末年始の準備や行事などで何かと慌しい時期ですが、この季節の国民的行事といえば「お歳暮」です。

 

 

ご存知のように お歳暮は年の暮れにお世話になった方に贈り物を贈るという風習ですが離れて暮らす家族や親戚、知人、恩師、上司などに対して贈ったりします。
また会社などでは取引先に贈ったりします。

 

 

最近では宅配便の発達により、直接手渡しするということも減ってはきてますが本来であれば、直接お顔を拝見してお礼の言葉と共に手渡ししたいものです。
まあお互い忙しいという方も多いですから、そうとばかりもいかないかも知れませんが・・・。

 

 

このお歳暮ですが、大抵はデパートなりの包装紙に包まれて贈ることがほとんどですが、これにちょっと一工夫を加えてみてはいかがでしょうか?
というのが今日の提案です。

 

 

私がオススメしたいのは「風呂敷」。
包装紙の代わりに風呂敷で贈り物を包んでお渡しするというやり方です。
もちろん、包装紙で包まれた品物を風呂敷でさらに包んでも構いません。

 

 

品物の表面が汚れたり傷ついたりすることも防げますし、風呂敷はその後そのまま風呂敷として使っていただけます。

 

 

特に法人の方はオリジナルプリントの風呂敷で自社のロゴや名前、デザインなどを施した風呂敷でお贈りすれば、宣伝効果も高いですし、その後もずっと目に留めてもらえます。

 

 

またお歳暮の定番の「お酒」などは、風呂敷の包み方のバリエーションを変えることでかなりオシャレに演出することが出来ます。
(弊社ホームページ等でも風呂敷の包み方のバリエーションを紹介していますのでぜひご覧になってください)

 

 

元々風呂敷は、品物を包んで先方にお渡しするときに包みを解き、中身を手渡しするという方法が一般的ですが、風呂敷のデザインにこだわるだけで、風呂敷自体も贈り物とすることが出来ます。

 

 

同じような考え方で、結婚式の引き出物にも使えますし、実際にそういう工夫をされている方もいらっしゃいます。
同様に会社とかも記念イベントの贈り物にも使えるかも知れません。

 

 

オリジナルプリント風呂敷も小ロットで作成可能ですので、「興味ある」と思われましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

ちょっと粋なお中元

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎 吹田3Fの事務所から

 

 

日本には夏のお中元と冬のお歳暮と言う風習があります。
元々は道教に由来する行事だそうで、日本では旧暦の7月15日にお話になった
人に贈り物をするというならわしだそうです。
今は新暦の8月15日という説もあるみたいですね。

 

 

お中元って結構「めんどくさいなあ」と思った時期もありましたが、年末お歳暮と合わせて年に2回ちゃんと感謝の気持ちを伝えるというの、素敵な習慣だと思います。

 

 

とはいえ、「何を送るか?」というのは結構悩ましいところです。
デパートとかの催事場で探してみたり、ネットで探してみたりして「どれがいいかな?」
と頭を悩ましている人も多いんじゃないでしょうか?

 

 

私の知り合いの一人は、「うちはコーヒー好きだから」と明言をしているため、夏はアイスコーヒーの詰め合わせ、冬はインスタントやドリップオンコーヒーと気を使って贈ってもらえるようになって助かっていると言ってました(笑)

 

 

とはいえなかなかリクエストするわけにもいきませんので、なんとなくいつも同じようなものに落ち着いてしまうのですが、今日はちょっと粋なお中元の贈り方をご紹介したいと思います。

 

 

贈るものはワイン。
そうボトルのワインです。日本酒とか焼酎でもいいかな。
その瓶を風呂敷や手ぬぐいで包んで贈るという方法です。
実は風呂敷や手ぬぐいにはいろいろな包み方があり、ボトルをキレイにむ方法もあるんですね。

 

 

箱に入って熨斗紙がついて・・・というのも確かにスタンダードな感じで悪くはないですが、色合いや柄がキレイな風呂敷や手ぬぐいを使ってオシャレにラッピングし、それを手渡しするというのも、素敵だと思います。

 

 

もちろんその風呂敷や手ぬぐいもプレゼントできますし、こういったアイテムはなかなか自分で買ったりしないので、意外と喜ばれたりします。

 

 

神野織物のホームページのトップでも動画で包み方や使い方を紹介しているものがあります。こういった包装の仕方を参考にしてみてください。

 

 

今回はワインボトルを例に挙げましたが、箱にはいったようなものでもいいと思います。
風呂敷や手ぬぐいの色や柄をうまくマッチさせて包み方を工夫すれば、見た目に素敵な贈り物になることうけあいです。

 

 

会社や商売をされている方なら、オリジナルプリントで名前やロゴをプリントした手ぬぐいや風呂敷を使えば販促グッズにも使えます。
有名デパートの包装紙も悪くはないですが、再利用できてセンスが光る風呂敷・手ぬぐいラッピング、ぜひ一度お試しください。

 

 

PS デパートで販売されている手ぬぐいや風呂敷を使うのもいいですが、オリジナルで1枚から作れる手ぬぐいや風呂敷ももあります。作ってみたいなと思われる方は遠慮なくご相談ください。