カテゴリー別アーカイブ: 手ぬぐいマフラー

秋ってやっぱええもんです

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

 
なんだかんだ言っても、そしていろんなことがあっても四季ってのは確実に移り変わります。

 

 
この前まで「暑い!!!!」って言っていたのに、もう晩秋・・
何やったら年末です。
すっかり朝夕は冷え込むようになりました。

 

 
日本というのは本当に素晴らしいところで、四季折々で見える景色が様変わりしていきます。

 

 
日本に住んでいる我々は、こんなもんでしょう♪って感じですが
海外から遊びに来ている外人の人なんか、この季節の移り変わりを素晴らしい!って言ってるのを見るとやっぱり ええ国なんやな~って再確認です。

 

 
そして、この時期はやっぱり紅葉です。
関西は秋と冬の境目、今が一番の見ごろです。

 

 
青空にオレンジや黄色の紅葉はほんと綺麗です。
そして、晩秋の紅葉や落葉ってなんとも言えない良さがあります。
日本のわびさびを一番感じる時期かな?って自分では思ってます。

 

 
人の気持ちも春から夏にかけての明るく元気なイメージからゆっくりと落ち着いて、そして厳しい冬に備える、そんな準備期間のようにも思います。

 

 
多分、この時期に京都、奈良を訪れたいという人も多いと思います。

 

 
京都奈良に限らず、お寺や神社なんかはその静けさと共に、秋という季節が映えるように思いますね。

 

 
この雰囲気に合うのが着物でしょうが、といっても着物を着るというのも面倒で難儀な話です。

 

 
そこでおすすめしたいのが、「手ぬぐいマフラー」。

 

 
うちのホームページの写真を見ていただければ一目瞭然なのですが、見た目はめっちゃ「和」です。
しかも単色なので、基本的にはすごくシンプルです。

 

 
生地は手ぬぐいという和のものでありながら、シルエットはマフラーという洋のもの。
違う見方をすれば「レトロモダン」な感じですね。大正時代なイメージ。

 

 
手ぬぐい独特のしわもまたいい味を出しています。
ウチで取り扱っている手ぬぐいマフラーは全部で5色。
青、赤、水色、黄色、黒とどれも単色です。

 

 
生地が手ぬぐいということですが、これが意外にも保温性が良い。
特に真冬とはいかないこの時期にはちょうど良いアイテムです。

 

 
そして手ぬぐいマフラーの良いところはかさばらないところ。
この時期、まだ真冬ほど厚着ではありませんから、
襟元が少しスッキリしていた方が見栄えは良いですし。

 

 
たまにはこうした小物で和を感じるのも悪くはないと思いますよ。

 

 

 

 

手ぬぐいマフラーの選択

手ぬぐいマフラー
綿100%の手ぬぐい素材のマフラー

from 神野哲郎
吹田の事務所から

 

 

行楽の秋です!!
ここんところ急に朝晩涼しくなって、朝方なんか布団の中にくるまってるのが心地よい季節になって来ました。

 

 

昼間も木陰に入ったりすると風が冷たくって気持ち良い感じ♪
もうしばらくすると、紅葉など見どころも多く食べ物も美味しい時期なので、出かけるには良いシーズンです。

 

 

しかし、昼間は晴れていればそうでもないんだけども、朝夕は結構冷え込んでしまう、そういう時期なので、外出するにしても着るもののチョイスに迷う時期でもあります。

 

 

今朝も涼しいのでカーディガンを持ってきています。
RIZAPで痩せた体にはこの寒さがこたえるのでカーディガンが欠かせません(ハイ!)

 

 

朝夕の冷えや日中でも曇ってきたり、風が出たりしたとき襟元だけでも温くなれば ずいぶんと違います。
でも時期的に冬場のマフラーを巻くのもちょっと変な感じです。
女性ならストールなどを活用する方法もありますが、男性の場合なかなかうまく使えるアイテムがありません。

 

 

そこで登場するのが「手ぬぐいマフラー

 

 

その名の通り、手ぬぐいでもありマフラーでもあります。
基本的には手ぬぐいと同じ生地の綿100%で出来ています。
それがマフラーのように長いんですね。180センチあります。

 

 

手ぬぐいの生地なので、カシミアや毛糸のマフラーのようなバッチリの保温性はありませんが、長さがありますから二重三重に巻いてみると意外と温かいんです。

 

 

そしてみかけも独特のシワが有り薄くてゴワッとしないので結構おしゃれです。
それにもっといいことが有ります。

 

 

綿生地の柔らかさがあるので使っていても 厚みが出なくて、襟元がモッコリした感じにならず以外とスッキリするのです。

 

 

それにそれに・・・ウールのマフラーを巻いていたら汗をかいたらチクチクするじゃないですか?
綿100%の手ぬぐいマフラーはそれがないのです。
赤ちゃんのオシメと一緒の素材なので 汗をすぐに吸収して肌さわりが気持ち良くサラッとしたつけ心地です。

 

 

それと使わないときも手ぬぐい生地なのでコンパクトにまとまりますので、カバンの中に入れてもかさばりません。
もちろん手ぬぐいなので、本来の使い方のように手を拭いたりすることも可能です。

 

 

色目も「黄色」「黒」「赤」「水色」「青」と5色ありますから服の色に合わせてコーディネイトも可能です。
汚れても洗うことが出来るし、すぐに乾くので使い勝手も悪くはありません。
ホームページの方で実際に巻いている写真も掲載していますので良かったら見てくださいね。

 

 
PS この写真は重たい時に撮ったものです。
新しく撮り直そうかな~~っと。

 

 

 

 

 

リターンライダー ?

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 
私も初めて聞いたんですが「リターンライダー」って言葉有るの知ってますか?
なんでも 若いころにオートバイに夢中だった人が40代~50代になってからまた再びオートバイに乗るというパターンのことらしいです。
特に大型免許(401CC以上)を取得して大型バイクに乗るという人が多いらしいです。
らしいっていうのも 私は車は好きでしたが単車はあんまり興味なくって 私の周りににもこんな人が居てないからなんですが、巷では人気だそうです。

 

 

それこそ昔は、401CC以上のバイク、例えば750CC(ナナハン)とかに乗るには「限定解除」というものをしなければなりませんでした。
これは教習所では出来なくて、運転免許試験場に行って一発合格を目指さないといけなかったんです。こいつが結構難関でほとんどの人が落っこちていたものです・・。

 

 

それで「こんなことやってられるかい」ってんで大型を諦め、250CCや400CCのバイクに乗っていた人が、子供も大きくなり、経済的にも余裕が出き、「夢をもう一度」ということで、大型免許を取り、あこがれの大型バイク、ハーレーダビッドソンとかドゥカティとかBMWとかに乗ると言う人が増えているそうです。

 

 

これは大型二輪免許が教習所で取れるようになったことが大きいと思います。
中型二輪をすでに持っていれば、12時間の教習と卒業試験でOK。
金額ににしてもストレートでいけば10万ちょっとでいけそうなんです。

 

 

この制度になってから、中高年が昔の夢を実現させることが出来たし女性ライダーの増加にもつながっているようでびっくりです。

 

 

ちょっと調べてみたら、女性向けにデザインされたヘルメットやウェアが続々と発売されているようでした。
女性ライダー向けのサイトや雑誌なんかもありますし。

 

 

特にハーレーダビッドソン関係を見ていると、ファッション性も高いですね。
これまでの皮つなぎとブーツというイメージだけでなく、クールな感じが多いもんだなあと感じました。

 

 

私は仕事柄目につくのがバンダナや手ぬぐい。
以前 バイクのチームのバンダナを何度か作ったこともあってやっぱり気になります。
別のクラブではバンダナではなく手ぬぐいを依頼されたことも有りました。

 

 

首に巻いたり、マスク代わりにしたり、バイクを降りたときは頭に被って帽子代わりと、何かと使えるアイテムです。

 

 

やっぱり 仲間内のツーリングなんかだとお揃いのバンダナはいいですね。
クラブのロゴなんかも入っていると更にいいかもしれません。
バンダナは頭に巻くので 染料仕様の物が良いでしょうし 手ぬぐいならやっぱり吸水性抜群の本染めが良いと思います。
作り方や仕様は、やっぱり専門家に聞いてもらうのが一番です。

 

 

夏休みにツーリングに出かけられる方も多いと思います。
バイクもファッションも大いに楽しんでいただきたいですが、くれぐれも安全で行って下さい!

 

 

PS そういや トイザラスのラジコンコーナーもオッチャンばっかりです・・。

 
PS1 クラブのロゴやチームカラーをお伝え頂ければ一番いい方法をお伝えいたします。
フリーダイヤル 0120-941-011 お待ちしております。

 

 

 

 

 

手ぬぐいマフラーが手放せない理由

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 
ここの所暑いです・・。
東京では30度でもう夏本番って感じで噴水で水遊びをする子供が映っていました。
が 山ではまだ爽快で鮮やかな新緑の季節です。。
この時期 山登りも良いですが山の方にドライブ、窓を全開にして走るってのは気持ちいいものです♪

 

 

なら、オープンカーが良いんじゃ無い?って思われると思いますがこれがあんまり使い勝手がいいとは思えないのです。

 

 

確かにオープンカーで信号のない山の中を走るのは最高です。
鮮やかな自然の緑をリアルに見ながら、気持ちいい風を感じ、時には木々の匂いも味わいながら走るのは爽快そのものです!

 

 

しかし・・・オープンカーというと、年に何回開けて走るねん??って言うことと ほとんどが2人乗りということもあってか縁遠いという人がほとんどだと思います。

 

 

またスポーツカーというカテゴリーに入るので、普通の車よりも割高な面もネックです。
ところが・・・時代を反映してか、軽自動車のメーカー2社から軽のオープンカーが発売されていいます。

 

 

もともと軽自動車は室内を普通車ほど広く出来ないので、それを逆手にとって2人乗りで割り切ることが出来るのと、一般的なオープンスポーツカーに比べて価格帯を低く出来るため、買いやすくなっています。

 

 

そしてこれが50代以上のユーザーにウケています。

 

 

というのもこの世代は若いころにスポーツカーに憧れていた世代です。
(もちろん、私もそうでしたが(笑))

 

 

ところが自分が若いころにはそんな車を買えるほどの余裕はありません。
そのうち結婚して子供が出来ると、スポーツカーよりも普通車やミニバンになっていくわけです。

 

 

そんな世代も子供が独立をし、自分もある程度余裕が出来たり、好きなことへの投資が可能となってきました。
そんなとき、運よく軽のオープンカーが発売されています。
これなら燃費もいいし、小回りもきくし、維持費も安い。しかもオープンを楽しめる。
ほんともってこいのアイテムですよね。

 

 

上手いこと考えられています。
そういや 私達がターゲットの商品 昔懐かしい曲を使ってたりします。

 

 

さて、このオープンカー、当然さえぎるものがありませんから、日焼け対策をしないと結構後で後悔することになります。
みなさん、帽子やサングラスなんかは意識しいてるのですが、結構忘れがちなのが首筋。
春から夏にかけてアウトドアに出かけ、顔とかは焼けてないのに首筋が真っ赤という経験をした人も多いでしょう。

 

 

オープンドライブを楽しむ人は良くバンダナを首に巻いて保護しています。
バンダナは日焼け防止だけでなく、口や鼻を保護して排気ガス対策にも使えます。

 

 

神野織物には「手ぬぐいマフラー」というアイテムがありますが、これも同じように使えます。
生地は手ぬぐいですから厚くはないですし、長さがある分使い勝手も悪くありません。
色もカラフルなので、オープンカーには似合うと思いますよ。

 

 

PS 既成品で販売していますが、当然オリジナルでも作成可能です。
一度ご相談ください。
フリーダイヤル 0120-941-011

 

 

 

 

 

冬の季節に手ぬぐいマフラー

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

地球温暖化ですよ 二酸化炭素は出さないようにしてくださいね~
ドンドン地球が熱くなって南極の氷も溶けるんですから・・・
な~~んて言ってもらっても、やっぱりまだまだ冬は寒いです。
出来ればずーっと暖房の効いた部屋の中にいたいところですが、一応仕事もしていますので そう上手くいかないのが現実です。

 

 

寒い中、喜んで外に出かけることもあります。
そらぁ遊びの時!!
ヨッシャ明日は、ゴルフや!!って時には 明日はあのホールのあそこに気をつけて・・・なんて思いながら布団に入っても遠足の前の日のように寝れずに夜中まで起きてるくらいワクワクって時もあります。こんなときは別格で 防寒完璧で、寒くてもヘッチャラです!

 

 

遊び以外の外出時はやっぱりそれなりの防寒対策をしていくわけなんですが、コートやジャンパーなどのアウターだけでなく、髪の毛の短い私は頭から首が寒くって、マフラーといった小物もこれまた必須アイテム。

 

 

最近ではスヌードといかいうのも流行ってるみたいです。
マフラーがわっかになってて、首に巻くというよりは頭からかぶるみたいなタイプのヤツ。
スポーツでフィールド競技をしている人が首につけているネックウォーマーの毛糸バージョンみたいなやつです。
あれコンパクトだし、オフタートルみたいで軽いしいい感じです♪

 

 

スヌードにしろマフラーにしろ、暖かくて良いのですが、私は肌触りがどうしても気になっていまいます。
カシミアなどやわらかい感じの物もありますが、やっぱり毛糸の感触と言うのは私個人的にはあのチクチク感があんまり好きになれません。
ちょっと汗ばむとあのチクチクがきつくなってくるのがイヤなんです・・。

 

 

それとゴワゴワすることもあるし、男物のマフラーだとダーク色が多いので、なんとなく
「みんな一緒」みたいなところもあったりします。
まあ着る者にもよるのですが、私はブルゾンなど軽い感じのものを着るときは
「手ぬぐいマフラー」を使います。

 

 

手ぬぐいマフラーは弊社で販売している商品なんですけど、名前のまんま、手ぬぐいの生地をマフラーのように長くしたものです。
手ぬぐいの生地といってもこのマフラー用に特文 それも厚手の生地を厳選していますので しっかりしてます。意外かもしれませんが このマフラー意外と暖かいんです。
もちろん、毛糸ほどではありませんが、思ったよりも暖かいことに驚いていただけると思います。

手ぬぐいマフラー

 

 

 

 

 

 

首に巻いてもボリュームが出にくいので、ブルゾンの襟元がふくらんでしまうことも少ないし、綿なんで汗をかいてもチクチクなんてしません!

 

 

それよりもこの手ぬぐいマフラーを好んで使っているのはその風合い。
和風モダンという表現がいいかな?なんかいい感じの風合いなんです。
使えば使うほど柔らかくなってきて馴染んできます。
色も黒・赤・黄・青・水色と5色ありますから、5本そろえて使い分けてもらうというのも全然ありだと思います。

 

 

その他のメリットとしては、洗濯しやすいことと乾きやすいこと。
ウールのマフラーはそんなに洗えませんが 綿100%の「手ぬぐいマフラー」は本染めで色を付けていますので 手ぬぐいと同じように洗濯してもらって大丈夫です。
干してもすぐ乾きます。

 

 

それから本来の手ぬぐいのように、手や顔を拭くことにも使えるし 使わないときは丸めてカバンに入れても気になりません。
もちろん春先にも使えますから、長く使ってもらえるアイテムです。

 

 

どうです?
手ぬぐいマフラー

 

 

PS 実はこの手ぬぐいマフラー オリジナルでも作ることが出来ます。
それも100枚から・・・ 販売用に作るっていうのも有りですよ♪

 

 

 

 

 
 

タオル手ぬぐい・・・?

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

先日、ある土産物店で「タオル手ぬぐい」なるものを見かけました。

 

 

一瞬「ん?」となったのですが、よくよく見てみてるとごく普通の手ぬぐいです。生地もタオル地ではありません。手ぬぐいそのものです。

 

 

折りたたんであったので広げてはいませんが、おそらく長さも手ぬぐいと変わらないと思います。
特に、スポーツタオルやバスタオルのように大きくもありません。
絵柄も良くありがちなもので、その土地の有名な花の模様がプリントされていて、ピンク色をしていたというくらいです。

 

 

普通に手ぬぐいと書けばよいのに、なぜわざわざ「タオル手ぬぐい」と名付けているのでしょうか?
ここからは私の勝手な妄想ですが、理由は2つあると思いました。

 

 

1.私のように「え?どういうこと?」と目を止めさせる。
2.手ぬぐいというものはタオルとして使えるんですよという手ぬぐいを知らない世代への説明のため

 

 

1の場合は違うものを組み合わせることで、関心を引くやり方。

これは「タオル」がどういうもので「手ぬぐい」がどういうものか知っている人に有効です。
私もそうでしたが、タオルと手ぬぐいは別のモノという固定観念がありますから、名前を見て「え?」となるわけですね。
宣伝効果としては悪くない方法です。

 

 

2の場合は、そもそも手ぬぐいというものの存在や用途を知らない人に「タオルのように使うんですよ」と教える役割があります。

考えてみれば、私たち業界の人間や少し年配の人にとって手ぬぐいはごくごく当たり前にイメージできますが、若い人(特に10代)には「手ぬぐいって何?」という感じだと思います。
そこでネーミングに「タオル」とつけることで「ちょっと変わったオシャレなタオル」と認知してもらえるわけですよね。

 

 

これに類似した話ですが、神野織物で扱っている商品の中に「手ぬぐいマフラー」があります。
これは手ぬぐいの生地をマフラーと同じ長さにしたものですが、使い方としてはマフラーとして使っていただこうが、手ぬぐいとして使っていただこうがどちらでもOKです。

 

 

手ぬぐいマフラーはファッションアイテムとしての役割を持たせていますが、マフラーという一般的なイメージから入ってもらって、手ぬぐいという和の物に興味を持ってもらえればという思いも込めてあります。

 

 

ここまで書いてみて気付いたのですが、同じように「風呂敷」についても若い世代の人にはわからない単語になっているかもしれません。

 

 

同じように意味を伝えることで認知されるものはたくさんありそうですね。

 

 

 

 

こいつがオススメの理由。

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

 

早いものでもう秋~冬ですね。
今年はなんだかいつまでも暑かったので、「まだ夏なんとちゃうか?」と ずっと思っていましたが、やっぱりちゃんと秋は来るのです(笑)

 

 

 

 
ここ数日は 一段と朝夕が冷え込む感じがしてきました。
今日はダウンやな・・・と思う日もあります。

 

 

 

 
ただ、そうは言っても昼間は結構暑い日があったりと服の調整も難しいのがこの季節。
そして、ついつい風邪をひきやすいのもこの季節です。

 

 

 

 
とくに襟元は結構難しくって、まだまだマフラーという季節ではないし、それこそコートやジャンパーはもう少し寒くなってからと思います。

 

 

 
昔から「健康のためには「首」がつくところを冷やさないとよい」と言われていますが、首、手首、足首の中で比較的露出しているのが実は「首」だったりします。

 

 
足首は靴下やズボンやストッキングなどでガードしますし、手首もこの時期は長袖になるので、基本的には隠れています。

 

 
ということは残る「首」を冷やさないことが大事ということですね。

 

 

 

 
そこでこの時期に私がお勧めしているのが「手ぬぐいマフラー」です。
そうそう やっと宣伝です(笑)

 

 
その名の通り、素材は手ぬぐい。それをマフラーのように長くして首に巻けるようにしたものです。
手ぬぐいは通気性が良い半面、保温性にも優れています。
特にこの時期の襟元をちょっと温めるには、最適な素材だと思います。

 

 

 
そして何より「軽い」のが特長。
昼間気温があがって「暑いなあ」と感じたら、小さく丸めたり折りたたんだりしてカバンにしまっておいても、重みをかんじることはありません。

 

 

 

 
また元々手ぬぐいなので、シワがあっても気にならないから取り扱いに
気を使うこともほとんどありません。

 

 

 
それに暑くなって汗をかいても 綿100%の手ぬぐいマフラーは汗を上手く吸い取ってくれます。バッチリです!!

 

 

 

 
見た目はちょっと和のテイストを匂わせてシックな感じになるので、何気に巻いているだけでもオシャレな感じが高まります。

 

 

 

 
色も「赤・貴・青・水色・黒」と5色用意しましたのでお好みの色をチョイスしてもらってもいいし、全色揃えてその日の気分で使い分けてもらってもいいと思います。

 

 

 
基本手ぬぐいですので、いざとなったらタオルやハンカチ代わりに なりますし、風呂敷のかわりに使うことも出来ます。
綿生地なので、洗ってもすぐに乾きますから、使い勝手も良いんです。

 

 

 

 
長さも180センチと結構余裕がありますので、男性が使ってもらっても全然大丈夫です。
ジャケットやスーツにも合うと思います。

 

 

 
一見「お!」と思わせるアイテムですので、今年の秋~冬は手ぬぐい マフラーでいつもと違う自分を演出してみませんか?

 

 

 

 
と言いつつ 私は使っています!

 

 

 

PS 弊社のトップページから探してくださいね

http://www.e-kanno.com/