カテゴリー別アーカイブ: 剣道面手ぬぐい

おばあちゃ~~ん

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎
吹田1Fの事務所から

 

先日の日曜日、孫の生活発表会に行った時の事です。

 

孫の龍之輔は、保育園では年中さんになりますが、2月生まれなので同じ学年の5月生まれの女の子と比べてもなんか・・・ちょっと頼りないのです。

 

去年の発表会では、皆がお遊戯してるなか ひとり自分が好きなトンボの真似をして 両腕を広げて走り回っていました。
なんか唯我独尊。

 

こんな我が子供を見るために お父さんは、公民館に朝7時から並んで場所取りです。100人以上在籍している保育所ですから席取りも大変、私たちの到着が9時半頃ですから、2時間以上並んでいたようです。

 

そういや俺はこんなに並んだ覚えないな~~なんてぼーっと考えていると早速ホールへ入れました。
町の公民館なのですぐ満杯。立ち見の父兄までいて満員です。

 

ぎっしりの会場で開演を待っていると、子供が二人出てきて・・
「○○をします!」

 

左の方に居てるから~っと耳打ちされていたので、龍之輔の場所は分かっています。

 

幕が上がると・・・居てました! 

 

背も小さいので一番前、大きい子の中に混じってちゃんと並んで立っています。じっとしてるだけでも昨年と大違いす。おじいちゃんとしてはちょっと、ひと安心。

 

でも、落ち着きなくキョロキョロと、会場を見渡しています。なんとなく危ない予感。

 

伴奏が始まると
「おばあちゃーん」「おばあちゃーん」って大きな声で、叫び出したのです。案の定やってくれたのです(笑)

 

それを聞いた友達がスイッチが入ったように、
「ママーー」「パパーー」と一斉に声を出しだしたのです。
合唱も何もあったものではありません。

 

観客の親たちはザワザワ。
龍之輔は、おばあちゃーんとだけ叫び続けます。

 

なんでママやパパやないんやろう???
って?マークが 見ている親御さんたちにも広がってのが解ります。

 

そうです。龍之輔はおばあちゃん子なのです。
パパやママは来てるの知ってるので、大好きなおばあちゃんをどうしても見つけたかったのです。

 

歌ってる最中 見つけて、「あそこに居るで~」って後ろの子に報告をする始末。

 

パパやママは恥ずかしくって下を向いているし、おばあちゃんは小さく手を振ってるし・・私は、真顔で真剣に叫んでいる龍之輔を見て大笑いをしていました。

 

子供っておもしろいですよね~~
このビデオは永久保存版。
大きくなって、ぐれた時にはこれを見せようと思っています。

 

で、今回はフランスオープンの話です。

 

神野織物では、この10日と11日 フランスで行われた剣道大会にご縁があって手ぬぐいのブースを出展したのです。

 

剣道の盛んなフランスの剣士でさえ本染めとプリントの違いがあまり分かっていません。
本染め手ぬぐいの良さを分かってもらおうと、出店したのですが、思いのほか好評でトレビヤ~~ンなって言っていました。

 

試合では、剣士たちは必ず本染めの面タオルを身に付けます。
プリントではなく、本染めの手ぬぐいを身に付けます。

 

これは本染めの方が汗の吸収が良く、防具を付けていても汗が額から流れることなく手ぬぐいが吸収してくれるからです。
汗が流れない・・・試合に集中できる・・・勝てる!!

 

なるほど・・でしょ♪

 

普段使いにハンカチの代用にもなる こんな手ぬぐいどうですか?
http://kannojapan.com/

 

PS 孫はこの後、自分の好きなフレーズだけ大声で歌って後は知らんふり舞台の袖で遊んでいました。どうなることやら・・・
面白い孫です。

手ぬぐいの使い方

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

手ぬぐいって使い道がよくわかんない」
というご意見もいただきます。

 

確かに手や汗を拭くためだけならハンカチやタオルの方が手に入りやすいし、コスト的にも安いかもしれません。
かといって、飾っておくだけではもったいない気がします。

 

そこで今日は、ご注文いただいたお客さんの意外な使い方をご紹介します。

 

まず、手ぬぐいを使う職業というと、飲食業界の方が頭に巻いていたりしますよね。ラーメン屋さんとか・・まぁバンダナがわりというかそんな使い方をします。

 

あと、昔なら農作業の際に女性がかぶっていたりしましたが、今はまあ帽子があるので、おばあちゃん以外なかなかいないと思います。
静岡の茶摘みは、手ぬぐいでやってるイメージが強いです。

 

私が知っている中では「なるほど」と思ったのは整体師さん。
私どものお客さんでも何度も作られる事もあるので気が付いたのですが、直接患者さんの体に触れるので、仕事柄必要です。

 

当たり前といえば当たり前なんだけど、男性の整体師が女性のお客さんの施術をする際に やはり気を使うという整体師さんもいらっしゃるようです。

 

タオルを使う整体師さんもいますが、それを手ぬぐいでやられる方もたくさんいらっしゃいます。
何がいいかというと、タオルにくらべて薄いので施術した時の感触が変わらないところなんです。
そして直接触るのを避けることが出来ますし。

 

また施術中に「視線が気になる」というお客さんのために目隠しとして手ぬぐいを使うこともあるようです。
こちらも軽いしフィット感があるのでもしかするとタオルよりはいいと思います。

 

私の知り合いの整体師さんは、何種類もの手ぬぐいを用意していて、毎回違う手ぬぐいを使うよう工夫をされています。
色も、白、紺、ピンク、緑、青、紫、朱色などなどカラフルで、
「毎回どんな手ぬぐいなのか楽しみ」
と言われる方もいらっしゃるそうです。

 

もちろん、その人の腕が良いのもありますが、女性にウケが良いのは実はこういう細やかな気配りなのかもしれないです。
ちょこっとは、商売繁盛の手伝いになっているかもです。

 

仕事での使い方以外で、ためになる使い方があります。
防災用としての使い方です。

 

手ぬぐいは、綿100%で出来ているのでタオルと同じような使い方を出来るのはもちろんですが、タオルより薄いので防災リュックに入れておいてもかさばりません。
そしてタオルよりすぐ乾くので災害時には使い勝手のいいものです。

 

端を持って切るとその太さで最後まで切れるので、包帯代わりに使うことが出来るし、切った手ぬぐいを2本で撚るとロープにもなります。

 

手ぬぐいはとっても使い勝手のいいものです。
防災リュックには、入れておいてくださいね。

 

PS こんな使い勝手のいい手ぬぐい、
ご注文はこちらからどうぞ
ブリーダイヤル 0210-941-011

同窓会

神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

同窓会がありました。

 

以前、勤めていたのは紳士アパレルの会社の同窓会です。
この会社、カシミヤや麻の高級な素材を使ってセーターを生産、百貨店で販売していたのです。
ヨッシャ!そろそろ売上50億か?まで行ったのですが・・・
時代の流れで一度清算、今は民事再生法とやらで復活しています。

 

そんな中同窓会をしよう!!って話になって、その時の・・若い女性が発起人になり大阪で開催したのです。

 

久々に集まった面々20名弱。
岡山からの参加も一名。

 

 
私が辞めてからでも20年近くたっていますので、みんな年寄り満開。おじんとおばはんになっています。
でも、気持ちだけはその時のまま。何のわだかまりもなく話せます。

 

お昼に集まって、なんと晩の8時までワイワイガヤガヤ。あれからこうなってそうして・・へぇ~~みたいな、どうでもええ様な話が延々と続いたのです。
いつまでもその時の上下関係。今の立場なんて関係なく学生時代の同窓会と同じような感覚でした。
ほんと楽しかったのです♪♪

 

いつまでたってもか会わらない・・・

 

そういえば、剣道で使う「剣道面タオル」も変わりません。
そうです、あの面の下につけて汗が流れてくるのを受け止めて吸収する手ぬぐいの事です。

 

とっても、地味な存在ですから忘れがちですが、これがなければ頭から汗が流れてきて目に入ったりして集中できず、試合どころではなくなるような大事なグッズです。

 

これは 剣道の防具が出来ると同時に使われていたものだと思います。タオルではなく、手ぬぐいってのがポイントです。

 

面の下に着けるので、ゴワゴワしてはいけません。
タオルでは、ゴワゴワして違和感があります。
なので手ぬぐい。

 

手ぬぐいはタオルよりさっと汗を吸収します。
タオルはたくさんの汗を吸収することが出来ますが、面の下に着けると熱気で蒸れて暑くなります。
だから手ぬぐいなのです。

 

この手ぬぐいは、昔ながらの本染めで作るのが「面手ぬぐい」です。

 

これは、海外の剣道をする方も同じです。
海外の剣士は、タオルかな?なんて思いますが、これが本染めの手ぬぐいを使うのです。
海外のナショナルチームの手ぬぐいも、本染めで作っていますので間違いありません。

 

本染めじゃないといけない理由。
それは、プリントにない本染めの吸収性が、一番大事なところだからと思います。

 

プリントで作る事もできますが、プリントでは水分を吸収しずらく本染めに比べてゴワゴワします。
なので注染の本染めで作るのが「剣道面手ぬぐい」なのです。

 

剣道が始まった時から使われている伝統の面手ぬぐい。
普段使いでも全然カッコいいと思います。
どうです?

 

PS じいさん ばあさん結構元気です。
次の日はしゃべり過ぎで喉をやられました・・・。