タオル屋とアップルコンピュータ


神野哲郎
オリジナルタオル オリジナル手ぬぐいの神野織物CEO

from 神野哲郎

 

 

「アップル」と言えば、あのアップルです。
故スティーブジョブズの会社です。
あのipodやiphone、ipadなど革命的な商品を作り出したメーカーです。

 

 

みんな忘れていると思うけど、昔はアップルコンピュータでした。
実は、パソコンメーカーだったんです。
あのマッキントッシュを生み出した企業です。
「MAC(マック)」と呼ばれ、大人気を博したパソコンでした。
使い方が昔のパソコンのように難しくなく 感覚で動かせるパソコンを目指したもので アメリカの小学校ではこのマックが導入されていたようです。

 

 
これを真似したのがウィンドウズなので、今のウインドウズはMACがなかったら生まれなかったと思います。

 

 

そんなアップルコンピュータですが、一時期は苦境に立たされた時期がありました。
スティーブジョブズが会社を離れた時期です。

 

 

「このままアップルコンピュータは消滅するかも?」
そうささやかれたこともありました。
でもジョブズが復帰してまた勢いを取り戻します。
あのスケルトンデザインを採用した「iMAC」の誕生がきっかけです。

 

 

そして今や世界の動向を握る企業になりました。
これはジョブズがすごいというのもあったと思いますが、
アップルと言う企業の文化も大きかったんじゃないかなと思います。

 

 

アップルには「何か新しい物を生み出す文化」があるように思います。
そしてそれは「スタイリッシュでワクワクするもの」でもあります。
今回、腕時計も発表されていましたが、今後も新しくてクールな物を生み出し続けることでしょう。

 

 

かつて日本にもアップルのような企業がありました。
そう。世界のソニーですね。
ウォークマンを筆頭に、プレイステーションシリーズやVAIO、そしてペット型ロボットのAIBOとアップルに負けず劣らず
「新しくてクールな物」を世に出し続けてきました。

 

 

今、ソニーは業績が厳しく苦しい時期ですが、歴史は繰り返します。
かつてのソニーのように世の中をあっと言わせるものを出してくれると思います。
今後のソニーが楽しみです♪

 

 

で、自分の仕事は安定して良い物を作り続けるということも もちろん大切ですが、どこかでアップルやソニーのような新しくてクールな物が作れないかと考えたりします。

 

 

結構神野織物は業界ではチャレンジャーじゃないか?と思う部分もあるのですが、まだまだやれることが有るんじゃないかと思います。
オリジナルのタオル屋だからできる事。オリジナルの手ぬぐい屋だから考えられること・・・。
これを頭においてチョコっと今年やってみようと思っています。

 

 

タオル手ぬぐいという安定したプロダクトでどこまでチャレンジできるのか。
ちょっと頑張ってみたいと思っています。

 

 

乞うご期待!!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です