インクジェットプリント

インクジェットプリントのオリジナルグッズ製作・作成

インクジェットプリント(フルカラープリント)は、染料インクを生地に直接吹き付けて定着させる印刷方法です。版を使ったプリント方法では表現できない色数の多いデザインや写真もプリントすることができます。神野織物では様々なサイズのタオルや、手ぬぐい、バンダナ、風呂敷をインクジェットプリントでオリジナル製作できます。

特長1:小ロットから製作可能

インクジェットプリントは型を使わずに印刷するため、小ロットでの製作が可能です。他のプリント方法と同様、枚数が増えればお値段はお安くなっていきます。
※25枚未満は小ロット手数料がかかります。
「個人での製作だからそんなにたくさんは要らないよ…」という方や、応援グッズや誕生日の記念、還暦の記念などで一枚だけ製作したい方には、インクジェットプリントでの製作がおすすめです。(※バンダナ・風呂敷はサイズによって最低ロットが異なります。担当者にお気軽にご相談ください。)

オリジナル
インクジェットプリントタオル

特長2:多色のデザインに対応

インクジェットプリントは、版を使ったプリント方法では表現できなかったグラデーションを使ったデザインや、写真をそのままプリント出来るのが特徴です。数え切れないほど色数の多いデザインや、水墨画のような濃淡のあるデザイン、手書きの文字やイラストなどもプリントすることができます。

多色・グラデーション・写真・濃淡

製作上の注意点

生地の上にインクを吹き付けてプリントするため、裏面までインクが浸透しません。裏面は表面のデザインが透けた状態になり、インクの濃淡や生地の厚さにより裏面への透け方も異なります。
また、インクジェットプリントは混色で色を表現するため特色指定(DICやPANTONE etc...)が出来ませんので、1色であってもご希望の色とのブレが多少出てまいります。金や銀、蛍光色なども表現できません。
写真や画像データは生地の原寸サイズで解像度350dpi以上必要です。データの通りに印刷しますので、解像度の低いものでは、画像の粗さがそのままプリントされてしまいます。